事実を反転して抗議する国

2012年10月、対馬から仏像2点が盗まれた。
これを盗み持ち帰った韓国人男は、売ろうとしたところを警察に捕まる。日韓をまたにかけた窃盗団のひとりだという。盗まれた仏像も確保された。さっそく日本へ返還されると思いきや、「不当に日本側が入手した可能性もある」と、待ったがかかる。それどころか、過去に日本が略奪した6万6千点の文化財を返せとまで主張する国会議員などもいて、埒があかない。このままでは日本から重要文化財を盗んでは「元は韓国のものだから返さない」などと言い出しかねない。

相変わらずめんどくさい人たちだ。返す言葉もなく、相手にもしたくない。すると「罪悪感があるから反論できないのだ」と、さらに要求してくる人たちでもある。

日本は我が国からものを奪ってばかりいる
泥棒に言われたくはないが、そのようにして彼らは「悪しきはすべて日本のせい」で済まそうとする。愛国(=反日)教育のたまものだ。あろうことか日本の政治家やマスコミ、大学教授などもこれを支持。日本の教育会もこれに合わせて教科書を編集する。こうした教育を受けつつぼくが育った広島は日教組の影響が強い。原爆による反核反戦と同義語だから左翼と愛称がいいのだ。

GHQは日本占領中、新聞メディアに対し「新聞と言論に関する新措置(コード)」を発令し、連合国にとって都合の悪い記事を禁じた。「朝鮮人に対する批判」「中国に対する批判」もコードで禁じた。公平中立なメディアの姿勢を蝕むコード。GHQが去ればこんなもの破り捨てればいい。はずだったが、いまも温存されたままである。マッカーサーが部下に命じ、たった6日間でこしらえた日本国憲法も似たようなものだが。

ぼくにも韓国人の友人がいる。
出張で先日、日本にも来た。
「直民地だった国で生まれた国民は、宿命的に宗主国を恨むものと思っていた」と彼はいう。英国に対する香港人、フランスに対するベトナム人、米国に対するフィリピン人、同じ日本が宗主国だった台湾人や、かつて満州と呼ばれた東北三省に住む朝鮮族。だけどその予想は外れ、意外にもいい印象をあわせもっていることに気づく。遼寧省に住む朝鮮族の人などは、なつかしそうに当時の日本の唄を歌う。なにか違う事情があるのかもしれない。日本人は朝鮮半島の同胞だけにひどいことをしたのかも?と彼は思った。

だが史実は反対だ。
むしろ植民地支配の恩恵をたっぷり享受できたのが朝鮮半島だ。それまで数千年間にわたりのべ1000回以上も支那から侵略をうけ、李氏朝鮮時代500年間は支那のほぼ属国であった。これを断ち切るきっかけとなったのが日清戦争、朝鮮の独立はこれで果たせたはずだった。ところが事大主義(強い方になびく)な韓国人はロシアに媚び、親露侮日な態度。おかげでロシアに隙をつかれ、危うく領土を奪われそうになる。そこへ日露戦争勃発。日本の勝ちが決まると態度を豹変、こんどは「一進会」を通じ、日本と合邦を希望する電報を打つ始末。

対して日本政府は慎重だった。
韓国と二カ国合意だけですまさず、国際社会(米国、ドイツ、オーストリア・ハンガリー帝国ベルギー、清國、デンマーク、フランス、英国、ロシア)に承認される形で1910年、日本は「韓国併合宣言」を行う。あたかも軍事行動で略奪されたかのように言われる筋合いはない。

当時の朝鮮半島はもう本当になにもなかった。道路らしい道路もなく、病院も、学校も、工場も、灌漑農業も整備されていない。両班(ヤンバン)と呼ばれる官僚がのさばる政治は機能しておらず、裁判制度やまっとうな警察もない。山に木はなく、禿山だらけ。これは焼畑農業朱子学に基づく墓場の建て方によるものだ。よって水害が多く、飢餓が蔓延。ソウルは上下水道なく、糞尿の匂いに鼻が曲がったと当時訪れた外国人が手記を残している。

それを韓国・北朝鮮では、日本人がやってきて我が国の山々を禿げ山にし、ハングルを奪い、文化財を奪い、朝鮮名を奪い、女を誘拐し売春婦にしたと国民に教える。子はやがて親となり、同じように子に伝える。さらに尾ひれをつけて。異を唱える者は口を封じられた。戦後の日本も同じ。「韓国にはいいこともした」と発言しただけで法務大臣が更迭された。まるでおとぎの国のようである。

植民地当時(1910〜1945年)に撮影された写真がある。論より証拠。百聞は一見に如かずである。

■ 朝鮮から日本に届けられた合邦希望の電報

1909年12月に「朝鮮問題同志連合社」という団体を通じて日本側に届けられた電報。清に勝ち、ロシアにも勝った日本と合邦することで生き残ろうとする当時の朝鮮半島の意志の集合。各階級、一般人民公平に集めたと記録にある。【『日本之朝鮮』有楽社1911年発行】

