中国で何が起こっているのか?

先月(2009年7月)に起こったウイグルの民衆蜂起。
今やどの新聞やテレビも報道しなくなったウイグル人のことを、ぼくはとても心配している。 「総選挙」も「のりピー」もいいけど、これだけ新聞紙面やテレビ放送枠があるのだ。 どれかひとつくらい、このことを掘り下げるメディアがあってもいいじゃないかと思う。

ほんの一ヶ月ちょっと前のことだ。 葬るには事が重大すぎる。

日本の新聞では「それ」が起こったのは新疆ウイグル自治区の首都ウルムチウイグル人の「騒乱」があり、死者が出たと報道していた。
ちょうどイタリアでG8サミットが開催されていた最中であった(胡錦濤主席も参加)理由をして、「世界の注目を集めようと、ウイグル人がこのタイミングをねらって騒乱を起こした」と日本のマスコミの大部分は報道していた。 同じことを、中国政府も発表した。 日本の主要メディアはまるで人民日報のようである。 テレビではウイグル人がパトカーをひっくり返し、バスに火をつけ、商店を打ち壊す姿が映されていた。

けれども、ぼくはこの報道を最初から疑っていた。
つじつまが合いすぎるし、世論誘導の臭いがするからだ。
そこで、片っ端から書籍や海外のネットニュース(フランスが詳しい)、YouTubeにアップされている映像などで調べてみることにした。

そもそもきっかけはウルムチではなく、遠くはなれた広東省のおもちゃ工場(香港資本)であった。

△ ここ(しょうかん市)です【引用:朝日新聞

G8に先立つ6月26日の夜、この工場で働く中国人(漢人)工員6000人が鉄パイプや棍棒、斧(!)などで武装し、終業後に宿舎に戻ろうとしていた仕事仲間であるウイグル人工員200人に襲いかかり、これを殺傷させた。 身の毛もよだつ恐ろしい事件である。 が、規模の割にいささか記事の扱いが小さ過ぎた。 誰ひとり死んでいない「毒入り餃子」ではあれほどの騒ぎだったことを思えば、あまりに不自然ではないか。

亡命ウイグル人のインタビューによると、逃げ回るウイグル人一人ひとりを中国人が寄ってたかって追い回し、棒や斧で死ぬまで暴行を続けたのだそうだ。 最後のひとりが倒されるまで約3時間。 ようやくそのころになって警察が出てきたのだという。 つまり「見て見ぬ振りの3時間」である。 しかも、警察が登場したあともまだ、倒れたウイグル人に対して中国人は殴る蹴るを繰り返していたらしい。 はやい話、警察もグルということだ。

21世紀のことだ。それどころか、つい2ヶ月ほど前のことである。
芸能人のゴシップネタとはわけが違う。風化させてはならない。

■ 衝撃の映像はこちら心臓の弱い人は見ないでください)

これはウイグル人の隠し撮りではない。襲撃した中国人のひとりによる撮影である。 悪びれず撮り、堂々とネットにアップしたのだ。 誇りにすら思っているのかもしれない。そう考えると背筋がすーっと寒くなる。

証言には続きがある。
その夜、さらにその場で10人くらいのウイグル人女性が引き出され、その場で中国人に集団レイプされた。 そのうち2人は、首を切られ、工場の敷地内の木に長い髪をくくられ、ぶら下げられたという。

思えば数年前、ぼくはその工場に、サンプルを作ってもらうために訪ねていたかもしれない。 あるいはそのおもちゃは、あなたの家にあるかもしれない。 ひとりに対して、30人もの鉄パイプをもった暴漢が襲う。 女性はレイプされ、首を切られ、木に吊るされる。
ただ、「ウイグル人である」という理由だけで。

遠い昔でも、遠い国でもない。 お隣の、しかも香港とは目と鼻の先の広東省で、それは起こったのだ。

ではなぜ中国人工員は、ある日突然ウイグル人工員を襲ったのか?
ほかでもない。「ウイグル人の労働者6人が漢人従業員の女性2人をレイプした」 というたったひとつのデマであった。 それだけで、6000人が武器を手にして蜂起するのだ。 レイプしたといわれる犯人たち6人に対してではなく、さっきまで一緒に机を並べて仕事をしていたウイグル人従業員200人に対して。

