ホントはあった従軍慰安婦問題?

してもないし、証拠だってなかったのに「認めさえすればもう言わないと約束するから」とゴリ押しされ、認めてしまった日本軍による従軍慰安婦の強制連行。これを政府見解としてまとめ「従軍慰安婦の強制連行を認めた」と日本政府の見解を全世界に公言した。いわゆる河野談話、1993年のことである。

あの時「もう言わないから」と約束した韓国は、むしろ世界に大放言。河野談話は持論を正当化するために大いに活用している。国連に訴えて国連から日本にクレームを出させ、関係のないアメリカ本土に「従軍慰安婦像」など建て、次はオーストラリア、フランスを狙うなど、全世界に拡散させくりかえし日本の非道を訴えようとする。現地の日系人の子どもたちはこのことで、学校や近所でいじめや嫌がらせに遭っている。親御さんは悲痛を叫び、慰安婦像撤去の署名運動中だが、日本政府からはなんの援助もない。外国人ジャーナリストたちは「いくらなんでも政府が事実でないことを認めてまで自らを貶めないだろう」と、河野談話を信じ、いまさら「見直しを」などという日本政府にかえって不信感をもつ。だました韓国はひどいが、だまされた日本政府も悪い。ましてこれを世論誘導したり後押しをしたメディアの罪は重い。

だからといって従軍慰安婦問題が「なかった」わけではない。軍による強制連行は確かにあったのだ。ただし日本ではなく韓国で。ときは1950年、朝鮮戦争の時である。

女性は韓国軍情報機関員によって拉致された。あろうことか自国民女性を軍が誘拐し、性奴隷として働かせていたのである。慰安所は政策として韓国政府が運営。お客様に迷惑をかけてはと毎週、性病検査も実施した。そのことは『後方戦史(1956年編纂)』という韓国公文書にまとめられている。強制連行の事実もそこにある。

後方戦史には前半が「韓国従軍慰安婦」で、後半は「米国従軍慰安婦」という構成。朝鮮戦争が休戦になった1953年に韓国軍兵士向け慰安所はいったん閉鎖。するとこんどは駐留米軍の基地周辺に基地村を作り、ひきつづき政府公認で慰安所を運営した。「公認」なんて生やさしいものじゃない。彼女らは「特殊慰安隊」などと呼ばれ「もっと体を売って外貨を稼げ」と命じられていたのだった。さらっておいて、あんまりである。これじゃヤクザの元締めとかわらない、どころかもっとたちが悪い。政府主導では警察だってこれを取り締まれないからだ。

基地村はその後何年も続いた。
1971年にはいまのパククネ大統領のお父さん、朴正煕(元)大統領時代になるとさらに徹底。もっと外貨を稼げるよう客を増やした。売春クラブを観光協会に登録し、米軍兵士に加えて外国人旅行者相手にも彼女らに奉仕させた。それが愛国的なのだと。日本人はいいカモだった。当時「キーセン観光」などと男性むけ韓国パッケージツアーが流行ったのはそれからだった。ぼくは子どもだったが「キーセン」という言葉は大人たちからなんどか耳にしたものである。

そのあたりのようすは、米軍慰安婦として25年間(!)も働いていたキム・ヨンジャ氏による手記が『基地村の女たち』というタイトルで日本でも発売され、性奴隷たちの悲惨な実態が明かされている。日本軍による強制連行と従軍慰安婦の訴えが、捏造のわりにみょうに生々しいのは、実際にそのようなことが第二次大戦終了後も、長く韓国で行なわれていたからなのかもしれない。


▲ 基地村と米軍慰安婦

反日に異様な執念を見せるパククネ大統領。
日本に対しては「歴史を直視せよ」と常に上目線だ。大見得をきり日本を威勢よく非難してみせるが、ひるがえってみれば韓国独自の慰安婦問題を直視できない自分に対する自傷行為である。父親との因果もこれに拍車をかけた。父親は従軍慰安婦をやめさせるどころか、外国人観光客にまで手を広げた張本人だからだ。

