コークでダイエット!?

f:id:naokin_tokyo:20090311004643j:image

そういえばコーラを飲まなくなって久しい。
1〜2ヶ月に一度の割合で利用するマクドナルドでも、コーラを選ぶことはほとんどなくなった。
「何となくカラダに悪そう」というのもあるけど、今の世の中、別にコーラでなくたって他にも美味しい飲み物はたくさんあるじゃないか、というのが本音だ。

ダイエット中のひとたちは、ぼくのまわりにもけっこういるけど、中には 「ダイエットコークを飲んだりとかして努力しているんだ」 などと真顔で言う知り合いもいて、ちょっと驚く。

せっかく努力に水をさすようで申し訳ないけど、ダイエットコークはダイエットには効かないどころか、むしろ太るのだ。

 

あまり知られていないことだけど、初期のコーラにはコカインが微量含まれていた。 そもそもコカコーラの名前の由来は、”コカの葉”を原材料にしていたことからだ。 周知の通り、コカの葉にはコカインが含まれている(現在はコカインの成分は除去されている)。

ノーマルコーラは大量の白砂糖と合成着色料が含まれるけど、ダイエットコークは白砂糖の代わりに合成甘味料が使われている。

合成甘味料とはつまり、アスパルテームのことだ。
アスパルテームはカロリーが低い上、同量で砂糖の200倍という脅威の甘さがあるというから、甘さをキープしつつカロリーを抑えるには有効な物質なのだ。

 

実はこれ、毒性があるかないかで賛否両論!
両論を要約すればメチルアルコールなど発がん性物質が含まれてはいるけど、微量だから身体に影響はないとのことだ。

はて?「微量」とはどのくらいまでのことを言うのだろう?

それはともかくとしても、同じくアスパルテームに含まれるアスパラギン酸やフェニルアラニンについては、体内で神経を脅かす毒性になるという疑いは晴れない。 実際のところ、ペンタゴンではこのアスパルテームを「化学兵器目録」に登録していたなんてことを知ると、さすがにぞっとするものがある。

 

おまけに人工甘味料てやつは、摂取すればするほど甘いものへの渇望感がさらに増すという性質がある。 つまり、たとえダイエットコークがカロリーゼロであっても、さらに別の甘いものを摂取しちゃうことになるんだそうだ。 結果、より太るってことに・・・。

こうなるともう、”ダイエット”という商品名でホントにいいのか? とすら思う。

神経が冒され、しかも太る・・・

 

まあ何を飲もうと勝手だし、個人の嗜好性にとやかく言うのも好きじゃないけど、本当にダイエットしたいのなら別の方法をとったほうがよさそうですね。

 




11 件のコメント

  • なんだか難しい名前だけど、
    僕は砂糖のほうが好きです。
    コーラー飲みながら和食食っても平気です。
    なんだか、ダイエット甘味料と後味悪いし
    体にわるそうだもん。

  • ポテポテっとお邪魔しました。
    とりあえず
    『カロリー0』とか『ダイエット』とか
    表示されたら、手に取りやすいですもんね。
    なにやらよくない物質ってわかっているけど
    炭酸が飲みたいっていう時についつい手が出てしまいます(^^;)

  • ダイエットコークはダイエットにならない。そうでしょ、そうでしょ、そう思ってました〜、なんて嬉しそうに読んでましたが、アスパルテームが「化学兵器目録」に登録されてたなんて聞くと、もう気持ち悪いなんてもんじゃなくなりました〜。
    私の身近には、オリジナルのコーク中毒もダイエットコーク中毒もいます。コークの人は一日に平均5本(缶で)くらい毎日飲んで、それが無きゃイライラするって言ってます。ダイエットの人は日に2本程度でしょうか。体重が増えない、と思い込んでるところは同じですね。コーラってそんなにおいしいかなあ、疑問は深まります。

  • アステルパームは昔から脳腫瘍になるだのいろいろと言われていますね。
    うちはだんながコーラのZeroを飲むので冷蔵庫に常備しています。
    私はほとんど飲まず、何も飲むものがなければそれを飲みますが最後まで飲みきらず残してしまいます。
    おいしいとは思えないので…
    やっぱりやめるべきですよね。
    お茶でも飲んでおけばいいのにね。

  • コーラよりジンジャーエールが好きであります!
    人生初のコーラは忘れもしない幼稚園の頃。真夏の大磯駅のホームで瓶入りコカコーラでした。
    なんだかピリピリっとしてカライ飲み物だなぁ と思いました。今のコーラはやたらに甘く感じて美味くないです。
    ふふ。ちょっとオトナぶってみちゃったりして。。。

