快適さを求めているだけでは幸せになれないってほんとう?

誰だおまえはパンダサラリーマン

 

このごろ、久しぶりな人にあうたびに「仕事辞めたんだって?」「気楽でいいよなあ」などと言われる。そのとおりである。もしくは、そのとおりでないかもしれない。

ひとは誰しも「快適さ」を求める。または過大評価する。最大の関心事は「いかに快適に過ごすか」である。わざわざ「不快になるよう」努力したりはしない。だからあなたのいる場所は、たいてい快適ゾーンであるはずだ。「バカ言っちゃいけない、ここのどこが快適ゾーンなのだ?」と反論するひとも中にはいるだろうけど、おそらくそれは他人へのあてこすりである。または、成長しようとしている人である。

ぼくが会社を辞めたとき、周囲には「卒業した」と伝えた。つまり、今までのゾーンから次のゾーンへ成長するために、いくばくかの行動を起こしたつもりでいる。過去にもそうやってきた。なにか新しいことを始めるとき、ゆったり快適にひたれるだろうか? 否。どちらかといえば逆である。まずもって、不安を感じる。もう二度ともとの場所には戻れないのだという絶望感。きっとお金がなくて生活に苦しむだろうし、この先なにがあるかまったく検討もつかない。といった不安でいっぱいになる。

くり返すけれど、ひとは誰しも快適さを求める。快適さを追い求める。リスクを避け、安心したいと願う。そのために変化を恐れ、せっかくこしらえた快適な場所にしがみつく。快適ゾーンを固辞しようとする。新しいことを試したいとも思わないし、変わりたくないと思う。日本には「お変わりないですか?」と挨拶を交わす習慣があるように、変わることはよくないことであり、恐怖そのものである。まわりにも出しぬいてほしくない。同調圧力もあって然りである。

ぼくはいま「快適ゾーン」を抜けだして「不快ゾーン」にいる。不安のまっただ中にいる。快適な眠りから無理やり起こされ、丈の合わない服に着替えさせられ、家の外へ放り出された気分である。でもぼくは知っている。人間は成長しようとするとき、一時的に不快になるものだ。資金ゼロから、たった二年半で億万長者になったハーブ・エッカー氏も言っている。

快適さこそが人生最大の目的だと思っているひとは、決して金持ちになれないし、幸せにもなれない。〜『ミリオネア・マインド【ハーブ・エッカー】』〜

金持ちは、だからそうでないひとよりずっと少ないのだろうと思う。だれも好き好んで自分を、快適さから遠のけたりはしないのだ。ぼくは自由を何よりも大切にしたいと思っているけれど、自由であることは必ずしも快適ではない。むしろ自由でいることは困難が伴いもする。時間からの自由、場所からの自由、お金からの自由、どれもが困難を伴う。3つ同時に自由でないとまったく意味が無いと思うから、事態はさらに困難である。

正直に言って自由は快適でないし、安全でもない。
どちらかといえばぬるま湯につかり、あちこち指でさしながら、ああでもない、こうでもないといっているほうが、ずっと楽だし安全である。

でもそんな生活は幸せとはいえない。
成長し続けるためには、あえて「不快ゾーン」へ足を踏み入れ、持てる脳力を最大限活かしながら、生きていくしかないのだ。不安に押しつぶされそうになっても、時が過ぎ身体がそれに慣れるまでガマンするしかない。

pandasanyellow

 

気楽そうにみえて、案外そうでないのです。
そんななおきんを、そっとしておいてやってください。

以上、途中報告でした。

 

 

7 件のコメント

  • 何度目かの投稿です、わたしも14年前に安定を棄てた男です
    かなり前からのなおきんさんのファンです、わたしも最近また懲りずに新しい事を
    始めてしまいました。
    なおきんさんには共感することが多く、レベルは全然違いますが少し似たものを感じています
    世代も近く、純粋にお話を聞いてみたいな等と思っておりますが、きっと人気者ゆえ色々なお誘いが
    あるのでしょうね
    遠くからそっと応援しております(笑)
    これからも中年に勇気をあたえてくださいね。

  • 今、ご自身の目標に向かって着々と進んでおられるのがわかります。私も新しい「場所」に移るたひ、不安でいっぱいな時、自分で自分を励ましてきました。私とはレベルが違うので、私も遠くからなおきんさんを見ているだけですが、近くになおきんさんのような人がいてくれたらどんなにいいだろうと思います。私は今、人生の残りの時間が少なくなって、新たにどこへ向かおうかと思案中です。これからもご活躍の様子を楽しみにしています。

  • 自分を変えたい、変わりたいと思ったときの「不安」を楽しんでください。
    自由であることは快適ではないかもしれませんけれど、自由のない生活よりは快適です。
    大好きななおきんさん、いつも応援しています。

  • 以前通っていた英語学校の先生が、「本気で英語力を上げようと思ったら、comfort zoneから抜け出して、がんばらないと」と言っていました。そのように出来なかった私の英語力は平行線のまま。
    成長には、過去の習慣を壊すことが必要ですね。
    いつもなおきんさんの勇気ある行動に、頭が下がります。
    絶対成し遂げられると思います!応援しています。

  • 大丈夫。絶対に大丈夫。
    絶対なんて無いよと得意げに言う人には
    僕のなかにはあると静かに穏やかにハートのなかで宣言。
    私が海外移住するときは、どうぞ宜しくご教示お願い申し上げます。
    広島リーグV。祝!

  • なおきんさんのほうが私なんかよりずっと頭も良いし経験も豊富で
    本来はこんな偉そうなことを言える人間ではないのですが
    これからなおきんさんを信じて教えを請う人がいたら
    必ずデメリットも正直に伝えてください。どうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。