Apple Pencil でさっそくイラストを描いてみました

image

 

iPad Airの使い勝手がとても良いので、新しいモデルが発売されてもとくに気に留めずにきたけれど、iPadでイラストを描くために必要なスタイラスペンだけはどうしても満足できずにいた。

画面にペン先をあて、なぞれば線が描ける。それだけだが、これがなかなかうまい具合にいかない。ペン先の動きについていけず、描画が少し遅れて表示されたり、細かい文字を書けば線が抜けてしまう。高性能なアプリは動作がもったりするし、軽快なアプリは表現に乏しかった。スタイラスペンはスタイラスペンで、ペン先が太すぎたり硬すぎたり柔らかすぎたりで、どれも一長一短、結局使うのを諦めてしまっていた。

このたび発売されたApple Pencil は、これまでのどのスタイラスペンともちがう書き心地である。Appleのプロモーショナルビデオを見て確信し、アップルストアで実物を触って小躍りした。これぞぼくが長年探していたものである。

 

image
▲ Apple Pencil : 形はまさに鉛筆そのもの。ツルンとした質感にほどよい重量感。ペンのお尻はマグネット式のキャップ。はずせばLightningソケットになっており、iPadに挿して充電ができる。たった15秒の充電で30ぶん使用できるというからすごい。

 

 

ただこのApple Pencil が使えるのは唯一 iPad Pro である。背に腹は代えられない。ということとでしぶしぶ購入、iPad Air に代わるぼくにとっては4世代目のiPad となった。128GB WiFiモデル。値段は12万円もした。お値段もプロ並みである。

image
▲ 別売りキーボードはApple純正のものじゃなくロジクール製のものにした(iK1200 Smart Connector 搭載 バックライト付きキーボードケース for iPad Pro)。キーはフルサイズで、ノートパソコンと遜色なく使える。デザインもちょうどMacbook Proのようである。スマートコネクターですぐに使えて便利。問題は重量。iPad Pro本体よりも重く、合わせると1.4kgを超える。モバイルノート並みの重さだが、使い勝手がそれに勝るんだから良しである。

 

 

Webブラウジングやメール、ゲームや映画鑑賞。読書やプレゼンテーション。さまざまなシーンで大活躍のiPadである。いわば最強のコンテンツ消費ツールだ。iPad Proはこれに加え、コンテンツ制作ツールとしてがんがん使えそうである。描画をしたりテキストや資料作り、A9プロセッサーのパワーを余すことなく使えばムービー作りにも精が出せそうである。文字入力がもう少し進化すれば、これ一枚でもうなにもいらない。と言えるかもしれない。スマートコネクターをつかった追加の入力デバイスも楽しみである。作曲や楽器の演奏にだって貢献しそうだ。

image
▲ iPad Pro(右)とiPhone 6 と iPad mini を並べたところ。デカさが際立っている。ピンチアウトしなくたって雑誌や、新聞一面が読み通せるほどだ。

 

▲Apple Pencil をつかってiPad pro にイラストを描きます。アプリは "Sketches Pro" (720円、機能制限のある無料版もあります)を使用しています。遅延なく反応してく­れるし、感圧によって線の太さも変わる。とても自然に描くことができました。ちびきちもちらっと写ってたね。

 

iPadいちまい持って旅に出る、そんなiPad トラベラーが増えそうですね。

ぼくもなんだかうずうずしてきたぞ。

 

5 件のコメント

  • うふふ。なおきんさんらしいですね。 
    Apple Pencilが使いたいがために iPad Pro を買う。
    お蔭で 初公開の作業工程も拝見することが出来ましたが。w
    ちび吉くんも チラっと写っていたのが 得した気分で嬉しかったりもしています。

    • omaruさん、こんにちは!
      iPad proは品薄だろうと思ったらアップルストアであっさり手に入りましたが、Apple Pencilのほうはずっと品切れ状態で待つこと3週間、ようやく入手しました。お店の人によると、今予約をしても入手は来年になるかもしれないと言っていました。すごい人気ですね電子鉛筆!あなどれないです。鉛筆なのに1万2千円!値段も侮れないですね。そのわりには、すぐなくしちゃいそうで怖いです。

      • なおきんさん こんにちは 
        いやはや Apple Pencil 驚きました。
        機能もさることながら 入荷未定とのことで
        プレミア価格で 28,000円になってました!!
        とんでもなく 生意気な鉛筆ですねww
        これは なおきんさん 失くすわけにはいきません。
        紐でもつけて 首から下げておいて下さい! www

  • すごーい!
    なおきんさんがイラスト描くところを見せていただけるなんて♪
    想像以上のスピードて描かれてることにも驚きました!
    鉛筆のような感覚で描ける喜びが私にも伝わってきました♪
    *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

    omaruさんのコメント読んで、「え?ちび吉くんが?」と思いもういちど見て初めて探せました♪
    omaruさん、ありがとうございます♪

    そしてもう1つ、なおきんさんのさり気ないお心遣いを嬉しく感じたことが♪
    2度目のコメントからは名前が自動的に入力されるのですね!
    さらにグレードアップして素敵になったイラ写に乾杯〜!
    ( ^ ^ )/□
    なおきんさん、ありがとうございます!

    • はてなさん、こんにちは!
      すみません。動画は編集上、20% ほど高速にしています。なので「じっさいは2割遅いんだな」と思いながらご高覧下さい。なんて、どうやんのかちょっとむつかしそうですけど。ちびきちはぼくがデスクの前に座ると、きまって膝に乗ってくるんです。追い払うとしばらくじっとみあげ、見つめてきます。ぼくが「しょうがないな」という目をすると、ふたたび膝に乗ってきます。ソファのクッションの上のほうがすわり心地はいいと思うんだけどね。この度、コメント欄にはこだわりました。こうして直接返信できる機能も装備、返信への返信もできます。そのまた返信の返信の返信もできます。くどいけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。