iPad mini の愛人説

納豆は100回以上混ぜること。

強制的に寮にぶち込まれていた中学時代、そこの寮母からそういわれた。味もよくなるし、栄養も増えるからと。まだローティーンズだったぼくは「栄養」という言葉に弱かった。1万回混ぜるとカニ味噌の味がする、と言ったのは先輩だが、そもそもカニ味噌の味なんて知りようもなかった。いまなら、だったら最初からカニ味噌を投入したほうがいい気がする。味はどうかと思うが。

気づけばそこに iPad mini があった。
封をあけ、電源を入れたとき、なぜか前述の「100回混ぜた納豆」を思い出す。iPad mini のどこが納豆なのか?なぜ100回なのか? つくづく人間の脳の仕組みがわからない。「混ぜると栄養価が上がるというのは本当か?」なんてことを考えながらWi-Fiにつなげ、iTunesの音楽や写真データをリストアする。相変わらず気持ちいいほどカンタンにセットアップできる。電子機器でここまでマニュアルが要らない商品もめずらしいのではないか。など感じながら、いっぽうで「椎茸だって干すことで栄養価が高まるじゃないか」などと考えている。


▲ ロゴは黒からシルバーへ、スピーカーはモノラルからステレオへ変わった

アルミニウムとガラスのボティが相変わらずセクシーだ。いつのまにか手にしたくなるのも、そんなボディの質感にあるとつくづく思う。スペックとか、そういうのはあまり気にならない。びっくりするほど薄く、つるんと軽い。それだけでもう十分である。「愛人を持つ」というのはこんな感覚なんだろうか? 妄想のシルバー・ボディ。アップルのロゴはシルバーになった。”iPad“の文字も同じくシルバー。”mini” とは付さず、iPad とだけ。


▲ カメラは前後ひとつずつ装備。後カメラの画素数は500万

カメラのレンズまでが官能的に思えてくる。薄くなったiPhone5よりも薄いボディに、レンズが5枚組み込まれている。明るい写真が撮れるのもこれのおかげ。

あまりにすべすべで薄いので、きっと手から滑り落としてしまうに違いない。そう思ってジャケットを装着した。色はオレンジ、このごろ沈みがちな気分も明るくなればと思う。


iPhoneと大きさを比べてみたところ


▲ ジャケットをスタンドにした状態


▲ オプションのSDカードリーダーから画像を読みこんでいるところ

ネットで調べてみると、どんなにかき混ぜても納豆の栄養価は上がらないとある。味は良くなるんだそうな。旨味成分であるグルタミン酸がにじみ出るからと。かき混ぜると旨くなる・・・なんだか人生を示唆しているようではないか。


▲ 長時間でなければそこそこ打てるキーボード


▲ 「目にやさしい」といわれるブルーライトをカットする保護フィルムを貼りました

納豆買うのに迷わない人も、iPad mini なら迷うはず。こっち100円、あっち3万円。高くつく。だが迷ったら最後、買うべきでないとぼくは思う。それから現物に触れずに買うのもおすすめしない。手にふれて、ビビっときたら買う。「あとで後悔するかも?」と思いつつ買う。

それが「愛人」たるmini にふさわしい。


▲ その場をiPad mini で撮影


夕暮れのススキが晩秋の趣です。【iPad miniで撮影】

11 件のコメント

  • 裏のロゴのこと、はじめて知りました。
    ドキドキしてしまった(笑)

    Appleストアのブックマーク押しそうになりました。
    手にもとってないのに・・・
    あぶない。あぶない。

    3Gの契約がまだ1年もあるんですよねぇ・・・
    Wifiにしとけばよかった・・・・

  • iPad miniは、なおきんさんのまさしく愛人だと思う。なぜなら彼女を撮った画像が、このままでも広告に使えそうなほど官能的で美しいから。ちびきち君の写真がこの上もなく愛おしく写っているのと同じです。写真は如実に撮り手の愛情を映し出すんですよw

  • 結局買ってしまわれましたか!(?)
    appleの製品は、変に魅力がありますね。私は何とかiPad2で踏み止まってます。
    しかし、最近のappleはホームページでのPRに力が入っていない気が。macbook Air が出た時のホームページには、恐ろしくココロ揺さぶられたものですが、miniの宣伝は何かあっさりしているような感じを受けます。