ではなぜウイグル人の従業員がその工場で働いていたのか?
中国政府が若いウイグル人を、ウイグル自治区から中国各地に強制移住させているからである。 理由はもちろん、寄り集まって独立運動をさせないためだ。

G8中に発生したウルムチでの暴動にはそんな伏線があった。

ぼくを戦慄させるのは中国人工員の残虐性ばかりではない。
ウイグルの独立を武力阻止している中国共産党政府とその走狗である人民解放軍ではなく、そのへんの一般民衆ひとりひとりが、ただのデマひとつでウイグル人をめった殺ししてしまえる「集団心理」である。
人民解放軍や警察の命令でなくとも、一般民衆が自発的にウイグル人チベット人を殺せる。 そのことにぼくは驚愕し、戦慄を覚えるのだ。

同じことは今も、チベットや中国の至る所で起きているはずだ。

それを制するには国際社会はあまりに非力である。
非力ではあるけれど、事実を知ることで何かが変わるかもしれない。 無視することが出来ないのだ。 ヒマではないが、ぼくだってウイグル人チベット人として生まれる可能性がまったくなかったわけではないのだ。

とはいえ、のりぴーが潜伏していた場所をスクープする記者たちよりはヒマかもしれない。

彼らは、ひどく、忙しそうに見える。

ともすればぼくたちは「不都合な現実よりもっともらしい理屈」で報道をながめてしまいます。お気楽にのんびり過ごすには世界の現実はあまりに厳しいものです。世界の現実を知ることは恵まれたものの義務であると、ぼくはおもいます。ショッキングな映像を紹介してしまい申しわけないです。
応援クリックが励みにとてもなっています人気ブログランキングへ

19 件のコメント

  • 映像は見ませんでした。ごめんね、せっかく載せてくたのに。
    デマにかっとしただけで突如恨みがわき起こって、一緒に働いていた同僚を残忍な方法で殺すとことができるというのが分かりません。憎悪がすでにあったような気がして。差別が根底にあるように思います…。そしてそれを利用して混乱を起し政治的に何かしようとする人たちがいるのが恐ろしいですね。

  • 映像観ました。

    ぜんぜん、驚きません。

    スクープ的に観ることも無いです…予知してたことがそのまま…別に中国だけでは無くこの世的に…という感じかしら。。。

    私的には、やっと憔悴感から抜け出て、平穏さの中で暮らしてます(ひきこもり(笑))。 やっと元気になってきました。 さぁ…これから死ぬまで仕事!仕事!仕事!? こんなに仕事干されたこと無いんで…ある意味、休暇かな。。。

    新聞に載ることはないけど、以前の派遣先は六十数名指名解雇したそうです…9月以降仕事が???状態らしいです。 急場しのぎ上手く行っても先が…無い日本。 このマスコミ誘導が上手く行けば、また保守安泰政権…私たち何時まで我慢するんだろ?

  • 恐ろしすぎて、言葉が出ません。現実にあったことと言われても受け入れられません。なんでこんなに大量の人間をこんな残虐な方法で殺せるのか?その殺人に関わった人間は、隔離しておいて欲しいです。みんな隣近所全ての人間が、殺人者ですか?恐ろしすぎます。なんか・・・横溝正史の何とか村のたたりの話の規模が大きくなったような。済みません、何言ってるか訳の分からないコメントでした。ああー恐ろしい。私は外国に住んでいるので、こういう差別的な話は人事とは思えません。(私は差別された経験はまだありませんが、念のため。)

  • なおきんさん、教えてくれてありがとうございます。
    ここまで深くは知りませんでした。

    デマで・・・・・・。
    人は団体になるとろくなことしませんね。
    一人だったら生きてさえいけないのに、団体に
    なると何でも出来ると思ってしまうのでしょうか?

