初恋とケータイ

f:id:naokin_tokyo:20090801035225g:image

 

恋人との待ち合わせ時間。
20分待っても相手は来ない。
あなたならどうしますか?

 

おそらく、ケータイをとりだすのでは?
いや、とっくに握りしめているかもしれない。

 

あるいは待ち合わせ時間に20分ほど遅れそう。
あなたならどうしますか?

 

やはり、ケータイを操作するのだと思う。

 

いまとなっては、なかった時代が信じられないくらいにケータイが生活にとけ込んで久しい。 それ以前では、待ち合わせ時間との空白の20分は「ひたすら待つ」か「あきらめて帰る」以外に、さしたる手段はなかったのだ。
どちらも心理的にきついものだ。
待つほうも、それから待たせるほうも。

 

ケータイの普及はその後のライフスタイルを変えていったし、男女の恋愛スタイルもずいぶん変わった。 それがあまりにもあたり前になったので、ケータイがなかったころはどうしてたっけ?と思い返さずにはいられない。
ケータイが普及し始めてはや15年。 こうなるともう、そもそもケータイ以前の思い出がない世代だって少なくない。

たとえば、ぼくがはじめて恋をしたのが15のとき。
そして、はじめてケータイを手にしたのが31のとき。

夜中に突然、好きな人へ想いを伝えたいと思ったところで、その手段を持たなかった。 電話をかければ彼女の親が出るかもしれないし、メールなど望むべくもなかった。
ただ月夜を見上げ、同じ月が照らしているはずの彼女の部屋をそっと想うしかなかったのだ。 「星に願いを」「月に願いを」である。

 

f:id:naokin_tokyo:20090801035249j:image

 

前述の「待ち合わせ」についても、ずいぶんすれ違いがあった。 それでダメになった恋もあれば、同時に愛を深めることもできた。 自分がいかに相手を愛おしく想っているか、自覚できる時間がそこにあった。

多感な時期を、そのように過ごしてきた経験は尊い。

 

ケータイは恋愛ツールとしてありがたい存在である。
出会いを増やし、機会を拡大生産することができる。 少なくとも「すれ違い」を減らし、想うしかない時間を減らしてくれる。
けれども「ケータイなし恋愛」15年のベテランから言わせてもらえれば、「物理的なつながりは精神的なつながりを強くさせない」ということだ。

 

「なんですぐに返事をくれなかったんだ」
そう恋人をなじるひとは少なくない。 ともすれば恋人たちは、互いの愛を相手のレスポンスで測ってしまいがちだ。 容易に拘束しあう手段を与えてしまう。 そのことで相手に疲れ、相手を疲れさせてしまう。 結果、倦怠を催させ、恋愛の賞味期限を短くすることもある。

結局のところ、便利なツールは、人に深みのようなものを残してはくれないのだろう。
恋愛ならばそこに「ため」が生まれない。 「ため」は耐性を育て、恋愛力を強くしたはずなのに。
そもそも愛とは本来「相手を許す」ことではなかったか?

 

もちろんいまさら、ケータイがなかった時代が必ずしもよかったとは思わない。

だけどケータイによって生み出された時間より、失われた時間のほうが大きいのではないか?
などと思ってみる。

 

ケータイのなかった時代もあんがい悪くなかった、と。
いまでは得られない自由だって、そこにはあったのだ。

 

ケータイやネットはぼくたちのライフスタイルを一変させました。いい意味でも悪い意味でも。キレイな花にはトゲがある、便利なものにもトゲがある。それを見定めるのが大人の分別なのかもしんないですね
よろしければ応援クリックをお願いします人気ブログランキングへ




15 件のコメント

  • 私は携帯電話を絶対に持たないと決めて、息子が保育園に行くことになるときまで、持っていませんでした。人から拘束されるのが嫌いなので、携帯電話は苦手です。携帯電話の存在は、人を疑う人間を増やしているとも思います。「携帯を持っているはずなのに、何で電話にでないの?」と。浮気をしているにしろ、していないにしろ、連絡の手段がなければ、知らずにただ待つことも出来たのに、携帯の証拠だとか、家で隠れてテキストを打ってる姿を見かけたとか・・・相手を疑い始めたら限が無いような状況に、私たちを陥れているのも携帯のせいだと思います。相手を思っている時間、相手を思いやる時間って大切ですよね。いつでもどんな時でも電話をして自分の気持ちだけを満たそうとする行為はなるべく避けたいものです。

  • はじめまして同感です。
    かつて昭和のアイドル郷ひろみさんも歌ってました。
    逢えない時間が愛育てるのさ  目をつむれば君がいる・・。
    そのとうり  今どこ?っていちいち聞いてくんな〜

  • ケータイで生まれた時間と失われた時間。あまり考えたことなかったです。
    外向きのコミュニケーションはものすごく活発になった一方で、内向き、つまり自分の内面と向き合う時間が減ったのではないでしょうか。
    失われた時間、これから取り戻していきたいです。

  • はじめまして。
    >ケータイのなかった時代もあんがい悪くなかった
    私もそう思います。
    相手のお家に電話をかける時のドキドキ感。今でも思い出します、手に汗握ったりして・・・。
    恋に限らず「ため」、「間」はとても大切。
    なんでも急げはいいってもんじゃないですよね。

  • 携帯の一昔前は『ポケベルが鳴らなくて…♪』なんて歌もありましたよね。(古っ!!)