  • ダイエットには、適度な運動とバランスの良い食事!
    とは言われても、楽な方に流される乙女(?)心。
    本気で食事ダイエット(和食中心)をしていた時は、味覚?嗜好?も変わって、ジャンクフードとか全然、身体が受け付けない、欲しないって感じでした。
    今ですか?
    今はもちろん何でも来い状態で、全て身となり肉となりです…(涙)
    育った時代とか環境とかも影響するとか言われますよね。
    コーラ全盛期に育った方が、どこでも当然のようにコーラを注文するので、お子さんから「お母さんいつもコーラだよね」と言われたことをご兄弟に話したら、皆さん同じ事を言われていたとか…
    これは、時代云々よりやはり環境や嗜好かな?
    食のジェネレーションギャップとかって、結構楽しいですよね。
    一才の違いでも、お菓子など外装が違ったり。
    この間、飲みの席でけっこう盛り上がりました。

  • 私はコーラより三ツ矢サイダーが好きです♪

    ダイエットよりも規則正しい生活と人として自身をコントロールする習慣が肝心かな…と思います。 今の職場は…というか、前の職場もストレスフルなとこだったからなのか?身体によくない食生活や習癖の人が大半で、身体壊す人も多々ありますが…しかし、健康の話には敏感です…身体に悪いことして健康でいられるのなら、誰も苦労しないと思うんだけどな…。 やっぱり健康が一番です!!!

  • お手軽にダイエットがいいんでしょうね。
    カロリーゼロのコーラを一度飲んだことがありますが薬っぽいのが強調されて半分も飲めませんでした。
    やはりダイエットは規則正しい生活、運動、食事ですよね。
    でもそれが全員出来ればダイエット商品なんで生まれないですね。
    最近気になっているのが豊胸グッズです。

  • カロリーオフのチュウハイでもチョコでも、一口食べてみるも、気持ち悪くなって、残念ながら、食べられません。体に悪いんじゃぁないかと、思ってしまいます。。

  • aRyoさん、一番ゲット、おめでとさまです!
    そう、人工甘味料よりはふつうの白砂糖のほうがマシのような気がしてきますよね。 まあ、白砂糖のとり過ぎも自律神経には良くないですけど。
    ——————————-
    KOHAKUさん、ブログのほうさっそくおじゃまして、ポチッとさせていただいています。 清涼飲料全般にいえるようですけど、砂糖の量はハンパじゃないみたいですね。コーヒーには砂糖を入れないのにジュースになるとつい油断しがち。気をつけないとね。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、やっぱりそう思ってましたか〜。正解です。コークは同時に依存症になりやすいそうですね。コカインはさすがに含まれなくなったようですが、興奮剤はいくぶんあるようです。第二次大戦以来、前線の米軍兵士にはコークが配られていたようですから。
    ——————————-
    Junpeiさん、ダンナさまはお好きなようですね、コーラZero。嗜好品ですから、好みを変えろとはいえないものの、もしダイエットの効果を期待されているようでしたら、ちょっと修正が必要ですね。Junpeiさんの言う通り、ウーロン茶あたりがよさそうです。
    ——————————-
    おかみっちょんさん、コーラは国によって砂糖の分量が違うようですね。また、砂糖を多く含めば含むほど喉が渇くので、よけい飲んじゃうんだとか。こわいですね、悪循環。ジンジャーエールは何となくオトナな飲み物ですね。唯一、酒場で飲んでいいソフトドリンクといった感じで。
    ——————————-
    faithiaさん、ダイエットには適度な運動とバランスの良い食事、そのとおりですね。ジャンクフードもたまに食べるには仕方ないものの、依存するようになると体機能がいかれちゃいますね。 お菓子のパッケージ、ぼくもたまに懐かしくなって、熱く語ることがあります。
    ——————————-
    たまやんさん、三ツ矢サイダー、いいですね。「サイダー」ってひびきがいいです。イギリスの本物のサイダーとはちょっと違いますけど。ストレスもそうですが、食べ物こそは身体の調子を狂わせる元凶ですよね。健康が一番、そのとおりです。この資本は自分を決して裏切らないので。
    ——————————-
    maryさん、努力せずに痩せたい、ってのは万国共通。 でもダイエットには安易なダイエット食品より、規則正しい生活や運動、それからやっぱりまともな食事です。 さて「豊胸グッズ」が気になっているとのこと。あれって、本当に大きくなるんでしょうかね?
    ——————————-
    ニモさん、「カロリーオフ」食品のからくりを明らかにしないと、ちょっと安心して食べたり飲めたりしにくいですね。 もちろん、本当に後遺症のない低カロリー食品もあるでしょうが、気をつけるにこしたことはなさそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。