モロッコの旅 青いカスバの街シャウエン

image

アトラス山脈は偉大である。
2000メートル級の山脈が北アフリカ地域に鎮座するおかげで、モロッコなどマグリブ3国は、サハラ砂漠からの乾いた熱風を遮り、地中海からの湿気をしっかり受け止め、あたり一面に降雨をもたらしてくれる。野菜をたっぷり使ったモロッコ料理は、体にも目にも優しい。そしてとてもみずみずしい。アトラスの恵みだなあと思う。

メクネスを正午に出発したタンジェ行きの長距離バスに乗り、北路シェフシャウエンを目指す。車窓に流れる山間の稜線を目で追い、白い雲を眺めた。いくつもの山を越え、数え切れないほどの羊とロバとすれ違ううちに、5時間後バスはシェフシャウエンに到着する。バスの乗客はほとんど降りない。彼らは観光客ではないのだ。

長距離バスの停留所からシェフシャウエンまでは乗り合いタクシーで移動した。ホテルのあるメディナへは、そこからタクシーを乗り換える必要がある。降りた瞬間、軽い興奮が全身を包む。あの青は本物だったからだ。

image image image

世界にカスバはいったいいくつあるんだろう?
ぼくは正確な数を知らないが、世界でもっとも青いカスバならここにちがいない。どうして青く塗ったのだろう? 諸説ある。伝染病がまん延したから。青いと涼しく見えるから。入植したユダヤ教の色だから・・ときりがない。白い壁と青い窓枠というのなら、ギリシャやチュニジアなど、世界にいたるところある。「壁まで青くした」ということで、今もこうして世界から観光客を集めている。

image image image image image

カスバには、バンと一緒に塗料を売る店もあった。年に一度はお色直しをするためだろう。粉を水で溶き、刷毛で塗るのだ。青色と言ってもいろんな青色がある。塗料には青のほか緑や黄色、オレンジやピンク色もあった。ピンク色?

image

うだるほどの日差しの強い時間帯に、青い壁の建物に囲まれるととても涼しい。錯覚かもしれないと目を閉じるが、やっぱり涼しい。色による冷涼感はたしかにあるのだ。しばらく歩いていると、ソーダ水で満たされたプールの底を歩いているような気になる。ふわふわと、まるで水の中を漂っている気分になる。これがめっぽう楽しい。いつまでも漂っていたくなるほどに。

image image

朝は夜が明ける前に宿を出て付近を散歩する。
ゴツゴツした岩肌を持つ山が背後にあり、そこを登って街を見下ろしながら朝日が昇ってくるのを待つ。しばらく街を眺めてから山を下り、開いたばかりのカフェでパンケーキとミルクコーヒーの朝食をとる。午後はホテルのガーデンテラスで、猫と昼寝をした。

ガーデンにはいたるところに猫がいて、そのうち一匹がそばにやってきてぱたんと横になり、そのまま眠ってしまった。つられてぼくも眠ってしまう。あたりは誰もおらず、世界から隔離されていた。

image

まどろみの中で、近くの小学校から子供たちのはしゃぐ声が聞こえ、小鳥がいたるところで囀っている。どこかでトンカチを打つ音が聞こえ、山肌に繋がれたロバがとんでもないヘンな声を上げている。

やがてコーランがスピーカーから流れ出し、その声に叩き起こされる。いっしょに起きた猫と一緒に伸びをする。太陽が少しだけ傾いていた。からだを起こし、部屋に戻ってシャワーを浴びる。それから身支度を整え、外に出た。

image

青いカスバは消えずにまだあった。

 

今回の移動ルート

8 件のコメント

    • omaruさん、こんにちは!
      むかしのCharの名曲『気絶するほど悩ましい』を想起させられました。いい曲だったなあ、あれは。

  • 青と蒼と碧と藍が、それぞれの時間帯にあわせて
    表情を変えていく光や影と共演しているみたいです。
    7枚目の写真を眺めながら生成色と蒼のジェラバ?を身に纏った路行く二人が
    青い壁から湧き上がるように出てきて、溶けるように青い壁のなかに帰って行くさまを幻想しました。
    お喋りに興じるモロッコのおじさんの手のなかの碧
    持ち主の身長と同じくらいの長さがありそうなストールの青と藍
    猫の傍らに腰をおろす人がつくった影の青か藍
    もう一度、訪れたくても二度と辿り着けない場所を夢のなかで見ているようです。
    なんだか長い独り言のようになってきてしまいましたので、そろそろ、お暇します。
    道中、良い天候と心地よい風に恵まれますように!

    • 深水の乃理さん、こんにちは!
      叙事詩のようなコメントは、ちょっと他では得られません。撮った写真をすべて渡して、シナリオを書いてもらいたくなるほどです。止まって風にあたる、動いて風になる。たびに風は心地いいものです。また!

  • 休みボケの身には、深呼吸して凛とした青の空気を体に取り込みたい…
    美しい写真、ありがとうございます。

    • faithiaさん、こんにちは!
      まさに「はっ」とされられる光景が次々に現れて、それを逃がさないようカメラで追う。といったかんじでした。それも歩いて追うんじゃなく、泳いでいる感じ。あの感覚はちょっと他では味わえません。

  • なおきんさん、こんにちは。
    世界には見るべきものがいっぱいですね。
    青いカスバの街並み。背中をいつも押してくれるなおきんさん。ありがとさんです。

    • bossaさん、こんにちは!
      ほんと、世界にはみるべきものがいっぱいあります。ありすぎて人一人の人生では足りません。だから人は旅を記録に残すんだと思います。写真に撮ったりビデオにおさめたり絵に描いたりするんだと思います。ぼくがつい、そうしちゃうように。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。