    高校時代の友達とは、未だ最低月一回は手紙でやり取りしてます。
    直筆の文字から受ける感情みたいなのがいいです。

    別の友達は携帯から浮気がバレて離婚。

  • こんばんは。はじめまして。いつも楽しい記事を拝見させていただきまして有難う御座います。

    私は経済的に悩んでいる方を真剣にFXで、良い人生を歩めるお手伝いが出来たらと願いサイトを運営しております

    http://metatrepro.seesaa.net/

    ここのところ、こちらのサイトを拝見しておりまして、是非とも相互リンクをしていただければ光栄と思っておりました。

    宜しければ、仲良くしていただけたらと思います。

    将来が不安定と思っている方にも、良い刺激を感じていただけるのではないかと思っております

    どうぞ宜しくお願い致します

  • 君待つと 我が恋ひ居れば 我がやどの 簾動かし 秋の風吹く(額田王)
    ケイタイは風や月を追放したのかもしれんな。
    君待つと ライオン前に 恋ひ居れど ビールの泡の 風と消えぬる(じゅん爺)
    チョーヘター(恥)

  • 最近、携帯の番号を変えました。一方的で機関銃の引き金ひきっぱなしのようなテキストを辞めない人がいたから。「こういうテキストはほしくない」「夜11時をとっくに過ぎてて迷惑、家族の危急の状態かと思うでしょう?」「どうして会ってからとか、せめて電話でお互いの声と意志を確認できないんでしょうか」などと、私は、テキスト送るのもう辞めて、と断固拒絶の意思表示をしたのですが、世の中自分の意見に同意してくれる人ばかりじゃありませんね(苦笑)。何度でも送るぞ〜、みたいな暗い人柄を感じたので(2人いたんですよ)、すみやかに番号を変更しました。これからは、携帯持ってない、と言う機会が増えそうです。ジャンクばかり送られてくると、本当に重要なメッセージが掻き消えてしまうんですよね。ケータイって、使う人の性格出ますよ(!)あ、この件恋愛とは関係ないです。
    そうそう、恋愛とケータイの関連性、あるかもしれませんね。どっちも手早く終わっちゃうとか。ケータイが役に立つのって、待ち合わせ場所と時間の確認だけかな、と、経験者いわく(笑)。あの腹立たしいライオン野郎(爆)。とか言っても、最後は私が待ち合わせ忘れてしまったんですけどね(笑)。私がチョー若い頃の話です。

  • はじめまして。いつも楽しませていただいています。
    仕方なく携帯をもつようになり10年になりました。最初は拘束感などが嫌でしたが(いまでも嫌です。とくに仕事関係の着信音は)便利さには勝てないかなというのが実感です。
    昭和の女なので好きな人の家に電話をかけるときのドキドキ感、かかってくるのを待つ時のせつない気持ち、着信音が鳴るとあわてて出たり、お風呂に入る時はできるだけお風呂の近くまで電話(もちろん黒電話)をひっぱっていったり…。今も思い出します。携帯を持つようになった今でも同じような気持ちになるのはそういう経験があるからでしょうか。

  • こんにちは、なおきんさん。
    昨日、人と待ち合わせをしました。
    時間になって、待ち合わせ場所に行っても、まだ来てなくて・・あれ?場所間違えたかなぁ?時間違ってたかなぁ?車でしたので、ぐるぐる回ってるうちに、すれ違いで、結局最初の場所が正解でした。その数分のあいだ、色々考えますよね、それがはじめてのデートだとしたら・・もう二度とあえないかもしんない・・とか、嫌われたかもしんないとか。。色々考えて、どうしようとせつなくなったり。。でした。今の子は、待ち合わせの場所も時間も決めないんですよ。だいたいの場所と時間だけ。。だそうです。で、その時が近ずくと、「今どこ?」から始まるんです。。便利だけど、どうなんでしょうか?

