サラリーマンはお金をもらいながら学び、卒業すればお金を払いながらさらに学んでいく 学ぶことに終わりはない

コンサルを受けるなおきん

会社を辞めて4ヶ月が経った。

その間、キューバ、タイ、モロッコ、ベトナムと ひとしきり旅に出た。どれも忘れがたく貴重な旅だった。タイでは投資物件の契約もした。その合間に(合間というのもなんだけど)3つほど仕事を始めた。どこかに勤めるというわけではないから収入はない。仕掛り中といったところである。それに関連して、あるいは関係なく週に何度か、会社経営者向け勉強会やコンサルティングなどに参加する。これがまた、課題の提出がハンパない。

一日の始まりは、朝5時からのデスクワーク。
勉強会に提出するための課題を解いたり、ネットビジネスなどいくつか仕掛り中の仕事に約4時間、9時に終える。ちょうど勤めていた会社の始業時間である。呼吸を忘れるくらい集中すれば、たいていのことは朝めし前に終わるものだ。それからシャワーを浴び、かるく運動。犬の散歩のあと、犬も一緒に1回めの食事。食事といっても、バナナと野菜、ヨーグルトとミルク、これにプロテインを加えたものをミキサーにかけ、飲むだけである。日によってはチーズを載せたトーストをかじることもある。いずれも、お腹はいっぱいにしないよう努める。行動が鈍り、集中力が奪われるからだ。

午後から夕方にかけて外出する。
勉強会や個人コンサルティングのためである。それぞれ数万円から数十万円するようなやつだ。冗談じゃなく身銭を切り刻む思いで参加する。稼ぐためのノウハウもあれば、起業塾的なもの、ひいてはマクロ経済、安全保障問題に至るまで。勉強会ではびっくりするような大物に出くわす。分刻みのスケジュールで動くような人物だ。週末のそれはサラリーマン向けにおこなわれる。投資家たちばかりの集まりもある。ぼくなど、投資物件を持っていなければまず会えない人々にここでも出会う。「あなたはなにをされてるんですか?」と訊かれ、「失業中で、たまに旅に出ます」と答える。何人かに苦笑される。少し申し訳ない気持ちになる。だがこうした切ない気持ちがバネになる。

不思議なことに東京ではいたるところで勉強会があり、セミナーが開催されている。ネットで探せるものもあるけれど、本当に有益な8割がたは、知る人が知るだけでひっそりと行われる。個人コンサルの講師はほとんどがぼくより年下で、頭がよく、実践力が高い。会社に勤めているあいだは、出会えなかったような人たちばかりだ。

夜は、なにをするか決めていない。
つきあいがあれば出るし、広島カープの試合があれば実況を聞く。推奨本があれば読書をし、ビジネスに備えてリスト集めをする。ネタをみつけてブログを書き、いただいたコメント返しをする。真夏であっても入浴は欠かさない、それも40分以上バスタブに浸かる。身体と脳を長持ちさせたいのならおすすめである。バスタブからあがると2回めの食事をとり、以上の続きを済ませてから就寝する。

スケジュール表にすると、ざっとこんなかんじだ。

ある日のスケジュール表

サラリーマン時代のことはまだ総括できないけれど、いま少し思うのは、すごく恵まれていた時期だったということだ。想像以上に機会に恵まれ、力及ばずそれを失った。組織というのは守るも攻めるも壁になる。弱い組織は敵を外ではなく、内部にもつ。いざ攻めようとするとき、かえって壁がジャマになる。ましてその向こう側にある世界など知る由もない。そのようにしながらもサラリーマンはお金をもらいながら学べ、卒業すればお金を払いながら、さらに学んでいく。いい歳になっても、びっくりするほど学ぶことがある。ステージごとにさらに学ぶことが出現し、止まない。いや「止めない」というのが適切だろうか。

8月のインターバルを挟んで今年もあと4ヶ月。
ぼくにとっては学んだ価値を転嫁させる時間でもある。

というわけで、
今回はただの日記になってしまいました。すみません。

 

6 件のコメント

  • こんにちは、なおきんさん。
    たまにはこんな日記、いいですね。
    ところでなおきんさんは、大人になってから、犬以外に誰かと一緒に暮らしたことありますか?おっと、プライバシーに関する質問でした。ごめんなさい、無視してください。
    私は、親兄弟と特に仲が悪いわけではないのですが、自分以外の人間と「暮らす」ことが苦手です。結婚も過去に一度しましたが、苦手でやめました。今は猫との暮らしに満足しています。猫の名前はオヨヨと言います。1歳1ヶ月の男の子。情って、湧くものですね。

    • ダリアさん、こんにちは!
      もちろんあります。結婚もしてましたから。「自分以外の人と暮らすのは苦手」とありますが、食べず嫌いということはありませんか。ペットと暮らして苦でない人が,だれかとくらして苦であるはずがないとぼくは思います。もちろん個人的な意見です。いろんな性格の人がいますからね。

  • こんにちは。
    とても、密度の濃い、有意義な日々を送っていますね。今後の活躍がますます期待されますね!

    私は、怠けてばかりはいますが、学ぶことに意識は向き、意欲だけは高いです。(実行力がいまひとつですが)
    人間、一生、勉強だなあ、とは思う今日この頃。
    でも、興味のあること、本当に学びたいと思うことは楽しいし、学ぶことっていくらでもあるんだとは
    思います。
    話は少しそれてしまいますが、昨今の日本、ますます横並びで、義務教育→高校→大学と行かなければ人生の落伍者になるような恐ろしい社会になってきていますよね(極端な言い方ですけども。)高等教育の場(大学など)は、学問を追求する場であるのが本来の存在価値なのではないのかな、と思い、高等教育を受けることへの支援がクローズアップされていることに、大きく疑問符です。(半分は嫉妬心ですが)

    • まさよさん、こんにちは!
      なぜ学ぶことが楽しいか? きっと今日よりも明日、明日よりも明後日の自分のほうがアップデートされている。アップデートされれば今より満足度の高い生き方ができるんじゃないか、といった成長の楽しみが込められているとぼくは思います。同時に、学ぶことで自分の足らなかったところがすごくわかる。穴だらけで、そこから運が漏れていたかもしれない部分を、埋めることができる。というのもいいですね。

  • 『40分以上バスタブに浸かる。身体と脳を長持ちさせたいのならおすすめである』という言葉がグッときました。今晩からやってみます。40分バスタブのなかで瞑想するか何をするか考えたいと思います。

    • 遠藤さん、こんにちは!
      もともと遠藤さんは身体も脳もすごく長持ちしそうに見受けます。ぼくは瞑想をすると迷走したり妄想にふけったりしてしまうので、目を閉じて呼吸ばかりを意識します。すると何だか瞑想している気分になれました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。