ATMの隙間にスキマーあり

f:id:naokin_tokyo:20140702214657j:plain
ある日ATMで現金をおろし、
残高を見てあれ?と思う。
思ったより少ない・・・
さっそくスマホで銀行にアクセスし口座の明細を確認する。奇妙な履歴がみつかった。知らない間に現金がおろされている。どうやら海外からのようだ。昨日と今日、計10回。それぞれ数千円から数万円の引き出しがあり、ひとつひとつに「カイガイテスウリョウ 108円」という1行が足されている。あわせて18万円ちょっと。イタイ金額である。
f:id:naokin_tokyo:20140702211926j:plain

▲ 問題の通帳明細の一部。正規には「海外支払い1」部分に現地通貨の金額が表示されるものだが・・

深呼吸をひとつ。
銀行に電話をかけ、まずカードをとめた。
明細によれば昨日6回、今日は4回おろされた。とめなければ間違いなく空っぽになるまでおろされたのだろう。いったいだれが?どこから?どんな手を使って? 電話口の銀行の担当者はちょっと困った様子だった。まずは警察に被害届を出してから連絡もらえますか、と申し訳なさそうにいう。ぼくは言われたとおり最寄りの交番へ出向いた。
「キャッシュカードを盗まれたわけじゃないと?」
若い警察官はあきれていう。ぼくはカードを財布から出してみせ、それから印刷しておいたオンライン通帳をみせた。ほらここからここまでが引き出された金額の部分です、と。若い警察官は引き出し額より残高のほうに興味があるようだった。「僕だったら1度に全額おろすけどね」と吐き捨てるように言う。なるほど。でもそれを被害者に向かって言うべきではない。パトロールから帰ってきたばかりの婦人警官が見かねて本署に問い合わせ、「銀行でもう少し詳しい情報をもらって下さい」と役人の声でいう。「それからあなたの自宅の管轄はここじゃないので、お住まいの管轄警察署でお願いします」とも。
ふたたびぼくは銀行に電話をかけ、警察でのやりとりを伝える。そうですか・・と担当の女性はしばらくなにかひとりごとのようなことをいい、あらためて折り返しますと電話を切った。
それから2日間が過ぎた。
念のため口座をチェックしたが、あれ以来とくにおかしなようすはない。3日目に銀行の担当女性から電話があった。連絡が遅くなったことを詫び、引き出し元はウクライナにあるATMのようです、と教えてくれた。「ウクライナ!?」ぼくは少しだけおどろく。その反応に、担当者は「なにか心当たりでもございますか?」ときいてきた。
ウクライナにぼくが行ったのは去年の7月。1年近くも前のことである。不正をやるならその時できたはずなのに、なぜ一年近くもあとだったのか?犯人にもいろいろ事情があったのだろう。ウクライナの都市は例の暴動でそれどころじゃなかったのかもしれない。
数日後、銀行から不正引き出し部分が抽出された明細が届いた。場所はキエフにあるATM。犯人は5回もATMの場所を変え、2回ずつ同額の現金をおろしていた。犯行は6月11日と12日、時刻はどちらも17〜19時の間・・・
f:id:naokin_tokyo:20140702212244j:plain

