大きな買い物

26年ぶりに訪れるKL(クアラルンプール)は、あまり懐かしさを感じさせてはくれなかった。その変貌ぶりに記憶喪失者の気分である。写真では見ていた。だが、実際に見るペトロナスツインタワーはそれよりさらに美しい。チェックインしたホテルの部屋の真正面にそれは立ちそびえ、夜間照明を浴びて圧倒的な存在感をみせていた。


▲ 夜明け時の、ホテルの部屋から見たペトロナス・ツイン・タワー

右を日本のゼネコンが、左を韓国のゼネコンが建築した。2006年ワールドカップと同じ、日本単独で決まっていたものを韓国が強引に割り込む形で共同受注とした。「日本に負けるな」と完成を急ぎ、2日ほど早く終わったことで韓国人たちは鼻高々であった。のだが、引き渡した途端に電気工事の不備が見つかり、テナントがなかなか集まらなかったり、あげく、数センチ建物が傾いていたというオチがつく。

「傾いてなんかない!」韓国側は抗議した。そこで専門技師をわざわざドイツから呼び、測定させたところ、よけい傾いていることが証明されただけだった。国際司法裁判所に出廷しないのはこれがトラウマだからかもしれない。竹島もやっぱり日本のものだった、ということがバレたら困るから。

さて、ここKLへ来たのは観光ではない。
ぼくのような庶民でも買える物件を探しに来たのだ。このためKLに住む友人に、知り合いの不動産を紹介してくれるようお願いしてあった。

タイムリミットは2日。
同日、夜行便で東京へとんぼ返りである。紹介された不動産の担当はジュリエットさん。その名からは想像できないほどコテコテのおばちゃんである。先週までカーテンだったんじゃないか、と思うような手作りのスカートをはき、真っ赤な古いメルセデスに乗っている。もう本国ドイツでもみられないシロモノだ。広東語訛りの英語を話し、いつも悪態をついているが、笑うとなかなかチャーミングに見えなくもない。こともないかもしれない。

メルセデスはKLの街をぼくたちを乗せて駆けまわる。
渋滞にもまれ、高速をすっ飛ばす。
KLの大気はお世辞にもきれいじゃないが、車内よりはマシな気がした。古いアパート郡の後ろにできたばかりの高層ビルがそびえ、眩しい陽光をガラスに反射させる。幾つもの建設途中のビル、道路工事、モスク、バイク、スカーフを頭に巻いた女性たち。この街は発展の渦の中にある。ジュリエットさんはヘッドセットで次々に電話をかけては、何かを決めていく。問い、笑い、どなり、うなる。英語と広東語、あるいはどちらでもないもの。パワフルである。ポンコツでもメルセデスなのだ。

いくつかの物件を回った。
エリア名を言ってくれるのだが、ぼくには判別できない。コンドミニアムは香港ではおなじみだ。メイドさん用の小部屋もある。プールもあるし、ジムもある。だが安い。1スクエアフィートあたりの値段は香港の10分の1以下である。天井は香港や東京より高く、ヨーロッパ並だ。天井から扇風機が吊るされているのが普通だからかもしれない。ということは同じ階数ならば、日本の建物よりずっと高いのだ。

「今回は下見だけだから」
と友人には伝えていたが、気がついたら決めていた。
地上46階のビルにある40階に位置する部屋。しかもモノレール駅が直結していて、映画館やら遊園地まで入っている超大型商業ビルである。2棟が向い合って立ち、間にプールや中庭がある。ひとつはホテル、もう一つがコンドミニアムだ。ロビーにはアラブ人など多くの外国人が目立ち、盛んに出入りしていた。
「中東は暑いからマレーシアに涼みに来るのよ」
とジュリエットさんはいう。南国マレーシア、だが中東はそれ以上に暑いのだ。おまけにKLの銀座であるブキ・ビンタン通りにも近い。


▲ ブキ・ビンタン通り付近のアーケード

「これなら借り手が絶えないはずだ」と直感した。
大理石のエレベーターに廊下、部屋はホテルの Jr.スイートルームのようだった。白いダブルベッドに白いソファ、バスタブと大理石の洗面台。ここはすでに短期滞在者用の部屋なのだ。床までガラス張りの窓からあのツインタワーも見える。40階の見晴らしはさすがに圧巻だ。管理会社のポールさんは、言う。

