バレる嘘を嘘で隠す韓国

「日本は性奴隷をやった」
と世界にむけ発信する韓国。

いまの話ではない。
もう70年以上も昔に起こったことを「未だ謝罪しない日本」と、執拗に訴え続けている。米国の大都市に広告を載せたり、大看板を建てたりとなかなか派手である。それをみた高齢のご婦人が、唇をわななかせながら「日本人は許せない!」と叫んだというエピソードもある。


▲ 突如、ニューヨーク市タイムズスクエアに出現した「日本は性奴隷を謝罪しない」の広告。お決まりの「ドイツ人は謝ったのに」とも。

韓国ではこれらの広告予算を、来年は4倍以上増やすという。あいかわらずめんどくさい隣人である。そのようにして自国民のみならず、世界中の人々に反日感情をもよおさせたいのだろう。これをぼくは竹島領有の正当性に自信がないことの裏付けとみる。「性奴隷を強制した日本」などと不名誉な烙印で世論形成すれば、日本からの反論に聞く耳を持たないだろうという算段だ。だいいち「性奴隷の強制化」にしたって事実と反する。嘘がバレそうだから別の嘘で塗り固めるなんて、杜撰すぎるではないか。


▲ ヒューストン空港へむかう高速道路にも「慰安婦の声が聞こえるか?」という看板が

世界に良識があることを祈るほかないが、前述のご婦人のようなひとたちもいっぱいいる。人は大きな声に反射的に顔を向けるものだから。

悪いのはみな日本のせいだった。
ということにしたい韓国だが、性奴隷そのものは14世紀から19世紀まで続いた李氏朝鮮時代の産物。村で若い女性がさらわれ、売られ、強姦され、殺されることは日常茶飯事。「娘が躰を差出し両親を救った」というのが美談なのだ。しかも性奴隷は制度であり、世襲制であった。母親が売春婦なら生まれてくる娘も売春婦。というわけだ。戸籍にしっかり「妓(売春婦のこと)」と記録され、生涯変えられない。まさに奴隷ではないか。妓にはいくつか種類があったようだ。

  • 軍妓=軍に付属する売春婦
  • 辺妓=国境などの辺境に駐在する軍隊の為の売春婦
  • 女妓=支那使臣の接待専用の売春婦
  • 官妓=官吏専属の売春婦

従軍慰安婦はさしずめ「軍妓」。日本人がやったとされる、はるか昔から朝鮮半島にはそういう社会制度があったのだ。


李氏朝鮮時代のソウル。同じころの江戸と比べると?

その名残かDNAかどうかは知らないけれど、いまでも韓国の強姦発生件数は世界有数である。10万人あたりの発生件数は約40件。1件に満たない日本と比べ、なんと40倍である。発覚しない事件や、泣き寝入りケースがその10倍はあるものだ。つい最近も「7才の女の子が布団ごと連れ去られた」という事件があったばかりだ。

以前、シンガポールへ出張した時のこと。
そこで韓国人投資家や香港人起業家、現地の取引先らと一緒に高級クラブで飲んだことがある。自己主張が強く鼻持ちならない韓国の投資家。その男がついに「スーツにピーナッツの皮を落された」と激怒する。その女の子に土下座をさせようと頭を抑えつける彼を、何やってんだとあわてて止めた。なんとか事なきを得たが、場はしらけ、ほどなくお開きとなった。そのとき彼が半笑いで放った言葉が今も忘れられない。

「たかが飲み屋の女じゃないか 」

「たかが」はむしろ「ピーナッツの皮」のほうである。
このふるまいは、元来この男に備わる酒癖の悪さだと思っていた。だがそれだけだったのか?人間は環境に育てられもする。

かのベトナム戦争では、韓国兵も32万人参加した。勇敢だが、残虐なことでも知られる。とくに現地女性は震え上がった。韓国兵は戦闘のどさくさに強姦してくるからだ。結果、ライタイハンと呼ばれる混血児が3万人以上も生まれた。韓国はベトナムに謝罪した記録もない。韓国の歴史教科書には「アジアの自由を守る為にベトナムに参戦した」のみ書く。


