伊達マスク

マスクをしている人が増えた、気がする。

風邪、予防、花粉、PM2.5・・・
マスクの理由ならいくらでもあるけれど、それにしても多い。SARSが吹き荒れていたころの香港を思い出す。それは極端だとしても、毎年こんなに多かったっけ?と思う。

2009年に新型インフルエンザが日本全土で流行ったころ、付近にいる人の半分以上がマスクをしていたことがあった。これを機に、職場などでも常備したかもしれない。マスクの売上額を見ても2000年くらいまではせいぜい70億円くらいだったのが、2009年は350億円まで上昇し、翌年150億円まで急降下した。そのまま下がって2000年あたりの水準まで戻っていくのかと思いきや、ふたたび上昇し、今にいたっているのが実状である(現在は250億円強)。

気のせいでなく、本当に増えているのだ。
大きな交差点に立ち信号待ちの人びとに目をやれば、必ずひとり、ふたりとマスクを付けている人が視界にはいる。意外と若い人も多い。物知りな人に聞けば「伊達マスクかもね」という。伊達マスク?

かつて、マスクといえばガーゼ綿にゴム紐のついたものだった。ハンカチのように洗って再利用するタイプである。それが「不織布タイプ」という使い捨てのマスクが市場に出回り始めたのは今世紀にはいったあたり。2003年のSARSのときに大きくシェアを伸ばした。フィットしやすく、総じて大きい。形も悪くない。いまじゃマスクの9割がこのタイプだそうだ。こうした使いやすいマスクへの進化もあいまって、別に病気じゃなくてもマスクをする習慣を助長したのかもしれない。菌の拡散を防ぐ目的のほかに「顔を隠す」という目的が加わった。

相手がマスクをしていると緊張する。
表情が下半分、隠れているからだ。面と向かえば言葉だけでなく、表情でも伝え合うのが会話。それが相手はぼくが100%見えるのに、ぼくからは半分しか見えない。これはハンディである。さらにもごもごと言葉がこもる。だから聞き返すことが多くなる。あまり聞き返すのも相手に悪いしと、いっそう注意を向ける。聞き漏らさないようにしなきゃ、と。緊張させられる。

逆からみれば、だからこそマスクをつけるのかもしれない。むしろ「そんなの常識じゃん」といわれてしまいそうである。黒サングラスが紫外線防止以外の目的で使われているように、マスクもまた衛生面の理由だけではない。マスクなんてうっとうしいから、つけないですむならつけたくない、と考えるぼくみたいな人間ばかりじゃないのだろう。

かつてはともかく、いまは会わなくても会話がなりたつ。出会いと別れをメールやメッセージだけですますカップルもいる。家族や友だち、仕事のやり取りもそう。「書き会話」は直接会話の代替手段と思うが、そうでない人も多いのだろう。感情表現を表情でやるとカドが立つ。めんどくさい。だったらリアルな会話も表情をマスクで隠しちゃえと。

現代人がストレスを感じる大きな要因は人間関係というデータもある。コミュニケーションのあり方に、何年人生やっていてもやっぱり悩まされるものだ。人と対面するのは楽しいが、苦痛もある。それを少しでも和らげるために人はマスクをつけるのかもしれない。

世の中の風潮として、打たれれば打たれても大丈夫なよう自ら鍛えるよりも、打たれないよう逃げまわったり、打つ側を一方的に責めたりするようになった。かつて日本には「相手にマスクは失礼」という暗黙の了解があった気がするのだけど(欧米ではいまもある)、いまはそんなことを指摘する側が「非人道的」と責められそうである。

マスクを通じ、すこし世の中がみえた気がした。

7 件のコメント

  • 私もマスクは苦手で、いつだって顔全面出してます。
    でも、マスク人多いですよねぇー。

    子どもたちには、帽子とマスクは失礼なので
    はずすように言って育てていますが
    その相手の大人がマスクしてますもんねぇ…
    時代でしょうか?

  • 口の動きが
    読みにくい時代になったのは
    秘密保護のため?

    ペルソナの下に隠されると
    なんとなくミステリアスに感じるけれど

    覆面レスラーの
    マスクがもはや顔の一部と化した
    域に達するには

    まだまだなのかもしれませんね。

  • ねねさん、一番ゲットおめでとさまです!
    いまの子どもで「人前でマスクは失礼」なんて思いも寄らないでしょうね。大人だってそうなのですから。SARSのころの香港では「マスクしていないと失礼、どころか禁止」でしたけど。まあ着けている不快感は、以前よりはましになったのでしょうけど。
    ——————————-
    ルチャさん、
    初コメントありがとさまです!>「秘密保護のため?」というのがみょうにウケました。ほんとこのごろは返信用はがきにもシールを貼ったり、自宅に来た手紙や納品書も「住所がバレルから」とシュレッダーにかける時勢。息が詰まりそうな気もしてきます。・・・だからマスクなのか!

  • 去年は数えるほどだったのに、この冬インフルエンザが職場で流行りまして予防にマスクしてたら、花粉症のシーズンになってしまった次第。野球帽に黒ジャケットなんで、夕方帰宅時、会社で何人かビビらせたのは私です(笑)。

  • なおきんさん、こんばんわ。
    おかげ様で花粉症は未だ発症していないので、
    風邪をひいた時にマスクをするだけです。
    花粉症の方は、マスクをする事で、だいぶ症状が違うそうですね。
    以前、風邪をひいて、マスクをした時に
    お化粧をしなくて良いので、大変楽でした。
    なので、このままマスク人になろうと思い、やってましたが
    しばらくして、マスクおかげで、マスクの下は無表情なことに気づき、あぜんとしました
    口はへの字にまがって、目もうつろな感じで・・
    これでは、おそろしい顔のおばあさんになってしまいます。
    なので、すぐにマスクはやめました。
    なるべくマスクは外して、笑いましょう、と思いました。

  • そんなにも実際、増えてたんですね。
    たしかにマスクしてる人が増えたなぁと感じていましたが、気のせいではなかったんですね。

    20代の女性だとファッション感覚でつけてる感じがしますものね。
    そこまでおしゃれしてるのに最後にマスクで台無しでは?と私は思ってしまうのですが。
    マスクをすると息苦しくて熱くなるので、私はよほど風邪がひどい時以外はしていません。

    なんとなぁく気になってることをここで取り上げてもらつことが多くて、納得!って感じになれます。
    他にも、ニュースや世間で話題に登ってることがあると、イラ写でとりあげてくれるかなぁ♪
    とか、ここがわからないけどなおきんさんの説明読めばきっと私にもわかるようになる♪と思うようになりました♪

  • ニモさん、
    コメントを読んでいて、ある演出家の方が「体の部位は人に見られてこそ洗練されていく」と言っていたのを思い出しました。マスクで顔半分隠していると、表情筋にサボリぐせがついちゃうかもしれませんね。「マスクは外して笑いましょう」いいですね!マスクを付けなくていいよう健康管理をやって行くということも含め。
    ―――――――――――――――
    はてなさん、
    マスクの出荷数の伸びを見れば、気のせいではなさそうですね。さて、取り上げたいニュースや話題はたくさんあるんだけど、このごろなにしろ記事にするところまでのパワー不足を実感してます。なんて弱音吐いてる場じゃないですね。がんばりますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。