▲ おそらく偽造カードを使ってウクライナで引き出された部分の明細

おそらく犯人はぼくのキャッシュカードをスキミングをしたのだろう。ATMのカード挿入口にカードリーダーを装着しておき、カード情報を読み取った。またはカメラをしかけ、カード番号と入力する暗証番号を撮影したかもしれない。いずれもそれをもとに偽造カードを作り、ATMから現金を引き出したのだ。カード識別番号と暗証番号、これがあればATMはハズレなしのスロットマシーンに変わるのだ。
ふたたび警察署へ足を運ぶ。
こんどは「管轄外です」といわれないよう、自宅そばの警察署に行くことにした。対応してくれた警官は素朴なおじさん。どうして盗まれてもないキャッシュカードを使い、ウクライナというよくわからない国からお金がおろされたのか、うまく飲めこめないようすだった。ぼくは警官にウクライナの位置さえ教え、換算レートの仕組みにまで触れて説明した。あとから別の警官がやってきて同じ質問をするので、同じことをまた説明した。スキミングの疑いがあると説明し、ネットで見たやり口など事例を上げて話した。警官はうなずき、大学ノートにメモしている。まるでローマでイタリア人の警官に説明している気がした。そういえば昔、そんな経験もした。「被害届を出したいんです」ぼくがそういうと、あとから来た警官は「あのねえ、被害者は銀行かもしれないんですよ」といった。
そこで話が見えた。
疑われていたのは、ぼくのほうだったのだ。
押しやっていた疲れが、どっとでた。
翌日、銀行の支店に呼び出され、言われたとおりパスポートをもって足を運ぶ。現金が引き出されていた2日間、国内に居たことを証明するためだ。担当者はパスポートの全ページをコピーし、しばらく当行で保管しますと告げた。ぼくは認め、個人情報預かり承諾の誓約書にサインした。被害者は自分なのに、気分はまるで加害者のそれであった。
f:id:naokin_tokyo:20140702212150j:plain

▲ 歴々のパスポート。証拠としてコピーされたのはもちろん最新の一冊だけ。

こうしたキャッシュカードによる被害は、銀行が被害額を補償してくれなければ泣き寝入りである。クレジットカードにはあるていど保険がかけられているが、キャッシュカードにはそれがない。銀行は「補償できるかどうかは保証できません」というダジャレめいた説明をしてくれた。どうにも笑えない。
ぼくは、海外でもキャッシュカードを使って現地のATMから現金をおろす。現金で両替するより為替レートがいいからだ。クレジットカードと違い、すぐに決済されるので、現金出納帳がわりになる。便利だ。だが便利はいつも、不便の犠牲のうえにある。
  1. 磁気カードなら、ICカードに変える
  2. 暗証番号はひんぱんに変える
  3. 暗証番号に想定されやすい数字をつかわない
  4. 残高確認はひんぱんに行なう(通知メールを活用)
  5. 預金専用口座のキャッシュカードは作らない
以上は被害の可能性や程度を減らし、たとえ被害にあっても銀行の補償が得られやすい。オンラインバンキングなどのパスワードには慎重になっても、あんがいキャッシュカードは死角だったかもしれない。古いキャッシュカードにはIC機能が付いてない。鍵のない部屋で過ごしていたようなもんである。しかもスキミング技術はここのところものすごく進化していて、ICカードや生体認証カードであってももはや安心出来ないレベルにある。
あれから警察からも銀行からも連絡はない。
盗られたお金は戻ればラッキーである。途中で気づかなければ、残高すべて盗られた可能性もあったから、すでにラッキーなのかもしれないけれど。
あなたもどうか、ぼくのような被害に遭わないよう気をつけてください。自分は海外には行かないから、と安心しては危険。インターナショナルカードを日本でスキミングされ、カンボジアのATMでおろされたというケースもあるようです。もしかしたらぼくのケースも国内でスキミングされ、たまたまウクライナでおろされたのかもしれない。
なおきん
結果的には、盗まれた金額は全額補償され、戻ってきました。外部による犯罪が認められ、口座保有者(ぼくのこと)に瑕疵がないと判断されたのだろうと思います。今回の事件があったからかどうかはわからないけれど、この銀行は以後、「キャッシュカードでの海外ATMが使用できなくなります」とアナウンスがありました。VISAデビットカードで代用してくださいと。セキュリティにはくれぐれも留意しましょうね。

20 件のコメント

  • 気が付いて良かったですね。
    ある意味 ラッキーだと思いますよ。
    私も 暫く確認したこともない通帳があります。 早速 明日記帳してみます。
    スキミングはよく聞くお話しですが
    処理が何かと面倒なものなのですね。
    損害保険には入ってないのですか?
    盗難に対応してくれる筈ですが?

