意味深い「君が代」

なぜか「君が代」を嫌う人がいる。

ぼくもそうだった。まず辛気臭いというのがその理由で、「君が代の”君”とは天皇のことであり、それを崇拝するなどとんでもない!」と教えられた記憶もある。卒業式や入学式で国旗を揚げるとか揚げないとか、国歌を歌うとか歌わないとか、日本ではそれ自体が問題になる。新聞を読んでいれば自然と「国旗や国歌が軍国主義につながるのだ」と思うようになる。小学校のころはひんぱんに斉唱した記憶があるが、学年が上がるたびに機会が減った。強制もなかったし、必要とも思わなかった。

国歌に対しそんな不遜なイメージが反転したのは、国外に住むようになったのがきっかけ。ぼくは20代のほとんどと30代のすべてを海外で暮らしていたが、いつしか日の丸を目にしたり、君が代を耳にするたびに、なんとも言えない頼もしさをおぼえるようになった。清廉さと慈悲深さが感じられ、誇りすらわく思いがした。アイデンティティを強く意識したかもしれない。そのように周囲が自分と違うという環境に身をおいて、はじめて気づくこともある。ぼくの場合、国歌もそのひとつだ。

神話で日本を産んだとされる「いざなきのみこと」と「いざなみのみこと」という男女の神様。イザナキは男神イザナミが女神。つまり「キ」は男をさし「ミ」は女性をさす。そういえばぼくの本名は「なおき」で妹は「なおみ」オカンは「きみこ」。こんなふうに現代の日本人の命名にも影響している。神話によれば天皇家直系の祖先は「天照大神(あまてらすおおかみ)」であり、その天照大神や日本を産んだのがこの二神とある。「君が代」の”きみ”が意味するところは、天皇も表すが、同時にこの国の男女を表わしてもいる。つまり「君が代は 千代に八千代に・・」とは「あなたと私は、未来永劫に・・」という意味にもとれる。少なくてもこの歌詞に軍国主義を思わせるものはない。


▲ 日本には「君が代」に反対するいろんな市民団体がある

君が代」が登場するのは古今和歌集、じつに1100年も前の西暦905年に編纂された。古今和歌集はそもそも万葉集で選ばれなかった古い時代のものも混じるから、じっさい歌が書かれたのはさらに昔だったかもしれない。作者は不詳である。1100年以上もの間人々に歌い継がれ、鎌倉幕府のころは静御前がこれを歌いながら舞ったという。江戸時代は祝いの歌として愛され、明治に入って国歌に採用された。1903年ドイツで開催された「世界国家コンクール」では「君が代」が一等を受賞した。

1000年以上も前に作られた歌が、いかなる時代においても人びとに愛され続け、いまもこうして国歌に継承されている。すごいことだと思う。

戦後まもなくGHQの命令で、君が代が斉唱禁止となり日の丸が掲揚禁止となった。いまに続く「軍国主義の象徴」という疑いも、このときすり込まれたのだろう。だが世界のどんな国歌と比べてみても「君が代」は平和で穏やかな内容の歌詞にちがいない。

日本

君が代
千代に八千代に
さざれ石の
巌(いわお)となりて
苔(こけ)のむすまで

これに比べ、各国の国歌歌詞はどんなだろう?

フランス

圧制に抗する我らのもとに 
血まみれの旗ひるがえり
聞け、戦場にあふれるおびえた敵兵の叫びを
子供たちや妻の喉を掻ききろうとしている
市民たちよ
武器をとれ!

アメリカ合衆国

危険きわまりない戦闘の最中にも
我らが死守する砦の上
星条旗は雄雄しくひるがえっていただろうか?
赤き閃光を引く砲弾の降りそそぐ夜を徹して
おお我らの星条旗
ゆるぐことなく
いまだ、そこにはためいていた

中華人民共和国

奴隷となりたくない人々よ!
我らの血と肉をもって築こう
我らの新しき長城を
中華民族
最大の危機に際し
ひとりひとりが最後の鬨(とき)の声をあげるときだ
起て! 起て! 起て!
我ら万人心を一つにして
敵の砲火をついて前進しよう!

