コンサバ・セクシー

オフィスが銀座のど真ん中に移って以来、視界に入り込む女性の割合が大きくなった。 銀座という場所は、あらためて女性の多い街なのだなあ、としみじみ思う。

ためしに男性と女性のどちらが多いか、昼休みをつかって数えてみることにした(わりとヒマですね)。
すると意外なことに、女性のほうが2割がた少ない。 これなら、渋谷や青山あたりのほうが女性の数はずっと多いのではないか。

ならばなぜ、女性が多く感じられたのか?

オフィスに戻る途中、そんなことをぼんやり考えつつ歩いてみて、はたと気づく。

「女性」を強く意識させる女性が多いのだ。 銀座は。

つまるところ、ファッションなのだ。
着ている服や、化粧。 歩き方やしぐさ、それらが漫然と女らしさを醸し出しているように見える。

おそらくそれは銀座という「器」がそうさせるのかもしれない。 おなじ畑でとれたキャベツでも、ツルカメ屋と明治屋とでは、格が違って見えるように、銀座もまた女性を格別なものにさせるのだろう。
そんな魔法が銀座には、ある。

もちろん、それだけではない。
そこにはなにかしら、「こうあってほしい」と男が望むファッションをまとっている女性が多いということだ。
スカートに白いブラウス、または襟付きのシャツ、ジャケット、ハイヒールといった、とてもベーシックなもの。 それ自体、奇抜なものでもゴージャスなものでもない。 ひらひらのフェミニンスタイルでもない。 乙女チックなものでは、さらさらない。
個性を主張せず、ぴしゃりと抑制され、知的でコンサバティブ。 実はそれこそが男にとってセクシーさを感じる部分である。

概して男たちは、自分の持つ経験値や感覚値からハミ出ない女性ファッションに安心するところがある。 生まれて初めて女性を意識する対象が、女教師やクラスの女の子、あるいは母親だったりするからかもしんない。 彼女たちが身にまとっているのはどれも、コンサバな服装である。 そのほうが、自分を受け入れてくれそうな安心感を抱きやすいからだ。

冒険よりも安心感、一般的な男は女性のファッションについてそう願う傾向が強いと思う。 女性から自ら脱いでくれそうな解放的なスタイルよりも、男が脱がせたいと思わせるような禁欲さ。
冒険はその服を脱がせたという達成感こそに、ある。

昼の銀座の街にはそんなコンサバ・セクシー系の女性たちが闊歩する。 日が暮れてみれば、こんどは一転、着物や背中が広く開いたロングドレス系の女性たちとすれ違うことになるのだけれど。

いやがおうなく女性が視界に入ってくる魔都、銀座。

それはさておいても、コンサバ・セクシー系はモテるはず。
社内でも、あなたを見る目が変わるはず(たぶん)。

■ 膝からジャンプ!

△ よくみると不思議な写真。ちびきちから人の足がはえ、それを左右の犬たちが支えています。(保育園にて)

男性の考える女性らしいファッションと、女性の考えるそれとは若干、ズレがあるように思います。 まあ、媚を売る必要はまったくないですけど、こんな世の中ですから、もう少しずつ歩み寄ってもいいのではと思いました
応援クリックとともに「OL,会社員/日記,雑談」へ!人気ブログランキングへ




9 件のコメント

  • 何をもって「コンサバ」とおっしゃっているのかピンと来なかったのですが、たぶんラフでフェミニンな服装より、ワイシャツとジャケットは仕事モード。つまり公共性を意識した「オン」な状態と言えるでしょう。
    もしかすると「オン」な状態が強いほど、なおきんさんは女性が魅力的に見えるのでは? 私がそうです。逆に「オフ」はプライベートな関係の時の状態。このオン/オフの差が大きい女性が魅力的なんです。
    内容は少し違いますが、いわゆる「ツンデレ」もオン/オフの差が大きい女性と言えるでしょう。

  • なおきんさんが銀座に出没なさっているなんて嬉しいです。銀座は私の一番好きな街なので。もしかすると将来すれ違ったりすることもあるかもしれませんね。いつになるか分かりませんけど(笑)。
    禁欲ファッションでも、イブニング・ゴージャス系でもないから目立たないかもしれませんが、こんにちは、って言ったら無視しないで下さいね。私はサバサバと365日ジーンズオンリー主義です。最近は、女性はスカートはけ、なんてセクシストのかたまりというか、セクハラぎりぎりの会社が出てきたりして、女性は女性らしく、男はできるだけスマートに見えた方がいいなんて傾向にあるんでしょうか。ま、なおきんさんのことですから、容姿よりは中身を重視して銀座を歩いて下さっていると信じていますが(笑)。

