スマホのし過ぎで顔がたるみ、下腹部がでる恐怖にあなたはどこまで耐えられるか?

立ちスマホ姿

いうまでもないが、歩きスマホはキケンだ。
そんなこと誰もが知っている。だが減らない。なぜだろう? ポケモンGO? それ以前からだろう。コワイのは、大半が自覚なくやっているということである。中には「さあ、これから歩きスマホするぜ!ばっちこーい!」という人もいるかもしれない。だけど、ほとんどの人は「いつのまにかやっていた」わけであり、あるいはスマホをいじっているうちに「自然と歩いていた」というひとたちだ。コワくないだろうか?

それどころかスマホを見ている姿勢。
これこそがキケンである。あの小さな画面を覗き込むには、顔をスマホに近づけるが、このときあなたの姿勢がどういうことになっているか、考えたことがあるだろうか。11ポンドのボーリングのボール。自分が投げるのはもっと軽いやつだ、というひともいらっしゃるだろう。これがちょうど5kg、体重50kgの人の頭の重さである。70kgなら7kgもある。これと同じ重さのボールを両手で持ち、前方に差し出してみるといい。何分、耐えられるだろうか?

スマホを覗いているとき、あなたの首はその状態である。首単独では支えきれないから、肩や背筋、腰まで総動員して支えている。スマホがなかった時代、彼らにそんな苦労はなかった。いい迷惑をしていることだろう。歩きスマホで他人に迷惑をかけたかもしれないが、自分の身体にだって相応の負担を強いている。いい迷惑だ。

スマホは自分でするより、している人を観察すると面白い。たいていは猫背だが、同時に巻き肩でもある。二重あごが増えているといわれるが、スマホ姿勢のせいだといわれるし、下腹部がでているのも猫背の人の特徴である。下を向いた顔は垂れる。若い人は復元力があるかもしれないが、中年以後はそうもいかない。肩こり、下腹部、二重あご。さらに顔のたるみ・・・スマホはどこまで人を危険に晒すのだろうか?

とはいえスマホは便利だ、やめられない。

ならば姿勢を矯正しよう。たるんだ顔をフェイスアップしよう。1日5分で誰でも出来る。ぼくのようなおじさんでも、やり続けることによって顔のたるみがとれ、肩こりが減った。スマホをする前よりも、まともになった気さえするほどだ。あなたも試して欲しい。カンタンなやつから、肩まわり三種、顔まわり二種、紹介します。

肘を水平に引く

1. アームプル:両足を肩幅に開いて立つ。両腕を肩の高さで前に伸ばし、手首をクロスする。 2. 腕を水平にキープしたまま両肘をうしろへ引く。これを10回くり返す。胸の筋肉が伸びてるのを感じるように。

1. アームプル:両足を肩幅に開いて立つ。両腕を肩の高さで前に伸ばし、手首をクロスする。
2. 腕を水平にキープしたまま両肘をうしろへ引く。これを10回くり返す。胸の筋肉が伸びてるのを感じるように。

お尻の上で両手を組む

1.肩幅で断って、両手をうしろで組む 2.両肩を後ろに引き、腕を下に下ろす。このとき棟をぐっと開く。10回くりかえす。

1.肩幅で断って、両手をうしろで組む
2.両肩を後ろに引き、腕を下に下ろす。このとき胸をぐっと開く。10回くりかえす。

手を後頭部で組む

1.両肩で立ち、頭の後ろで両手を組む 2.両肘を外に向かって貼りながら顎を上げる。棟を開いて20秒キープ。これを3セット。

1.両肩で立ち、頭の後ろで両手を組む
2.両肘を外に向かってはりながら顎を上げる。胸を開いて20秒キープ。これを3セット。

片手目尻上げ

1.片腕を斜め下にまっすぐのばす。もう片腕をぐるりとは反対側の目尻部分に3本指をそっと這わす。 2.そのままあたまを横に倒すように腕を引く。このとき斜め下に伸ばした腕はぴんとはる。首筋が伸びるイメージ。この状態で30秒保つ。 3.反対も同じように30秒

1.片腕を斜め下にまっすぐのばす。もう片腕をぐるりとは反対側の目尻部分に3本指をそっと這わす。
2.そのままあたまを横に倒すように腕を引く。このとき斜め下に伸ばした腕はぴんとはる。首筋が伸びるイメージ。この状態で30秒保つ。
3.反対も同じように30秒

両手目尻上げ

1.頭の上で両腕を交差させ、それぞれ反対側の目尻部分を3本指ではわす。このとき背筋はまっすぐ。絶対に前後に曲げないこと。 2.目尻部分を両手で盗聴に向かって引っぱり上げる。ちょうどUFOキャッチャーが景品を掴み上げるイメージ。この状態で30秒キープ。胸を張り、肩甲骨を意識して。

1.頭の上で両腕を交差させ、それぞれ反対側の目尻部分を3本指ではわす。このとき背筋はまっすぐ。絶対に前後に曲げないこと。
2.目尻部分を両手で頭頂に向かって引っぱり上げる。ちょうどUFOキャッチャーが景品を掴み上げるイメージ。この状態で30秒キープ。胸を張り、肩甲骨を意識して。

 

以上を、朝シャワーを浴びた(または洗顔した)あと、昼食後、夜寝る前の一にち3回、欠かさず行う。1回やれば効果実感があり、1週間もやれば顔が変わってくる。垂れにくい顔に仕上げていくには顔の筋トレが必要です。これはおいおいやるとして、まずはきょう一日垂れたぶんを取り戻すつもりで。やり続けていくうちに、肩こりが減り、姿勢が回復してきます。

ぜひ、試してみてください。
一度、スマホをやる自分の姿を鏡で見てみるといいです。わりとカッコ悪いから。とは言え、いまや日常で欠かせないスマホ。あまり迷惑をかけないようにね。他人にも、それから自分にも。

 

1 個のコメント

  • これ、一度で効果を体感できますね!
    夜中にいまひととおり全て試してみました。
    すっぴんでスマホの自撮りで比べてみたら、確かに違います!
    せっかくこの体操してすぐさまスマホを覗きこんで自撮りしてこれを書いてるのってどうかと思いますが…(笑)。

    数年前からスマホの変な眩しい光でどんどん瞼が下がることに気付いて、これよくないんだろうなぁと思っていました。
    まずは1週間続けてみます。
    楽しみ♪
    ありがとございます♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。