北千住のブリーズ

築地で打ち合わせをし、会社に戻ろうと日比谷線へ向かう。
けれども乗った電車は逆方向。乗り間違えたのだ。それもわざと。
なぜそうしたのか、自分でもよくわからない。
たぶん、郷愁を感じさせる夕暮れの風に背中を押されたのだ。
あるいは、どこかで炭火で焼く鳥の匂いがしたからかもしれない。

ふだんまったくといって縁のない日比谷線を北へ移動する。
ラッシュ時を過ぎたからか、空席がある。
ひとつ座らせてもらう。すこしでも目を閉じていたかった。
古いネクタイのようにくたびれていた。認めたくはないが。
ガタンゴトン、揺れる。ガタンゴトン・・・

目を開けると電車は止まっていた。大きな駅。
反射的にかばんを持って席を立ち、ホームに降りてみた。
そこが北千住駅だった。
ぼくにとっては初めての駅だ。

階段を降り、改札を抜け、とにかく出口のほうへ歩く。
頭がぼんやりしている。車内でまどろんだせいだろう。
広場に出た。ポツポツ街灯に火がともりはじめていた。

何も考えたくないので風のことだけを考える。
東南アジアの街で感じるような湿気を含んだ風のことを。
人いきれとクルマのクラクションがよけいに蒸し暑い風。
椰子の葉を揺らし、屋台から甘酸っぱい匂いを運ぶ風。
そんな風をブリーズ(breeze)と呼ぶ。
スイスイ歩くさまのことも、米国ではブリーズという。

マルイデパートのビルが見える。やはりここは東京。
だが歩く。風のこと以外何も考えない。ただ風を追う。

歩道橋越しに突然「チェンマイ」の文字。看板。
そのうえに「タイ古式マッサージ」と書かれている。


▲ はじめての北千住の街のようす

気がつくと、すでにそこに向かって歩きはじめていた。
食べ物屋の匂い。居酒屋の呼び込みの声。歩道橋を降りる。
古いマンションの二階。外階段を登り、店の中へ。


▲ 階段を登り終えると仏像が歓迎してくれた

みるからにタイ人のおばさんが奥から出てきた。
(サワディー・クラップ)反射的に口にでた。
おばさんはニッコリ笑い、ぼくは肩越しに部屋を見わたす。
竹でできた家具。レモングラスの匂い。竹細工のスタンド。
カーテンで仕切られたマットの上に三角ザブトンが見えた。

風は、どうやらそこからふいていた。

■ きょうのちびきち

ちびきちの定位置はぼくとソファとの狭間です。なんでこんな居心地の悪そうなところが好きなのかさっぱりわかりませんが、あまりにも気持よさそうに寝ているのでそのままにしておきます。やわらかくあたたかいちびきちのおかげで肩こりも治る勢いです。ただうっかりぼくも眠ってしまうとちびきちがつぶれてしまうので注意が必要なのですが。


▲ お気に入りのクマのおもちゃと




16 件のコメント

  • あー。
    わたし、3日前までタイに行ってました。
    タイマッサージ、大好きです。
    あちらの風、私も好きでした。

  • エイシアさん、はじめまして。わたしも、木曜日までタイにいました!(すみません、親近感が湧いてつい書き込みしてしまいました)
    なおきんさん、次のお休みはタイでマッサージお勧めします。

  • おはようございます
    北千住のイトーヨカドー。。
    子供の頃よく買い物に行っていました、懐かしいです(笑
    元地元でした。

  • はじめまして、ごんべえです。
    まさにそのビルに会社のレストランがあるので、ついコメントさせて頂きました。

    随分お疲れのようですね・・・
    景色にモヤがかかったように見えてしまったのかしら。

    いいところいっぱいあるのですよ、北千住って。
    東京三大煮込みや槍かけだんご、蔵や旧家や銭湯が点在し、活気と歴史とビルの混在する町。
    荒川の土手では、ランニングやのんびり散歩もいいものです。

    元気になったら、またこの街に遊びにいらしてください。
    今度は違った風が吹くかもしれませんから♪

  • こんにちは。

    のんびりした時間は貴重ですね。最近、つくづくそう感じますよ。

    時間に追われて「労働マシーン」みたいになって感じ方を忘れてしまうと世の中の「どうしようもない理不尽」が当たり前になってしまって「自分」を忘れてしまいそうになってしまいます。

    ゆとりある感覚で居たいですが、なかなか難しい(汗)

    特に僕は時間の使い方が下手くそなのでいつも時計の針を眺めてはため息をついてばかりいました。

    今はより多くの情報を頼りに今後を吟味しています。

    さて、体調がすぐれない様ですが風邪でしょうか?