「オーナーのあなたには毎年、120万円の家賃が支払われます」


▲ 翌朝、KLCC公園でスタバの朝食。ジョギングする人や朝の出勤風景を眺めながら

翌日、ジュリエッタさんの務める不動産のうち、唯一クレジットカードが扱える支店へメルセデスは向かう。2%の手付金を払うためだ。今回は買うつもりなんかなかったので現金などもってない。だが決めた。念のためにと、前の晩、ロンドンに住む事情通の友人に電話した。「あのへんはマレーシア国家プロジェクトで、近く国際金融センターがおっ立つエリアだ。7000億円プロジェクトだぞ。これからオイルマネーがじゃんじゃん入ってくる。化けないはずがない。そんな場所どこをどうやったら見つけられたんだ!?」と興奮しながら言う。「偶然だよ、まったくのね」と、ホテルの部屋でぼくは歯を磨きながら答えた。

あるいは何かの間違いなのかもしれない。
そんな間違いをぼくはこれまで何度もしてきたし、だぶんこれからもするのだろう。世界は悪意に満ちていて、ナイーブな人々の柔らかい肉を貪り続けているのだ。日本の感覚ではびっくりするような安い値段で、これまたびっくりするような良い条件の部屋をこんなにも簡単に見つけ、手にすることができるほど世の中は甘くはない。

あと数時間でKLを離れなくてはならないとき、ぼくは友人とジュリエットさんの車で弁護士事務所へ向かう。手続きを進めるためだ。世の中が甘くないかどうかも確かめられる。買い手と売り手、ローンを組むシンガポールの銀行、これらのやりとりは弁護士が仲介し、公平におこなわれる。こうしてさじは投げられた。「この物件なら間違いないわね」と女弁護士は言う。「銀行にはちゃんと査定してもらうけど」

弁護士に来月また会おうといい残し、ぼくは帰路の空港へと向かう。

「あたしもお金があったら買ったのに・・」
とジュリエットさんが最後にぽつんと言う。
カーテンのようなスカートがゆれていた。

だけどぼくの心まではゆらさなかった。

来月もまた、KLに来ることになる。
ぼくは自分の買う部屋を、宿泊客として予約することにした。




12 件のコメント

  • なんだか小説を読んでいるようでした。
    行動一つ一つが僕の頭の中でイメージされて、挿絵を描くような感じで読んでいたからなのかもしれませんが・・・。
    思い切りのよいなお金さんの行動力に唖然としていたせいかもしれません。早く続きが読みたい!そんな気分です。

    いろいろとハードスケジュールのようですが、くれぐれも無理しすぎないようお気をつけください。

  • とても素敵な生活ですね。私も、できることならいくつになっても、夢見ながら好きなところを飛び回り、そしていつか海外でもくらしてみたいです。。羨ましいかぎりです(>_<)

  • 私もなおきんさん同様、シンガポールの家は、見た瞬間で決めてました。
    それも下見の一軒目。(笑)
    場所も良いからきっとリターンも確実そう、おめでとうございます!!
    ジュリエットさん紹介してください。(笑)

  • 物件価格や銀行の利率から、きっと日本では考えられないリターンが期待できるんでしょうね。
    なおきんさんのアンテナと、行動力、決断力、もちろん頭脳明晰さ。素敵です。

    これからの、このシリーズも楽しみにしています♪

  • さすが決断が早いですね!
    渡航されるまでにはいろいろな事柄があるのかもしれませんが
    僕にとってはその行動力と決断力はすごいの一言です
    僕は何年も悩みながらまだ現地にも行ってません。。。
    同じマレーシアでもジョホールバルはどう思われますか?
    対岸はシンガポールですし、KLよりも一段と安いみたいですね
    これからは日本以外も視野に入れて生きていく事を考えないとだめなんだと思いました
    とても刺激になりましたありがとうございます
    またマレーシア滞在記楽しみにしています!

