スタイルのある女性

わたしはココよ、ココ・シャネル。

というわけで、ここんとこすっかりシャネルづいている。
べつにシャネルのスーツを着たり、香水をふりかけたり
ということではない。

彼女の生きざま、ことばにあらためて魅了されているのだ。

ここしばらく、彼女に関する本を読みあさり、映画も観た。
「いまなぜシャネルか?」と、発信者の意図も鑑みながら。

「自分の生き方で生きる女性」が支持される背景もあるだろう。
女性がそうであることは、男のぼくもおおいに共感するところだ。

シャネルの言葉に気付くきっかけは「せなか」であった。
「ひとの生きざまはせなかでわかる」と標榜し、
このごろぼくは街を歩いていても、仕事をしていても
周囲のひとの、せなかばかりをチェックしている。

そんな折り、ふと何かのコピーで目にしたセンテンス。

ココ・シャネルのことばだった。
服作りを通じて、彼女はそのことをなんども認めたのだろう。
「なるほど!」と思い、
なぜぼくがひとのせなかを気にしているのかを、認めた。

立つ、座る、歩く、ねじる、のばす・・
どの動作も、スタートはせなかである。
せなかが美しいひとは、動作が美しい。
せなかが美しくないひとは、動作も美しくない。
始まりは「せなか」から、きっかけもまた、そうなのだ。

彼女はまた、次のようなことも言い残している。

「男は40になったら自分の顔に責任を持て」という。
女性の場合、50顔にはそのひとの価値がにじみ出るのだ。

背中の美しさと、50歳の顔、
どちらも日々の積み重ねの結果である。
化粧や衣服といった物質的手段を人々に提供しながら、
ココ・シャネルはしっかりと、一朝一夕では変わらない
その人の生きざまや価値を、見据えていたのだろう。

70代で再デビューを果たしたとき、彼女は言う。
仕事をするようになって、病気がすぐに治ったわ

周囲に迎合せず、生きたいように生きた。
そのことで、どれほどの価値を彼女は世に残していったのだろう。

ぼくは彼女に遠く、遠く及ばないけれど、
彼女の言葉は、せなかにずしんと響くのだ。

ひとつひとつの動きが、あなたを作るのですね

人気ブログランキングへ←おしていただけるかしら?

13 件のコメント

  • 何という偶然。
    今、手元にある本が'Coco and Igor'です。ついでに秋からずっとつけているのがCoco(笑)。

    ココ・シャネルがみなおされているんですか?

    彼女の言葉は、そのまま彼女自身なんですよね。自分がフィルターになって出てきた結晶のようなもの、というか。魅力的ですよね。

  • なおきんさん、こんばんは。
    ココ・シャネルのメッセージ、いいですね。
    すごく共感!と思って、嬉しくなりました。
    それではまた!

  • 彼女の亡き後、彼女の作り上げた看板を使用した
    ブランド(物)というものよりも、きっと
    彼女は彼女の言葉をブランドとして受け継いで新しい
    ブランドを作り上げてくれる事を望んでいるのかもしれませんよね。きっと・・・。

    そういう意味では、ブランド品で外見だけを固めた
    その辺の人達よりも、スピリットを感じ取っている
    なおきんさんのほうが、ココ・シャネルには近い
    存在なのかもしれませんね。

    私も彼女には遠く及ばないし、バッグや靴のデザイン
    などは出来ないけれど、何か私らしいものを必ず
    残して、彼女のような凛とした強いメッセージを
    残せたら良いなあ・・。

    物はいつか廃れるけれど、素晴らしい言葉は世代を
    超えて生き続けますよね。プライスレス。

  • 社交ダンスでは、ゼッケンは男の人の背中に一つ。
    できる人は背中でわかる世界です。

    趣味がいいのかそうでないのかわからない所もある世界ですが、始めてみて姿勢や歩き方を意識するようになったことは確かです。

    きのうのレッスンでも「背中で回れ。」とアドバイスが。
    この意識で、回転が変わるのです。
    おもしろい。

    シャネルの生き方は、とても魅力的。

    50歳の顔・・・若く見られて喜んでいるようではマダマダですね。

  • こんばんわ。なおきんさん。
    きょうは久しぶりに、家で一人きり。ゆっくり、コメントできます。
    背中がまっすぐになるように、Wiiでトレーニングしてます。。Wiiのすごいところは、ボードですね。いままで、自分の重心を意識したこと、なかったですが、私は後ろの左足よりに重心があることがわかりました。定期的にくる腰痛(ぎっくり腰)に悩まされていましたが、重心を真ん中に持っていくように意識し始めてから、腰の調子が良いようです。じぶんでは、まっすぐだと思っていたのに
    ちがってました。Wiiありがとう。。それと、プロフィール、ちっちゃくなってよかったです。

  • なおきんさん、こんばんは!
    まだ数回目の書き込みになります。
    同じHNの方がおられたので改名致しました。

    「せなか」は自分の目で、しかと見ることが出来ないからコワイですね。
    「50歳の顔」に色々滲み出てくるのかと考えたら戦慄すら覚えます――武者震いならいいのですが(笑)。
    その頃自分はどんな顔になっているんだろう?

