女ごころと下ごころ

f:id:naokin_tokyo:20090221141709j:image

だいぶ昔のことなんだけど、東京から広島まで新幹線で移動していたときのこと。
最終の”ひかり(のぞみでなく)”だったと思う。 途中、大阪から20歳くらいの女の子がひとり、同じ車両に乗り込み、ひと呼吸おいてからぼくの座る6人がけのシートにやってきた。
彼女はなんのためらいもなく、ぼくの斜め前の席に座り、手にしたボストンバッグを足下に置く。 テーブルを倒してペットボトルのアイスティーをのせ、バッグから本を取り出して読み始める。

少しぼくは驚く。
だって、他に空いている席がいくらでもあるのだ。 おまけにここは自由席車だ。 わざわざ見知らぬ男の向かいの席を選ぶ理由なんてない。

気になったぼくは、そっと彼女の様子をうかがう。 長いまつげで覆われた二重まぶたのくっきりした目、髪は後ろに束ねられ、べっ甲の髪どめで固定されている。 ピンクにもオレンジにも見える不思議な色のジャケットを羽織り、濃い色のスカートから形のいい膝小僧がのぞく。 脚はきちんとそろえられ、育ちの良さがうかがえた。

洋の東西を問わず世界は数多くの悩みであふれているのだろう。 そのときのぼくもずいぶん悩んだのだ。

彼女に話しかけるべきかどうか?
ぼくは広げた雑誌に目を落としてはいたけれど、文字に目を走らせるどころの話じゃなかった。 ガラガラの車内にあって、なぜ彼女は見知らぬ男の席の斜め前に座ったのか? それは何かしら会話を期待してのことではないのか? と悪魔がささやけば、いや彼女はすぐに本を取り出して読んでいるじゃないか。 近くの席に座ったのは偶然で、声などかけて迷惑をかけちゃだめだぞ、と天使がささやく。

声をかけたいと思う。 どこから先を下心というのかわからないけれど、世間話くらいはしてもいいんじゃないかと思う。 次の停車駅、岡山までは約1時間。 広島まではさらに一時間。 時間はある。
でもなんて声をかければいいのだろう? 「どちらまで?」だと、こいつ後をつけてくるんじゃないかと勘違いされそうだし、「いい天気ですね」と言うには日が暮れすぎている。 「何を読んでるんですか?」じゃ大きなお世話だし、「お仕事ですか?」じゃまるで職務質問だ。

ああ、どうしよう?
悩むとこじゃないところで悩んじゃうのがぼくだ。 いまじゃエラそうに「若い男たちが草食男子じゃ、女の子だって恋愛受難だよな」などと嘆いてみせても、ぼくの若い頃だって大同小異じゃないか。 外国では言葉をろくに知らないまま平気で声をかけることができても、国内じゃ女の子ひとりに声をかける勇気すら持てない。 こういうのも外弁慶というんだろうか?

どうしたものかと思い悩みつつ新幹線は西へ西へとばく進する。 ムダに頭を使いすぎたからか、いつの間にかうとうと眠ってしまった。

どのくらい時間が経ったのだろう?
はっと顔を上げ、あわてたぼくは斜め前に視線を走らす。
そこに、彼女はいなかった。

 

・・・以上でこの話はおしまい。
後日このことを女友達に話すと、「ばっかじゃない?」とひとことだけ。 理由は教えてもらえずだった。

 

再度同じ状況にあっても、やはりぼくは悩むのだろうと思う。
やれやれ、たぶんいまでもぼくは「ばか」のままなのだ。

ばかだねー、とーちゃん。 こうすんだよ。
「へい、かのじょー。あちきとあそばない?」

f:id:naokin_tokyo:20090221150610j:image

 

「カモン、ベイブ!」(はっし!)
f:id:naokin_tokyo:20090221150704j:image

 

こらあー! 俺の彼女に手を出すなーっ!
(ぴゅーっ)

f:id:naokin_tokyo:20090221150830j:image
ちびきち、ホントはこいつ、サルだったんじゃないかと思う

 

9 件のコメント

  • ふふ、そのシチュエーションは悩みますね。
    空席の多い夜の新幹線の車両、育ちのいい大人し目の彼女は少し怖かったのかもしれません。だからあえて人のいる対角線上のイスに座ったのかもしれません。
    ただ一つだけ確信を持ってあたしが思うのは、対角線上に座っていたnaokinさんが、彼女の合格ラインに入っていたんだろうな、ってことだけです(^^ゞ
    え? 何の合格ライン? それは、「いろいろ」なことに関して、としておきましょう(^-^)
    ちなみにあたしは誰もいない場所を選ぶタイプです(笑)

