食事は恥ずかしい

遅いランチをカウンターだけのお店でとる。

3時を過ぎれば他にお客は少ない。ぽつりぽつりと女性と男性が二人ずつ、それぞれひとりで食事をとっている。例外なくスマホかケータイをいじりながら。「飯を食べてる時くらい・・」と思う。

若い女性が肘をついてスマホをいじりながら食事をしているさまは、いささか興ざめなところがある。着飾っていたならなお悲しい。そんなことを気にする自分はオヤジになったとつくづく思う。彼女たちからしてみれば、そんなことで自分の魅力が下がろうが上がろうがどうだっていいかもしれない。右手でフォークを持ち、左手でスマホに入力している。むしろ器用さを褒めるべきなのかもしれない。

むかし読んだ小説に、食事と性交が逆転した世界を書いたものがあった。つまり「性交」は人前でも普通にするのだが、「食事」を公共の場ですれば公然わいせつ罪で捕まるという内容。背景に世界的な食糧危機があったりと、なかなかシリアスなストーリーであった。

その小説は極端だとしても、あんがい食事するところを見られるのって恥ずかしいことなんじゃないか。と思うことがある。食事は食欲を満たすためにあり、食欲は人間の三大欲望のひとつ。あとの二つは「人前で見せたくない」行為だけに、食欲についてもかなりプライベートなイシューである。

人間がものを食べる行為。
咥え、しゃぶり、噛み砕き、飲み込む・・
本能に直結するそれらの行為に、人はマナーを求め、与えた。食事マナーは日本もうるさいが、欧米はそれ以上にうるさい。パスタを音を立てて食べたからと、日本人上司を笑いものにするメールが社内を飛び交う。仕事の品位は食事に出るとされる。相手を見定めるための食事会などもある。

いっしょに食事をして楽しい人は、たぶん何をしても楽しい予感を与えてくれる。「この人となら・・」と相手に心を許すのもそんな予感だ。

化粧をしたり服装を整えたり、ダイエットしたり、コラーゲンを飲んだり。キレイでいたい努力を惜しまない女性が奏功するのは、結局のところ食べ方やそのしぐさ次第なんじゃないかと、ときどき思う。もちろん男性も。

■ ちびきちにっき

ぼくがまだパピーだったころは、いっしょにおフロに入ってフロフタにしいたタオルの上でくつろいでいたもんだけど、おとなになってからは、とうちゃんがでてくるまでこうやってダツイジョウでまってたりするんだ。なぜって、やっぱりとしごろだから、はずかしくなっちゃのかな。でも、どうせぼくはいつもはだかだけどね。

8 件のコメント

  • 食事の仕方、大切です。

    育った環境、受けた教育、食事とその時間に対するその人の考え方、全部出ると思います。食事の仕方だけでなく、その時のしゃべり方や話題も重要ですよね。ある意味、食事中は化けの皮が剥がれる時かも。

    私個人は美味しいものを美味しく食べるのが好きなので、その時間を楽しく共有出来る人を選びます。女性であれ男性であれ、食事のマナーがひどい人とはあまり食事をしません。これって「普通」に食べれば良いことだと思うのですが、それが出来ない人、結構多いですよね…。

    昔ホームパーティーで、自分は育ちが良くて…とセレブを気取っている女性が椅子の上に片足を立てて食事をしていたとき思わず注意してしまいましたっけ…若かったなぁ〜

  • あまり慣れてない方と向かい合って食事するのはちょっと恥ずかしいゴハチです。
    横並びだといいんですけどね…。
    「食べる」てのも生理的な行為だから、見られるとちょっと恥ずかしいんですよね(笑)
    恥ずかしい食べ方してるわけではないんですが(;´∀`)

  • 食事の仕方には、他のどんな行為よりもその「為人・ひととなり」があらわれるような気がします。
    どんなキャリアがあっても、「先生」とちやほやされる人でも、
    食事の仕方がわるければ、高い評価も台無しです。
    ものを食べるときの仕草・振る舞いは、大人になってから学ぼうとしても、なかなか身につくものではないと思います。
    それは、どんな環境でどのような教育をされてきたか。
    どんな愛情を受けて育ってきたのかがわかってしまうからだと思います。
    先日の記事で、なおきんさんが宗教について書かれていたときも感じたのですが、
    「お行儀が悪い」「みっともない」など、具体的に、誰にでも分かるように説明するのが難しい言葉を
    日本人は自然に理解し、身に付けてきたと思うのです。
    食べ物には食べ物の神様がいる。
    あるいは、食べ物にも「こころ」がある。
    そんなことを大人に言われて、自然に受け入れることの出来る子ども(若者)が少なくなってきたのでしょうか。
    信仰とは別に、あらゆるものに「こころ」があると想定して大切にする。
    これは大事なことだと思います。
    食べ物には、その材料を作ってくれた人。材料となってくれた生き物、流通に関わった人、調理した人・・・
    多くの人の「想い」がこめられているものです。
    だからありがたくいただく。
    それを、目でも舌でも味わうことなく、スマホをいじりながら食べられたのでは、作る人も「やってらんねえ」という気持ちになり、
    衛生面でも味の面でも、次第に劣化していくような気がします。
    ああ、なんだかずいぶん脱線してしまいました。しかも長い。
    すみませんです。
    え、と、みっともない食べ方をすることは、ある意味他人にセックスを見せるより恥をさらしているのかもしれません。
    それに、「どんな食べ方をしたって他人に迷惑かけてない」という人がいますが、
    電車内での化粧同様、それを見て不快に思う人がいるって、充分迷惑をかけていると思います。
    そんなことを言ったら、いちいち誰がどう思うかわからない、と言われるかもしれません。
    でも、だからこそ、自宅以外の場所では少しは緊張感を持ってほしいです。
    昔、とってもくつろいだ幸せそうな顔をしている人を見て、「醜い」と感じたことがあります。
    公共の場で、そんな表情をするなんて恥知らずな・・・なんて。
    きっと、ドキッとするほど原始的な淫らさを漂わせた表情だったのかも。
    好きだと思っていた女優が、料理番組の審査をしたとき、食べ方が汚らしくてものすごくガッカリした覚えがあります。
    あれは悲しいです。

