おりこみ済みはオトナの分別

f:id:naokin_tokyo:20090416000339g:image

 

「お化粧が上手ですね」
男からこういわれたら、女性としてはなかなか複雑である。 んじゃないかと思う。 日本人女性の化粧の上手さはジャパン・カルチャーとして世界に誇示していいとぼくは純粋に思うのだけど、それはそれで意見の分かれるところだ。

まだ10代後半の頃までのぼくは、「化粧するような女は嫌いだ」と公言してはばからなかった。 たぶん、若かったのだろう。 心も身体も飾らないのが一番、だと信じ込んでいたふしがある。

でもさすがにこの歳になると、女性を見ても「化粧部分は織り込み済み」でとらえられるようになった。 おそらく体系もそうだろう。 だから、目の前で女性がスッピンになろうと、スッポンポンになろうと、若いときほどギャップの大きさにがっかりすることはなくなった。 それよりも、むしろ自分にがっかりされることのほうが辛い。 辛いと思ったところで、どうするわけでもないのだけど・・・
もっとも、女性のスッポンポンが見られるシーンそのものが減ったのは、いささか寂しいものがある。

 

ある調査*1によると、女性の「スッピン」を見てがっかりした男たちは、44%もいるのだという。 全員でなくてよかったと思うものの、ちょっと多い気がする。しかも、

  • 20代男性 33.7%
  • 30代男性 44.3%
  • 40代男性 57.7%

というふうに、年代が上がるほどに「スッピン」にがっかりしてしまうようなのだ。 ほんとかな? と思う。 まともな男なら、歳を経るにつれ、どこからどこまでが装飾かぐらいわかりそうなものだ。 (もっとも、日本人女性の素肌が年々キレイになっているのは間違いないと思う)

ついでにいえば、人間は歳を経るごとにインサイトが強まる。 「見た目」だけでなく「識見」で相手を見るようになるのだ。 五感や経験値など複眼的に相手をとらえるから、いくぶん視覚上の変化があったとしても必要以上に「がっかり」したり「興奮」したりしなくなるものだ。

 

「人間は見た目が9割」というし、それはそれで正しいのだろう。
けれども、見た目から得られる情報量は、年齢を重ねればそれなりに増えるものだし、見た目だけで誤魔化されなくなるのもまた事実だ。

 

着飾ることを互いに許し、同時に着飾ることの虚しさも知っている
というのが、オトナの分別だとぼくは思う。

f:id:naokin_tokyo:20090416001442j:image
「ねえ、すっぽんぽんってなんのこと?」
「たぶん、おれたちのことじゃないかな」
「じゃあぼくたち、がっかりだね」

 

*1:アイシェアリサーチが行った調査

15 件のコメント

  • 「お化粧がお上手ですね。」と「写真うつりがいいですね。」はダメだと思います。

    実物の否定に捉えられる可能性がありますから。

    かくいうワタクシは、大きからぬ一重の目と高からぬ鼻の持ち主で、全く化粧映えのしない顔ですので、幸か不幸か多少細工を施してもスッピンとの差はほとんどありません。
    体型の加工も苦手です。
    少し前までは、「体のたるみは心のたるみ」とか、「視線がガードルやコルセットよ」などとほざいておりましたが、この頃は全く説得力のない体型になってしまい、すっかり弱気です。
    人様はもちろんのこと、自分にもすっかり甘い人間になりつつあります。

    >着飾ることを互いに許し、同時に着飾ることの虚しさも知っている

    しみじみと同感です。

  • 私は長年生きてきた人生の中で、化粧をした回数は数えるくらいです。化粧品をつけただけで、顔に何か膜がかぶっているような気がして、顔ばかり触ってしまうし、たまに化粧しても下手なので元旦那にも『やめたほうが良い。』といわれていました。だから、今でもスッピンで過ごしています。私の顔は化粧をするとケバく成ると言われ、化粧品セールスのお姉さんの、化粧コンテストのモデルになってあげましたが、化粧する前とした後が凄く変るので、彼女の腕をアピールするのに良い素材だと言われました。

    化粧した私の顔は、もはや自分ではないため、友達の前に自分らしからぬ顔で出て行く勇気もありません。お洒落に興味がないってことだけなのかもしれないですが・・・

    化粧してがっかりされる私などは、いかがでしょうか?