    僕は風邪気味の時はビタミンCと牛乳(吸収効率のよいタンパク質)と大量の水を飲んで頭から布団をかぶって全裸で寝ます。

    ビタミンCと牛乳の脂肪分が吸着して吸収効率を高めてくれますし牛乳のタンパク質が臓器の栄養になって疲労を和らげます。大量の水(お茶は利尿作用がありNG)が発熱のときに大量の汗を出してくれて熱がわりとすぐ下がります。(博学な、なおきんさんは既にご存知かな?)

    布団を頭からかぶることで「息」でも身体を温めてあげて全身から雫のような汗が大量のでれば僕の場合は風邪を二日以内に撃退できました。

    個人差があるのでなんとも言えませんが、自分には何も力になれる事がないので・・。

    失礼しました。

  • オオ・・・・なおきんさん、寝たきりなのにこの時間に今日の一言ですね・・・。。なんか、以前も反対方向の電車に乗ってしまった事ありませんでしたっけ??う〜ん・・いつ見てもちびきち君はかわいい☆

  • Sometimes we feel blue. 
    But we hope, always to be happy.
    If you can't get such a feeling ,
    I want to tell you the lovely phrase,that is
    “blowin'in the wind.”
    please,take care,and I hope you 'll laugh with chibikichikun everyday.

  • 気ままにふらっと乗り込んだ電車で、少しは眠れましたか?
    そういうこと、しちゃったりする日もありますよね。ええ、よ〜く分かります(笑)。
    ほっとする風に出会えてよかったですね。

    最近、一人旅にハマっています。なので、こういうのを読むと思わずふらっと出かけたくなります。伝染するなあ(笑)。

  • 大汗をかかれたから、きっと今夜は、回復に向かわれて楽になられるかな・・・。
    ぐっすり眠れますように。

    色々とお疲れが出はったんでしょう。
    いつもお忙しそうなんで、この機会に、どうぞゆっくり、思いっきり、ちびきち君とだらだらとしてくださいね。
    お大事に。

  • 「ハゲ天」も読みました。大丈夫ですか?
    会社や社会に縛られず、時には休息も必要です。
    ちびきちくんと、何にもしない日を過ごしてみてください。

  • なおきんさん。大丈夫ですか…??
    だからぁ〜〜意識して「休み」の時間をとらないとダメな「からだ年齢」にすでに達していると思いますよ…。
    どうぞお大事に…。

  • なおきんさん、お久しぶりです。あ〜、今の私も全く同じ状況かも。私達同世代で、ずーーーーーと2dacades も外国で日本でがんばってがんばって、と自分に発破をかけてがんばっていらしたのでしょう?私今英語でいうところの"funk"状態です。今まで弱音は吐きたくないと、食いしばってきましたが、なんだか、今はもうこれ以上がんばれないよ〜、と言いたいような気分。ふらっと旅行にも出てみましたが、私も頭部が薄くなってきました。人生のターニングポイントかなぁ。。。こんな弱気になってもたまにはいいんだよと、自分に言い聞かせてる毎日です。

  • なおきんさん、こんにちは!
    知らない街歩き、いいですね。慣れた場所ばかりだと、自分が自分でいることに、ときどき疲れちゃう気がします。
    そして、ちびきちくん、かわいいなあ…。
    実は先日うちのわんこが亡くなってしまい、しばらく他のわんこが見れなかったのですが…。
    やっぱりわんこはかわいいですね。
    うちのもくまちゃんがお気に入りでした。

  • 北千住の居酒屋でしこたま飲んで、シメはびっくりドンキーのハンバーグ、終電も終わった時間なので荒川の土手を赤羽まで歩いて帰った熱い夏の夜、懐かしいです。
    元気だったなぁ〜、怖いもの知らずだったなぁ〜。
    あのころの北千住駅はまだ工事中でしたが今は綺麗になっているんでしょうね。
    気ままな旅もいいですね。

