鴨狩りのDNA、トイプードル

ちびきちについて少し書く。

犬種はトイ・プードル。色はシルバーグレイ。白とグレイのツートンカラーである。父親が白、母親がグレイなのをそのまま受け継いだようだ。体重は2.5kg。15”ノートパソコンなみ。2008年6月24日、広島県生まれ。たまたま帰省中に従兄弟がブリーダーから買った子犬を見て、落雷が落ちたかのようにぼくも衝動的に欲しくなり、さっそくその日のうちに島根県との県境まで車を走らせ、ブリーダーに見せてもらった。生まれてまだ2ヶ月にならない子犬は抱きあげると、小さな目でしっかりぼくを見つめ、ピンク色の舌を出してぺろっと頬をなめた。まちがいなく運命の出会いだったと思う。ブリーダーは8万円のところを7万円にしてくれた。運命のわりに安かった。

シルバーグレイは当時にしてはめずらしい色だった。他のトイプードル同様、活発で遊び好き。むしろ飼主同様というべきかもしれない。うさぎかと思うくらい、バネのように軽やかに動く。飼主もうさぎ年である。

プードルはフランス出身(祖先は中央アジア)。牧畜に携わっていたそうだ。名称の由来はドイツ語の”pfudel (プデル=水がはねる)” というだけに、水辺のカモ狩りに回収犬として用いられてきた歴史がある。

そのDNAだろうか、フリスビーで遊ぶのが大好きだ。ちびきちにとってフリスビーは、翔びたとうとするカモなのだろう。空中のフリスビーの動きを計算に入れ、到達点まで猛ダッシュし、到達点をとらえジャンプする。空中でキャッチ。どんな体制でもたてなおし、四肢を使って着地する。だれに教わったわけでもなく、ただDNAのなせる技なのだ。すごいなあ、と思う。


▲ フリスビーを追い、猛ダッシュ!


▲ ジャンプ地点まで到達すると


▲ 姿勢をかがめて力をため・・


▲ ジャンプしてキャッチ! しっぽピーン!


▲ 姿勢を低くしてキャッチ


▲ おっと、失敗!


▲ 突風であらぬ方向へ、すばやく見定め方向転換


▲ オットセイのポーズ


▲ すかさず、次のショットを催促

トイプードルの寿命は12年〜14年といわれる。ちびきちは今年7つになる。いよいよ曲がり角である。いつまでこうして飛んだり跳ねたりしながら遊べるのだろう?と考えると、いまから辛いものがある。

きまって週末、同じ場所で、トイプードルとフリスビーで遊ぶおじさんがめずらしいのか、たまにギャラリーが集まることがある。ちびきちはなぜか、子どもと太った人に吠えるくせがあるので、ギャラリーの中にそういった人がいるとやっかいだ。

これもDNAの仕業だろうか、いやトラウマか? 初めて行った病院の看護師さんはマツコ・デラックスさながらの巨体であった。

■ 撮影したカメラ SONY α7

焦点が合うまでの時間がとても短いので、速い動きをしっかりとらえてくれます。ペットを撮るにはとてもいいカメラです。

ちびきちのひとこと

ハードルは、こえるためにそこにあるんだよ。逃げてちゃいつまでも目のまえをふさいだままさ。

4 件のコメント

  • ちびきちくん。
    君の姿におばちゃん癒されたよ。
    ありがとう☆
    一秒でも永くとうちゃんとの時間を過ごして下さいね。

  • ちびきちくんを想うなおきんさんの温かい気持が伝わってきて、胸がいっぱいで涙がこぼれてしまいました。
    なおきんさん、きっと大丈夫です。
    愛情をたくさん受けて育っているワンちゃんは、元気に長生きでから。私の体験から、そう思います。

    この間テレビで、あの映画になったわさお君が、最初と比べて毛がフサフサになり、可愛くなったと写真を比較しているのを見ました。
    それはきっと、みんなに愛されたからに違いないと私には思えました。
    ちびきちくんのその可愛らしい表情は、なおきんさんに愛情いっぱい注がれている証です。

    フリスビーをキャッチするちびきちくん、カッコイイですね!なおきんさんと息があってるところがまたいいです。

    ちびきちくん主役の記事や写真、とっても嬉しいです。
    なおきんさん、ありがとうございます。

  • うぉわぁぁぁぁぁあああかぁわぁいいぃ!
    この 躍 動 感 !!!

    ちびさん毛色が美しいと…ずっと思ってましたっ!(〃▽〃)

  • faithiaさん、一番ゲットおめでとさまです!
    おひさしぶりですね。いやし、いやされ、いやらしいことされ。最後のはよけいですが、夢中で遊ぶ犬の姿にはホント癒されますね。
    ―――――――――――――――
    はてなさん、
    涙までこぼすとは、なんだか恐縮です。でもまあ、犬も人も愛情がそそがれることできれいになったりかわいくなったりカッコ良くなったりすることは、きっとあると思います。また載せますね、ちびきち。
    ―――――――――――――――
    ちかさん、
    ちびきちの動いている姿もぜひ見てもらいたいのですが、瞬間を切り取った写真のほうが、かえって躍動感が強調されるのだなあと写真をとりながら思いました。投げては撮り、投げては撮りを繰り返して。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。