午前3時のキャビア

f:id:naokin_tokyo:20141026091429j:plain

女性の部位で最初どこに視線が向かうか?

ほとんどの男性が「胸」と答える。
女性の写真を使ったある研究結果によれば、視線は平均0.2秒で胸に行くという。速すぎる。ていうか、なんてヒマな研究なんだ!そのいっぽうで、これはもう生存本能なのでは?と思ってしまう。赤ん坊のころ、だれしもお腹が空けばお乳を求めていたのだ。しかもまだよく目が見えないうちから。瞬速0.2秒の視線も、口唇が乳首に向かうのも、きっと授乳の記憶のせいに違いない。とおっぱい星人の友人が語っていた。哺乳類の、これはもう宿命なのだと。

そんな説を排他するわけじゃないけれど、豊胸手術を世界で最初にやったのは日本、という事実におどろく。なんでも在日米軍の兵隊さんたちを誘引するため、やり手ババアというか元締めが横浜港の倉庫にあったシリコンを盗んで娼婦たちの胸に注入した、というのが世界最初の豊胸手術らしい。胸はデカいほうが客が引ける。という需要の満たしは、アメリカ人こそおっぱい星人であったということか。世界最初の手術で女性の胸にシリコンが埋め込まれたのは1962年。ぼくよりひとつ先輩である。最近とはいえないが、あんがい遠い昔でもない。それからおびただしい数のシリコンバッグが世界中の女性たちの胸に収まり、時おり男性の局部にも収まっていったが、もちろん問題も多かった。ズレるしシコリはできるし、なにより感染症をひきおこす。個人的にはそんな胸になんのエロさも感じないが、あんのじょう安全性に問題があるからと使用停止になってしまった。再開したのはごく最近の2006年。素材が進化し安全性が担保されたからだという。医療科学技術の進化は絶え間ないし隙間ない。いまじゃ全世界で1000万人もの女性が豊胸手術を受け、年間8億USドル市場ということだ。横浜の埠頭から盗まれたシリコンから始まり、そのころ前途洋々おぎゃあと生まれたぼくのような人間がこんなただのおっさんになるあいだに、豊胸術はここまで進化し広まったのかとしみじみ胸を打たれる思いがする。しないけど。

ちなみにこの記事のタイトル『午前3時のキャビア』は、ラウンジ系NuJazzの代表的存在”クラブ・ド・ベルーガ”、2002年のデビューアルバム(Cavier at 3 a.m. / Club des Belugas)からいただいた。韻の響きがなんともいえずシャレているではないか。アルバムタイトルもそうだが、グループ名も訳せば「白イルカ倶楽部」である。ジャンルは不明。50年代ブラジリアン・ビートにアメリカンソウルがブレンドされたヨーロピアン・ジャズとでもいうべきか。優雅でセクシーで、心地よい深みが広がるドイツ発のグループ。数年前、グルジアのインターネット音楽番組で偶然かかっているのを聴き、以来とりこになった。2008〜2012年にリリースされたアルバムはとくにヘビーローテーションである。
f:id:naokin_tokyo:20141026092109j:plainhttp://aurgasm.us/2008/03/club-des-belugas/ ←ここで2曲、試聴できます

じゃあなんで「おっぱい」の内容の題目が「午前3時のキャビア」なのか?とあなたはきっと思うことだろう。ぼくもそう思う。あえて言うなら、どちらもぼくに縁がないという共通性である。大きな胸もキャビアも世にいわれるほどに魅力を感じないし、いまじゃ朝は4時か5時に起きる暮らしぶり。太く短かいはずの人生だったが、これじゃ持久戦の様相すらある。

6 件のコメント

  • シリコンをカラダに埋め込んだ原点(開発の目的)が豊胸手術だったのかどうか、よくわからないんだけど、シリコンがさかんに豊胸に使われたためか、乳がんで乳房をなくした人への形成手術に保険が適用にならない時代が長かったんだよね。表向きはシリコンの安全性が確保できない、ということだったみたいだけど、なんとなく形成手術と豊胸手術の境目があいまいというか形成手術に名を借りて豊胸手術(もちろん保険適用外)をする人が続出すると考えられたのか、その辺はわからない。今は保険適用になったみたいだけどね!病気でカラダの一部をとらざるを得なかった人のことを考えると、豊胸と紙一重だからと長いあいだ保険適用外とされていたこと自体が、疑問に思えるなあ。

  • おっぱいかぁ。
    いいね。
    ていうか、
    いいんだけど、
    私が好きになる女性はちょっと小ぶりな人ばかりなんですよね。どういうわけか。
    若い頃、テレビで山本晋也がおっぱいでダブル往復ビンタみたいにされてるのを見て
    「すげぇ、やられてみてぇ」
    と、正直、思ったりするぐらい、おっぱいは嫌いはないですけど、
    でも、いままで、好きになった女性例外なしで小ぶりなんですよね。
    どういうわけか。
    別に、おっぱいが小ぶりなのを見て好きになってるわけではないと思うんですけどねぇ。
    どーしてだろ?
    顔は見ますね。これは間違いない。
    でも、顔が一番かというと、そうでもない。
    それより、はつらつさとおどおど感の同居というか、そういうアンバランスが私は好きなんですね。
    私の周りのそういう女性は、どういうわけか、スレンダーな人が多かったように思います。
    だけど、そういう性格と体型に相関があるとも思えないし。
    やっぱ、見てんのかなぁ・・・
    おっぱい・・・
    不思議だぁ・・・

  • えっ!そんなに早く胸に目がいくものなんですね!
    でも、本能ならしかたないですね。
    胸にシリコン入れてまで、男性の注目浴びた人もいるのでしょうが、本人も気付かない本当の目的は自己陶酔したいのかも?なんておもいます。
    胸の谷間をわざと見せる服着る女性も目の前で見たことありますが、同性でも目のやり場に困りましたよ〜。

  • さっちゃん、一番ゲットおめでとさま!その視点は欠けてたよ。さすが。成形と豊胸、たしかにその境界はあいまい。がんの摘出だったかどうかは明らかなはずだけどね。考えさせられました。

  • Alinamin2011さん、なんかわかる気がします。巨乳でなくても形がきれいな胸を好む男性はぼくの周りにもいます。あんがい姿勢の良い女性がいいのかも。デコルテ美人ですね。

  • はてなさん、本能とは恐ろしいですね。男性によくみられたい、と言う前にかっこ良くなりたいという動機から手術をする女性もいるとか? 高齢になったときどうなるのか、そればかりが心配になります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。