  • これって、実は軽くない記事ですよね。
    "歳を経るごとに"、"「識見」で相手を見るようになる"、というなおきんさんの洞察に共感します。しかし、調査により公表された57.7%もの40代の男が「スッピン」の女性を見て「がっかり」したという結果は、この世代男性の知性を表すのに充分な結果なのではないかと思いました。スッピン女性の何に「がっかり」したのかという実際の対象が良く分からないので、この調査結果を信頼できるかどうかは不明ですが、表面的には、私は結構驚きました。これって、日本人男性が対象ですか? 40歳から49歳までの男性の半数以上が、実は女性の見識よりも外見のみを重視するとも解釈できますもんね。確かに、50代になってもまだ女性は若くて綺麗な方がよいと本音で言った男性もいましたから、40代はさもありなんと考えるべきなのでしょうが、あまりにも浅はかです。救いは、半数には満たないけど、でも、女性を表面だけで判断しない男性が42.3%はいた、ということでしょうか。
    うーん、誤解を恐れずに言うと、「アホ」と紙一重のいい歳した男がごっそりいるという現実は、日本(?)の危機です。

  • びみょ〜〜〜。。。
    すっぴんには流石に自信がなくなった(とっくに)年齢ではあるけれど、かといってこの歳でつるっつるで皺ひとつない肌って やっぱり作り物丸出しだと思います。何十年も舞台ででんぐり返ししてる大物女優さんなんて 異次元の肌だし、もはや妖怪。メスを入れてるのは明白です。これを美しいと本人以外の誰が思うのか教えてください。
    皺が怖くて長生きできるかってんだ。ちくしょー!!
    でも 化粧って 今日自分に会う誰か のためにするんだって聞いたことがあります。それって納得。相手のことを考えれば自ずと限度も見えてくるし。塗りすぎず、すっぴん過ぎず。。。むずかしい!!

  • TPOを考えたお化粧って必要なんだと思います
    でも・・・私、普段はお化粧しません^^;
    「お肌のことを考えるとお化粧はあまりしたくないから」
    ↑なーんて、ウソ…単に化粧水から始まって、アイシャドウやら頬紅やらマニキュアだの〜というのが面倒だからです(^^ゞ持病の都合上、日焼け止めだけは欠かさず塗りますが、それも「はぁ…面倒だなぁ」って思うこともしばしば…(+o+)私もちびきち君やHARUみたいにワンとして生まれるべきだったのかも(^^)
    女性の肌もキレイになってきましたが、男性の肌もキレイになってきましたよねー!!
    男性の肌は少々カサカサしてるくらいがワイルドで好きなんだけれどなぁ

  • 最近の10代、20代の女の子のメイクによく関心します。
    アイラインの引き方で、実際より2倍近くの大きな瞳!
    近くで見ると解るけど、遠目からならみんな「あゆ」みたい!!
    ナチュラルが一番かもしれないけれど、メイクに研究
    熱心なのも私は好きです。(でも、電車内メイクはちょっと…見ているこちらがはずかしい気分です)
    男性の方も、がっかりよりもこんなにがんばってるんだね
    ぐらいの気持ちで…女性だって、男性にいろいろ「がっかり」しているのですから。

  • なおきんさん、再度お邪魔します。
    どうしても聞きたくなっちゃって(笑)。
    女性のスッポンポンが見られるシーンが減った、ってどういうことなのでしょう? なおきんさんの彼女がいなくなったっていう意味なんでしょうか?

  • メイクも体型も目の錯覚・職人技(?)+雰囲気かな?
    あぁ、でも、今日の私は顔以上に心がカサカサでメチャクチャ心が不細工だ〜
    もう、イヤ(T_T)

  • いっつもスッピンでたまに眉を描くくらいの私は、フルにメイクをして職場に行くと、同僚から、「今日はなにかあるの?」と質問をされます(笑)
    すっぽんぽんはナシ!(爆)絶対ナシ! 灯りは絶対点けないでえぇぇぇ〜(絶叫)あはは。
    ここんとことんとお相手もおりませんので心身ともにたるんどりますギャハハ( 。_ _)ノ彡☆バンバン

  • 目の化粧と眉毛のせいだと書かれていましたよね。
    若い子の化粧はやりすぎで、素顔が見えなくなっているんだと思いますよ。
    化粧の無い顔とした顔があまりにも違うと誰でもびっくりすると思う。
    なおきんさんと同い年の私は、高校生のときに化粧なんかしたことがなかったし、クラスメイトの数人は薄化粧程度でした。
    そんな中、化粧をしっかりしていた子がいて、その子の素顔を修学旅行の風呂上りで見たとき、私ぶっ飛びました。化粧の効果を初めて知りました。あの時の衝撃は忘れません。風呂上りの彼女の顔には眉毛がなく般若のようでした。怖かったです。

  •  ハワイでは、見た目メタボな人が多く、なんか安心する日本人が多いとか。ハワイ島ヒロ地区は時間がゆったり流れていました。 今週は上海で少し仕事の話をしに行きます。

  • なおきんさん、お久しぶりです!メイクは年齢を重ねるほどシンプルになってきているかもしれません、ただの手抜きってことかもしれませんが・・・。最近、茂木健一郎氏の「化粧する脳」を読んだのですがなかなか興味深かったです。どうやら脳科学的に分析するとメイクは女性にとって最大のコミュニケーションツールのようですよ。

  • こんばんは、なおきんさん。
    私の友達たちは、若いころから、とても化粧がうまく、
    みんなでお泊りした日の朝の化粧大会はとてもすごかったです。みんな、すっぴんもかわいいけど、けしょうをしてみちがえると、とても美しくへんしんします。上のイラストの女性?は、いかりやちょうすけさん?

