林深ければ鳥が棲む

f:id:naokin_tokyo:20150121205451g:plain

 

雨が降るたび、傘が増える。
家の傘立ては真新しいビニール傘でいっぱいだ。コンビニで売っている傘より多いんじゃないか、という気すらする。この計画性のなさはなんとかならないものか。
 
むかしの天気予報、たとえばヤンボーマーボーの時代、あのころ予報はあまりあたらなかった気がする。当たらないことに安堵すらした。やっぱり降らなかったじゃないか、と。ところが最近の天気予報は当たるどころか、場所ごとに1時間ごとの天気がわかる。朝の予報で「東京渋谷区は午後3時から雨」。するとほんとうに渋谷で3時に雨が降る。気象衛星はいい仕事をする。だから傘の用意をと予報士は言うのだが、そうしないのがぼくである。あいかわらずしばらく濡れ、あきらめて近くのコンビニで傘を買う。くりかえされる罰ゲームのように。
f:id:naokin_tokyo:20150121205504g:plain

 

自分の感じていること、考えていることは、なかなか自分ではつかめない。わかっているのにやめられない。わかっているのにやろうとしない。動機があって意志がある。だけどときどき反転する。
 
f:id:naokin_tokyo:20150121205535g:plain

 

ぼくは旅好き、というか生きることじたいが旅だと思っているから、ついおかしなチャレンジをしてしまう。雨なのに傘を持ちあわせなかったり、しなくていい苦労をしたり。あるいは苦労を迂回しようとして道に迷ってしまったり。そして迷い道も旅なんだからとひらきなおったり。
 

旅に必要な地図もこのごろはとても高性能で、自分のいる位置も教えてくれるし、道順ももっとも最適な方法で教えてくれる。これならだれでも迷わなくてすむ・・・はずなのに、ぼくはやっぱり迷う。雨にもぬれる。むしろ増えたんじゃないかってくらいに。

 
林深ければ鳥が棲み
水広ければ魚が泳ぐ
 
f:id:naokin_tokyo:20150124002518g:plain

 

旅のつれづれに器が大きくなる。
もしそうだとしたらうれしい。おかしなチャレンジも、あちこち頭やからだをぶつけながら過ごしてきたのも、その肥やしなればこそかと思うから。
 
 




6 件のコメント

  • こんばんは。
    コメント欄からですみません。
    Travel makes one modestのTravelがTrabelになってます。
    とっても親近感の湧くキー1つ分のズレなのに、アクセスする度に気になってしまって。とりあえずご報告しておきますね(^o^)
    いつも飄々と旅を楽しんでいるなおきんさんの心の目はカメラのレンズのようですね(^_^)
    見たままを写しとるから、旅のブログ記事が、現地の温度や空気やホコリや、人々の喜怒哀楽まで、こちらの皮膚に直に伝わってくるのですね。

  • ぱりぱりさん、一番ゲットおめでとさまです!あ、ほんとだ。まるで中学生の単語テストで間違えた気分です。「旅は人を謙虚にさせる」というぼくの大好きな格言だったのに・・。元気をもらったので、また旅ブログも載せていきますね。ありがとさまでした!

  • 今までのモヤモヤ解決!
    なおきんさんの面立ちが誰かと重なるのですが思い出せず、昨日wowowを観ていて判りました! 「三島由紀夫」さんでした。
    あ~ スッキリしました。笑
    いつも通り 勝手な書き込みです。ごめんなさい。

  • meikoさん、モヤモヤが解決できてよかったですね。でも三島由紀夫というのはちょっと意外でした。あまりにも意外すぎてこんどはぼくがモヤモヤしてきましたが。

  • ぷぷッ!
    今度は なおきんさんが モヤモヤ・・笑
    三島由紀夫より 何十倍もなおきんさんはイケメンです!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。