ベトナム戦争時の韓国兵の蛮行を語るベトナム人女性

韓国が世界各地で行うであろう
反日キャンペーンに備えたい。

__




8 件のコメント

  • 非常に個人的なことを書かせていただきますと、
    過去20年の色々な彼らとの関わり合いの経験で、
    僕は、韓国の男の人たちに対して、希望や、
    期待を一切持たないようになりました。
    僕の人生に彼らはもはや存在しないと
    言っていいのかもしれません。
    日本で、イギリスで、シンガポールで、
    仕事を通し、あるいは生活を通して、
    いつも一人の人間として、彼らと関わりたいと
    精一杯の努力をしてきたつもりですが、
    いつもそれは虚しい思いと共におわりの刻印を
    相手から突きつけられる結果として終わりました。
    「いいか、お前ら日本人はな…」
    決まりきったかのように、くりかえし語りつけられる
    その言葉を聞く瞬間は、きまって、こちらが、
    「あー、この人となら人間として付き合えるかも」
    そうおもいかけた瞬間でした。
    だから、もう諦めました。
    そして、いつからか、彼らは自分の人生に
    存在しないと思うようになりました。
    これは良い、悪いと言った善悪の問題ではなく、
    僕自身のささやかな、同時に短い人生の一時をかけるに
    値しないと思うようにした結果です。
    言葉にすると、傲慢に聞こえることは百も承知してますが、
    こと彼らに関しては、それ以外の自分のあり方の選択肢が
    思い浮かばないといったことがあります。
    こうしたことを今までもコメントとして何時書こうとしたかわかりませんが、
    なぜか今日は今まで誰にも言ったことのなかった気持ちを書いてしまいました。

    良い人ぶってるだけの生き方なんか意味はないさ。

    ほとんど独り言になっていてすみません。

  • 嘘をついてまで自分を正当化したくて躍起になっている人ほど、声高にわめく傾向が強いものですね。

    韓国はこれからいよいよ躍起になって必至になるのですね。

    そんな中、冷静にたんたんとこういう記事をなおきんさんが書いてくださるのは、とても貴重でありがたいことです。

    ほんとうのことを識ると、人の意識って変わるから。
    静かで強い意志と意識を持てるから。

    デマに惑わされるか?
    正しいことを識れるか?

    どちらに触れて共鳴共感するのかは、その人の意識の根底で望んでるものによるのかもしれないけれど、この記事が、なおきんさんのブログが一人でも多くの人の目に触れて欲しい。
    今日はそんな思いがいっそう強まりました。

  • 巷の韓流ブームを、常に冷静に見ていました。

    私の深層には、正しい判断能力があったのかな、と又、少し自信を頂けました。

    記したい事がありすぎて、多くを書けない自分がもどかしい。。。。
    なおきんさんの記事が、もっともっと多くの方の目に留まる事を祈るばかりです。

  • 韓国の人々の気性・思考回路が、徹底した反日教育(稚拙な捏造ばかりですが)の成果なのか、国の成り立ちによるDNAレベルのものなのかはわかりませんが、彼らとは少なくともこの先100年は相容れないと思っています。
    もちろん今の政府に対して言いたい事は山ほどありますが、それとは別に考えても無理。理屈じゃなく、無理なものは無理。世の中にはそうとしか言えないこともあるってことを、お花畑層の日本人は知るべきです。
    蜜月はもう終わりました。
    アジア諸国での日本の立ち位置、真のパートナーになり得る国を今一度精査するべきです。

  • 以前、一緒に仕事をしていた人が、
    下請け会社の韓国人社長が来日しているというので、
    接待をしたときのことです。
    六本木のレストランで食事をし、バーでお酒を飲み、
    そろそろ解散しようと思っていたところ、
    その韓国人社長が歌舞伎町へ行きたいと言ったそうです。
    ホステスなら六本木の方が美人が多いぞ、と冗談を言うと、
    そうではなくて売春婦を呼びたいのだと。
    そしてそれは、韓国人女性がいいと。
    日本人に恨みがあるから、日本の女性もイヤなのかと思ったら、
    「韓国の女なら、避妊具を使わなくてもうるさくない」
    と笑っていったそうです。

