レトロセクシャル

「レトロセクシャル」なる傾向が気になる。
「メトロ」ではなく「レトロ」。

はじめ、若い女の子が年配のおじさんに恋するという嗜好性、いわゆる「カレセン」のことかと思った。

ところがどうも、そうでないらしい。
実はこのレトロセクシャル、「復活愛」のことを意味するという。
もともとは「メトロセクシャル」の派生造語で「野暮ったい古いタイプの男」という意味で90年代に登場したのだけど、あんがい普及もせずに忘れられていた。

それがこないだのTime誌で再登場し、一気にブレーク。
きっかけはfacebookに代表されるアメリカ発のSNS
登録会員もはや3億4千万人と、すでに米国の人口を上回る巨大SNS。 日本のミクシィなどとちがって、本名で登録されていることが多いことから、旧知の友人がそこで見つかることも多い。 おそらくは元カノ、元カレも。 そのようにログイン後に再会し、結婚にまで至った人たちの例が同誌面で紹介されたのだ。

秋の夜は深く、長い。
ひとはふとしたきっかけに、つい「好きだった人の名前」をキーに叩くのかもしれない。 別によりを戻そうとか、そんな動機ではないのだと思う。 「そういえば元気かな?」程度の、かるい気持ち。 あるいは少しお酒も入っているかもしれない。

世界中でパソコンが使えるたていのひとはfacebookに登録している(しかも本名)から、そんな気まぐれにもちゃんと答えてくれる。 そう、変わらず懐かしい顔写真とともに。

レトロという単語は「後方へ」という意味合いがある。
いまの自分に少し自信が持てなくなったり、漠然と未来に不安を覚えたりもすれば、過去の自分が少しばかりまぶしく見えることもあるのだろう。 そこには「あのひと」も一緒にいた。

「レトロセクシャル」はそんなきっかけから、ふたたび連絡を取り合い、せっかくだからと逢い、やがて「復活愛」に至る過程や当事者たちを総称するキーワード。 関心が高いのは、facebookのコアユーザーでもある25〜44歳あたりだという。

「恋愛のやり直し」
思い当たるところがないわけでもないが、かといってわざわざ行動を起こすことはないだろうと、個人的には思う。
ちくり、と刺す想いだけ、そっと胸に秘めつつも。

それは変わらざるを得なかった自分へのいい訳
あるいは相手の心変わりに胸を痛めた自分へのいたわり
とでもいえばいいのだろうか・・・

そしてふたたび、前へ

人気ブログランキングへ←応援クリック、痛み入ります。




11 件のコメント

  • なおきんさん、なんとタイムリーなお題なんでしょう!私の行動を見張っていたのかと思ってしまいました。今から二日頃前に、普段使っていないFacebookで元彼を見つけて、メッセージを送った私です。『元気?私は元気で仕事も楽しんでいます!』って・・・。別に友達のリストに入れたいと思ったわけじゃないから、メッセージにしたんだけど。ちょうど酔っ払っていました。今になって、ちぇっ書かなきゃ良かったよ!って思っていますけど。過去の栄光って言うよりは、今の自分のほうが好きなので、その自分を伝えたかったんですけどね。彼とは落ち込んでいた時に出会って、助けてもらったので。レトロセクシャルか・・・そんなの流行ってるんですね。

  • >そしてふたたび、前へ
    ここが肝心。

     『古いタイプの男』はいるけれど、『古い男』はいないワタクシ。

  • なんと言っていぃやら。。。アタシもタイムリー。会えて嬉しかった反面あとになって辛かったり。。。なので、あの日記だったんですけど(^_^;)正直、今はこの状況を楽しもうかなと思ってます。秋の夜長いろいろ考えますから(笑)

    お仕事本当にお疲れ様です。最近冷え込むようになったので体調に気をつけてくださいね☆

  • レトロセクシュアルね。探し当てて、お互いが楽しめる間はいいのかも。う〜ん、いい例だけを挙げるとフェイスブックもいいことのような気がしますが。。

    現実はね、「えーっ? あいつ、そんなこと言ってたの? よーし、フェイスブックで見つけてやる!(怒)」とか、「おまえ、フェイスブックやってないの? んじゃ、おれっちがそいつ見つけてやるよ。心配すんな。かたきはおれがとってやるから、ませとけ」とか、「あんなこと書いてたけど、全部うそだったの。騙されたってワケ。ばか野郎!」etc. 