  • なおきんさん、びっくりでしたね。
    銀行と警察をたらいまわしにされてしまうシステムが、面倒すぎて疲れちゃいますよね。
    私なら、パニックになってうまく手続きできなくなってしまいそうです。
    たいへんだったと思いますが、もっとたくさん引き出されてしまう前にストップかけることごできたことは良かったですね。
    それにしても腹立たしいです。
    その半人は海外だから捕まえられないのでしょうか。
    ご自分の体験から得られたことをここでみんなに伝えてくださり、ありがとうございます。
    これって、誰にでも起こりうることなんですよね。
    私も早速、自分のキャッシュカードがICカードになってるか、銀行で確認してくることにします。
    他の注意事項も取り入れてみます。

  • ブログが再開されていて本当に嬉しかったです。
    閉鎖された時はショックでしたが、きっと再開して下さると信じていました。
    これからも 楽しみにしています。
    そして、今日の記事もショックな内容。
    そういう被害に、つい、自分だけは無縁と思っていましたがそうではないようですね。
    勉強になりました。

  • こんにちは、初めて書き込みします。
    スキャミング流行っていますよね。
    現在アメリカに住んでいるのですが、小額で気づかれないようなら少しずつ値段を上げて…
    ってな感じであちこちで多発しています。
    もちろん、我家も例外ではありませんでした。
    私たちは田舎に住んでいるにもかかわらずニューヨークでのATMからの引き出しが一日に立て続けに5件。最初は5ドルに始まり最後は700ドルでした。
    不振な動きがある場合は銀行から連絡が来るようになっており、(もちろん高額になってから)すぐに取引をキャンセルしてもらったのですが…一体どこで???
    と疑問が残ります。
    ニュースでの映像によると小さなiPad miniくらいのサイズをポンと軽くバッグやポケットなどに当てるだけで読み取れるそうです…。
    混んだ場所へ行きたくなくなるような話ですよね…。
    日本の銀行でも連絡サービスが早くできると良いですよね。
    もしくは、素晴らしく賢いカードをどこかの企業が開発して下さるのを期待したいですよね。

  • なおきんさん、こんにちは!すっかりご無沙汰してしまいました。6年ぶりくらいかもしれません。中国系の食事会で何度かご一緒させていただきました、古玉といいます。Facebookの知り合いかも?で挙がってきて、ウォールからブログに来ました。お元気そうで…と言いたいところですがスキミング被害!ビックリです。何らか警察と銀行で対処されることを願います。また遊びにきますね。

  • なおきんさん、こんにちは。
    リニューアルおめでとうございます。
    きっとまたオープンしてくださると思ってました。
    この世界(笑)でないとお会いできない希少な方ですから、とても嬉しいです。
    口座からの不正な引き落とし、こわいですよね。
    最近私もスキミング用の薄いカードもお財布に入れる等して対策を取り始めました。

  • 再びお邪魔します♪ネットバンキングの被害かと思ったらちょっと違ったのですね。最近は銀行のHPに似せた画面にログインするだけで情報を取られて勝手に預金が引き出されるという被害が多いという記事を他で見ました。pwは複雑な物に変えましたが、ワンタイムパスワードでも被害に遭うと聞いてどうすればお金を守れるのかなぁと不安になりますね。
    カードのスキミングも怖いですよね。日本ではカード処理をお客の目から見えないところでするお店はだいぶ減りましたが海外は怖いですね。
    残高をメールで通知してくれるシステムは知りませんでした。良いシステムですね、色々教えていただきありがとうございます。

  • 私、最近はポーランドへしか行ってないのですが、よくATMでキャッシングします。最近は、バルト海沿岸の小さな町のホテルなどにも持参のカードで現地通貨が出てくるので、ポーランドも変わったものだ、と毎回便利に使ってました。でも、もう、それも怖くなりました。めんどくさがらないで、ちゃんと自分のカードや銀行口座をケアしていかないと、大変なことになりますね!いろいろ教えてくれてありがとう!!