    それから、わたしが数年前に恵比寿のホテルで友人と食事をしたとき、
    まだランチの時間だったのに、ベタベタと女性が男性の体にぶら下がるようにして
    歩いていたカップルを見ました。
    客層が悪くなったのかな・・・と
    思っていると、すぐに二人は大声で口論を始めました。
    聞こえてきたのは韓国語でした。
    男性は、女性が持っていたヴィトンのバッグを取り上げ、
    それで女性の頭を何度も殴りました。
    目の前で突然繰り広げられた暴力に、足が震えました。
    「女は殴るもんだ」
    十代の頃、バイト先の客で来ていた韓国人男性の言葉を思い出しました。
    本当なんだ、とショックでした。
    こうして、「かんこくじん」とキーを打っていると、
    なんだか怖いです。
    わたしの周りでも、真実をしらないまま、
    「日本は昔、中国人と韓国人にひどいことをした」
    と思ったまま亡くなっていった人たちがいます。
    若かったわたしは、恥ずかしいことに何が真実なのかも知りませんでした。

    これから、本当のことを世界に知らしめていく。
    とっも重要なことをきちんとできる人に政治をしてほしいです。

  • とにかく、時・場所選ばす、われ先に大声でがなりたてる=勝利。でも同じ徴兵制のある、かの国の人には、彼らも負けてるようですね。Wikiの大韓民国でも見てみましょう。彼らも異論がないから、削除もされてないのでしょう。

  • かの隣国に関して、私の感覚が胡散臭い国として認識しています。コメントしていらっしゃる皆様のような経験はないし、根拠はありません。
    ただ、日韓併合の本来の意味もどこかで読んでいますが、なにからなにまで日本が悪いわけではないと感じています。
    かの隣国の方たちはこのような歴史をどのように感じているのでしょうか?自国での教育だけだと仕方ないのかもしれないけど、留学している人たちはどうなんだろう・・って考えたとき、他国で日韓の歴史を教えることもないかと思い返しました。
    やはり、それぞれの歴史観を根拠をもって提示しあって、相互確認を行うしかないのではないのかな?

  • たいさん、一番ゲットおめでとさまです!
    貴重なエピソードをありがとうございます。とても共感を覚えました。たいへんでしたね。かつて伊藤博文は「朝鮮半島を相手にするな、まきこまれるから」と日韓併合を否定しました。先見の明があったのかもしれませんね。皮肉にも朝鮮テロリストに暗殺されて、日韓併合となりましたが。
    ——————————-
    はてなさん、
    相手の声の高さに合わせる必要はないですね。「激昂すると止まらない」人たちは、公言と私言では内容が180度替わったりもします。建前論すぎやしないかと。ぼくはそれにはかまわず、コツコツと事実と根拠を精査するだけです。次の韓国記事を執筆中です。期待くださいね。
    ——————————-
    ラム子さん、
    韓流ブームは娯楽としてなら罪はないですが、韓流歴史ドラマはNHK大河ドラマなどと違い、史実とまるっきり違う(むしろ逆)内容です。あれを鵜呑みにするとひどい目にあいます。気をつけましょうね。
    ——————————-
    oreoさん、
    言われるとおり隣国とは相容れないでしょうね。だから二カ国間ではなく第三国を交えて議論すべきです。その意味で国際司法裁判所への提訴はとても良い方法です。でも「関係が悪くなるから」と取り下げてしまいましたね民主党。外交センスがまるでないです。やれやれ、また韓国の大統領が就任するたびに「まずは謝罪」というセレモニーが繰り返されそうですね。
    ——————————-
    ユーリさん、
    そんなひどいことがあったのですね。男尊はともかく、朝鮮半島に深く根付く「女卑」の概念は覆いようがなさそうですね。「日帝36年」を恨み続ける半島の人たちですが、その間、飢餓が救われ人口が倍になったことは、伏せて隠そうとします。日本人も自分たちの功績を教科書に記しませんね。こんな不思議な関係はいつまで続くのでしょうか。
    ——————————-
    香港チークガールさん、
    ごぶさたしてます。まったく、ツッコミどころがありすぎですね、隣国。でも、かつてネットがなかった頃は、情報も限られていましたから、先生や政府の言うことが正しいと信じるほかなかった。それが解放され、自分たちで調べ、解釈が出来る世の中はありがたいですね。
    ——————————-
    おととさん、
    19世紀のあの時代、世界最貧国のひとつだった朝鮮半島が救われるには日本しかありませんでした。ロシアも狙ってましたが、まともな生存権など与えなかっただろうし、清は青息吐息。日韓併合は日本人の税金を、そこにはたいてインフラを起こし、戦後一切返還されませんでした。されないどころか「ひどいことをした」ですから、こんな皮肉もありません。歪んだ歴史は、正常に戻ろうとする力が自然に働きます。それを信じましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。