  • naokin_tokyo 2009/08/03 14:22 ぷうさん、一番ゲットおめでとさまです!
    携帯電話は「人を疑う人間を増やした」という説は、ある意味なるほどですね。 確かにケータイのおかげで浮気はしやすくなった一面はあるし、これに伴い疑惑も増えたでしょう。仕事ならば担当者がつかまりやすくなったという面と、いっぽうどこにいてもつかまってしまうという負の面。せめて防犯では、明らかに貢献しているとなるといいんですけどね。
    —————————————-
    しんさん、初コメント、ありがとさまでした!
    そうそう、いいですよね「逢えない時間が愛育てるのさ  目をつむれば君がいる♪」ぼくも大好きなフレーズです。焦燥感は、たしかに愛を紡いでくれましたね。
    —————————————-
    kenさん、おそらく恋を意識したころにはすでにケータイを持ち歩いていた世代かと思います。 言われているとおり、意識して自分と向き合う時間を作りたいものです。ケータイはひとまずオフにして。
    —————————————-
    nonoさん、初コメント、ありがとさまでした!
    気軽にかけられないぶん、しっかり相手を想いながら会話の内容をシミュレーションしてましたよね。親が出たらこう言おうとか。 あの時間と労力は決して無駄ではなかったはずですよね。
    —————————————-
    faithiaさん、ケータイでコワいのはその人の行動履歴が一目瞭然、ということ。そりゃ浮気だってばれますね。最近のは位置情報までわかっちゃうし。「ポケベル文化」は当時の日本にしかなかったので、残念ながらぼくはビハインド、しくしく・・。手書きのやりとり、いいですね!
    —————————————-
    mt4proさん、プロモーションごくろうさまです。でも、単なるコピペではなく、ひとことでもオリジナル文章を書きくわえる工夫が必要だと思いますよ。特にここの読者はリテラシーが高いので。
    —————————————-
    じゅん爺さん、ステキな詩(うた)をありがとうございます!下手じゃないですよ。ここのコメント欄がぐぐっと奥まる感じがしますね。>「ケイタイは風や月を追放したのかもしれんな」<なんて深いんでしょう!
    —————————————-
    ぱりぱりさん、いろいろあったんですね。一人でも大変なのに二人も!! 深く同情します。番号を変えることで大事な人たちにむしろ不便をかけると思うと、なおのこと残念ですよね。どんなに便利なツールが出てきても、けっきょく扱う人によりけりですよね。
    —————————————-
    すだちさん、初コメント、ありがとさまでした!
    ぼくも同じ気持です。 ケータイだけど固定電話と同じような気持ちで電話をかけたり、かかってくるのを待ったり、ね。なんというか「せつない想い」のようなものが電話の周りにふんわり漂っているあの感じですね。子供に家の電話のコードを長くしてとせがまれるとき、親は「この子はいま恋をしてるんだな」としみじみ思っていたもんです。ビバ、昭和!
    —————————————-
    ニモさん、そもそも電話で「いまどこ?」という第一声がまず、いまだに違和感がありますよね。それから相手の家電話にかけるとき、別の人が出るからこそ電話のかけ方だって学べたわけですからね。待ち合わせは悩ましい、けど、便利じゃなかったぶん、人間力は高まる感じが、ひいき目にみてあったような気がします。

  • 携帯電話。僕が大学生の頃から持ち始めた友達が増えました。もっともその頃は通話料金も高かったので、ぼくなんかはPHSでしたけどね。

    それでも持ち始めたときはちょっとした優越感に浸ったものです。でも、そんなに電話がかかってくるわけでもないし、こちらから電話をするわけでもない。むしろかかってこないことに対し、自分って友達がいないのかな、なんて余計な気持ちも出たりしました。

    今はその気持ちもなくなりましたが、小学生や中学生、高校生はそれで友達の深さや絆を測っている感じですよね。
    メールにはすぐ返事をしなきゃいけないようですし、それをしなかったらイジメの対象になっちゃうみたいですし。

    携帯電話やメールの普及によって、良くなった面も多いと思いますが、相手に対する思いやりであるとか、気持ちの伝え方は下手になっていっているような気がします。

    僕もますます低下している1人かもしれませんけど(笑)

  • 待つことに慣れている、というか、待つことが嫌いでないワタクシです。

    必要に迫られて携帯電話を持つようになりましたが、スケジュール管理やメモ、ネット接続の利用の方が多いです。
    メールは手紙を書くように推敲を繰り返すので、業務返信以外は亀レス。
    携帯電話での会話も苦手です。
    そんなワタクシの彼は携帯電話を持っておりません。

  • Benさん、初コメント、ありがとさまです!
    ごめんなさい、スルーしてしまってました。申し訳ないです。文章も長くてすみません。これでも下書きしたものをだいたい3分の一から半分に削ってアップしてるんですけどね。日々精進します。
    ————————-
    Mu_ne_2さん、おひさしぶりです!
    ケータイに関してはよくもあり悪くもありで、ひとことで語るにはテーマが大きすぎますが、手軽さを気軽さと混合してしまうと、相手に迷惑だったりしますね。ケータイは手軽なツールでも、通話する相手は生身の人間。いま一度戒めたいものです。自分も含めて、ね。
    ————————-
    もぐさん、待つことを「味方」にできている人は強いと思います。時代がどうあれ、景気がどうあれ。世の中はスピードを要求していますが、スピードはかえって人を怠惰にさせる性質があることを忘れてはならないでしょうね。ケータイを持たない彼はカッコいいですが、不便はないですか?
    ————————-
    nokoさん、先日のコメント返し、HNをまちがえて「nonoさん」にしてました。ごめんなさい!以後気を付けますので、これからもよろしければコメント残してくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。