中国繁栄の陰り

マンションやら貸しビルをいくつもいくつも建て、商売に忙しい中国の地方政府のお役人。建設費用は国営銀行から借り、売った収益で利ざやを稼ぐ。いくらかが役人のポケットマネーに収まり、代わりに空っぽのマンションがいくつも残る。そうやって膨らんだ借金が200兆円ある。

中国政府は、本業に専念せよと地方政府役人にこれをやめさせた。ならばと不動産デベロッパー会社を親戚とかに作らせ、それを介して同じことをする。ようするに簿外債務である。農民の農地を帳簿でごまかし、高層マンションを建てることもある。どうりで暴動がおさまらないわけだ。これに融資が420兆円つく。

あわせて620兆円。
日本のバブル崩壊による不良債権ですら約100兆円である。すべてが不良債権とはいわないけれど、日本以上のいばらの道はまちがいない。

中国人の家計貯蓄率は、なんと約30%もある。世界一だ。ちなみに日本は約4%、思っているよりずっと低い。中国では年金や医療費など社会保障制度が未熟なため、それぞれ自己防衛するしかないという事情もある。だが銀行に預けても金利は2%、だのにインフレ率は3.5%。このままでは預金は目減りする。そこでまとまった資金のある人は、ハイリターンだがハイリスクな私募ファンド「理財商品」を買って将来に備えている。売っているのはシャドーバンキング。売った資金を集め、地方政府の不動産開発に投資する。ある意味巨大なねずみ講のようなものかもしれない。銀行が相手にしない低信用の企業や人でも借りられ、ときに過剰な投機を引き起こす。政府はシャドーバンキングを取り締り、国営銀行に取り込ませている。おかげで国営銀行なら安全だろうと、買い手がますます増えていく。

かつて香港にあった米ナスダック上場会社。ぼくはその持株会社から融資を受け、会社をひとつ任されていた。だがその持株会社は市場から集めた資金事業資産投資ではなく、不動産など金融商品ばかりにつぎ込んでいた。これが中国ビジネスだと説得され、納得いかないまま2001年ドットコムバブル崩壊を迎える。そして9.11同時多発テロと同じころ、持ち株会社は解散。住んでいたミッドレベルの部屋は銀行に差し押さえられ、ぼくは路頭に放り出される。しょうがないので会社は親なしのまま経営することにした。そんな経験を通じ、どうして中華系で経済規模のわりに産業資本が少ないのか、経験から垣間見た気がする。

世界第二位の経済大国、中国はまだ「先進国」と認められてない。公表している成長率にも失業率にも疑問がもたれ、おかげで世界中の取引は年々減っている。それでも気前よく投資していたのが日本企業だが、過剰な反日暴動でしたたか目を覚まされ、いまはASEAN諸国へとシフトしつつある。悪名高い中国民事訴訟法231条のせいで容易に逃げ出せないのだけど。
 
中国の外貨保有高は世界一で、3.4兆ドルもある。二位の日本が1兆ドルくらいだから3倍差をつけてのダントツだ。外貨の7割を米国債でもっている。ときに脅しにも使うが、実は尖閣諸島を軍事占拠できない足枷でもある。中国によってアメリカや同盟国(日本)が侵略的攻撃を受けた場合、アメリカは中国の米国債を無効化することができるのだ。外貨を失えば中国は外国取引が、つまり輸入ができなくなってしまう。

620兆円もの地方政府が抱える借金と、庶民の貯金を食いつぶす「理財商品」。問題の根幹には社会や人のことより「自分がどうなるか」ばかりを優先してきた中国人の民族性がある気がする。地方政府の役人たちはたっぷり私服を肥やしたあとは、さっさと中国を捨て国外へ高飛びするのがあがり。

そんな中国とどんな信頼関係が築けるのか、日本の選択肢はもうそれほどないのかもしれない。

3 件のコメント

  • 中国の外貨保有高と、中国が尖閣諸島を急襲占拠できない関係が納得できました。なるほどねー。それだけアメリカの国債を無効にされたら、立ち直れないもんね。中国の悪名高い民事訴訟法、どんなものなのか、ネットで調べてみよっと!!

  • なおきんさんこんにちは。
    今日の雨はすごかったです。で会社の倉庫に水が入ってきました。事務所はも危ないところでした。まあ、被害はありませんでしたので、良かったです。
    水は浸水しだすと、あっという間ですね。
    土嚢を積んだり、荷物や家財を運んだりと、している内に、あっという間に水が上がってきます。
    気が付けば、周りを水に囲まれて、逃げ遅れますね。
    避難のタイミングが難しいし、避難の途中も危険です。

     さて、今回の中国の話ですが、なおきんさんのおっしゃるとうりだと思います
    私が見てきたのは、中国のイカイ市という町でした。
    国が土地を売り出す。買う人には、銀行が融資をする。
    土地を購入した限りは期限内に建物を建てないといけないそうです。もしも、建てなければ買った土地は没収です。もちろんお金は帰ってきません。
    でも、その地域には、働くところは無く、学校や店も無いので、
    そのアパートを購入する人はいないそうです。
    なんで、買い手の付かないマンションを建てる人がいるにかも、不思議です。
    東京郊外のニュータウンが、100KM..車で2時間走っても続く感じです。たとえば、役人、銀行、ゼネコンが同じ人物だったら・・ありえることかもしれませんね。
    通訳の人に、なぜみんな黙っているのですか?と聞いてみると、自分には関係のない事ですから、という返事でした。
    それを聞いた時、この国は近い将来必ず破綻すると思いました。
    この国とは、あまり関わらないほうが良さそうです。
    表向き、一人ひとりは良い人たちですのに。

  • さっちゃん、一番ゲットおめでとさまです!民事訴訟法231条とはいわゆる「夜逃げ防止法」。中国に進出した韓国企業らが人件費が払えなくなり、文字通り夜逃げしたことから作られた法律。いまじゃとんだ足枷だね。雇用の保証なんて自国の国営企業ですらまともにやってないのに、外国企業だけに矯正するなんて。

    ニモさん、豪雨は大丈夫でしたか?さて、実際に中国のゴーストタウンぶりをご覧になっていたのですね。町は人の生活インフラがあってこそなのに、人の入れ物ばかりを建てて「将来儲かるから」と転売。自分さえよければそれでいいというわがままが破綻を招いた典型ですね。あのメンタリティの凄まじさは、日本のバブル崩壊がかわいく見えるほど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。