    初恋の人に連絡とりたくて、っていうのはすごく可愛い動機。でもね、10代、20代、まれにっつーか、30代、40代過ぎてる(とっくに)人たちにも、信じられないくらい軽率なユーザーが大勢いて、これってアブナクね? って思える行動をとっているんです。 なんでそんなこと簡単に信じちゃうんだろう?って思うようなこと。10年前の恋、ならいいけど、12年前の恨みごとなんてさっさと忘れなさいよ、とか、そんなことくらいどうって事ないでしょう?って感じること、正直あります(ため息)。私は、とにかくSNS嫌いです。インターネットは好きだけど。

    そうそう、インターネットで、私も何度か昔の彼の名前をサーチしました。彼には自分のサイトがあって、写真を載せていたので、ちょっと懐かしかった。いつか私があいつを探すとにらんで載せていたんだろうか、なんて複雑なこと考えたりもして(笑)、去年の秋の夜長を過ごすにはインターネットだけで十分でした。

  • 触発されて、大昔に付き合ってた元彼の名前を検索しようとしたら。。。名前忘れてました。
    彼の母親の名前もペットの名前も覚えてるんだけどなー。
    我ながら、中途半端な記憶力にあきれます。

  • はじめまして。ブログ村から伺いました。
    過去の人間関係をふりかえりたくなる時がありますよね。
    「ただ元気にしているか遠くから知りたい」みたいな気持ち。
    思い出して、ちょっと切なくなりました。

  • ふーん、私も嵌ってます…でも、映画の「Persuasion」の方ですが…ジェイン・オースティンは現実には恋愛運、結婚運には恵まれてないけど、物語はハッピーエンド♪ 彼女の作品の魅力は、繊細な人物描写と人間的な理想を描いてることかしら…? でも、そこに幸せになるポイントがある感じがします。

  • 過去にお付き合いをさせて頂いて、
    今また会ったら惹かれるかも?と思うのはひとりだけいます。
    ひどい振りかたをしてしまったひとですが
    よくよく考えるといいひとだったなあと。
    まあ、相手がたまったもんじゃねえ!と
    言うのがオチだと思うので
    幸せでいて頂けたらそれでいいです。
    また出会い状況も当時と違い、お互い経験を積んで
    そこでまた惹かれあえばそれは素敵なことかもしれないですね。
    過去に大事にされた記憶をもとに
    今の自分の自信は作られていると思います。
    だから、大事にして大事にされる恋愛って
    必要だし、大事にされてきたことに
    感謝しています。だからこそ前を向いてnextよ!
    最近気が付きましたが、わたしはやはり大人の
    男性が好きなようです。カレセンなのかなあ。
    素敵と思うのは10歳以上年上ばかり・・・。

  • ぷうさん、一番ゲットおめでとさまです。
    ええ、行動を見張らせてもらってました(笑) 以前なら同窓会やクラス会などで、初恋の人や付き合っていた相手と再会するケースがありましたが、今はいとも簡単に同じことができます。ケースは格段に増えたでしょうね。
    ————————
    もぐさん、はい、女性は男性以上に「元恋人」への関心は低いですね。でもそれでいいのだと思います。結局のところ、人は前にしか進めないのですから。
    ————————
    HARUママさん、がんばって前に向かって歩いていきましょう。立ち止まっても振り返ってもいい。でも後ろに歩くことはできませんね。
    ————————
    siusiumaoさん、そうでしたか・・。久しぶりの日本、何があったんだろうって心配してました。状況を楽しみ、前に向かっていろいろと仕込みましょうね。
    ————————
    ぱりぱりさん、そうですか「これってアブナクね?」なんですね。恨み言を維持するエネルギーは相当なもんでしょうが、できれば別なことに使いたいですね。インターネットは好きだけどSNSは嫌いという感覚、すごくわかります。明るくオープンにありたいですね。
    ————————
    ぺぺさん、>「元彼の名前を検索しようとしたら。。。名前忘れてました。」<あはは、ナイス! そんなもんでしょうね。特に女性は元カレへの関心の低さには感心するほどです。前向きですよね。つくづく。
    ————————
    ひろたかさん、初コメントいただきありがとさまです!
    わかります。別に「あの頃に戻りたい」わけじゃないんですよね。広義の安否確認のようなものなのかもしんないです。ところでブログ見ました、イラストうまいですね!
    ————————
    たまやんさん、「繊細な人間描写と人間的な理想」ですか。むかし観た映画をもう一度観てみると、その時には感じられなかった部分が新たに感じらせたり、別の解釈が生まれたりと、なかなか知的興奮がありますよね。
    ————————
    りんごちゃん、なかなか味のあるコメントだね。 >過去に大事にされた記憶をもとに今の自分の自信は作られていると思います < そういう考えにたどり着いたこと事態が成長かと。確実に大人になってますね、りんごちゃん。

  • そんな風に言うんですねー。
    初めて聞きました。

    昔の恋人・・・・・・うーん・・
    連絡してみたいような気はしますが
    復活はありえないですね〜〜
    なおきんさはどうですか?

    友達にはなれるかもしれないですけど
    復活は100%ないポニョです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。