楽観主義者のいちにち

f:id:naokin_tokyo:20090110123114g:image

「なおきんさんはいつ寝てるんですか?」

会社の仲間からそう訊かれる。 仕事メールの発信時刻が午前2時だったり、夜明けの6時だったりするからだろう。 そして朝は普通に出社し、会議だの来客だのでびっしり夜までのスケジュールをこなすのだ。 その後はたいてい、誘われたり誘ったりの食事や飲みがある。 帰りは終電、または深夜タクシーのお世話になることもしばしば。 年末から年始にかけてはとくにそうだった。 帰宅してからはちびきちと遊び、なんらかの運動をし、2〜3日に一度はブログの更新をする。メールの返事を書き、コメントの返事を書き、持ち帰った仕事があればそれをやる。

「けさは3時から6時ですね」
冒頭の質問にぼくはそう答える。
それからあくびをひとつ、してみせる。

 

多くの人がそうであるように、ぼくにもストレスがある。
自分のふがいなさに悩み、理不尽な要求に悩む。
それはまた、心地よいストレスであったりもする。

 

毎日の楽しみは風呂。
もともと長風呂だけど、このごろはより長い。
毎晩、欠かさず1時間以上つかる。
たっぷり好きな本を読み、水を飲み、身体をマッサージ。
風呂のふたの上にはちびきち(トイプードル♂)。
家にいるときはいつもぼくについて回る。風呂でもだ。
本を読みながら片手を伸ばし、耳の後ろをかいてやる。
真夜中に、たっぷりのお湯につかっていられる幸運。
子供のときのように、寝るのがもったいないとすら思う。

f:id:naokin_tokyo:20090110123150j:image

世界の片隅に生まれた意味を知り、
自分の好きなものを知り、
それに囲まれながら心地よく暮らしていく・・・

世の中そんなに甘くはない。
だから、楽観主義には意思が必要なのです。

 

5 件のコメント

  • カメ :ストレスをも心地よく感じるんだね。
    うさぎ:自分らしくブレない生き方をしてるからだわ。
    カメ :冬の時代を元気に歩く
    うさぎ:すばらしい智恵ね。

  • なるほど、意思ね。
    どうりで意志が弱く、優柔不断なわたしにはできないはずだ。
    と納得しました(笑)

  • なおきんさんのスケジュール+ちびきちとのプライベートな時間。どうりで、と思ってしまいました。余程分かり合っている恋人でないと長続きは難しいですね・・・。って、いきなり過去記事をチラッと思い出してしまいました(笑)。

  • なるほどー。。
    なおきんさんとつきあいたい女性は、その豊かな時間の使い方をかえさせるほどの魅力が必要なわけですね。
    一人で充足する人同士のつきあいって、素敵ですけれども。

  • うさぎの宅急便さん、一番ゲット、おめでとさまです!
    「冬の時代を元気に歩く」 いい言葉ですね。 いつものようにふるまっているだけで、周りが暗い分、より明るく見えるという一面もあるかもしんないでけど。 「バカだよなあ・・」、そういわれれば本望です。
    ——————————-
    でこさん、いえいえ「できないはずだ」と断定すると、逆にできそうになる自分を押さえ込む心理が働いちゃいます。「自分ならできる」、むしろ「できなきゃソンだ」と思い込むといいかもんないですよ。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、いえいえ、ちびきちと恋人同士というのもなんだか・・・(笑) 「わかり合える仲」というのは、お互いの居場所を尊重し、認め合うということかも? 過去記事? それはもしかして・・・!?
    ——————————-
    はるさん、そもそも「ぼくとつきあいたい女性」なんて方がいるのかどうか? が先決ですけど(笑) 基本的にぼくは、ものすごく寂しがりやですが、孤独な時間も大事にしたいです。たぶん、はるさんもそうなんじゃないかと。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。