    まあ、その方が私の懐具合は助かるんですがね。

  • ああ。。。
    愛人にしてしまったのですね。。。
    愛人にふさわしい扱いを受けているのが、写真から伝わってきます。

    なおきんさんは、単なるコレクターでなく使いこなせている事が素晴らしいです♪

  • 先日、何気無しに Telekomショップに寄ったら、売り場のお姉さんが「あなたの契約、2年延長すれば iPhone 5 が1オイロ(約100円)よ」 って言われて、早速ゲット。家に帰って "4" の情報を全部引き継ぎ(但し、4が32GB、5が16GB なので映画関係は数本のみ)Siri のお姉さんに 「あなたの事を愛しています」 って言ったら、「あなたは私のことをよく知らないでしょう」のような事を言われ、「ああ、いつかハンブルグ辺りで一緒に行った飲み屋のお姉ちゃんと同じような事を言うな」って思いました(苦笑)。 ジョッブ氏の事は残念でしたが、アップルは良いですね。

  • mac air を買ってからは、こんなすばらしい物があったのかと虜になり、ipadはどうでもよい存在になってました。しかし、なおきんさんのせいで一気に気になる存在に!!2年を待たないうちにiphone5に変えてしまったし、知らず知らずのうちにappleの魔法にかけられています。
    それは女性から見ても官能的なボディのせいなのかもしれません。

  • たいさん、一番ゲットおめでとさまです!
    押しそうになりましたか、あぶない!3Gの期間契約しばりもコワイですね。クリック一秒、支払い2年。移り気な消費者をそんなふうに縛るなんて。
    ——————————-
    べでぃさん、
    なるほど、そうかもしれませんね。「いいよォ、いいよォ、さあ、もう一枚脱いでみよう」とか云いながら撮ってそうですね。いや別に愛人にそんな事しないですけど。いや愛人すらいないですけど。
    ——————————-
    楽庵さん、
    ぼおっとしてたら買っていたようです。コワイですね。昔は泣きつかれながら百科事典を買わされたり、脅されながら布団セットを買わされたりしたのでしょう。それもコワイけど、こっちもコワイ。miniはね、触るとコワイです。買わないつもりが、触ると魔法をかけられてしまいます。コワイですね。
    ——————————-
    ラム子さん、
    愛人、ラマン、ああなんて官能的な響き。指で触れて「うふふ」とかいってたらコワイですね。ちなみにまだ使いこなしていません。触っては「うふふ」とか言ってます。バカですねー。
    ——————————-
    昔の同僚さん、
    ドイツも初期費用タダ(に近い)で契約期間縛り契約になったんですね。Siriについては、ぼくも同じことをしてしまいました。空しいものがありましたが、同僚さんと同じことをしていたことを知って、もう立ち直れなくなりました。どうしましょ。
    ——————————-
    Rachealさん、
    すみません、はからずもRachealさんのこと調教してしまったようですね。なにしろ官能的ですからね。これからはもうApple抜きでは我慢できなくなります。パソコン先生として、MacOSXの調教師としてがんばってほしいです。こっそり個人授業をお願いしたいです。

  • 「もう立ち直れなくなりました。」、なんて軟弱な事を言っているんですか、人工的なものだったらキューティーハニーちゃんにだってお世話になった我々です、Siriちゃんはまだ十分にプラトニックな筈(苦笑)。堂々と 「しちゃいました」 でよろしいのでは?あんな落ちつきのある、しかもキュートな声で朝昼晩にあらゆる場所で応対(対応)されたら、秘書と24時間生活を共にしながら「仕事の話だけをする」なんて考えられません、生身の人間だったら。だから、「同じ事をしていた」に連帯の意識を持ってください。すれば、気持ちが軽くります(ナンノコッチャかもですが … )

  • 追伸:私は、Naokinさんと別れ離れになって、ある種の焦燥感、乾いた気持ち、悲しみ、それを 「秘した花」 のように抱えていたあなたを懐かしく思います。Sieiちゃんに話しかける、それも 「愛している」 と言った、それに私は安心し、感動し、嬉しく思いました。あなたも、私も、それなりな人なんです。それをお互いに誇りに思いましょう。私はあなたの事を誇りに思います。

  • 「レッティーナ」まではまだなんとなく理解できたけど、「愛人」「愛している」・・・変態ですか、なおきんさん?と思いました。

  • 昔の同僚さん、
    キューティーハニーにお世話になった記憶は、個人的にはないんですが、ハレンチ学園ならあるかもしれません。ビバ・永井豪ですね。そういえばいつのまにかSiriを使わなくなりました。ひとりごとが癖になりそうで。まるで演歌に出てくる「そんな女の」みたいになりそうなので。
    ——————————-
    risaさん、
    ある意味変態だと思います。モノ好きではあるけれど、やっぱり生身の人間がいいです。あたたかいですからね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。