韓国に学ぶこと

「原爆は神の懲罰である」という論説で物議をかもした韓国大手新聞、中央日報。日本からの猛抗議を受け、「あれはキム・ジン論説委員個人の主張で、うちの公式見解じゃない」とつけ足し、本人からも陳謝されたようだ。

中央日報サムスン財閥のひとつ。
それゆえ韓国では「サムスンの機関紙」とも揶揄される。保守系で、日本の日本経済新聞と連携している(ちなみに朝日新聞東亜日報と連携)。サムスン電子をはじめとする韓国の大企業は輸出基幹産業、そんな韓国の貿易依存度は112%と世界でも群を抜いている(日本は29%)。そのように外需に頼る韓国経済にとって2012年末から続く円安ウォン高は、とっても悩ましい。原因を作ったアベノミクスが怨めしく、復活しつつある日本が妬ましい。妬みが高じて前述のような記事が載るのだろう。

そんな世論の後押しを受け、朴(パク)政権は周辺諸国に呼びかけ、日本を仲間はずれにしようと懸命だ。続けて非難できる材料を探すが、現在の日本に責める非は見つからない。だから100〜70年も前の歴史問題をことあるごとにひっぱりだしては、「おーい、また日本がひどいことをしてたぞー」と繰り返す。軍国主義が復活したと嘆いてみせる。世界はそんな韓国にうんざりするが、対日ではウマが合う中国とはお友達度がアップした。韓国はこれからますます中国に近づくのだろう。

だが韓国が日本をどんな卑しい言葉でののしろうと、世界から悪く思わせようとも、世界で売られる韓国製品の基幹部品は日本製である。韓国経済は輸出依存であり、韓国製品は日本依存なのだ。そのわりには外貨が足りない韓国。「足りなくなったら日本が外貨の保証をしてあげましょう」というのが日韓通貨スワップ協定だったはずだが、契約の延長を韓国のほうから断ってきた。貶めたい相手に援助してもらうのが恥ずかしくなったのかもしれない。

なぜ韓国製品の基幹部品は日本製なのか?

韓国の大卒新入社員の平均年齢は28歳(男子)と25歳(女子)。男性に限れば日本と5年も違う。理由のひとつは兵役で、これが2年。最も成長できる多感な時期を軍務につかねばならないのだ。なにより軍事活動を優先させることを軍国主義と呼ぶなら、韓国はりっぱな軍事国家である。日本の軍国主義復活ぶりを嘆いているヒマがあったら、自国をまずなんとかしろと思う。北朝鮮の脅威が理由というのもわかる。ならば中国・北朝鮮の脅威により、日本が武装せざるを得ない理由と同じ。だが日本国民に兵役の義務はない。韓国にはある。どっちが軍国主義国家だろうか?


ピカソ作『Masacre en Corea(朝鮮の虐殺) 1951年』あのピカソ朝鮮戦争で韓国人兵士が市民(妊婦?)を虐殺しているシーンを描いていました

話をもどす。
日本より割高な授業料を払いながら苦労して大学を卒業し、兵役を2年、さらに就職浪人を3年してからやっと就業。大卒の就職率はわずか50%台。これが韓国の典型的な就職戦線である。だのに、せっかく苦労して入社しても3年以内にやめてしまう新人は7割もいる。会社でのいじめも多く、いまも体罰が残る韓国。差別意識が強く、大卒社員などは肉体労働などの汚れ仕事を嫌う。汗や油にまみれるのは奴婢の仕事だと拒否する。こうした気質や風潮が、熟練工がなかなか育たない原因になっている。ましてや匠など望めない。これは李氏朝鮮両班(ヤンバン)の名残りで韓国の伝統でもある。さしずめ大卒資格者は科挙の及第者とでも思っているのだろう。


李氏朝鮮時代の科挙のようす

後に製品の多大な付加価値につながる高度な技術も、もとより日々コツコツとおこなわれる地道な作業があっての産物である。匠の技こそは、ある日天才的にひらめくものではなく、毎日飽きることなく繰り返され、気の遠くなるような細かい工程によって醸成されるのだ。試行錯誤が繰り返され、その集大成がようやくひとつのちいさな部品となる。日本ではトップ自ら汗をかくことを美徳とし、差別意識の強い韓国ではそれができない。手を汚す作業は奴婢のやることで大卒者ではないと。ちなみに韓国企業はどんな小さな会社でも社長室は別でスペースもたっぷりとる。

いまやソニーパナソニックを抜いたといわれる世界的ブランド、サムスン電子ですら基幹部品は日本などから調達している。理由は同じ性能を同じコストで自社開発できない。加えて、独自開発よりも、他者の技術を特許料を払って生産しているほうが多い。たまにごまかしそれがバレて、高い制裁金を払わされている。米国では制裁金払いのトップ企業10のうち、韓国企業が4社もある。サムスンのギャラクシー初期モデルなんて、iPhoneのモノマネでしかない。高度技術製品は日本などに追いつけないが、人件費と生産効率性、ウォン安、法人税の免除(国策)などで優位に立っているにすぎない。

相応に地味で手間のかかる研究開発や隠れた小さな部品より、見てくれの最終製品と広告宣伝に持てる力を注ぎ込む韓国製品は、いささか製品価値がうすっぺらい。加えて、売上の8割を海外市場でまかなう収益基盤も、ウォン高に影響を受けやすくもろい。