    すぐに行動にかきたてるものは一体何だったのでしょうね。

    民族とか同胞とか、おなじでは無い事をもっともっと
    分からせないといけないのかもしれませんよね。
    考え方は一人一人違うのだと。似てる部分、逆の部分
    いろいろだもの。

    情報を鵜呑みにしない、冷静に考える、人を傷つける
    権利は誰も持たない、などなど、当たり前の教育が
    大人になってもずっと必要だという事なのかもしれま
    せんね。人間はすぐに忘れてしまうから。

    しかし、忘れてはならない問題はしっかり記録して
    二度と同じ事を起こさせない仕組み作りが必要です
    よね。本当に、ぷうさんがおっしゃっているように
    殺人犯は普通の人にアクセスできない島などに
    隔離してほしいですね。

  • 地元のニュースではデマとはなってないようなのですが、中国国内では真実は報道されておらず、うちの漢民族の社員曰く、ウイグル族は少数民族で政府から色々な援助(僅かな)を受けたり権利(民族文化的な事)が守られている。我々が差別を受けているのだと。彼ら(高等教育を受けていない工員レベル)の脳みそは政府の洗脳を完全に受けており、これ以上話しても無理だと悟りました。

    これら中国のやる事なす事すべての元凶は漢民族のもつ中華思想に行き着く。今やその思想は中国国内に留まらず海外にも急速に拡大している。今の米中両者に媚びへつらう日本の外交姿勢ではたちまち大国に飲み込まれ、民●党政権下ではそれが加速してしまうような気がします。

  • 映像、見ませんでした。
    関東大震災当時に日本で起きたのと同じことが中国で起きた、そう思いました。
    一番怖いことは、ためにする報道などではなく口コミだとも思いました。
    隣人が、まことしやかに伝えるウソ。それを見抜く目を持っていたいです。。

  • 知り合いがmixiの日記に、ウイグルについて難しいことを書いていた矢先のなおきんさんの日記。
    映像を見る少し前から身体が硬直し、
    見終わって何とも言えない負のエネルギーが回っています。この事件に加担した労働者達の心の中に、穏やかさのかけらも感じることができません。負のエネルギーの連鎖ですか・・・。

    同じ空の下で、今この時にも
    報道もされない残虐な事が起こっていると思うと
    いたたまれません。

    「世界の現実を知ることは恵まれたものの義務である。」
    教えていただきありがとうございます。
    目をそむけずにしかと受け止めます。

  • 広東省でウイグル族の暴動があった、くらいの認識でした。逆に暴力を受けた側だったんですね。
    同胞意識というものはそこまでさせてしまうものなのでしょうか。ちょっとピンときません。
    でも怖い。中国だから怖いのかなぁぁ。
    あ。私アラフォーです。中身は全然伴ってませんが(汗)

  • 亡くなられた方々、悲しく辛い思いの果てに命をなくされたことが悲しいです。何もできませんがせめてご冥福をお祈りいたします。

  • はじめまして。
    なおきんさんのブログに目を通すと、いつも...しばし感じ入ってしまいます。
    今回も、浅薄な私に喝!を入れてくれる記事でした。詳しく教えて頂き、ありがとうございます。

  • 単なるデマでここまでひどいことができる人間というものが怖いです。
    そもそも、工員など低賃金で黙々と働かされている彼らは、日ごろからのうっぷんも多いだろうし、一歩間違えば人間性を失ってしまうのでしょうね。
    やっぱり教育は大切だと思います。
    しかし、中国政府の教育のやり方は、日本に対してもそうだけど国民が何がしかの対象に異常に恨みを持つようにして、今そこに確かにある中国国内の問題を摩り替えようとしているところが気に入りません。
    そういう政府の方針にまんまとのせられている若者たちにも腹立たしさを感じます。
    しかし、世界とはどうして思っているのと反対の方向に進んでいくのでしょうか?
    むなしさがこみ上げてきました。