当時の韓国は貧しかったから仕方なかった、というひともいる。貧しい国なら今もむかしも変わらずあるが、だからといって自国の女性をさらって外国人に体を貢がせ、外貨を稼ぐ国はそうもない。あっても北朝鮮くらいのものだ。だとすれば同じ朝鮮(韓)民族。李氏朝鮮時代もきっとこんなかんじだったのだろうか。

かの国の歴史は長く、根は深い。
善意が通じた、ためしもない。




5 件のコメント

  • 河野談話を作成するきっかけとなった韓国との会話は記録が残っていないのでしょうか?それを提示すれば韓国の卑劣さだけでも示せると思うのですが・・
    また、アメリカにある資料はアメリカ人が知らないのでしょうか?なぜ、グレンデールで像の建立が認められるのか・・この話題は腹立たしいだけです。
    韓国も民主主義国のはずなのに情報統制を受けているようで、老人が日本統治下時代はよかったと言っただけで殺害されてしまう国となってしまっています。
    北朝鮮とは終戦となっていないのに日本が仮想敵国となっている現状は、理解の範疇外となっています。

    坊主憎けりゃ云々、ではないですが最近見るのも聞くのも嫌になってる今日この頃です。
    (ごめんなさい、文章が支離滅裂になってしまいました)

  • おととさんの意見に同感です。
    本当にうんざりですよね。でもなんか気になって顛末を追いかけてしまうのですが。。。
    WikiLeaksとかに出たとしても覆らないんでしょうかね〜?

  • 恥ずかしながら、河野さんがなぜあんな談話を放ったのか
    いまひとつよく理解できずにいましたが、
    なおきんさんの記事を読んで、とてもよくわかりました。
    安倍さんが「見直し」をと動き出しそうだったのに、
    それもまたなし崩し的に萎んでしまいました。
    慰安婦像が建てられたアメリカの場所で活動しているという
    韓国人の大学生は、捏造された歴史を信じて、
    「慰安婦の方たちが気の毒でならない」と、真っ直ぐな眼差しを
    日本のカメラに向けていました。
    こんなふうに、学校で学ぶ歴史には、
    他にも捏造されたものが多くあるのではないか、
    死ぬまで真実を知らされることなく、
    いわれのない侮辱や差別に傷ついている人がいるのではないかと思うと、
    いたたまれなくなります。
    真実が決して良いことではなくても、
    やはりそれは大事なことだと思います。

  • おととさん、一番ゲットおめでとさまです!
    韓国との記録は密約に近いから残っていないだろうし、当時の日本政府も「さっさと談話を出して次に行きたい」という焦りもあっただろうから、たとえ証拠は見つからなくても、元慰安婦たちのあやしい証言を検証せずともよしとした。日韓友好のためだと。良く考えもせずその場限りの対処が、後でどんなことになるかという好事例になってしまいましたね。
    ―――――――――――――――
    はっちぽっちさん、初コメントありがとさまです!
    日本人は不愉快でもそれが真実ならあっさり認めて異を唱えない潔さが主流ですが、韓国人は不愉快な真実は捏造してしまえばいいという考えが主流。だから韓国の歴史は調べれば調べるほど、情けないほど誇れる歴史がない(極少数を除き)。過去ずっとそうだったのでしょう。たぶんこれからも。だからつきあうならそこをふまえて、ですね。
    ―――――――――――――――
    匿名性病検査さん、
    ありがとうございます。
    ―――――――――――――――
    ユーリさん、
    「日米韓の首脳会談を実現するために」という、ただそれだけの理由のためにようやく「検証して見直しを」に傾いていた政府をして「検証はするが見直しはしない」というおかしな発表になってしまいました。あげくあの会見内容です(安倍さん韓国語であいさつ→パクさん無視)。「都合の悪いことは隠すか捏造する」という国民的メンタリティは「整形大国」という別の側面にも表れています。困ったものですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。