ポルトガル

武器を取れ!
武器を取れ!
大地に大海に!
祖国のために戦わん!
大砲に向かって進め、進め!

どれも「軍歌かよ!」みたいな歌詞である。
子どもたちに斉唱させて大丈夫か?と心配にすらなる。そんな国歌をさておいて「君が代だけが軍国主義を象徴している」などと言われても、なんだかピント外れな気がする。「歌詞こそおとなしいが、天皇を崇拝している部分が問題なのだ」という人もいる。やれやれ、ああ言えばこう言う。

イギリス

神よ我らが慈悲深き 女王陛下を守りたまえ
我等が高貴なる女王陛下の永らえんことを
神よ我らが女王陛下を守りたまえ
勝利・幸福そして栄光を捧げよ
御代の永らえんことを
神よ我らが女王陛下を守りたまえ

もはや国歌というより「女王賛歌」である。だけどイギリスに「我が国の国歌は女王ばっかり崇拝していてけしからん!だから私は斉唱しない!」とはならない。いたとしても、むしろ異端である。日本では教育者が率先してそんな異端者になっている事自体、世界でもめずらしい。ていうか、おかしい。

ともかく平安時代から歌われている「君が代」は、世界最古の国歌。マッカーサーが国歌斉唱を禁じたのも、それを妬んだのかもしれない。




5 件のコメント

  • 最近になって教科書教育の洗脳が解けた者です。国歌、君が代、音楽の教科書の一番後ろに載っていました。いつ習うんだろうと思っていましたがとうとう習わずに社会人になりました。国歌を歌う機会なんて滅多にありませんが、何かで斉唱の機会があったとき歌詞も旋律もうろ覚えでほとんど歌えず、なぜ学校はきちんと教えてくれなかったの?と思ったことを覚えています。スポーツ選手が国歌斉唱の時にきちんと歌わないのは、よく知らないから歌えないのもあるんだと思います。残念ですが。
    わたしも以前は君が代が中途半端な曲に思えて他国の国歌に比べ覇気がないように感じていましたが他国の歌詞を知るにつけ、いかに日本の国歌が品があり、愛情に溢れているかと思うようになりました。それにキミには男女の意味があったんですね!そういえば君が代の「君」は必ずしも天皇のことではないと先生から聞いたような気がします。歌詞がもともと和歌だというなら意味はいかように取れますね。
    歌詞、曲ともに本当に良い国歌だと思う今日この頃です。

  • 大阪府民の私も小中高と一度も音楽の時間に教科書に載っていた「君が代」を歌ったことがありませんでした。
    その代わりに「平壌は心のふるさと」を百回以上歌わされました。
    ”モランボンのふもと〜♪”って、平壌ってどこだか知らないままに。
    なんで北朝鮮の歌を全力で歌わされたのか^^;

    4年位前に知り合いの音楽教師がイスラエルから日本に来ている知人が里帰りする際に「君が代」の歌詞に読み仮名(発音記号?)をつけて向こうのラビ(聖職者)に託したのですが、当初15分の面会予定が2時間にも延長になったとかで、いろいろと解説されたそうです。
    ただ、肝心の中身については、その知人が「信じられない!」と詳細を話してくれないそうです。
    概要でも「失われた十部族の内の部族の話(詩)」位しか教えてくれなかったそうです。
    これが日本の国歌だと伝えるとラビさんは信じられないと驚いていたそうです。

    詳細を聞き出すようにお願いしたのですが、私の知り合いの音楽教師は「向こうの宗教界に衝撃が走ったみたいだからそれでいい」って終了宣言。

    ネットで拾ったらこんなのもありますね。
    ”君が代”の発音のへブル語の意訳

    「立ち上がって 神を称えよ
      神に選ばれし シオンの民よ
      残りの民として 喜べ
      人類に救いが訪れ 
      神の預言が成就した
      全地あまねく 宣べ伝えよ」