  • いつも拝読しております。今回だけは,コメントが書きたくなってしまいました。私は映像を目に焼きつけながら,どこかで見た光景と似ていると感じました。多分,天安門事件を彷彿とさせたのだと思います。
    事実は全く別の質のものですが,異分子を排除しようとする中国の姿勢は,今も20年前も変わりないのだと知らされた思いで,非常に空しく切なかったです。
    教育されても,現在の国家にとって利益をもたらさないものは排除され,教育されなければ知らずに利用されるだけ。この巨大な領土を持ち,オリンピックで誇示したほど民族数のあるこの国は,どこに向かっていくのでしょう。
    私の高校時代の先生は「知ることが力になるんだ。物事をいつも正しく知るよう心がけなさい」といつも言っていました。そういう小さな積み重ねが大切だと痛切に思わされる出来事でした。正しく知るのは難しいですね。

  • こんばんは。なおきんさん。
    最近家でよく映画を見ます。たまたま借りた物なのに、なぜか真珠湾攻撃の映像が多く出てきます。日の丸とゼロ戦。世界中でジャップとよばれ、嫌われ恐れられているようです。オーストラリアという映画の中にも、ゼロ戦がオーストラリア本土を攻撃している場面がでてきま。、病院などところかまわず攻撃します。私はオーストラリアを日本軍が攻撃したのを知らなかったので、うそやろ?と思いましたが、本当でした。シドニーまでも潜水艦で、攻撃しに出かけていったそうです。今の温厚な日本人からは、創造もできないほど、野蛮なひどいことをしたのでしょう。同じ日本人が、なんで?と不思議でしょうがありません。全体主義のせいでしょうか?今はそれが、残酷で悪いことといえば、みんな、そう思う。みなが同じことが恐ろしいことなんでしょうか。。

  • このような事件が起こっていることは知りませんでした。
    最近のニュースを見ていると「のりピー事件」のことがほとんどで、もっと重要なことはないのかと思えてしまっていたので、ニュースやワイドショーを無視しておりました・・・。これもある意味大衆心理の操作を受けてしまっているのでしょうか・・・。
    ただこの事件を聞いて驚くというよりも「やはりか」と思ってしまう自分がいたことにも驚いています。
    中国は重要な市場であり貿易相手国。あまり刺激をしたくないということから報道が隠蔽されてしまっているのでしょうか。だとしたらメディアの意味がなくなってしまいます。
    元自衛隊の田母神氏を担ぎ上げて、核武装だの広島平和集会には被爆者はいないだの報道するくらいなら、もっと真実を報道して欲しいものです。

  •  今週末から9月第1週の予定で、雲南省と四川省へいく予定で準備を進めています。
     いろいろな考えがあるかと思いますが、中国はまだ封建的中央集権国家だろうと思います。ただ、MAO政権の後、後継者が出なかっただけで、側近達による権力闘争が未だに続いているようです。
     中国の歴史には度々、反対勢力や民衆への大弾圧や粛正の嵐があります。特に、漢民族以外には懐柔策と恐怖政治が半ばしました。彼らの意識は今でも中華思想と思います。
     これまでも旅行中は一切、第二次世界大戦や政治について話しません。少数民族の人々は本当に純朴です。飴一個貰っても、恐縮してました。
     地方の警察とやり取りすることがありましたが、全くと言っていいほど、横柄でした。英語は通じませんし、外国人に対して親切にするという感覚ではなかったと思います。

