牛乳と巨乳

毎朝毎晩、欠かさず豆乳を飲んでいる。
おかげで肌がツヤツヤだ(脂っぽいだけかもしれないが)。ほんとうは牛乳が飲みたいのだけど、これが飲めない体質である。たぶん小学校のときの給食時間にクラスメイトたち笑わせ、鼻から牛乳を吹き出させていた罰が下ったのかもしれない。というのは冗談で、ほんとうはお腹の調子が悪くなるからである。「豆乳のほうがヘルシーだからでしょ?」と言われることがあるけど、一長一短あって豆乳のほうがよりヘルシーとは一概に言えない。

牛乳には乳糖が含まれる。
間違えては困るが乳頭ではない。乳糖を分解して消化する酵素をラクターゼという。これがないと消化されない乳糖が大腸にうようよしている細菌と反応し、膨大なガスを発生させてしまうのだ。ゴロゴロの原因はこれである。「なおきんはラクターゼがないのか?」と思われるかもしれないが、ほぼそのとおりである。あってもすごく少ない。これはあなたにもあてはまるかもしれない。「ラクターゼは赤ん坊の酵素」と呼ばれ、15才になるころには赤ん坊の10分の1にまで減る。ぼくなんかはもっと減ってしまったのだろう。乳糖はラクターゼによってガラクトースという成分に変わるが、これは幼少の一時期だけ、脳髄や細胞壁の構築のために必要だ。以後は必要ない。

ラクターゼが減っていくのは、子供に「乳離れ」を促すためでもある。本能的にミルクをほしがらないよう体質がかわるのだ。たしかに母親にしたっていつまでも母乳を要求されては身がもたないし、乳が出てれば次の妊娠だってできない。つまり自然の摂理である。人間だけじゃなく、動物など哺乳類ぜんぶがそうだ。だから成犬や成猫にミルクを与えてはいけません。ひどい下痢で死んでしまうことがあるからだ。

でもまあ、いくつになっても乳離れしない子供のような大人はいるし、おっぱいが好きでしょうがない大人もいる。「おっぱい星人」とも呼ばれ、世の女性たちを敵に回している。

どちらかといえばぼくは巨乳好きではない。もしかしたらラクターゼが人より少ない体質だからかもしれない。ということはつまり、牛乳好きな男性は巨乳好きであり、マザコン気が強めなのかもしれないな、と思う。女性のかたは、男の品定めにぜひ「牛乳はお好きですか?」と、聞いてみて欲しい。そいつの性癖がどうだったか、実験後(?)ぼくだけにそっと教えて欲しい。女性の胸ばかり見ているO氏には、こんど直接聞いてみることにする。

調査結果についてはまた!

____

6 件のコメント

  • お久しぶりのコメントがこのお題笑
    わたしも牛乳が得意ではありません…
    コーヒーに牛乳が混ざるマーブル感を
    観察するのが好きです。
    でもコーヒーも牛乳も得意ではないです。

    先日、出会ったばかりの異性に
    しつこく何カップか聞かれました。
    教えなかったら、大は小を兼ねるから
    大丈夫だと言われました。
    意味がわかりません。
    日のあるうちにスタバでお茶した
    だけなのに、この後家に来ないかと
    言われて、断ったら、隙がないとか
    だからチャンスを逃すんだとか…
    何カップか気にする異性とは
    お茶すらしないと心に決めました。
    なおきんさんの仮説?正解です。

    言われました。

  • 同じですねー。
    30才前から牛乳苦手(30分〜60分後に個室に入るはめになる)で、豆乳に替えました。
    牛の乳は子牛のもので大人の人間の飲み物ではないんですから全然気にしません。
    それにしても”牛乳=カルシウム”というウソ広告を苦々しく思っています。
    ああ。人間の胸のサイズも全然こだわりません。
    あれは赤ん坊のためのものですからね。
    大きい人を見ると運動のときとか、肩こりとか、いろいろ大変だろうなと気の毒になります。

  • うちの2人の息子ちゃんにあてはめるとですね

    上の子はは牛乳好きのおっぱい好きですね
    段乳も遅かったしね

    下の子は牛乳嫌い
    何で給食で常温のまずい牛乳を飲まなくてはいけないのか
    納得がいかない彼
    おっぱい星人ではありません

      以上、報告終わります!

  • なるほど。
    うちの夫は「牛乳は体に悪い」(ラクターゼが少ないタイプかも)といって、まったく飲みません。豆乳は好きなんですが。
    そして「大きすぎる胸は(ホルスタインのようで)気持ち悪い」「小さめのほうが可愛い」と言います。
    だから私を選んだのかも(笑)。
    そしてマザコンではありませんが、親孝行息子ですね。
    私も牛乳嫌いで飲めません。

  • いつも楽しく読ませていただいています。はじめてコメントいたします。
    自分で言うのもなんですが,私は巨乳の持ち主です。(不便なこともイヤな重いをすることも多いです、なおきんさんにも好かれないタイプなんですね)そして我が夫はなおきんさんと同じく牛乳を飲むとお腹を壊します。なので関連性はないと思いますよ。

  • こんにちは、なおきんです。コメント返しがすっかり遅くなってごめんなさい。
    ———————-
    りんごちゃん、一番ゲットおめでとさまです! 仮説の立証、ありがとさまです。まずはこれで一票。支持いただきました。それにしても初めて会った相手にしつこくサイズを訊くなんて、ちょっとひどいですね。ちなみにぼくは生まれて一度も相手のカップサイズを訊いたことはないです。そもそも訊くものじゃないし、ね。
    ———————-
    ムインさん、
    まったくですね。無理して牛乳を飲むこともないんじゃないかと。以前叶姉妹の両方にお会いしたとき、はちきれんばかりの胸に、少々気の毒な思いをしました。背中の皮膚が引っ張られてひどいことになるんだそうです。一緒にいた森公美子さんに教えてもらいました。
    ———————-
    ねねさん、
    ご報告ありがとさまです。牛乳好きの長男、おっぱい好き。牛乳嫌いの次男、おっぱい星人でない。ということで2票いただきました。素晴らしいお子さんをお持ちですね。ありがとさまでした。
    ———————-
    みすけさん、
    牛乳が嫌いとのこと。かつ豆乳を愛飲されてるとのこと。仮説立証、一票いただきました。ありがとさまです。親孝行息子なのですね。ぼくもみすけさんを見習いたいです。このごろ、少々さぼりぎみでございましたので。
    ———————-
    Hカップさん、
    初コメントありがとさまです!かつ、反対票に一票ありがとさまです。Hカップの奥様を選ばれた旦那様は牛乳嫌い、というわけですね。でも選ばれたのは胸だけでもない気がしないでもないですが。いずれにせよ「嫌な思い」と「嫌な重い」のダブルミーニングなコメントぶりに、はっとさせられました。グッドです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。