朝鮮総督府の建物

台湾では台湾総督府があったように、朝鮮半島の日本統治は総督府を通じて行われた。戦後しばらく国立博物館として使用されていたが、1993年に「悪しき歴史産物」として取り壊された。日本の国会議事堂より豪華な印象である。【『朝鮮事情』1940年発行】

京城(ソウル)駅

竣工は東京駅と同じ1925年、1894年から1945年にかけて日本は朝鮮半島全土に5000kmもの鉄道を網の目のように敷いた。ちなみにソウルと北京は鉄道で結ばれ、特急が往来していた。その意味では、今より平和な時代だったのだ。【『日本地理風俗大系・朝鮮地方』新光社1930年発行】

■ 特急『ひかり』と『のぞみ』

新幹線が登場するはるか昔に、ひかりとのぞみは豪華特急として、なんと朝鮮を走っていたのだ。満州鉄道のあじあ号と同様、内地の日本人も憧れる列車であった。乗客の80%は韓国・朝鮮人だったと記録にある。【『半島の近影』朝鮮総督府鉄道局1937年発行】

■ ハングルを教える小学校

「日本人はハングルを禁じた」などと言われるが、実際には李王朝朝鮮時代にハングルは「下級文字」として軽蔑され、一部の婦女子しか使われていなかったのを、日本人が「文化復興」としてハングルを再び普及させた。けれどもハングルだけでは語彙が足らないので漢字を併記した。【『生活状態調査』朝鮮総督府1921年調査】

■ 生徒の作品集

子どもたちは、好きな文字を使って習字をしていたようだ。少なくてもこれだけで「ハングル禁止」がでっち上げであることがわかる。【『漢洞公立普通学校創立30周年記念集』より】

京城帝国大学(現:医学博物館)

ただ奪うだけの植民地なら欧米諸国がそうしたように愚民化政策をとる。ところが日本は学校を何千も建て、大学まで創立していた。大阪帝国大学名古屋帝国大学よりも十数年早く、京城帝国大学は開校された。それにしても瀟洒な建物である。【『京城帝国大学一覧』1936年発行】

■ 漢江大鉄橋

1900年、京城と仁川に架けられた大鉄橋。当時東洋一の規模を誇ったといわれる。橋桁を中心に橋架部分が回転し、大きな船が通れるようになっていた。当時の人々は度肝を抜かれたが、いま見てもすごい。【『日本地理風俗大系・朝鮮地方』新光社1930年発行】

■ 植林のようす

「五千余萬円を投じ十五年がかりで鮮内の禿山を退治」という見出しで当時の新聞があるが、日本統治前は朝鮮半島の山々はほとんど木が生えていなかった。これは「火田民」という焼畑農家や朝鮮式の墓の伝統などの悪影響もある。それを総督府は全土に渡り「緑化運動」として、せっせと植林を遂行していった。そんな日本人の性質は、今なお瑞々しい日本列島を見れば納得である。【『平壌府』1932年朝鮮総督府発行】

■ 「創氏改名」手続きに殺到する民衆 

希望者には日本名を与えられるとし、受付をはじめたところ(期間:1940年2月11日〜8月10日)人々が殺到し、およそ80%の朝鮮人が日本名に変えた。当時の朝鮮人の4割は賤民と呼ばれる「苗字」のない人々。まずこの人達が苗字ほしさに日本名に変えた。加えて朝鮮名だと中国人から侮蔑されるため、日本人名を名乗リたがる人々もいた。ちなみに台湾でも同じ創氏改名を募集したところ、たった1.6%しか改名しなかったという。【『朝鮮事情』1941年朝鮮総督府より】

■ 近代農法の教育と実習

万年餓死者をだしていた朝鮮半島。日本は近代農法を教え耕地面積を増やした。おかげで1910年から30年かけて約2倍も増やし、一坪当たりの生産量も増えた。焼畑農家の「火田民」に燃やされてはと、彼らには農地を払い下げもした。おかげで総人口も同時期、1331万人から2470万人に増えたと記録にある。同じころ、朝鮮半島に住む内地人(日本人)は約3%の71万人。

■ 裁判ビフォー・アフター


上の写真が李王朝朝鮮時代の裁判(1910年)、被告は地面に座らされまるで日本の江戸時代以前の光景である。下は同じく1910年のものだが、日本からの裁判制度に則った裁判のようす。被告はちゃんとイスに座っている。近代国家に近代的な制度は欠かせない。日本はどれも手を抜かなかった。【『日本之朝鮮』1911年有楽社発行】