  • エイシアさん、一番ゲットおめでとさまです!
    おお、ちょうどタイに行ってきたばかりだったのですね。タイマッサージ、いいですね。リラックスされてきましたか?ぼくはワットポーのマッサージで洗礼を受け、もっぱらタニア通りの浅間温泉の常連でございます。ああいきたい。
    ——————————-
    さえぴーさん、そうでしたか。タイにいたのですね。混沌と騒がしいバンコクでさえ、どこか癒されますね。もちろんくつろぐならホアヒンとかアユタヤなんてのもいいし、終の棲家ならチェンマイあたりで。などと考えちゃいます。
    ——————————–
    benicoさん、幼い頃は北千住で暮らしてたのですね。当時と今ではずいぶん変わったのでしょうが、下町の雰囲気は叙情的なまま今に息づくといった感じですね。
    ———————————
    名無しのごんべえさん、初コメントありがとさまです!
    ああ、なんとあのビルに会社のレストランが・・。でもさすが、よくわかりましたね。少し加工した写真だったのに。ぼくはあの辺りの東京を殆ど知らないのですが、いつか時間をとってのんびり散策したいなあと思いました。東京三大煮込み、食したいです。
    ———————————
    じさん、いまのぼくは、まさにその「労働ましーん」になっているかもしれません。仕事のための仕事ってやつですね。それにしてもじさんの風邪気味予防策、参考にさせていただきます。ドイツの医者も体調崩したらとにかく水を飲めと、そればかりを繰り返したように思います。布団かぶって全裸で・・
    ———————————
    gioさん、ご心配おかけしました。だいじょうぶです。多分に胃腸炎の影響が残ってますが。
    ———————————-
    ニモさん、「反対方向電車」以前、そんな記事がありましたね。さすがよく覚えていらっしゃいました。確か会社をやめるきっかけになったような。まあ、たまにはそうやってストレスを逃がすことも必要なんでしょうか。
    ———————————-
    tacoramiさん、うっかり見逃すところでした。なぜか「承認メール」になっていたようです。あたたかいメッセージをありがとうございました。今もちびきちとキャッチボールをしていたところです。犬なのになかなかうまいんです。受けるだけで投げては来ないですけど。
    ———————————-
    ぱりぱりさん、はい、今ではすっかり眠れてます。ていうか、ずっと寝れてますね。この頃は普段以上に。双子座のぼくにとって風は大好物。吹かれていると幸せな気分になります。風に吹かれすぎて風邪を引いたりもするんですが。
    ———————————-
    ハルミズキさん、お陰さまで汗ビッショリ、熱も下がりました(だいぶ前ですが)。疲れていることに気づかないほど疲れていたようです。医者も普通の急性胃腸炎ではここまで熱は出ないのですが・・などと言っていました。おたがい、きをつけましょうね。
    ———————————-
    riesenmausさん、不況の昨今、まだ縛られるだけマシなのかもしんないですけどね。何もしない一日を、先週取らさせてもらい、おかげでなんだかすっきりです。・・というわけにもいかないんですけど、からだはだいぶ良くなりました。
    ———————————-
    まーみさん、ホント歳相応に自重しなくちゃですね。無理がたたって、というよりは単に体力が落ちているだけのような気もします。ただ、気抜けしたのかもしれませんが。
    ———————————-
    あんじぇらさん、ごぶさたです。おや、旅に出られたのですね。どちらへ?「弱気な自分を認める」のは、勇気のいることですが、精神的には必要なのかもしれませんね。たしかに年度末からちょっとfunkな日々だったかもしれません。勤め人のツライところです。
    ———————————-
    なおちんさん、ワンちゃんが亡くなられたとのこと。どうもお悔やみ申し上げます。そんなとき、他の犬を見るとしばらくオーバーラップすることでしょう。ちょっと思い出させちゃったかもしれませんね。でも飼い主にずっと忘れられないでいる、というのがわんちゃんにとっての幸せのような気もします。
    ———————————-
    risaさん、まあ、そんな暑い夏の夜が北千住で行われていたのですね。怖いもの知らずな若い頃は、なかなかほろ苦かったりしますね。ぼくもいまだに怖いもの知らずなことをして相変わらず後悔とかしています。いや、したふりだけなのかもしれませんけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。