  • ちびきち君にノックアウトされてます♪

    食事の時に音を立てる(クチャラー)近しい人が居ます。
    彼の両親は、自営で仕事が忙しく働き詰めでした。
    多分、食事のマナーを厳しくされる時間もなかったのではないかな、と想像できるのです。お箸の持ち方も、美しくはないです。

    ただ、それらを補って剰りある人間的な魅力を持っています。
    何度指摘しても直らないのは残念ですが、私は、受け入れている。。。んでしょうね^^

    なおきんさんのおっしゃるように、確かに未知の人を大きく分ける場合、食事の仕方は影響すると、私も思います。
    ちょっとした仕草に魅力を感じるように、少し注意する事で印象も変わると思うので、根気よく指摘してみようと思います。

    私自身も、最期のときまで自分を第三者的な目で見て行けるようにしたいものです。

    あ、なおきんさん、三大欲望の三つ目の欲がわかりません。おはずかしい。。。。^^;

  • 誰かと一緒に食事するのは恥ずかしい、と長いこと思ってました。この記事のおかげで、そういう気持ちを持つ人も世の中にはいるものと分かってホッとしたり納得したり(笑) 自分がシャイなだけかと思ってましたから。人前で口を開けるってなんとなくグロテスク、さらに物を噛み砕く姿を見つめ合ってるって、わりと野生的場面ですよね(と思うのですが)。

    マナーについては、(上記のように)食べる行為そのものが「う〜ん」な行為と考えていたので、毎回楽しく時間と場所を共有できたらいいなと思っています。ただ、食べているところをジッーっと見つめたままというのもマナー違反だと思います。いるんですよ、自分は食べるのやめてずっと人の食べるとこ見てる人。嫌ですね〜。あと、「食べ方」を教えるのは難しいなあと、これは息子なんですが。お腹空いてるから胃の中に食べ物を入れることが重要とばかりなかんじです。まず一口大に切って、なんて言っても毎回無視されてます。小言としか思ってないんじゃないでしょうか(笑) 親としては健康であってくれることが願いなので、量が減らないことに安心するだけです(爆)

  • riesenmausさん、いちばんゲットおめでとさまです!
    「美味しく食べればそれでいいじゃん」という考え方もあるけど、人前で食べるのってとてもソーシャルなことでもありますからね。食べる所作がきれいだから惚れそうになったこともあります。
    ———————–
    ゴハチさん、お久しぶり!
    そうですね。知らない人との食事は、ぼくもあまり得意じゃありません。食べた気がしないこともあるし。ともかく、恥ずかしい食べ方をさせて辱めにあわせる、という性癖のある人の前以外ではそこそこマナーがあったほうがいいですね。
    ———————–
    ユーリさん、
    力作コメントありがとさまです!なるほど「こころ」を意識すれば、おのずと食べ方にも良い影響がありそうですね。食べているものの名前を呟きながら食べるといい、という人もいます。かつて芸能プロダクションの人は、タレントにまず食事マナーを指導していたそうです。いまはどうなんでしょうね。
    ———————–
    ラム子さん、
    ああ、クチャラーっていうんですね。音を立てて食べる人のこと。「最期の時まで第三者の目で自分を見る」という心づもりはステキですね。できそうで出来ませんから。3つ目の欲望、それは睡眠欲です。寝顔も見られたくないかと。
    ———————–
    ぱりぱりさん、
    そうですね。食べる姿を見せ合うのってなかなかグロテスクな行為かもしれません。それから食べるのをじっと見つめられているのも、なかなかつらいですね。息子さん、ちゃんとたべてくれるといいですね。

  • 以前、娘の彼氏(チャイニーズアメリカン)が家に来て一緒に食事をしたとき、両肘を付きお茶碗をかかえ、ぺちゃぺちゃ言わせながら食べたんです。もうあかん!それもハシの持ち方もめちゃくちゃで、、って私の知ってる中国人はみんなメチャクチャですが、、娘に後で「もし結婚するなら絶対注意した方がいいよ」と言いました。でも彼はものすごく料理を作るのが上手で、「もういつでも結婚してもいいよ」って感じだったんですが、最近別れました。でももしあの二人が結婚していたとしても、そういう基本的な生活の違いが元できっと離婚していただろうなぁと思うので、別れて良かったです。価値観、育ちの違いって大きいですよね。

  • 春子ママさん、
    こんにちは、ごぶさたしてます。料理をつくるのがものすごく美味いのに、それを食べるのが下手なのは残念でしたね。たったそれだけで変わる運命もあることをあらためて、感じました。「たったそれだけ」じゃあないことも。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。