  • もったいないことを…。 私だったら声かけちゃうな。 女の子は待ってたと思うけど、彼女が物怖じしない子なら、彼女から声かけてると思うわ…たぶん。

  • それはもう絶対何かを期待してに決まってるじゃないですか!あーもったいない・・・。彼女も少しがっかりしたと思いますよ。

  • あはは。
    結局寝てしまって、目覚めてみれば彼女は霧のごとく消えてしまってたなんて、それじゃ夢見てたのとおんなじじゃないですか。もう、げらげら笑ってしまいましたよ。なおきんさんて、ほんっと、三枚目。
    次回は、無駄に頭使って疲れないようにね(^^)v
    絶好のチャンスかも知れないでしょう(笑)。
    そうね、私が彼女なら、さっきまで私のこと観察していた男がいきなりうたたね始めるなんて、下心が傷つきます(笑)。その時点でさっさと車両かえちゃいますよ。

  • 想像するに…
    空いている席に座る。→途中から変なオッサンが座ってきたらイヤ。→先に変なオッサンじゃない席の近くに座ろう。→こんなガラガラなのに近くに座って変に思われないだろうか。→気にしない。
    ではないでしょうか。

  • 僕の場合、いろいろと考えた挙句、中途半端に話しかけて、ますます場の雰囲気が悪くなっちゃって、どうしようもなくなる・・・というパターンです。
    ですから先日、かもめ→こだまと乗り継いで大阪に行ったときには、指定席にしてひたすら本を読んでいました。
    とはいえ、またそんな場面に遭遇したら、またいろいろと考えて、中途半端に話し掛けてしまうかもしれません・・・。
    人間・・・というより、僕は、そのあたりの学習能力が低いので(汗)

  • こんばんは、なおきんさん。
    20歳のころ、終電近い、通学途中の路線バスの中。
    ガラガラにもかかわらず、窓際の席に座っている私の、通路側の席に、コートの怪しいおっさんが座ってきました。
    めっちゃ、こわかったです・・
    なんでか、何事もおこらず・・いったい何の為だったのか??それはそれで、少しショックだったりして。。何も起こらないのに席を立つこともできず・・とにかく怖かったです。
    彼女は安心できそうな人のそばに座ったのかもしれませんね。。案の定、眠ってしまったなおきんさんのそばで良かった、と思ったかもですね。

  • どうなんでしょうね。
    新幹線の自由席に座るとき、そんなこと考えて座るものかな?それに期待しちゃうなおきんさんはちょっとすけべで健全的ですね。
    しょっちゅう乗る飛行機でさえ、隣に座った人と言葉を交わすことはほとんどないです。
    相手がおしゃべりが好きな場合は、座ったすぐから声かけられますが、私からはほとんど無いです。
    でもかっこいい人が隣に座ったら声をかけるかもしれません。かけないと後悔しそうし…
    まあそんなことはほとんど無いんですけどね。

  • Yulicoさん、一番ゲット、おめでとさまです!
    なるほど「対角線上は合格ライン」なのですね。 男としてどうだったかは別として、まあ人としては大丈夫だった、と。少なくても「ムラムラと欲望していた」ようには見えなかったわけですね。よかったです(笑)
    ——————————-
    たまやんさん、そうですか、やっぱり声をかけるべきでしたかね。なんというか、「単に会話をしてみたい」だけのはずが、「そのあといろいろ進展したらどうしよう?」とかつい、よけいなことを考えていたのかもしんないです。ばかですよね。
    ——————————-
    ちぃさん、ええ!そうだったんですか。期待してたんですかー。そういわれると、たしかにもったいなかったですね。 ちょっとタイムマシンに乗ってきます(笑)
    ——————————-
    ぱりぱりさん、つくづくぼくは とほほな男ですね。 しかもお互いの下心を傷つけ合っていただなんて・・・。 ぼくは仕事とか他のことについてはわりともの動じなく行動するんですけど、こと女性に関してはダメのうようです。彼女、「降りた」んでなく車両を変えたのかもしんないですね。しょんぼり
    ——————————-
    たねおさん、ありがとさまです。 なんだかこれが正解のような気がします。 少なくても「ヘンなオジサンに見えなかった」というだけで、救われる気がします。 たしかに、女性ひとりで座っていると、あとからヘンなオジサンがそばに座ってくる可能性がありますからね。なるほど。
    ——————————-
    mu_ne_2さん、ああ、ぼくも下手に声をかけちゃえば場の雰囲気がまずくなりそうかも。 でも、なんというか、「いまこの場しかない」という希少なシチュエーションを重んじちゃうことがありますよね。
    ——————————-
    ニモさん、ああ、なるほど。男女の立場が逆だとそんなケースもありますよね。 人間の行動には意味がありそうで、実はそうでもなかったり・・・。 ともかく「何も起こらなかった」のは互いにとって幸運だったのかもしんないですね。
    ——————————-
    Junpeiさん、はい、健全なスケベです。 ヒマになると、わりとあんなことやらこんなことやら考えることがあります。でもまあ、結局は相手次第ですよね。 あと「話しかけてオーラ」をどう察するのか、まだまだ精進が必要なようです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。