  • miekoさん、一番ゲットおめでとさまです!
    まさか自分に起こるとは、おどろきました。口座から盗まれたことにも驚きましたが、その後の対処がめんどうなのにも驚きました。miekoさんもこのようなことがないよう、ぜひ通帳確認してみてくださいね。

  • はてなさん、
    被害にあったと思ったとき、「これはイラ写記事で共有しよう」と思いたち、その後のいきさつをちゃんと記録していきました。まだ手続き中ですが、その後の顛末もおしらせできればうれしいです。できるところから防犯対策をね!

  • エイシアさん、
    ごぶさたです。また再会出来て嬉しいです。今回の事件はなかなか痛かったですが、ひとまず貴重な経験ができたと思って、事の成り行きを見守ろうと思います。でもみんなにはこんな体験をしてほしくないですね。ぜひ予防を。

  • ペコリさん、初コメントありがとさまです!
    アメリカ在住なのですね。なんとそこで被害にも遭われたと!それにしてもスキミングの読み取り技術はすごいんですね。被害額は戻ってきたのでしょうか? ひとまず読み取り防止カードをキャッシュカードやクレジットカードに重ねて持ち歩くほか、防犯策はなさそうですね。

  • guyuさん、ごぶさたしてます!
    もちろん覚えてますとも!あれは7年前?だったですかね。とられたお金がもどる確率はフィフティ・フィフティ。半か丁、みたいな。また成り行きについては報告しますね。

  • ぱりぱりさん、
    ブログ閉鎖でお騒がせし、今度は盗難でお騒がせしてます。すみません。でも再会出来て良かったです。スキミング対策をさっそくとられているとのこと。さすがです。ホント、国内でスキミングされ海外で偽造カードを作られるケースは案外多そうです。気をつけましょうね。

  • ぱりぱりさん、
    ブログ閉鎖でお騒がせし、今度は盗難でお騒がせしてます。すみません。でも再会出来て良かったです。スキミング対策をさっそくとられているとのこと。さすがです。ホント、国内でスキミングされ海外で偽造カードを作られるケースは案外多そうです。気をつけましょうね。

  • とんきちさん、
    そうなんです。サイバー攻撃か!と一瞬思ったのですが、ATMから現金が引き下ろされているので、偽造カードだろうと察しました。それにしてもワンタイムパスワードであっても盗まれては、手のうちようがありませんね。こうなるとレーダー網を張り巡らせて防ぐしかないのかも。つまり不審な動きがあれば通知が来るようにするとかね。

  • さっちゃん、
    偽造カードの使用を防ぐには暗証番号をしょっちゅう買えるとかするほかなさそうだね。ぼくもこれから海外だけど、今回は現金を持ち込むことにしたよ。アルジェリアなんてどこのATMも防止策なんてやってなさそうだし。それじゃまた!

  • さっちゃん、
    偽造カードの使用を防ぐには暗証番号をしょっちゅう買えるとかするほかなさそうだね。ぼくもこれから海外だけど、今回は現金を持ち込むことにしたよ。アルジェリアなんてどこのATMも防止策なんてやってなさそうだし。それじゃまた!

  • 私はチェコのプラハの目抜き通りの壁に組み込まれたATMで現金を下ろそうとしたら、2回「暗証番号が違います」と表示が出て、「あれっ」と思いつつも3回間違えるとカードが吸い込まれるので、それっきりになっていました。数日後にドイツ銀行から電話で「お金抜かれませんでした?」との問い合わせがあり、「あれはカード情報を抜く為だけの偽ATMだったようです」と言われました。ぜんぜんそんな風には見えなかったんですけど。お金は銀行fが即座に補填してくれたのは日本との差ですかね。日本の銀行は当たりが柔らかいけど「残念なががら...」が国内向けには多いっすね。外人には植民地根性出しまくりますけど...。でも気が付いてよかったですね。

  • 昔の同僚さん、
    プラハのATMでそんなことが!それにしてもドイツの銀行は対応が早いですね。仰るとおり日本の銀行はあたりはやさしいんだけど、仕事は役所っぽいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。