忘却線美

人間それなりに生きていれば、だれしも、
忘れてしまいたいことのひとつやふたつ、あるものだ。

忘れよう、忘れようと、考えれば考えるほど、忘れられない。
つくづく人生のパラドックスである。

失恋、失業、失敗・・、これ以上の悲しみだってあるだろう。
思い出しては苦しみ、後悔し、自分を責め、誰かを恨む。
繰り返し、繰り返す。苦しい。忘れたい。考えたくない。
だが、忘れられない。
人の心理はおかしなものだと思う。
覚えなくちゃならないことは平気で忘れてしまうのに。

忘れようと考えることは、忘れたい対象を意識することでもある。
脳には「覚えておけ」というふうに伝わってしまう。

発表会前とかで「アガりませんように」と思うことで、
余計にアガってしまうのと、どこか似ている。
禁煙しようとして、逆に、よけい吸いたくなるのも。

忘れたいことを、ことさら封印しようと努力する人もいる。
誰にも話せず、人に話すことを悪しと考える人もいる。
特に男性に多いんじゃないかと思う。

だがそれは違う。
苦しいことや悲しいことは、どんどん外に吐き出すほうがいい。
親しい友人に話したり、自分日記に書いたりするのだ。
大勢に聞いてもらう必要はない。対象は数ではなく、質である。
大失恋も、詳細に、大失敗も、具体的に、自虐的に。悲劇的に。

そうこうしているうちに、どうでもよくなってくる。
だんだん、考えるだけでも面倒になってくる。
どうでもいいことは、どうでもよくなるし、
どうしようもないことは、どうしようともしなくなる。

失恋についていえば、女性は意外と立ち直りが早く、
男のほうがあとに引きずるというふうに聞く。
ぼくもそうだったかもしれない。

これは男性のほうが未練たらしいというよりは、
恋愛について他人に話す傾向が女性に強いからだと思う。
男は他人に話すことを女々しいと考えるものだけど、
かえってそのことが女々しい原因になるかもしれない。

人の記憶には「忘却曲線」というのがある。
悲しいことや苦しいことも、3ヶ月かけて2割減り
さらに3ヶ月かけて、9割がた減るものなのだ。

忘れようと頑張り、無理に封印してしまう。
そのことで「忘れたい何か」が、忘却曲線とはちがう場所に
保管されてしまうかもしれない。悪い血のように。

閉じ込めることで、かえって身体をじわじわと蝕む。
これをトラウマという。
強そうにみえる人ほどトラウマも強いというが
なんとなくわかる。

あんがい弱そうに見える人のほうが、
人生をうまく渡っているかもしれない。

柔よく剛を制す のだ。
例えがちょっと違うが。

9 件のコメント

  • うん、そうかも。忘却曲線とは違う場所に保存された想い出や後悔が、ほんとはとっくに好きだって気持ちも忘れてる人を何度も何度も思い出させるんですよね…。もうずいぶん昔にさんざんな状況で別れた人をなんでこんなに思い出しちゃうんだろうって、しばらく考えて分かったのは、それは、そのあたりが実は私の一番充実した時期であって、そこに帰りたい、帰れたらなあっていう、戻れない時間をもしかしたら戻れるのかも知れないなんて錯覚した私の執着心が原因してるんだってこと。しかも、これが別れた元夫のことじゃなかったりするから、ごめんね、なんて罪悪感も加わったりして…。トラウマとも違う後ろ向きの感覚と戦うには、多分ドラマティックに考えるのをやめて、目の前の何かに集中することがいいんだろうな…。酔った日にこんな記事読むから、こんなこと考えるのかなあ。。。ああ、いい記事でした(笑)。おやすみ。

  • たしかに、人に話すことによって話しながら自分で答えを見つけ出したり、もういいや〜ってことが多々ありますよね。
    しかし…話す相手を間違えると、話したことでせっかくすっきりとしたのに、話した相手が克明に記憶してくれて、何かの度にあの時あ〜だったよね、こ〜だったよね、と繰り返されるということもあったりするのですよ。
    時々駅のホームで座っていると、まったく知らないおばさまに話しかけられ、次の電車が来るまで愚痴を聞かされることがあります。あ〜皆いろいろと大変なのね、と思ったりしています。

  • あ〜そうなのか・・

    私も失恋から立ち直るのに1年かかったのも、誰にも秘めていたからなのか・・
    なんだか甘酸っぱくなってきたのは、多少引きずっている?

    少し、懐かしくなってしまう記事でしたm(__)m

  • うーん、これは私にとって 「言い得て妙」 な記事でした。と言うのは、私は忘れるのが早いんです。なのに他の人はよく覚えてくれていて得な気がしています。話しているうちに「誰だったっけ?」 が解決せずに 「またね〜」「とか、またよろしく」 とか言って別れることもあります。自分自身の他に与える印象が薄い分、他の人には印象が返って深くなるのかもですね。薄く書かれた字を目を凝らして見る、なんてのと似ているかもです。なおきんさんはフルネーム存じ上げていますし、たまに夢にも出てきた事がありますので、「この幸せ者!」 って言いたくなります、本当に。

  • こんばんは。

    失恋かぁ〜、僕もありますた「忘れられない恋」みたいのがありました(-ω-)

    職場で知り合った年下の子に約三年間片想いしてましたねぇ〜もともと彼氏もいたし一緒にいた時間は短かったけど会えなくなってもズーッと好きで好きで忘れられなかったです(´Д`)

    なんだかんだで連絡は取っていたのですけど向こうが新しい彼氏と付き合い始める時に彼女と彼氏と自分の三人で話す機会があって(いわゆる修羅場チックな展開)なんと、その新しい彼氏が自分の知っている人でビックリ(οдО;)

    何故かその時、三年間も激しく燃えていた恋の炎は緩い風に吹かれて消えてしまったのです。(恐らく新しい彼氏が自分の嫌いなタイプの人だったからかな?)