    映画『ココ・アヴァン・シャネル』で主演したオドレイ・トトゥは『アメリ』の頃から、とても素敵に成長した女優になったなぁと思いました。

    なおきんさんの記事が、私にずしんと響きました。

  • ちょうど ココシャネルの映画を見たばかりだったので、ついコメントしたくなりました。
    ブランドイメージのシャネルですが、当時は、女性の服装、生き方に革命的なものをもたらした、斬新な女性だったらしいですね。
    しかも、生まれが孤児だったという。
    強く、プライドをもったシャネルの生き方がどんなだったか、もっと知りたくなりました。
    背中ですかー。30代に男性の背中をみて、哀愁を背負ってるなと思ったことがありますが、50代だと、どのように変化するんでしょうね。
    私も自分の背中がどうなってるのか、気になります。(笑

  • 振り返ると、「周りへの迎合」の連続だったような人生で
    した。でも、これからは違う!もっと自我をおしだしたよ
    うな積極的な生き方をしようと年始に決意した次第です。

  • 背中か。
    自分の姿勢はたまに意識しますが、
    人のは今まで意識してなかったな。

    最後の一言が心に響きました。
    「ひとつひとつの動きが、あなたを作るのですね」

    ていねいに生きたいと思います。

  •  年齢を重ねると、それが顔に出てくるっていいますよね。もうすぐわたしも40歳なので顔に出てると思います。
    ココシャネルの行き方はほんとかっこいい!!
    そこまではできないですけど、目標にしたいですね

  • ぱりぱりさん、一番ゲットおめでとさまです。
    そうでしたか、タイミング良く記事がアップできてよかったです。ココ・シャネルに興味を持ったのはたまたまブランディングについていろいろ勉強することがあったからで、世の中的にはどうでしょうか。ブランドは自分の結晶、言い得てますね。
    ————————
    hiroさん、ね、なかなか共感できますよね。こんなふうに、ぼんやり思っていることをずばり言葉で言い当ててもらえると、うれしくなりますね。
    ————————
    keiさん、おひさしぶりです! なるほど、ブランド継承をゆだねるというのは確かにありですね。ぼくがシャネルを身につけても似合わないので、スピリッツだけ堪能させてもらいます。プライスレス。
    ————————
    もぐさん、なるほど社交ダンスのゼッケンなんてまさにそうですね!背中で回れ、か。うん、まさにそう。もぐさん、ダンス習われてるんですか? ステキ。
    ————————
    ニモさん、おひとりでゆっくりできましたか。Wii Fitは習慣づけると身体の質ががらりと変わる一瞬をかんじることができますね。さて、オドレイ・トトゥってすてきですね。好みです。
    ————————
    しおかさん、いいHNですね! そういえば「HKのりえさん」は久しくいらっしゃってませんね。さて背中、自分では見れないだけに余計に気を使いましょうね。「すごみのある顔」でないほうの価値をどうかめざしてくださいね(笑)
    ————————
    こっとんさん、ごぶさたぶりです!そうでしたか、シャネル映画を観たばかりだったのですね。タイムリーな記事でよかったです。男の背中、哀愁の30代、加齢臭の40代にならないよう気をつけます。
    ————————
    昔の同僚さん、いやいや逆にあなたが「自分への迎合」を進めていたような気がしますが(笑)どうかこれ以上自我を出されないようお願いしたいところですが、きっとダメなんでしょうね(笑)
    ————————
    あけみさん、普段から姿勢を意識しているなんてステキです。そう、いまのこの瞬間の動きがその人を作っているんです。ていねいに生きましょう。
    ————————
    ぽにょさん、そうそう、顔に出てきます。どんなに気に入らなくても、もう親に文句は言えませんね。まあ、ぽにょさんはその点、どちらかといえば両親に感謝せねばならないでしょうけど(笑)

  • あぁ、これ観たかった映画でした。

    フランス人のステキな女性って、格好いいプライドの持ち方をしている人が多い気がします。
    女優さんなんかも、ハリウッド女優よりフランス女優の方が「個性」というオーラに包まれている気がして好きです。
    シャネルの服は、かっこ良く年をとった女性をセクシーに見せる作りだと個人的には思っております。。。

  • riesenmausさん、スタイルのある人は女性も男性もステキですね。周囲に迎合せず、かといってわがままでなく生きるには矜持が必要ですが、シャネルにはそれを感じます。うーん。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。