  • コンサバな格好が好きなんですね。
    セントラルには結構多いですよ。
    私は自由人なのでそんな格好はしたことないですが、
    以前少しの間教えていた語学学校で、「うちの学校は一流企業につとめる生徒が多いので、教えるときもビジネススーツで来て下さい。」と校長(カナダ人)に言われ、
    おおいに困ったことがありました。結局ちょっとフォーマルなドレスやパンツで行きましたが、土曜日だったので相手(フランス人)は完全にお休みモードでジーンズにTシャツでした。
    意味無いなと思いながら、土曜日は服選びに大変でしたよ。

  • 街行く娘さん達は、なぜにあんなに美しいのか?
    水面下での弛まぬ努力の賜物?
    おばさんは、時に目の保養をさせていただいております。
    女性のスーツも、パンツ率が高くなっていますよね。
    自分が若い頃は、スーツ=タイトスカート。(もしくは参観日スーツ)でしたが、今では「このセットは、パンツしかお作りしてないんです。」なんてこともありますし。
    チビの身としては、パンツスーツに苦手意識がありますが、正直、スカートよりも“楽”。
    男性陣からすると色々ご意見もあるのでしょうが…。

  • こんにちは!男性のコンサバスーツも素敵ですよ、脱がしてみたくなります・・・なんて(笑)「秘すれば花」ではありませんが見えないもの、隠れたもの、秘めたものを想像することが「美」や「エロ」につながるのでしょうね。コンサバスーツはエロポイント高いですよ・・・と少し前の記事コメントしそこなったので。それにしても銀座はいつの時代でも華やかなイメージですよね。

  • 昔、ダチと銀座のビアホール「ライオン」で待ち合わせしたんだが、待てど暮らせど来ない。しょーがねーからお先にビ−ルしこたま飲んで、いい加減酔っ払った頃にやっと来て、そのアホは「三越のライオンの前だと思った」だと!
    ケイタイのなかった頃のお話です。

  • ごめんなさい、懐かしくなったので、割り込みレスしちゃいます。

    私も、三越のライオンには思い出が。。
    待ち合わせしたのにすっぽかされたのが、1回。
    その代わりっていうので、後日同じ場所で待ち合わせをして、すっかり忘れてしまっていたのが、1回。
    この人とは、それっきり連絡が途絶えたような。。。

  • kenさん、一番ゲット、おめでとさまです!
    いえてます!オンとオフ、そのギャップが大きい女性は惚れないまでも気になりますね。 ツンデレにしても、期待と不安の間でゆさぶられる感触がいいのかも、ですね。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、「出没」どころか「出勤」です。そのうちばったりお目にかかるかもしれませんね。といっても、ぱりぱりさんがどんな姿なのか知らないですけど。365日ジーンズオンリーとのことですが、それはそれでいいのではと思います。基本は容姿より中身ですが、容姿によって中身が作られることも、やはりありますね。
    ——————————-
    Junpeiさん、香港ではセントラルやガムチョンの高層ビルに出入りするぱりっとした人たちは、それなりに好感度がありました。気取り過ぎが鼻につくこともあったけど(笑) 「自分も街の風景」と思えば、ある程度節度ある格好が望ましいですよね。たいへんですけど。
    ——————————-
    faithiaさん、「美しい街ゆく娘さん」それぞれたいへんな努力をされてるんだと思います。一発勝負の服や化粧だけでは取り繕えないですからね。やっぱり日頃の努力とライフスタイル、審美眼などでしょうか。パンススーツはスタイルを選ぶから、女性はスカート以上にたいへんなのではと思います。ごくろうさまです。
    ——————————-
    nicoさん、ぜひ脱がされてみたいですね(笑) 「秘すれば花」、まさにそのとおりですね。エロポイントは、見えるものに加え、ちゃんと想像力の領域もちゃんと確保されていることが大事な要素ですから。ザギンはかつてよりお店がずいぶんリーズナブル。質はそれほど落ちてないんですけどね。
    ——————————-
    じゅん爺さん、わははは!ありそう!三越のライオンとの勘違い。ケータイのない時代はこんなふうに、いつまでも修正できない誤解や勘違いには悩まされましたね。まったく。
    ——————————-
    kenさん、なるほど「クラッシィ」ですね。時代によって共有できるニュアンスが微妙に異なってしまいますね。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、ああ、ここにも犠牲者が(笑)それにしてもせつない勘違いでしたね。今では考えられないレベルのすれ違いも多かったことでしょう。だからこそ待つばかりの恋愛でないトレンドがあったような気がします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。