年当てクイズ

「年当てクイズ」というのがある。
「おいくつですか?」「いくつにみえる?」というアレだ。
そもそもわからないから訊いているのに、質問で返すのもどうかと思う。

もちろん高めに答えて相手をムッとさせてもなんなので、たいていは低めに答えるのがお約束。
「えー、実はそんなに若くないんですよ〜」
となればセーフだ。 がごくたまに実年齢より高く答えてしまい、とたんにその場が気まずくなることもあるからややこしい。

歳なんてどうだっていいじゃないかと思うんだけど、日本では相手の年齢によって言葉遣いが変わったり、一概に若く見えることはいいことのように思われているので、この手のやり取りは社交辞令として巷になくならない。
職場が新しくなり、このごろは自己紹介をする機会が増えた。 歳にふれれば、たいてい「思ったより若いですね」といわれる。「年当てクイズ」的にいえば、そう言わざるを得ないのだろう。 お気の毒である。 こういうのもなかなか面倒くさいなあと思う。

このたび体重計を新調した。
前のヤツが壊れてしまったのだ。 理由はもうひとつあって、体重を少し増やしたいと思ったからである。
セレクトしたのはオムロン社製のカラダスキャンHBF-701。

オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-701
なんとこれ、体重や体脂肪率はもちろんのこと、内臓脂肪率や全身や体幹、両腕・両脚ごとの皮下脂肪率や骨格筋率まで測れてしまうのだ。 いくらなんでも測れ過ぎなんじゃないかと思うが、この機能があったのがセレクトした理由である。

Wiifitを長く愛用していることもあって、ぼくの基礎代謝はいまや1550kcalにあがった。 20代前半並だ。 いうまでもないけど、基礎代謝とは24時間何もしなくても消費してくれるカロリーのことである。 つまり基礎代謝以下のカロリー摂取なら、運動せずとも太らないですむのだ。

「体重を増やす」のは「太る」のとはちがう。
脂肪を増やさず、筋肉と骨の量で体重を増やすのだ。 かといってムキムキになるのは避けたい。 カッコ悪いし、必要以上の筋肉は敏捷さを失う。

「太らず体重を増やす」には微妙なさじ加減が必要だ。 そのための計測器としてカラダスキャンが役に立ってくれるんじゃないかと思う。

さっそく乗ってみると、カラダ年齢が示される。
「35才」
下手な年当てクイズよりよっぽど気が利いているではないか。

体重もお金も「太らず増やす」ですね

人気ブログランキングへ←あなたの応援クリックがとてもうれしい。

6 件のコメント

  • わたしも同じ体重計を使っています。
    ほんといくらなんでも測れすぎですよね。
    実年齢はなおきんさんより年下ですが体年齢は39才です。
    腕の脂肪率が40%です(涙)2の腕の脂肪はもともと胸だったらしいのですが元の場所に戻す方法、ご存知ないですか?
    買ってすぐ愛犬の体重(約30キロ)を測ってみたくなって抱っこして測りましたが、ギックリになりました。

  • 私は、当時、半役人だった例のS氏が買って来た体脂肪測
    定器(エキスパンダーの様なタイプ)で計ってもらったら
    「お、意外に少ないですね」と驚かれていました。今はも
    っと痩せたので、もっと少ない数値が出るでしょう。で
    も、一喜一憂しても、昨晩の様に「飲んでー飲まれて食べ
    て食べられてー(?)」をしているとリバウンドするかも、
    です。naokinさんは昔からスタイル良いし、羨ましい!

  • ずーずーしいようですが、ワタシは大概「若い!」と言われます。
    ホントの年齢を知ってる人も5〜6歳はぜったい若い と。
    でも歳を聞かれたらとりあえず「72歳」と答えています。「見た目より若いって言われたくていろんなモノ注入してるんです。」って。
    めんどくさいんですもん。あれこれ歳の話しをするの。
    もし聞いてきた相手がすごい老け顔だったら、この話題から早く逃れたいじゃないですか。。そーいう人って自覚があるから 何言ってもウソくさく聞こえちゃいますからねぇ。
    もう最近はギャグで生きてますから!

  • 「おいくつですか?」 「いくつにみえる?」
    なんて会話が成り立つのも、実年齢がそう高くはないからですね。
    もう歳の話なんてしたくない私には、ちょっとイタイ話題ですなあ(溜息)。
    しかし、年の瀬商戦もすでに開始! 昨日、今日と2日間、クリスマスのプレゼント用にと、レアもののおもちゃを求めてネット販売のおもちゃ屋さんに電話であれこれ聞いていたのですが、電話を切ろうとすると「分からない事があったらいつでも電話してネ。ランチだって一緒にいくわよ(おかまっぽい喋り方の人でした)」なんて、すがり付かれるような一言が。。。そして今日に至っては「君の声が、すごく素敵」と普段聞かないようなお言葉を賜りました(爆)。(←全く別のお店です)
    うふふ、若いと錯覚されたのね、なんてまんざらでもなくニヤけてしまった私はリップサービスに弱い人? てか、相当にイタイかも(鴨?)(笑)。まあ、おもちゃはゲットしたので、もう電話することはなくなりましたが。

  • ぺぺさん、一番ゲットおめでとさまです!
    なんと同じ体重計をお持ちとは! いいですよね、これ。測れ過ぎですが。できれば2の腕の脂肪をおっぱいにしてあげたいのですが、ぼくにはその方法を知りません。残念です。ぼくも愛人をお姫さま抱っこして体重計に乗ってみたいです。
    ——————————
    昔の同僚さん、意外と筋肉質なんですね。リバウンドについては気にしなくても大丈夫です。言われなければ、はたして痩せたのか太ったのかわからないところがありますから。かぶり物好き女子にもててうらやましいです。
    ——————————
    おかみっちょんさん、いいですね。5〜6才も若く見られて。なんとなく、そのぶん人生得した気分になりませんか? >「見た目より若いって言われたくていろんなモノ注入してるんです。」って。
    < そう答えられるほうがよっぽど面倒くさそうな気がするんですけど(笑)
    ——————————
    ぱりぱりさん、できれば歳の話は避けたいものですが、なんといってもヒトは関係性の中で生きていますからね。さて、声がすてきとのことですが、実はぼくは声フェチでもあります。 てなわけで今度電話してもいいですか? (笑)

  • あはははは。
    面白い〜〜!
    それ是非計ってみたい〜〜〜〜

    結果次第ではその場で捨てるかも〜〜★
    面白い!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。