近くて遠い国、韓国。
一時「韓国に見習え」という論調が闊歩し、やがて言われなくなった。おそらく見習うべきことが言うほどなかったのだろう。そんな韓国にだって学ぶべきことはある。かの国を見れば、日本がわかるからだ。なにがあって、なにが無いのかが。なにが必要で、なにが必要でないのかが。相手をよく見るためにも、距離は少し空けておいたほうがいいのだけど。

__




6 件のコメント

  • ニューヨークでも日本を排斥しようとする一部の人たちが従軍慰安婦問題を看板に各地で活動しているようです。アメリカ育ちの日本のお子さんたちは韓国人のクラスメイトがふつうにいるのでどう対処すべきか困惑するとききました。筋違いの悪意ある行動はまったく賛同できませんねえ。

  • 競い合っている相手の上に行こうとする場合、二つのやり方があると思っています。
    一つ目は、頑張って自分の力を高めて相手の上に行く、二つ目は相手を貶めて相手の上に行く。
    相対的な位置はどちらも変わらないので、絶対的な自分の位置は変わらないのに優越感に浸れるといった現象が生まれる。
    はたして、世界の中で見た場合どちらがいいのかは明白だと思うのですが・・価値観の違いなんでしょうか?

  • ドイツに居ると、ドイツの戦後処理は迅速で「つけ入る隙がない」ほど単純で明快でした、周辺国に対して。あのフランスでさえ許すほどに。だから、「なんでここまでこじれてるの?」って、外から見てると不思議なほどです。我々の共通な上司が「脇が甘いから」のようなことをたまに言っていたような気がしますが、彼の言葉は意味深いですね、今思い返すと...

  • おっきな白鳥さん、一番ゲットおめでとさまです。コメントをありがとう!本国の政治的野心を受け、在米韓国・中国人のロビー活動がますます活発。彼らは在米日本人の16倍はいるから、米国議会議員も彼らの票が得られるなら、と誘いに乗りやすい。性奴隷などと、戦時中になかった呼称を使って「被害者のミカタづら」を演じたい政治家にとっては、さらに美味しいオファーです。悪循環が断ち切れませんね。
    ——————————-
    おととさん、
    そうですね。自分の実力でポイントが取れないなら、相手を貶めてポイントを奪い、有利に立つほうがラクですね。それを正当に評価してくれる世界にはまだ程遠く、ましてや正義の国を自負する米国にとって「弱い者」を気取る側に世論が傾き易いのもまた事実。はからずも冤罪を押し付けられ、身の潔白を証明しようともがけばもがくほど、泥沼からはいでれないいまの日本といえそうです。
    ——————————-
    昔の同僚さん、
    なぜこじれているのかは、こじらせていたほうが都合がいい国があるからです。フランスがドイツに折れたのは、共通の敵、ソ連の脅威。そのソ連の驚異が薄れた頃に、ユーロで利害を一致させました。性急だったのは否めませんけど。

  • 日本に来て大学校や就職をして10年住んでいる韓国人である私からみれば、この書いた著者のブログで韓国という国を見下ろす表現で怒りを覚えつつも、冷静に受け入れるべきの指摘もありました。(私個人的には)
    仲が良くなろうと頑張ってもなかなか持続するのが難しい、言葉通り、近くて遠く感じる日韓の関係を見ると、永遠に解けない問題だとも思いました。

    韓国は実に1950年代、GDP80ドルの戦後廃墟の国で始まったわけですので、日本より全般的に遅れているのは事実です。
    1960年代、日本が東京タワーやオリンピックを開催した当時、韓国で国民学校(小学校)の一クラス80人、お昼の弁当を持ってこれた人が首都であるソウルの中で2人程度だったので、
    短期間の急成長で、やむを得ず集中成長、後分配の政策でやっていける方法がベストだったと思います。

    そうだった国だから、早く早くという文化や、基礎の弱い経済成長、植民地支配を受けた影響で自国の文化を否定してしまったことなど(悪きのある例えではありません)。
    とにかく多くが、日本を愛する日本の人々からみて何か足りなく感じたり荒っぽく見えたりするのはないかと、今になって思って利しています。

    日本にはたくさん学ぶことがあると、韓国の若者も、年配の人々も思っています。
    ただ、日本政治のネット右翼から始め、極端な右翼勢力の妨害、韓国の反日の感情を利用して自分たちの政治果実を埋めようとするおろかな人々のせいで、日韓お互いの多くの人々はお互いを誤解したままいる気がします。

    とにかく、数年に一度書くかどうかする人のブログへのコメントを、他人のブログにいて長く書き込んでしまい、迷惑をかけましたが、
    とにかく、考えさせる内容を読ませていただきありがとうございます。
    良い週末をお過ごしください。:)
    東京から。

  • 友好希望者さん、初コメントありがとさまです!いささか怒りを覚えさせてしまったらごめんなさい。客観的に書いたつもりですが、韓国人の方からすれば見下されたような気分にさせたかもしれません。でも、お互い良いところを見て仲良くしていこうじゃないかというのが本音です。60年代のソウルのエピソード、成長過程の事情などとても参考になりました。数年に一度書くかどうかのブログコメントをここに残していただきとても光栄に思います。冷静に反韓や反日の状況を俯瞰されている姿勢にとても好感を持ちました。これからもご意見いただければうれしいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。