カワイイの意味って?

「ところで、カワイってなんだ?」

日本へ旅行してきた外国人からよくそんなことを聞かれた。
甲高い声で「カワイイ!」といわれるとビクっとするそうだ。
直訳すれば、英語でCute、ドイツ語ならSuessだろうか。
答えるのにいつも困っていた。
キュートはたしかに「カワイイ」の意味で使われるけど
アメリカでは「快活な」のニュアンスがあり
イギリスでは「滑稽な」というニュアンスが含まれる。

日本語の「かわいい」はちょっと違う。

鎌倉時代末『徒然草』などでも登場する「かわいい」は
「見るに耐えない哀れなもの」という意味で使われていた。
酔っ払った坊さんが、小坊主に絡むシーンなんかがそうだ。
ぎゃーぎゃーいわれ、こづかれ、見るに耐えない。
作者の吉田兼好はそんな小坊主を「かわいい」と描写した。

あれから600年以上が過ぎ、意味合いが変わったのだろうが
いまでも「〜そう」と語尾をつければ「かわいそう」となる。

ぼくの定義する「かわいい」とは、対象として
まず「自分より弱いこと」が前提にある。
ひ弱で、頼りない。だから守ってあげたい、と。

でなければ「かわいげがない」ということになる。

つくづく「かわいい」は不思議な言葉だと思う。

たとえば「かわいい女の子」と「かわいい女」
同じかわいいでも、意味合いが違う気がする。

「女の子」のほうは、見た目がかわいい感じだが
「女」は、それより中身や性格の事を表している。
そんな違いがある。

また「かわいい女の子になりたい」と言えば、
それはオシャレをすることのように思え、
だれに対してもかわいくありたいんだろうなと思わせる。

が、「かわいい女になりたい」と言われれば、
性格を良くし、内面から磨きをかけたい意志に思える。
だれに対してでなく「特定の誰か」のためにという。

個人的には「かわいい女」というのが艶っぽいと思う。

森の妖精がそうささやいただけかもしんないけど 。

それはともかく
「カワイイー!」と呼ばれ、照れるオジサンがいるが
たぶん、あまりよろこんではいけないのだろう。
ぼくもふくめて。

9 件のコメント

  • 日本人には余り馴染みのない
    adorable という単語を初めて耳にした時
    a dolobow あ、ドロボウ と聞こえて
    『え?!』アタシが?!
    って 聞き返して
    大笑いされた事を思い出しました。
    イギリス英語圏に居た時
    「日本人は何でもカワイイって言うんだね」
    と指摘されて、改めて自分も
    cuteやlovelyの単語を連発している事に
    気がつきました。
    最近のカワイイという表現は、
    コメントに困った時に便利な言葉。
    という位置づけだと思って使っていますw
    なーんて、このコメント書いたら
    私の言うカワイイは社交辞令みたいなものだと
    勘違いされちゃいそうだけど(笑)

  • かわいいの定義、なるほどと思いました。私はきれいな女性よりも可愛らしい女性になりたいと思います。やはり男性から守ってあげたいと思われたいのでしょう。男性とのメールのやり取りで、かわいげがないと言われ怒らせてしまい、慌てて謝って素直な気持ちを伝えたことがあります。(まぁ文章のやり取りですからニュアンスが伝わらなかったのでしょう)
    そんなことを思い出し、かわいい=素直(なイメージ)でもあるのかな、と思いました。

  • しつこくてスミマセン(汗
    かわいい=素直、従順(なイメージ)だとしたらヘアケアのCMじゃないけど、かわいいは「作れる」そうか。そうだったのか。今頃気づくなんて。
    かわいいに食いつきすぎ、私(恥)。

  • かわいい→かわいそうになるよね、と私も思っていたので、なおきんさんの定義はその通りと共感いたしました。
    さらにそれに付け加え最近男性がお好みの「天然」。
    いったいどんなのを天然というのかさっぱりわからず、「天然でかわいい」となるとなおさら???って感じです。

  • う〜ん。。
    こりゃぁ、世の男性方が結婚できないわけだ・・・。
    いつの世も日本の男性は「素直で従順、少しお間抜け」くらいの『かわいげのある女』がお好みなんですよねぇ。
    なおきんさんの最後のイラストの女性、実によく表せてますねぇ。

  • 一緒にいて、やさしい気持ちになったり、ほっとしたり、キュンとしたり、ドキッとしたり、そんなのが「かわいい」らしい。
    でも、外では凛としていてしっかりもの・・・それが、「かわいい女」みたいです。
    彼にとっては。

     森の精が通りすぎていっちゃうかな?

  • トロさん、一番ゲットおめでとさまです。
    アドラボウ・・確かにドロボウに聞こえそう!いやいや、たのしい(?)エピソードをありがとうございました。トロさんはたぶん、社交辞令じゃなくかわいいのだと思いますよ。
    ——————————
    あけみさん、
    食いついていただき嬉しいです。そうですね。かわいいには「素直な」というニュアンスがありそうですね。だから「健気な」という心情にもつながるんだろうなと。日本人特有の繊細さも相まって、他では見られない情感も含まれていそうです。
    ——————————
    gioさん、
    実はぼくは周りから「天然ですよね?」と言われることが多いです。はじめなんのことかわからなかったんだけど「不思議ちゃん」だと知り、ええ!と思いました。他はともかくぼくは「天然」は苦手かも。自分が天然だからかもしんないけど。
    ——————————
    エイシアさん、
    まったくですね。日本男子の需要が供給と合わないのが昨今の現状でしょうか。困りましたね。いや別に困らないけど。イラストに言及いただきうれしいです。こういう絵が苦手でなんども書きなおしただけに。
    ——————————
    risaさん、
    もしかして最後のイラストのカラートーンから、ラベンダーを彷彿させてしまったのかもしれませんね。妖精ってのはそんな心の震えに敏感ですから。
    ——————————
    もぐさん、
    そうそう、そうですね。そうですか、そう言いますか、彼は。「かわいい」というのは自分の都合に合わせて変化していく一面もあるかもしれませんね。それもきっと妖精のせいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。