リガ《ラトビア》

 

f:id:naokin_tokyo:20150902184950j:plain

 

タリンでの滞在は、寝る時間を含めても18時間。3日で3ヵ国をまわるのだから、なにかとあわただしい。ホテルをチェックアウトするやいなや、タクシーでバスターミナルへと向かう。ラトビアのリーガへは高速バス。鉄道が好きだが時間がかかるうえ、便が少ない。バスターミナルの簡易食堂でコーヒーを飲み、ソーセージとベイクドポテトを激しく降る雨を眺めながら食べた。

 
f:id:naokin_tokyo:20150902190222j:image
▲ Tallinn – Riga (4hours) LUX Express Bus
 

f:id:naokin_tokyo:20150902190147j:plain

▲ 車内のようす 各座席で映画が観れ、ネットが使え、コーヒーなどは無料

 
ヨーロッパは鉄道よりも長距離バスが充実している。融通が利くし、点と点を結びやすい。鉄道とバスは、固定電話と携帯電話の関係に近い。各社競争が激しく、サービスも充実している。参入障壁が低いせいもあるのだろう。無料WiFiはあたりまえに使え、ドリンクは飲み放題。

リーガまで4時間と少し、そろそろ国境かなとGPSで位置を確認すると、とうにすぎていたことに気づく。ここでもパスポートを提示することはなかった。その後、フィンランドエストニアラトビアリトアニアポーランドの間にはシェンゲン協定があり、入出国手続きが互いに免除されていることを知った。どおりでヘルシンキ・ヴァンター空港での入国審査の厳しいわけだ。数カ国ぶんを代表しての審査なのだから。
 
リーガに到着した。
バルト三国の中では最も都会の70万人都市だけに郊外に住宅街が広がる。エストニアに比べ建物は大きく、道路は広かった。重厚な外観はロシアの都市を思わせるものがある。帝政ロシア時代ではモスクワ、ペテルブルクに続き、3番目に大きな都市だったという。いまもロシア人住民の割合は高い。自国なのにラトビア人は6割程度と聞く。街に漂う独特のワイルドさは、そのせいなのかもしれないと思う。単に、降りしきる雨のせいかもしれないが。
 

f:id:naokin_tokyo:20150902185206j:plain

▲ ミントグリーンの屋根がさわやかな聖ヨハネ教会

 

f:id:naokin_tokyo:20150902190330j:plain

▲ リーブ広場に面したメイスタイル通りの特長ある屋根

 

リガの旧市街は端正な建物で覆い尽くされていた。同じハンザ同盟のよしみか、ドイツのブレーメンリューベックに感じが似ている。などと路地を歩いていると、とつぜんブレーメンの音楽隊の動物たちがあらわれた。建築様式もさまざまで、ゴシック、バロック、ドイツ語でユーゲントシュティールと呼ばれるアールヌーボーまで。そぞろ歩きが楽しい。タリン同様、街角を曲がる旅に足を止め、しばし構図を決めたりする。
f:id:naokin_tokyo:20150903132611j:image
ブレーメンの音楽隊像 本場ブレーメンのモノより、りっぱな気がする

f:id:naokin_tokyo:20150902185822j:plain

▲ ユーゲントシュティールの建物。アパート上部には顔。なぜそこに顔が必要?と突っ込みどころが満載である。

f:id:naokin_tokyo:20150902190013j:plain

▲ ユーゲントシュティールのメッカ、アルベルト通り

 

石畳に枯葉がつもり、踏むたびにかさかさと鳴る。一足はやく秋なのだ。通りのあちこちに、清掃のおじさんおばさんたちがほうきで路面を撫でている。それでもいまの時期、日が暮れるのは20時半。高速モードで歩き回り、ホテルに帰って泥のように眠る。朝は4時前には目を覚まし、ミルク色の街を散策するからだ。
 
 

f:id:naokin_tokyo:20150902185713j:plain

 ▲ 宿泊したホテルのそばにあったステーキ屋 1,200年代からの老舗である 

 

f:id:naokin_tokyo:20150902185639j:plain

▲ 街のどこもが石畳 清掃されてゴミは落ちていない

 

f:id:naokin_tokyo:20150902185744j:plain

▲ 三人兄弟とよばれる15世紀に建てられたビル 表情が豊かだ

 

f:id:naokin_tokyo:20150902190119j:plain

▲ 旧市街の外は、近代的なビルも並ぶ 空に溶け込んで半透明に見える

 

正午には再び長距離バスで移動。
サンドイッチをバスに持ち込み、インスタントスープで流し込む。まるで売れないミュージシャンのツアーのようである。向かう先はリトアニア。いよいよ旅も終盤。
 
それでは。
 
        
 
 

3 件のコメント

  • ふわぁ~!今回の旅行もうっとりするほどの景色の数々ですね!実際に自分の目で見てみたいですが、海外旅行なんてもう15年以上も行ってない私にはいきなりハードルが高いかなぁ・・・
    なおきんさんの写真で疑似体験しておきます♪ 
    残りの道中もお気を付けて。

  • 少ない日数の中、寝る間も食事もそこそこに 素晴らしい写真の数々。 なおきんさんに感謝です。
    個人の印象ですが、とてもハードな行程乍ら とっても充実していたのでは?っと思ってしまいます。
    なおきんさんの イキイキ感が 伝わります。 やはり、なおきんさんに 旅は欠かせないものなのだなぁ~っと。
    とめていた息を吐きだすように っと
    出発の日に仰ってましたが 正しくそのとおりなのでしょうね。
    「 いゃあ、旅っていいものですね」
    淀川長春さんが よぎりました。w

  • とんきちさん、東京でカメラ持ち歩いてもああいう写真ってなかなか撮れません。その意味でも旅って不思議ですね。ぜひ旅にでてみてくださいね。
     ———————-
    meikoさん、おかげさまで充実した旅でした。とめていた息(というか止めていたことにすら気づいていなかったけど)がパーッと吐き出され、浄化された気にもなります。それでは、さいなら、さいなら、さいなら。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。