  • ほんと、小説を読むようで、ぐんぐん引き込まれました。
     素敵。
     
     ポンコツのメルセデス・・・そうでなかったら、なおきんさんの心はゆれたのかしら、などと考えてしまいました。クスクス。

  • これは…海外経験のない私なら、不安でできない話ですね。金額は分からないけど、相当な大型投資なのでしょう。かなりな勝算があったのかもしれませんが、読んだ限りでは、乗るか反るかの大博打という感じが。「行こう、神々の待つところへ、さいは投げられた!」
    私は、公務員辞めて、目標の業界へ転職しようとした時に「人生の大博打」だと思って、今では信じられない位に精力的に活動できていた事を思い出します。あの頃の自分に戻りたい位。
    そんな転職なんて目標が小さく見える程の勝負を仕掛けているなおきんさんに。マレーシアだから…アッラーの加護があらん事を!

  • 小説を読んでるかのようなトリップ感です。

    なおきんさんの書いた小説が読んでみたい。
    そう思いながら読んでいました。

    なおきんさん、それにしても素敵すぎます!

  • 今回はずいぶんと長く持ちましたね。しかし、よどみができると清流に身を投げ込む姿は潔い気がします。やはり、普通の人ではありませんね。憧れてしまいます。

  • mu_ne_2さん、一番ゲットおめでとさまです!
    さすがmu_neさん、絵のセンスがあるだけに、イメージが組み立て易いのですね。お話の続きは10月末に再びKLに行くので、そのときにさせてもらいますね。
    ——————————-
    杏仁♪さん、
    たしかに物件は一期一会ですね。縁あれば、といった感じです。たった一回の訪問で決めるつもりもなかったんですけど、これもまあ、縁ですね。
    ——————————-
    yourさん、
    勝った物件(実際はまだ手続き未完了)は、今後短期滞在者向けに貸出されます。たぶん一泊からOKのはずなので、KLに行くようなことがあれば泊まってみてください。わかるようにぼくの書いたイラストでも飾っておこうかな。いややめておこう。
    ——————————-
    みゆきさん、
    どちらかと言えばぼくも夢見がちなロマンチックオヤジですが、ごくたまにかなうこともあるようです。まずは羨み、自分も!と思い、実現されるよう脳にプリセットされれば、やがて・・という順番でしょうか。
    ——————————-
    ちかおさん、
    さすが直感力のちかおさん!しかも下見の一軒目だなんて(笑) KLは直近の20年で物件の値段が2.6倍になったそうな(東京は逆に2ぶんの1以下に暴落)。でもちょっと供給過多になりかけている様子のようです。「とにかく上がる」と高をくくらないほうがいいとも言われました。
    ——————————-
    ラム子さん、
    実はあんまりリターンのことは考えてないです。ホテルのように世界中の旅人に泊まってもらえるのって、ステキだなと思いました。ぼくもたまに泊まりにいって、「あ、また新しい高層ビルが立ってる!」などと、KLの成長具合を眺めるのってなんだかロマンがあるなあ、と。
    ——————————-
    cropさん、
    ジョホーバルは「イスカンダル計画」というなんだか宇宙戦艦な感じのプロジェクトに沿って大きく成長しそうです。シンガポールを香港に例えれば、ちょうど深センのような発展の仕方をするでしょうね。
    ——————————-
    もぐさん、
    たしかにジュリエットさんがその名の通りのイメージで、カーテンでなく普通のスカートだったら、ぼくのココロも揺れたかもしれませんね。まあ揺れたところでどうなるわけでもありませんけど。ふふ。
    ——————————-
    楽庵さん、
    いやいや、ぜんぜん大型投資でもないです。少なくともデフレ+人口減の日本で物件を買うよりずっとリスクが少ないと思います。でも、ぼくは思うんですが、本来もっとも投資すべきは自分自身です。そのリターンを確実にするために、勉強をしたり経験をつむのだと。その他の投資は全部サブですね。
    ——————————-
    はてなさん、
    残念ながらぼくには文才がありません。それはとても自覚しています。ただ自分が書きたいことより、「こういう人がこう読みたい」ものを優先する努力をしています。そうなっているかどうかはともかくとして。
    ——————————-
    昔の同僚さん、
    まあとくに「よどみ」を感じているわけじゃないですけど、日本国に頼らない、だから自由にどの場所でも死ねる環境をつくっておきたいと思います。縛られるのが嫌いなのは同僚さんも同じですよね。縛ろうにもヒモが足らなくなるというか。

  • ちかお にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。