オトナの男が色気を感じる部分

f:id:naokin_tokyo:20090320104516g:image

「うなじに色気を感じるようになったら一人前の男だ」

まだ思春期も始まっていないぼくに、そんなことを教えてくれた人がいる。 ほかでもない、オトンだ。
オトンの意図は測りかねるが、当時のぼくは「うなじ」がなんなのかすら、よくわからなかった。 首のうしろ部分であること知ったのは、それからしばらくしてからのこと。

その「うなじ」にようやく色気を感じられるようになったのは、それからずっとあとのことだ。
こちらに色気を感じ始めるようになると、不思議なことに、「網タイツ」までが色っぽく思えるようになった。 以前のぼくはそうではなかった。 いったいなんのために ”網” でなければならないのか、さっぱり理解できなかったのだ。

また、ぼくはスカート姿の女性が好きである。
古今東西、男子は女子のスカート姿に異性を感じるものだけど、反してスカートをはく世界人口は年々減っているような気がする。 残念である。 ドイツ人なんてまず履かないし、中国人もそうだ。 他の欧米やアジア諸国もどちらかといえば、履かない。 そんな殺伐とした世界のただ中にあって、日本こそはスカートをはいている女性が多い。 おそらく世界で最も多いのではないかと、個人的に思う。 まさにサンクチュアリではないか、と。

さて、うなじに網タイツに、スカート。
これらに共通する、オトナの男たちが惹かれるものは何だろうか? 人生の修羅場をいくつも越え、そぞろ切なく、かいもなし。 といったような経験を通じて、初めてその理由を男たちは発見するのだ。 それはきっと、オトンの言う通り「一人前の男」でなくして不可能な境地なのだろう。 このテーマ、思いのほか深いのだ。

男たちが惹かれるもの
それは「見えたり、見えなかったり」するモノだ。
ふだんは隠れているものが、見えそうで見えなかったり、見えそうにないのに見えたり、すれば、男たちは異様に興奮する。 ある種の探究心が満たされたり、焦燥感が得られたりと、もはや幸福ですらある。

だがここで注意したいのは、「見えなさそうでやっぱり見えない」ものには、ぜんぜん興味がないのだ。 似て異なるこの差は実に大きい。

たとえばうなじ。
これは普段は髪で隠れていなければならない。 それが風に吹かれたり、手でかきあげるなどして(それ)が時として見えるから、いいのだ。 しかもうなじ部分は、コトが始まるまさにあのときのことを彷彿させる何かがある、ような気がする。

スカート。
男は幼少の頃から、その中身に神秘性を感じているものだ。 それはエロスであるが、同時にふるさとでもある。 かといって、短ければいいというものでもない。 膝たけスカートとホットパンツ、露出度でいえば後者だけど、オトナの男たちは前者を選ぶ。 太ももだって隠れてこそが花、どうどうと見せられるよりは、「見えそうにないのに見えた」時のよろこびのほうが大きいものだ。
このことをして、いわゆるちらリズムは日本人ならではの美学か?と思いきや実はそうでもない。 映画「7年目の浮気」で魅せるマリリンモンローの、風にあおられスカートがめくれ上がるシーン。 ちらリズムは日本特有の文化ではないのだな、と思わせるに十分である。

それから、網タイツ。
f:id:naokin_tokyo:20090320104547g:image

似て異なるものにタイツがある。 これは「見えなさそうでやっぱり見えない」の部類であって、いわゆる防寒着の一種だろうとぼくは思う。 だって寒冷地では男だって履くのだ。 要するにズボンと同じカテゴリーなのである。
では、なぜ網タイツならいいのか?
それは「見えたり、見えなかったり」するから。

f:id:naokin_tokyo:20090320104600g:image

 

このことに気づいたのは、それほど前ではない。
男はやはり、中年になってから美学が醸成されるのだ。

 




9 件のコメント

  • ワタクシ、スカートしか履かない主義です。(発熱時を除く)大抵膝丈です。
    以前データ入力のバイトをしていた時に、友人が私の説明をしたら中国、韓国の男性陣から『あぁあの色っぽい人』と言われたそうで、それを聞いてびっくりした思い出があります。
    だって、おとなしいOLファッションで色気と無縁な格好なのに。もっと胸元開いてたり、ミニスカートの女子がいっぱいいたし。
    なおきんさんと同じ意見の男性陣がいっぱいいたってことですかね?