■ 豊かな生活

朝鮮ホテルのサンテラスのようす。人々もモダンで同時期の銀座かそれ以上だ。朝鮮で初めてアイスクリームが食べれる場所としても名を馳せた。ウエスティンホテルとして、いまもある。


近代国家にレクリエーション施設は欠かせない。海水浴場にキャンプ場、登山設備、そして写真の三防スキー場。統治時代にはさまざまな施設が作られ、人々はそこで休日を楽しんだ。【『半島の近影』朝鮮総督府1937年発行】

■ 電力インフラ、三宝ダム

統治時代は重化学工業が発展したが、そのためには電力が必要だ。写真は三宝ダム。70万キロワットを発電する当時、東洋一のダムだった。日本の黒部ダムはその半分の33万キロワット。発電機は戦後のどさくさにソ連が持ち帰ってしまったが、残りの発電機を使って、いまも北朝鮮の重要な電力インフラである。

日本政府がこれらを朝鮮半島に投じた予算はのべ14兆円。
ほとんどが当時の日本人の血税でまかなった。戦後、これらの施設、設備、インフラはすべて摂取された。半島から引き上げてきた日本人は、建てた家も個人資産もすべて取り上げられた。そのうえ石持て追われ、女子は陵辱を受け、殴り殺された男たちもいる。日本は韓国・北朝鮮と交戦していたわけではない。むしろ共に戦った。韓国人の日本軍将兵は佐官クラスもいたのだ。置き土産としてはとんでもなく豪華である。だが日本人は我慢した。戦争で負けたのがいけなかったのだと。韓国はこれらの借款を返還するどころか、さらに賠償金を1900億円(当時のレートで)要求し、やはり日本はこれを払う。ちなみにこの金額は当時の韓国の国家予算の実に2.3倍。いくらなんでも取り過ぎである。「これ以上賠償金を払わずとも良い」とゴリ押しされた日韓基本条約に則ったのだ。

いまでも韓国人たちは、世界中のメディアを使って、日本からは謝罪も賠償もないと抗議する。なにが真実でなにが虚構か、ぼくたちはいまいちど、リテラシーを持ってあたりたい。日本のマスコミや教科書もあてにならないからだ。爪に火をともすような生活を強いられながら、朝鮮半島の、満州の、台湾の近代化のために血と汗と税金を払ってきた先人たちの労苦を仇にしてはならないと、つくづく思う。「すべては戦争が悪い」と片付けるには、あまりに殺生である。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓
バレる嘘を嘘で隠す韓国

8 件のコメント

  • おはようございます、すごく読み応えがありました!!これを書くにあたり、大変な時間と労力が必要だったと思います。
    毎度のことですが、頭が下がります。
    毎日のように、尖閣問題や領空侵犯などのニュースが流れ、日本も軍事力を強化しなければいけないのではないかと思い始めている自分がいます。軍事力を強化すれば、それを使いたがる人も出てくることでしょう。戦争は双方を傷つけ、若い人の命を奪います。そんな簡単なこと、分かっているはずなのに、そんな考えが頭をよぎってしまうのはそれこそあちらの思う壺。腹が立つ時こそ冷静にならなくてはと思います。
    我慢には限界がありますが、今までとはちがう解決法があるはず。いつも、考える機会をくださるなおきんさんに、感謝します。私も、長文になってしまいました。今日をがんばれば3連休!寒いですが、風邪ひかないように。

  • 村上兵衛さんの「国破レテ」という本に、
    近現代史の本を読むと日本人は世界の中で特別残虐で、特別馬鹿だったように書かれている、そんなはずはない、
    というような言葉があって、それを思い出しました。
    日本の歴史の中では敗戦の名のもとに、あまりに多くの偉人が貶められていると感じます。
    安倍総理が、無知ゆえに失っている尊厳を取り戻してくれることにとても期待しています。
    ソースのある写真で見ると、真実味が違いますね。伝え方、という意味でも、とても勉強になります。いつもありがとうございます。

  •  なおきんさんに比べれば私はまだまだ勉強不足ですが、それでも、日中戦争前の韓国・台湾・満州に対して、日本が本気で、全力で「良い国」にしようとした事は感じていました。当時の朝鮮・台湾の人々も、少なくとも政府の扱いとしては朝鮮人では無く、半島の日本人・台湾島の日本人だったとも聞きます。
     残念ながら、一般庶民の「新日本人」に対する差別は根強かったようですが、それでも、戦後台湾にやってきた中国人のそれに比べれば遥かにマシだった、と、邱 永漢さんが読売新聞のインタビューで言っていました。
     過去の偉大な国々に比べれば見劣りしますが、少なくとも日露戦争〜第二次大戦まで、パクス・ジャポニカだったのではないかと。大英帝国、オスマン帝国やモンゴルの大帝国、イスラム帝国のように、民族に関わらず、国境が取り払われ、その域内で交易の発達で商工業が発展、それに触発させられ科学・芸術が発達する・・・そんな状態が起きかけていたのではないか、と。
     「大東亜共栄圏」なんざ、私にはひどいこじつけにしか見えませんが、それでも、今回のような話を聞くと、第二次大戦が悔やまれます。

    それにしても、盗人を国がかばうとは何事か!