    3.11のとき福島にイスラエルが病院を立ち上げてくれたのも日本を気にしてくれているんだなと思ってニュースをみてました。

  • 君が代、響きも歌詞も好きです。
    日の丸も、シンプルで美しいなあと思います。

    例え君が代が天皇賛美だとして、それがなぜいけないのか、戦争体験をしていない世代の自分としてはわかりません。
    自戒すべきはそこじゃないのでは?と。
    国家の象徴を敬うことと、戦争を結び付けるには随分間にいろんな要素が入るはずで、
    むしろその歴史をこそ学び、
    当時の日本の外交にはどんな選択肢があったのかを真摯に考え、
    そこで一国民として自分なら何ができるのか、
    考え続けることこそが、唯一後世の人間ができることだと常々思っています。

    当時の日本の立場も政治も戦局も勉強不足で、国歌だの国旗だのにケチを付けるというのは思考停止の怠慢だなぁと。

  • 反響の大きそうな話題ですね。

     僕は小学校1,2年のころに、先生が黒板に歌詞を書いて、意味を教わったことをよく覚えているな。
     ただ、卒業式のときには「君が代」も「仰げば尊し」も歌いませんでした・・。

     子供心にもそれは少し引っかかるものがあり、中学(私立)の入学式では当たり前のように歌われていたことを、親に話したような記憶があります。

     国歌として法制化されたころだと記憶してますが、指揮者の故朝比奈隆氏がインタビューに答えて、「(歌詞、内容が)いいも悪いもない、国歌とは昔っからそういうもので、好き嫌いをいうものじゃない。歌詞云々をいうなら、外国の国歌を見てごらんなさい・・」といって、なおきんさんの紹介してくれたような各国の国歌の話をされていました。
    たしかに、アメリカやフランスの国歌なんかも、意味を吟味してたら歌いにくそうですよね。

     今の教育現場がどうなのか、わかりませんけど、あまり子供たちを混乱させるようなことはしてほしくないと思います。あまり自分を貶めると、他国の国歌への敬意も培われなくなるのではないかと、心配です。

  • あけみさん、一番ゲットおめでとさまです!
    一度も国歌斉唱の機会がなかったときいて、あらためてショックです。少なくてもぼくたちのころは中学校までは「国旗掲揚+国歌斉唱」はありましたから。入学式、卒業式はもちろん、運動会の時も。国旗がするすると上がっていくのをみながら君が代を歌い、鳴り止むと同時にピタリと日の丸も上がり切る。タイミングがずれるとちょっとカッコ悪い感じでした。数カ月単位で流行り廃りが出てくるのに、まして1100年間愛され、歌われ続けている国歌をもっている日本はすごいと単純に思います。たかだか70年前の言いがかりなんて、ちっぽけなものですね。
    ―――――――――――――――
    ムインさん、
    どこかで聞いたことはありますが、まさか「平常は心のふるさと」なる歌を100回以上歌わされていたとは!その間「君が代」を歌ったこともない事実を、いったい世界のだれが信じることでしょう。日教組、恐るべし!ですね。君が代の発音がヘブライ語ではそうなるんですね!なかなか凄いエピソードですね。教えてくれてありがとうございました。日本人とユダヤ人・・・諸説ありますね。
    ―――――――――――――――
    いねむりさん、
    現存する中で世界でもっとも古い系統をもつ天皇家。そして世界でもっとも古い国歌をもつ日本。古いから良いというわけじゃないけど、なぜこんなにも長く国民から慕われ敬意を抱かれ続けているのか? >「国家の象徴を敬うことと、戦争を結び付けるには随分間にいろんな要素が入るはず」<ほんとそのとおりだと思います。なにかこう、結果ありきの批判になっていそうですね。一部、中韓同様に「アジアの人びとの心が傷つく」なんていいかたをしますが、これがもう、ほんとにわけがわかりません。
    ―――――――――――――――
    うさぎくんさんへ、
    国歌とはもともと国威発揚するために歌われるから、どの国も軍歌みたいな歌詞が多いのかもしれません。かといって「今の時代に合わないから」とコロコロ変えたりしませんね。戦後まもなく国歌を新たにつくろうという案もあったようですが、君が代を越えることはできなかったのでしょう。大人たちも反対してばかりせず、是非今回イラ写でとりあげたようなエピソードを添え、子供たちに国歌を教えてほしいなあと切に願うところです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。