    でも色気がないと思ってたので、ちょっと嬉しかったっけなぁ。

  • WBC勝ちましたよー。わーい。

    色気とかよくわからなくて・・・。
    日々色気が出ないものかと考えますが難しいです。
    スカートが好きです。スカートばかりはいてます。
    でも色気はないので参考にして日々努力したいと思います。
    そしてダイエット。これが一番かしら。

  •  勤務先の制服はスカートですが、私服ではスカートはほとんどはきません。自転車乗れないし冬は寒いしぃ、と言い訳していますが、本当は行儀が悪いのでスカート向きではないんです。

     ところでなおきんさん、北海道へ上陸ですか。ようこそいらっしゃいませ〜!今日は冬の寒さに逆戻りしていますので、寒さをみっちり体験して帰って下さい。フフフ。おいしいものいっぱい食べて下さいね〜。ところで、札幌にもいらっしゃるのかしら??

  • なおきんさんのイラストを見て、思わず笑っちゃいました。さすがだなあと。しかしうなじに色気を感じられるのは男だけじゃないと思いますよ。私でも、着物を着ている日本人女性がまわりにいたら、やっぱりうなじのきれい女性に惹かれますね。キャミソールの場合はもっと「見える」けど、ぜんぜんセクシーなんか感じません。

    ところで、女の人だったら、ちょっとだけ頑張れば色気が出ると思いますが、男性のほうが難しいかもしれませんね。男の色気って、だいたい筋肉とか中身のものから感じたことが多いですから、どちらも簡単にできるものじゃないみたいですね。まあ、色気のある男性はいったいどんな存在なのか、まだよくわかりませんけどね....

  • おひさしぶりです☆
    スカート全然はきません。色気とは無縁ですね。やばいなぁ。
    お仕事の袴の裾から、かろうじてチラっと見える足首にも、ちゃんとスパッツはいてます。夏は汗取り・冬は防寒のために。ますます、やばいなぁ。

  • なおきんさん、おはようございます。チラリズムの由来は、あの浅香光代だと言うことを最近知って、ちょっぴりがっかりしています。見えそうで見えない感じ、僕も大好きです。

  • 浅香光代一座に野村沙千代が客演してて、二人してズラかぶってもろ肌脱いでる写真見たことある。究極のチラリズム!

  • なおきんです。コメント返しがとても遅くなってすみませんでした。
    ————————
    purlさん、膝丈スカートはいいですね。 男って案外保守的で、女性にはわりと清楚で当たり前の格好でいて欲しいものかもしれません。 ぼくなんてもう、紺の膝丈スカートに白いブラウスといった、いわゆる女教師スタイルはセクシーだなあと思います。 エロい、ではなく、セクシー、です。
    ————————
    りんごちゃん、色気ってねらって出せるもんじゃないから、なかなか難しいですよね。 悩殺ポーズにぜんぜんひっかかんないと思えば、どうでもいいことに勝手に色気を感じてくれたり・・・。でも、男性が感じる女性らしさは「腰のくびれ」です。がんばって、くびれましょうね。
    ————————
    しのっちさん、勝手に北海道におじゃましてしまい、すみません。今回は誰とも会わず、風のように駆け回っておしまいでした。次回は、もう少し余裕を見たいと思います。それにしても道産子の若い女の子はすごいです。あんなに寒いのに、大勢ミニスカートをはいて歩いていました。冷えた脚を手で暖めてあげたかったのだけど、変態扱いされそうなのでやめておきました。
    ————————
    じゅん爺さん、男の首筋から背中にかけてのラインは、わりと女の子に人気のようですよ。 と聞いたので、さっそく背中を丸めたりして哀愁をかもし出してみたんですけど、だれもギュッと抱きしめてはくれませんでしたね。 どうやらただの「姿勢の悪い人」になってしまっていたようです。
    ————————
    fishcakeさん、お久しぶりです! そうですか、女性にしたって女性のうなじにうっとりすることがあるんですね。 男の色気についてはぼくも研究中ですが、生きている間に成果が出せるかどうかはちょっと自信がないです。 でもまあ、死ぬ間際に発見したところで実践できそうにないですけど。
    ————————
    ちづきちちゃん、とはいっても、スカート姿のちづきちちゃんを見たのは何度かある気がするけど、あれはただのハカマだったのかな? ともあれ、男のほとんどはスカート好きのはず。 しかも腰の細さが目立つやつ。 長さではなく、腰の細さ。 健闘を祈ります。
    ————————
    かんちゃん、もしかして、あの「かんちゃん」でしょうか? 違っていたらごめんなさい。 「浅香光代?だれだろう?」と思い、ググってびっくり。 腰をかがめた拍子に股が破れてチラリズム、ってな感じですね。 見えそうで見えない、でもやっぱり見えた。 ときの感動は筆舌に尽くしがたいものがありますね。
    ————————
    じゅん爺さん、おや、絡んできましたね(笑)  >「浅香光代一座に野村沙千代が客演してて、二人してズラかぶってもろ肌脱いでる写真見たことある。究極のチラリズム!」 <いや、テロリズムではないでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。