  • 子どもの頃に意味をよく理解せず、知り合いの小母さんに『着痩せするんですね』なんて笑顔で言ってしまった事があります。

    さて、今まで素顔を見て驚く経験をしたことがないので、一度くらい驚くなり、がっかりするくらいのギャップのある人にお会いしてみたいものです。
    おそらく自分の中で、『違うのが当たり前』と思っているから、そこまでがっかりしないのだと思います。

    それ以前に、僕自身が、自分の外見を磨かなきゃいけないかもしれません(汗)

  • もぐさん、一番ゲット、おめでとさまです!
    すっかり弱気になってしまったのですね。 でもだいじょうぶ。 身体はたるんでも心はたるまない人もいれば、視線がちっともガードルにならない人も大勢います。って、ぜんぜんなぐさめてないですね。お互いがんばりましょう!
    ——————————-
    ぷうさん、化粧してがっかりされる(笑)なんてすごい! 素顔のほうがいいなんて、皮膚にもよさそうだし、メリットが多そうじゃないですか。 これからもすっぴん美人でいてくださいね。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、記事内容の深いところに着眼いただき、うれしいです。 なんといってもオヤジブログですからね。少しは深くないと・・・。そう、視覚情報はわかりやすいだけに、だまされやすいんです。 男女互いに深く認識し合いたいですね。
    ——————————-
    おかみっちょんさん、そうそう「鏡がコワくて長生きできるか!」ですね。 おなじキレイになるのなら、自己満足でとどまらず「今日会う人のため」にキレイになったほうがいいですね。それに「美人だからモテる」「彼氏が出来る」とは限らないことは力説しておきます。
    ——————————-
    HARUママさん、ふだんはお化粧されないんですね。まあ、しなくてすむのならしないにこしたことないですね。 でも、化粧はめんどくさいけれど、それなりに美的感覚と技術は確実に身に付くような気もします。男性の肌、かさつきがちっていいですか?
    ——————————-
    さえぴーさん、「あゆ顔」多いですね。 個人的にはちょっと・・・、という感じですけど。 勝手な想像ですけど、あまり幸福でなさそうな気すらします。というのもおこがましいですね。全国のあゆ顔のひと、ごめんなさい。「男性にがっかり」させてすみません。ぼくも常習犯です。謝ってばっかりのコメ返しになっちゃいました。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、二度目コメントありがとさまです。彼女・・・ですか。いようといまいと、すっぽんぽんの機会はすっかり。といった感じです。がっかりですね。
    ——————————-
    faithiaさん、ああ、「心がかさかさ」なのは聞き捨てなりませんね。 なにかあったんですか? 心穏やかに過ごせる日が一日も早く来て欲しいですね。ものごとって白黒だけじゃなく、グレイが大事です。関係ないかもしんないですけど。
    ——————————-
    Yulicoさん、相手がいないから化粧をしなくなるのか、化粧をしないから相手がいなくなったのか? どちらにしても、男なんてまともに顔なんか見てやしません。雰囲気で恋して気配を愛する動物なんです。
    ——————————-
    Junpeiさん、今のうちにあんなに濃い化粧をして、歳をとったらどうするんだろう?なんて逆に心配になります今の若い女の子。 「眉のない顔」はさすがにホラーですよね。般若ってかんじかな。眉毛は少しくらい残したほうがいいんじゃないかと、ぼくも思います。
    ——————————-
    ターボペンギンさん、世界中を飛び回ってますね。どうか身体にはご自愛ください。違う水や空気はその人の免疫力を低下させますからね。アメリカはデブが多いですね。「まだ上がいる」って安心しないよう心がけたいものです。
    ——————————-
    chicさん、いやあ、おひさしぶりです!ブログの更新もやめてたので、いったいどうしてんのかと。>「メイクは女性にとって最大のコミュニケーションツール」<なるほど言い得て妙ですね。やはり自己満足や自己完結じゃダメってことすね。気が向いたらまたブログ、復活させてね。
    ——————————-
    ニモさん、「朝の化粧大会」って!? (笑) 確かにものすごそうですね。やっぱり大会っていう感じかも? ちなみうえのイラストモデルは、いったいダレでしょうね。ぼくもよく知らない人です。
    ——————————-
    mu_ne_2さん、ははは「着やせするんですね」を社交辞令で使っていたなんて(笑)mu_neさんはちゃんと織り込み済みですごいですね。ぼくも一度しっかり、がっかりしてみたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。