パスワード

いったいどのくらいパスワードをタイプしているのだろう?
会社勤めの人ならば、やれイントラネットだの、個人情報だのと
たぶん5つや6つじゃないはずだ。
しかも、
数字とアルファベットを組み合わせて、とか
パスワードの期限が切れたので新しいパスワードを作れ、
しかも、5世代前までは同じパスワードが使えません
などと、条件や注文が多い。

パスワードを忘れ、使えなくなったサービスもあるし、
パスワードを忘れたことすら忘れてしまったアカウントもある。
長いこと待たされてサービスセンターに電話をかけて再発行してもらいながら、なかなかしんどい世の中になったものだと思う。

バブル時期のころなんてせいぜい
キャッシュカードの暗証番号くらいだった。
それすら数字4桁のみ。 ああ、なんて牧歌的。

むかし、まだぼくが20代後半のころ、
取引先に社長の秘書をしている女の子がいた。
なかなかかわいらしい日本人の子だったのだけど、
いま思えば、ちょっと不思議ちゃんだったような気がする。

彼女はコンピュータソフトの調子が悪くなると、
電話をかけては ぼくを呼び、
他に用事を作っては、しかたなくそこへ車で向かった。
片道220kmも離れた街にそのオフィスはあったから、
呼ばれたら直ちにというわけにもいかないけれど、
大口の取引先だったしで、ほおっておくわけにもいかない。

彼女の席のとなりにイスを持ってきて座り、
作業をしようと端末の画面をこちらに向けるのだけど、
画面がパスワードでロックされている(当時はめずらしい)
ことに気付き、彼女にパスワードを打ってもらうようお願いする。

「ソラよ。ソラ」

彼女は窓のほうへ顔を向けたまま、そう答えた。
彼女の目線越しに、窓を通して真っ青な空が見える。
サマータイムが始まったばかりの、1992年のドイツの青空。

「いい天気ですね」とぼくは言い、
「パスワードを、」と彼女をうながす。

「だからソラよ。エス・オー・アール・エイ」

それは窓の外のことではなくパスワードのことだったのだ。

それだけいうと彼女は黙り、ぼくは作業に取り掛かった。
しばらくキーを叩き、問題の原因を見つけると、
もと通り動くように、いくつかコマンドを打ち込む。
そのあいだずぅっと彼女はとなりに座ったまま、
窓の外を眺めていた。

「あら、コーヒーも出さずにごめんなさい」

彼女がそういったのは、ぼくが作業を終え
帰り支度をしているときだった。

「またなにかあったら連絡ください」
そう言いながらお辞儀をし、オフィスの出口へ向かう。

パスワードは “sora” 。 それは
いまにして思えばあまりにもシンプルで、儚(はかな)い。

たぶん彼女は、画面をロックしたかったのではなく、
毎回ただ ” s o r a ” と入力したかっただけなのだと思う。
確信はない。 ただそう思っただけだ。

真偽はともかく、ぼくが彼女を見たのはそれが最後だった。
ぼくが他人のパスワードを知ったのもそれが最後だった。

でももう、そんなシンプルなパスワードは許されない。
2010年の世界にあっては。

便利への代償は少なくないものですね

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
よろしければクリックくださいね




6 件のコメント

  • なおきんさん、ミステリーも何もないですが、こんな私でも、呼んだらすぐ来て下さいますか? コンピューターを直しに。色が突然変わっちゃうんです(爆)。

  • パスワードが「SORA」って ステキ。
    今日はそんなパスワード日和です。
    洗濯物 干しました。

  • もー、「空って素敵、曇ってなければ最高!」ですね。私
    は普段はモニターと睨めっこな生活、空を見上げる暇も無
    し、です。「これではいかん、と思っても、貧乏暇無しで
    仕方がありません」。奥ゆかしい性格が災いして、自分の
    思うようにするためには人の3倍も苦労するみたいです、
    私は。やっぱり人見知りする性格をどうにかしないと、キ
    ャラの立った人たちに対抗できないのかも。うーん、空を
    見上げて、「雲よ、お前は何処に行くんだい、僕を乗っけ
    ていっておくれよ、グスン」なんてシツエーションを思い
    描いたりします。うーん、疲れが溜まっているのかもで
    す。

  • 仕事先のひとつでは、PWを3ヶ月おきに更新しなければなりません。しかも、前のと同じではいけなくて、さらに数字とアルファベットを混同しなければいけません。そんなわけで、3年間勤務している間に2回PWを忘れ、再発行の手続きをしました。実はまた忘れてしまったのですが、恥ずかしいし面倒なので、どうしてもそれを使わなくてはいけない事態に陥るまで、ほっぽらかしています。

    片道220kmを車で駆けつけPCを見てくれるなんて!ナオキンさん、素敵すぎます!

  • 気がつけば、希望も絶望もパソコンからの情報頼り。
    地上波に中に知りたい真実はなかった…ということに
    大勢が気づき始めたから。
    政府vs国民の、情報を盾にした戦争が始まっていると思います。
    ごめんなさい。日記とはかなりずれてますね。
    『今日と同じに明日がくる保証はない』という好きな言葉。
    これまで前向きな意味でお守りにしていたのですが
    最近は、そのお守りの少し意味が変わってきました。
    1年先、5年先、10年先にも平凡で退屈で幸せな日々があるという
    確信が持てない自分がいます。。。

    今日もいい天気です。
    そして、顔を上げて笑顔を相棒に、平凡な日常まっただ中。

  • ぱりぱりさん、一番ゲットおめでとさまです!
    >「色が突然変わっちゃうんです(爆)」< それはまたドキドキしそうなディスプレイですね。 ノートブックでしょうか? またはブラウン管? たとえ飛行機で飛んでいっても、たぶんその手の問題はぼくでは治せないでしょうね。部品の交換とかになっちゃいそうですから。
    ——————————
    おかみっちょんさん、ここしばらくパスワード日和が続いて気持ちいいですね。ぼくも日曜日は洗濯物を干し、ちびきちを荒い、クッションを日干ししました。それぞれ、気持ちよさそうでしたよ。
    ——————————
    昔の同僚さん、あいかわらず忙しそうですね。意外なところに完全主義なところがあるから、工数が人並み以上になってしまうんでしょう。ごくろうさまです。>「雲よ、お前は何処に行くんだい、僕を乗っけ
    ていっておくれよ、グスン」< 無理です。——————————
    riesenmausさん、3ヶ月沖に更新しなくちゃならないパスワードとの格闘、おそらく内部創製がしっかりした会社なのでしょう。安全と自由は反比例しますね。ぼくもよく「再発行」にお世話になります。片道220kmは仕事だからしょうがないんです。帰りはたいていラッシュ時で、渋滞がたいへんでした。
    ——————————
    oreoさん、毎日この瞬間をていねいに生きるということでしょうか。過去や未来に縛られずにね。 なかなかそうもいかないんでしょうけど、それなりに自分のスタイルは通せる気が期します。情報についてはどんなメディアからにせよ、自分なりのフィルターを持つことが大事。きょうもいい天気でしたね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。