自分を取り戻す匂い?

たばこをやめてからだろうか?
じわじわと満員電車の匂いが気になるようになった。体臭、口臭、加齢臭。化粧品の匂いや古雑巾のような匂いもする。外国人に比べれば日本人の体臭なんてどうってことないけれど、東京の通勤電車は世界でも比類ないほどの人口密度。さすがにそうもいってられない。本当に気持ちが悪くなって、たまに下車することもある。ぼくのような中年オジサンがそうなんだから女性はもっとつらいんじゃないか。たとえばぼくがもしあと20cm身長が低かったら、この密着度に耐えられるだろうかと心配になる。

相手が匂うということは自分も匂うということでもある。自分は大丈夫だろうか。そう思うのがこの国では自然だ。被害者はまた、加害者になりうる。相手を不快にさせ、ときに電車から降ろしてしまうこともあったかもしれない。そんなふうに考えてしまうこと自体、長く日本に住んでいる証かもと思う。民族的に体臭の少ない日本人、だのにこの国には多種多様の消臭・デオドラント商品が売り場にあふれんばかりにある。この傾向、ほかの国にはちょっとない。

無臭がいちばん。そう考えるのが一般の日本人に対し、欧米人や中東あたりの人は臭いを香りで上書きしようとする。ボディソープの匂いも半端じゃない。なかには「まだ体臭の方がましだったかも」てなくらいばしゃばしゃと香水をふりかける人もいる。1時間前その人がここにいた事を感じるさせるくらいに。犬ならば2週間経ってもわかるかもしれない。そんな人と食事をしたら、きっとうまく食べられないと思う。

キツイくらいなら無臭のほうが無難。
それがいい。でもよくよく考えてみれば、それはそれでちょっと寂しい。匂いは記憶に絡まりやすいから、無臭だとそのぶん印象に残りにくいかもしれない。いまぼくたちはいろんな手段で他人とつながることができる。そうなると、メールより手書きハガキ、というふうになっていき、最後は「会う」ことがもっとも貴重で価値が高いと認識される。となると、会うことでしか得られない「匂い」はその人の大切な属性のひとつであるように思う。でも残念ながら「自分の匂い」というものに、ほとんどのひとが無頓着なのが現実だ。とくにニッポンの男は「匂いは無いほうが潔い」と思うフシがある。むしろ女々しい、と。

だが、匂いのない人間なんていない。
体臭やら生活臭やら体調により、実に色んな匂いを漂わせながら生きている。満員電車の匂いは、それらが濃縮還元されたものだ。これには「匂いなんて」と考えているオジサンたちもたっぷり貢献している。

「匂い」はあるのだ。しょうがない。
しょうがないんだからうまくつきあっていくほかない。消したり、つけたり、あわせたりしながら「自分の匂い」をコントロールしていく。そうしたことがこれからもっと大事になるような気がする。

かつて、いつもいい匂いをさせている英国人の元同僚に、その匂いをほめたことがある。彼はありがとうといい、「ふだんからストレスばかりでときどき自分が自分じゃなくなる。そんな時(自分を)取り戻すのがこれだ」といってポケットからアトマイザーを出してみせた。エルメスだったかクリードだったか香水の名前は忘れたが、なるほど匂いにはそういう効果もあるのだ。

自分を取り戻す匂い
というやつにぼくはまだ出会っていない。
犬の肉球がいまはそれに代わる程度だ。

ちびきちの肉球


それは、まるでポップコーンのやうなにほひなり




4 件のコメント

  • 自分をとりもどす香りとか音楽って私にとっては
    魂が喜ぶ香りであり音であります。
    製油はプラナロムのパチュリー、お香は白檀、
    音はカリブ海や南米、またはユダヤの血を引くミュージシャンの演奏や日本民謡、フラメンコギターなどであります。
    自分に流れる血のなぞを思います。
    犬の肉球の臭いが好きな人は多いでよね。
    枯れ草の臭いがして好きなんて言ってた友人もいますが。
    私の本音、クサッ!あぁ、赦してください、愛犬家の皆様。

  • 自分を取り戻す匂い
    わたしもまだ出会っていません・・・というよりも、
    取り戻すべき自分があるのかどうか・・・
    自分をキープする、自分でいるための香りならあります。
    単に「好きな香り」なんですけどね。
    フランス人のイラストレーターが
    「ぼくはベジタリアンだから〜」と言うのですが、
    とっても臭い人なので、どうも信用できずにいます(笑)
    わたしは、わたしの匂いが好きです。
    よく服の中に顔を入れて、自分の匂いを嗅いでいます。
    犬の肉球はかいだことがありません!
    うちのニャンズの肉球も、茹でたとうもろこしに塩を振ったような匂いで、とっても可愛いです。だいすき。

  • 昔、付き合った男。
    ほとんど無臭だったのに香水のにほひ
    ぷんぷんには思わず臭いっ!て、言ったこと
    あったっけ。
    本人はあくまでもお洒落のつもりだった
    らしいけど本末転倒だったね。
    私は彼のお風呂で匂いを落として、朝
    少し汗をかいた彼の香りが好きでした。

    加齢臭は正直ちょっと頂けないけど
    その人のもつ香りは懐かしかったりしてね(^-^)

    私も飼い猫を思いきり抱き締めて、毛だらけ
    になってもその匂いを嗅ぐのが好きです~

  • risaさん、一番ゲットおめでとさまです!
    自分を取り戻す香りをお持ちのようでステキです。プラナノムのパチュリー・・。なんだか日本人離れしている気がしないでもないですが、そこに達するまで色んなトライアルがあったのでしょう。好奇心が強いのはいいことです。肉球、だめですか? 人の足の裏とは違い、なんと香しいと思うのですが。
    ——————————-
    ユーリさん、
    「取り戻す自分があるのかどうか・・」とのことですが、もちろんあると思います。体臭のきついベジタリアン。ところで肉食は臭く、草食はそうでないという先入観をぼくたちはもってますが、実際のところどうなんでしょうね? ぼくもワキガのベジタリアンを知ってるし、チュニジアでマトンばかり食べて体臭が羊の匂いになったこともあります。
    ——————————-
    Yossyさん、
    香水も時と場所、それからつける量と相性など、さまざま要因があるのだと思います。あと、ある程度年季がないと良さがわからないものですよね。それからペットって、飼い主の体臭と自然にマッチしていくような気がしませんか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。