ライスケーキ?

f:id:naokin_tokyo:20141105203714g:plain

餅は英語でライスケーキと訳される。
ドイツ語ではライスクーヘンとなる。初めて餅をドイツ人に説明するとき、どうしてもクーヘンなどと置き換えるのがイヤで、「モチ」とそのまま伝えた。そばにいた別の日本人があわてて「ライスクーヘンですよ」と言い換えるのを、冷ややかに睨みつけた記憶がある。

餅は餅屋、餅は餅である。
バウムクーヘンは日本でもバウムクーヘンだし、パイはパイである。わざわざ訳さずとも、いや、訳さないほうがいいのだ。ちなみに「もちをつく」の「つく」を英語でパウンドという。さしずめパウンドライスケーキ、ますますイメージからそれてしまう。原料は?と訊かれて初めて「スティッキー(粘りのある)ライスだ」とでも答えればいい、とまだ小僧のぼくは思った。

あのときの記憶はざらりとした感触とともに残る。遠い昔から神殿に供えたり、正月などの祝い事に欠かせない日本の餅を、いともかんたんに「ケーキ」と訳す無神経さに憤りのようなものを感じたし、そこまでして外国人におもねる必要があるのかと疑問がわいた。

加えて餅特有のあの粘り。
原料のもち米は日本以外にも中国、朝鮮半島、台湾、東南アジアに広く栽培され、それぞれ祝い事で食べられる。照葉樹林文化の共通点でもある。後に各地でもち米から作られた料理を食べてみたけれど、日本の餅のようにのびるほどの粘質はなかった。あの「のび」を表現するのに「ケーキ」では、あまりに不適切。これじゃ外国人だってとまどう。ケーキと言われ、ひとくち食べておどろくだろう。グミかこれは!と。「ポタージュに入っていたが、あれもそうか?」とフランス人は言う。雑煮のことだ。いずれにしてもケーキ(ガトゥ・ド・リ)というべきではないのだ。

f:id:naokin_tokyo:20141105203812g:plain

ちなみにぼくが生まれて初めて餅つきの経験をしたのは、まだ西ドイツと呼ばれていたころのデュッセルドルフでのこと。言うわりに遅い。日本航空が催した正月イベントだった。同じ年の8月、御巣鷹山日航ジャンボ機が墜落するが、もちろんそんなことを知る由もなく、イベントは盛大におこなわれた。そして二度とおこなわれなかった。

餅は餅だ。ケーキではない。

__




4 件のコメント

  • 賛成賛成。
    ケーキってぇのは、
    ①粉、ないしは、粉砕された原材料を 
    ②ペーストより硬く練って成形し
    ③焼くなど、熱変性させる
    が、基本ですよね。
    こう考えりゃぁ、かまぼこをフィッシュケーキと言ったりするのも、まぁ、うなづける。
    そういう意味では、ハンバーグなんかも、ケーキかもしれない。
    でも、モチは、①②で、既にモチ。
    ③があってもなくても、モチ。
    ①②③が必ずセットなって完成するモチ米で作った食べ物は、煎餅。
    だから、ライスケーキは、煎餅だろうと思います。
    レアチーズケーキみたいに、①②だけのケーキもあることはあるけど、モチは①の前にモチ米を蒸すという熱処理があるので、もはやレアではない。
    ①②だけが基本で、①の前の工程を気にしないのは、どっちかっつーとパスタですよね。
    パスタなら、③があってもなくてもパスタ。
    ラザーニアみたいな麺状でないパスタもあるんだから、モチをパスタと呼んだって、別にかまわないんじゃないかと思います。
    と、いうわけで、
    モチは敢えて訳せばライスパスタ
    ライスケーキは煎餅
    で、どうでしょう?

  • わかります、その気持ち。
    富士山や、寿司や、悟りと同じで、ムリに訳すことで失われてしまう神聖とでもいうべき性質がありますものね。
    やっぱり、餅は「モチ」でいいような気が私もします。

  • Allinamin2011さん、一番ゲットおめでとさま!
    なるほど「煎餅」こそがライスケーキというわけですね。餅よりはイメージに近いかもしれません。そういえば香港ではピザを「◯◯餅(名称を忘れました)」と表記されてました。Allinamin2011さんの意見、正論なのかも。

  • はてなさん、
    そうですね。訳さないほうが良いのは他に洋画のタイトルなんてのがありますね。無理に日本語にして、ちょっとイタい感じになっちゃうことに・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。