    それまで彼女に認めてもらう為だけに仕事を頑張っていたのですが、彼女への感情と一緒に仕事への情熱も冷めてしまった虚しさが僕を包み込んで体がズッシリと重くなったのを今でも感覚で覚えています。

    「もう頑張れないかもしれないな」と思いましたよ。それでも身体は彼女に認めてもらう為だけに頑張った時間を覚えていて恋した期間は無駄ではなく、ちゃんと僕を成長させてくれました。

    「好きになって良かった」

    本当にそう思いましたよ。(その後彼女はその彼氏と結婚されたそうで、きっと今は幸せな家庭を築いていることでしょう)

    それから極端に感情的にならなくなってしまい良いのか悪いのか分からないですが今の自分は割と好きですね。

    それとは別に「トラウマ」もありますが、それにはずっと蓋をしています。

    多分、今後もそうでしょうね。

    それだけはどうにもなりません。

    意味もなく「ふと」昔の事を思い出した時、何故かその意味を考えます。

    そこにはヤッパリなんらかの意味があって僕は自分の手で記憶の引き出しを掴んだのかな?て思うのです。

    不思議ですね。

    忘れる事が出来ても、なかったことには出来ないのが人生。

    理性と本能の間で心は揺れて僕らは何を目指してんのかな?

    なんかヤバイ文になってしまいそうなんで、ここまでにしますね(;^_^A

    ところで・・

    パンパカパーン

    6月18日、お誕生日おっめでとうございまーす\(≧ω≦)/

    なおきんさんは僕の憧れ!格好よくて男らしいなおきんさんは最高に男前っすよ(^O^)b

    陰ながら応援してます!

    失礼しました。

  • 二度目になるけど、でも大事なことだから。

    お誕生日おめでとう!

    プレッシャーに弱い私が、情け容赦ない世間で溺れそうになるのをここで救ってもらってるような気がする。

    末長く書いててね。

  • お誕生日おめでとうございます。
    今まで通り素敵に年月を重ねて
    今まで以上に素敵になってくださいね。

    恋愛だけは思い切り泣いたり
    笑ったり出来るのは
    きちんと言葉にするからなのですね。
    恋愛以外はどうも男性的みたいで
    誰にも話さないのです。
    そうか〜自分日記書いてみようかな。
    ありがとうございます。

  • 思い出すことで神経回路が太くなってしまうからだそうですね。

    それを知るまでは、私もわざわざ何度も思い返しては悔いて、自分を苦しめていました。早く前を向くことの大切さが、ようやく最近わかり始めました。
    私は、体得が遅いかも。

  • こんにちは、なおきんです。
    今回のお題、なぜ『忘却線美』なんだろう?って思われませんでしたか?たぶん察した人もいると思いますが、ぼくが勝手に「忘却曲線」と「脚線美」を足しあわせた言葉です。ほら、忘却曲線のラインの感じが人の脚のように見えませんか?チャートの中に「脚線」をオーバーラップさせようとも思ったんですが、ちょっとtoo much かなと大人な配慮でやめときました。
    ——————————–
    ぱりぱりさん、一番ゲットおめでとさまです。
    いろいろあったようですね。でもまあ、無理に忘れようと封印したりすると、後で記憶の亡霊のように残ってしまうものですね。いちどぱあーっと親しい友人にぶちまけてみるとかして、成仏させてあげるといいかもしれませんね。
    ——————————–
    gioさん、他人から気軽に話しかけられるというのは、gioさんがとても話しやすい雰囲気をもっていらっしゃるからでしょう。そういうひとはきっと優しい人なんだろうなって思います。ともかく、そんなふうに誰気兼ねなく愚痴をこぼせる人もまた、幸せなのかもしれません。きっと長生きするタイプですね。
    ——————————–
    おととさん、失恋の立ち直りに一年。長いようですが、それだけ喪失感も大きかったのでしょう。たいへんでしたね。いや、まだ完全に癒えていないのかもしれませんが。一晩中、その話を聞いてあげることができるといいんですが、なにしろさいきんのぼくは夜になるとすぐに眠くなっちゃうお子様でございます。
    ——————————–
    昔の同僚さん、ええ、とんでもなくよく忘れる部分があるいっぽうで、とんでもなく些細なことを覚えていることがありますよね。それから「他に与える印象が薄い」というのはまちがいです。印象が濃すぎるので、他人にとっても腹持ちの良い記憶として残りやすいです。困ったものですね。いやべつに困りはしないんですが。
    ——————————–
    じさん、失恋そのものはいろいろたいへんでしたね。でも、ちゃんとそれを乗り越えて人間的にも成長できてよかったですね。人の人生に無駄なものはないことをあらためて思わせられます。記憶には意味がある。というのもそれを裏付けているようですね。お祝いの言葉、ありがとうございました。
    ——————————–
    ぱりぱりさん、どうもありがとうございました。これからもあまりたいしたことは書けませんが、気が向いたら引き続きあそびにきてやってくださいね。
    ——————————–
    りんごちゃん、お祝いの言葉、ありがとう!これ以上素敵になることはできません、ていうか素敵じゃないです。これから老い朽ちる一方なのかもしんないけど、まあその成れの果てを見守っていただければと。自分日記、がんばってね。
    ——————————–
    はてなさん、そうですね。記憶は往復で認識され、特に「復」の部分で強く刻まれると聞きます。ひとは辛い目には逢いたくないし早く忘れてしまいたいものだけど、たぶん記憶に強く残そうとするのもまた本能かと。人生には意味がちゃんとあるというわけですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。