  • ぱりぱりさん、一番ゲットおめでとさまです!
    まったく恐ろしい話ですよね。実のところ教育現場でもウイグル人は悪い、ウイグル人は中国を分裂させるなどと生徒に教え、マスコミもこれを裏付ける宣伝をしている様子。今回の事件のお膳立ては既に整っていた、ということでしょうか。
    ——————————-
    たまやんさん、予知、ですか。いずれにしても中国は力で押さえつけている少数民族のコントロールをどこかで失うでしょうね。そうなるといいことばかりではない。今中国で内乱が起きれば世界経済は、さらに混乱に陥ること必至。失業者はさらに増え続け、今失業している人の再就職のチャンスを奪います。でも予知できるのなら回避手段がとれていいですね。
    ——————————-
    ぷうさん、ホント何かの恐怖映画かなんかのシーンに見えますね。これが21世紀の、しかもお隣の国で行われている現実を、そして行われているのにあまり報道されない現実を認識しておくことが必要でしょう。それにしても不気味なのは米国。これだけの殺戮が中国本土の随所で行われていることは、とっくに衛星で確認済みのはず。それを非難/抗議しない(できない?)ところに事の深刻さが隠されているのです。
    ——————————-
    pokoさん、初コメントありがとさまです! さて集団心理が恐ろしいのは「殺人」に対する罪悪感を互いに払拭し合い、むしろ正しい事をしているという肯定にすり替えてしまうことですね。そもそも「ウイグル人悪人説」「チベット人悪人説」を教育やマスコミ宣伝で徹底化している覇道国家にせざるを得ない宿命に自己矛盾を感じます。歴史的にみてもチベットもウイグルも中国ではない。覇道はまた覇道によって敗れるのでしょうか。
    ——————————-
    うらっち、現地からのレポートをどうもありがとう! たしかに「少数民族をあらゆる手段でサポートし優遇している」と、共産党政府は内外に説明しているみたい。それがそうでないことは、諸外国ではすでにバレてんのにね。民主党も小沢さんが党首ならば米・中それぞれある程度大人な付き合いができそうだけど、鳩山さんじゃ心もとないね。中・韓は喜ぶだろうけど。
    ——————————-
    Yulicoさん、関東大震災時に町の噂から「朝鮮人集団虐殺」へ発展していった事件については、しかし警察や政府は暴徒から朝鮮人を守ろうとしたという点で、ちょっとちがうかもしれません。似ているとすれば1937年に中国で起きた通州事件。3000人の中国人暴徒(軍も含む)が日本人居留民230人を集団虐殺しました。婦女子はレイプされ内蔵が引き出されるという、むごい虐殺方法も酷似しています。いまぼくたちは「不都合な現実」にも目を背けない勇気が必要かもしれませんね。
    ——————————-
    えぬザイル☆さん、タイミングが絶妙だったのですね。 ネットの良い点は、こんなふうにマスコミが何かの理由で取り上げずとも、良識がそれを放っておかないことかもしれません。もちろん良識ばかりが飛び交う訳ではないですから、みる人たちのリテラシーが問われるわけですね。ぼくたち日本人は、安全面や衛生面、教育面で世界平均よりずっと裕福に生活できています。それは世界の貧困や争いの犠牲の上に成り立っているという謙虚な立場が必要だと思います。
    ——————————-
    ちぃさん、アラフォー、いいですね。ぜひ中身の魅力も醸し出してみてください。さてウイグル人他少数民族問題ですが、国をして民族間を仲の悪いようけしかけているという点が、大問題です。日本人が在日朝鮮人やアイヌ人に対して似たことをすれば、それこそ政府が転覆するほどの大問題。罪悪感に蝕まれ、内外に謝罪しまくることでしょうね。
    ——————————-
    ほっぴーさん、つくづく亡くなられた方は理不尽きわまりない思いだったことでしょう。 いったい自分が何をしたというのか?と。 問題は同じことが反省もなく今後も繰り返されるということでしょうか。世界の良識はどこまで介入できるのか、それを問われています。
    ——————————-
    kenさん、つくづく悲しいですね。その向こうに何の手だてが講じられない無力感もあって、さらに悲しい思いです。
    ——————————-
    かっぽさん、初コメントありがとさまです!
    浅薄という点では、ぼくも変わりありません。何かを肯定したり否定したりするとき、確信するまであれこれ複数のソースをチェックしておきたいという、これはもう本能ですね。でも喝!を与えるだなんてそんな・・笑)これからもよろしくです。
    ——————————-
    Junpeiさん、中国政府の教育のやりかたについての意見、同感!ほんとそうですね。内政問題から目をそらさせるための反日運動に、日本のマスコミがいちいち「ほら中国人も怒ってる」と、世論誘導していくのが情けすぎます。ここまで媚中でいなくちゃいけないのか・・・と。本来なら天安門事件並みに取り上げて然りなんですけどね。
    ——————————-
    miyumiyuさん、初コメントありがとさまです!
    そうですね。天安門事件とどこか相通じるものがありますよね。天安門事件が民主化への抵抗、今回の事件が民族自決への抵抗。政府にとって不都合な問題は、どんな手段をとろうと、つぶされるということですね。天安門のときは全世界が非難したのに、今回の事件は国際社会は無視か黙り。このことがより深刻だとぼくは思います。人権迫害にだれも制裁を下さないわけですから。
    ——————————-
    ニモさん、第二次大戦当時、オーストラリアと日本は交戦国でした。オーストラリア本土を日本軍が空襲したのは、連合軍がオーストラリア本土に兵站を持ち、そこを基地として日本軍を攻撃していたからです。いくつかのハリウッド映画で日本軍が病院を攻撃するシーンを見せてますが、誤射はあっても意識して攻撃することはなかったといいます。いずれにしても戦争交戦国の兵隊同士の戦闘ではなく、一般市民が他民族を集団虐殺するというのは性質からして違います。ましてや市民を守るはずの警察が手を貸していたとなると、これはもう救いがなく、絶望させられます。
    ——————————-
    mu_ne_2さん、芸能ニュースはもともと興味がないのですが、それにしてもノイズが多すぎてまともなニュースが見辛いのがテレビですね。 >中国は重要な市場であり貿易相手国。あまり刺激をしたくないということから報道が隠蔽されてしまっているのでしょうか。だとしたらメディアの意味がなくなってしまいます < まさにそういうことですね。報道に偏りがあっては、社会の公器としての信頼を失うだけですからね。
    ———————
    ———-
    ターボペンギンさん、ごぶさたしてました。お元気ですか? いまごろ、雲南・四川ツアーの真っ最中でしょうか。どうか道中の無事を祈っています。漢民族中心の中華思想という覇道は、周辺民族の脅威であり恐怖。 同化しようとしても今回のように民族間侮蔑と憎悪が作られ、不必要な命が奪われる。宿命にしては辛すぎますよね。ではお気をつけて。