  • とても勉強になりました。
    事実を知らないまま、知ろうともしないまま語り継がれることを鵜呑みにして思考したり行動したり、また語り継いでいく恐ろしさを感じました。
    国をあげての洗脳、マスコミも使っての洗脳と気付かせないそれに、国民はいとも簡単にひっかかりやすいものですね。

    戦争は、終わったあとも人々の心に歪みを生じさせますね。
    尾をひいて哀しみを残しもしますし。

    …中国と戦争にならないことを心から願っています。
    愛する人を戦争に行かせる哀しみ、愛する人を失う哀しみを体験する人々を増やすのは、もうやめなくては。
    恨みの根元と連鎖はこれだと思うから。

  • 歴史を学び、学んだことを教える立場になった時、教科書の端々に違和感を感じたり、疑問を感じたりすることが増えていました。その都度ネット等で調べたりするたびに、当時の日本が必死に欧米諸国と対等関係を構築し、アジアの開放を目指していたんだなぁと感じるようになり、結局は欧米優位を保ちたい国々から煙たがられてしまったのだろうなぁという僕なりの考えも出てきました。
    とはいえ自分の考えを押し付ける講義にしてはいけないので、基本はテキストに沿って行く中で、でもこんな考えもある、こんな背景もある、など講義の中に入れながら自虐史観にならないよう気をつけていました。
    今は別の仕事についていますが、その教え方は後輩に受け継がれているようです。
    たかが試験対策の講義とはいえ、教えることの難しさ、大切さを痛感していました。
    テキストに描かれていることが、必ずしも真実ではないということ。しっかりと意識していきたいものですね。

  • こんにちは、なおきんです。
    びっくりしました。なにがって「いいね」ボタン。なんと100以上も押されています。フェイスブックの利用者の方も多く来ていただいたようです。はじめまして。
    ——————————-
    さえぴーさん、いちばんゲットおめでとさまです!
    「日本が手を出さなければ戦争は起こらない」と、平和憲法を維持し、軍隊は保持せず専守防衛の自衛隊。海外派遣も丸腰で補給部隊とかの支援ばかり。ですが、次に戦争がおこるとすれば明らかに他国からの攻撃でしょう。いまの自衛隊では耐えられません。在日米軍は「日本国民を守る」義務などありません。ではどうすればいいか?ということですね。
    ——————————-
    いねむりさん、
    1885年から1945年まで、日本人は突然狂ったように軍国主義になり、人殺しが好きになりレイプが好きになったというひとたちがいました。もちろん左翼の人たちです。第一次安倍内閣の時、朝日新聞は社是で安倍政権を降ろすことを決めていたようです。それだけ安倍さんはまともだったということでぼくは解釈しています。いまは支持率が高すぎて、朝日も手が出ないようですが。
    ——————————-
    楽庵さん、
    いえいえとても勉強されていると思います。「新日本人」への差別はいくぶんあったようですね。とくに台湾人が朝鮮人を、中国人が朝鮮人をというふうに。当時日本軍の軍属だった香港人のおじいさんにインタビューしたところ、暴力を振るったり怖がられたのは朝鮮系日本人だったそうです。だから真性日本人が上司になると周囲からうらやましがられたとも。
    ——————————-
    はてなさん、
    マスコミは真実を伝えるということより、どう反応してもらいたいかを考えながら報道しているようです。世論誘導はそのための手段。だからまともに受けると、意のままです。情報には常に疑義を持ちながら接するのが、ちょうどいいのかもです。
    ——————————-
    mu_ne_2さん、
    人にものを教えるお仕事、尊いですね。生徒にはただ暗記をしてもらうのではなく、学び方を学ばせるというか、裁量を育てるという教え方ができるといいのかもしれません。それにしても新聞といい日教組といい、人にものを教える立場である組織が、こぞって日本のよい部分を教えないというのは、不自然ですよね。

  • ひさびさっにコメントします。自国で教えられた史実と、記録されてる事実が異なる事を、韓国人が知る機会ってあるもんなんでしょうか?もし知った場合、受け入れられんでしょうか?

  • こもさん、おひさしぶりです。
    史実を知る機会はあると思います。あの時代を記憶する老人たちもいます。正視しようとする学者や一般の人達もいます。ただ日本を擁護すると生活が危ぶまれるのが韓国という国。自力で独立できなかった民族は、虚構でも物語が必要なのだと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。