  • 偶然通りかかったのですが、私もすっかり忘れておりました。この問題が起こっている時チベット問題でいろいろ検索をしてみたりしてたのですが、なんというか・・。
    目覚しく発展している大国の本当の姿って張りぼてで、リサイクルを謳った町の裏にはカラフルな水や煙が流れていて、子供がよく体壊したりするのもそれが原因だとわかっていても、国に用意してもらった土地で与えてもらった仕事。いまさら貧しい農民に戻れない。我慢するしかない。
    結局我慢していることが多いから、我慢している人が多いから、集団として方向を持っていきやすいのか・・・
    ダライ・ラマがチベットの民衆を奴隷扱いし、大量虐殺もしている。
    普通なら信じられない。現代には非現実的すぎて。
    でも彼らは信じちゃうんですよね。自分の国ではありうることだからでしょうか。信じる方が楽だからでしょうか。
    発展に置いてけぼりにされ、口にするものは全て危険はものばかり。不安にもなると思います。でも、抗議はできない。諦めるしかないと思わせる何かがあるのでしょうねぇ
    内部崩壊という言葉が思い浮かぶのですが、昔からそれを発散させるのが上手な国なんでしょうね。だから未だに。中国を恨むな あの国を恨め こんな事あんな事をしたんだ。するんだ。と。
    この国の人達って、自国から出たデマの真相に気がついてるのかついてないのか(ついているのかもですね。)、疑うこともせず、サラっとのっかってしまうのだなと思いました。ああ 通りがかりでダラダラ書いてすみませんでした・・・

  • うぴさん、初コメントありがとさまです!
    中国の報道については、国内向けと国外用、外国人向けと国民用、それぞれにバイアスをかけているので、さらに不信に拍車がかかりますね。「国家反逆罪」なる法律が、政府にとって都合の悪い情報を流した者に容赦なく罰を与えたり。いっぽうで中国のことを悪く言う情報にもいくぶん尾ひれがついてしまうもの。 それぞれのリテラシーが問われるところですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。