魅惑の肉球

全国の肉球(にくきう)愛好家のみなさん、こんにちは。

女性なら男性の手に、男性ならば女性の足に、並々ならぬ魅力を感じる人は意外と多い。 それと同じ嗜好かどうかは別にしても、犬や猫の肉球がたまらなく好き、という「肉球ファン」はけっこういらっしゃるのではないか。

そう、あなたやこのぼくのように。

そんなあなたは、「ひざまづいて足をお舐め」 には拒絶できても、「ひざまづいて肉球をお舐め」といわれれば、つい自制心を失ってしまうことだろう。 ハイヒールで踏まれても「痛いだけ」なぼくでも、肉球で踏まれれば「女王さま」とおねだりしてしまうように。

というのは半分冗談だけど、なにかしら肉球には人を癒す平和なオーラが漂っているように思う。 生乾きのコンクリートの上を歩いてしまったのだろう猫の、点々と残る足あとについ頬が緩むのもきっと肉球のなせる業だ。

肉球ファンならばおさえておきたい基本、今回はそのことについて触れたいと思う。

まず肉球は3つのパートからなる。
人の指にあたる『指球(しきゅう)』、手のひらにあたる『掌球(しょうきゅう)』、そして前足には『手根球(しゅこんきゅう)』があって、座るときに前足を痛めないよう肘掛けの役目を果たす。

さらに犬の肉球についていえば、前足のほうが後ろ足よりも広く大きい。 これは、何度も足もとの安全を確認せずにすむように、前足の踏んだ安全なところを後ろ足も踏んで歩くからなんだそうだ。 さんぽの時ちびきちを観察してみると、ちゃんと前足が踏んだ場所に後ろ足を運んでいた。教えた覚えはないのに(あたり前だ) いつの間に学んだんだろう?。

また、肉球はちゃんと汗をかく。 汗腺があるのだ。 かさかさに乾くと弾力性がなくなるしひび割れてケガのもとになるから、汗で湿らせこれを防いでいる。 そして臭線。 かぐわしいポップコーンのような匂いのもとはこれだ。 これが歩いた場所に残り、縄張りのマーキングになるのだ。

ちびきちはあまり毛繕いはしないけど、肉球ケアにはけっして余念がない。 寝る前はもちろん、暇を見つけてはぺろぺろと舐めている。 10分も20分も入念に舐め続けている。 ここが荒れたりケガをすれば、大好きなさんぽやかけっこが出来なくなることを、ちゃんと知っているのだ。


△ まずは前足を・・・


△ 舐める舐める


△ それから後ろ足も、舐める舐める

こんなふうにしてちびきちは、肉球を唾液でちゃんと湿らせてから眠るのだ。 だから、たまにぼくが寝ているちびきちの肉球を撫でたりつまんだりすると、起き上がってもういちど最初から舐める。 そんなちびきちを見て、すまないなあと思う。 でもさわらずにはいられないのだ。 さわればやっぱり、ちびきちは不機嫌そうにちょっとだけにらむ。 ぼくはひるむ。
さながら倦怠期を迎えた妻にナニを拒まれた夫のように。

それにしても肉球の臭線
フェロモンとかもでてんのかな?


△ 四肢の肉球、一挙公開!(うしろのリスさんも同ポーズ)


△ 前脚の肉球、アップ公開!

しあわせは肉球のぬくもり
応援クリックお願いします人気ブログランキングへ




13 件のコメント

  • あたしも、ラブ、肉球です。猫の肉球も、柔らかくて、プニプニしてて、ちょっとひんやり感もあったりで、もー、たまりません(笑)。

  • わー、かなり嗜好性の高い記事ですねー。なおきんさん、匂いまでかいでしまうなんて。。おそるべし。
    ねこは、草を食べて毛玉をはくでしょう、犬も毛玉を吐くのか知りたいです。

  • ↑ 私なにか誤解していたかも知れません。猫は肉球舐めないで毛を舐めるから、毛を吐く。犬は肉球舐めて毛を舐めないから、毛を吐かない。これでいいんでしょうか?

  • えぇ。えぇ。肉球 大好きです。サイドのブログパーツもお土産させていただいてますし。
    揉む なんてのは当たり前。匂いだってガンガン嗅ぎます!
    なおきんさんがちびきちくんの肉球のニオイを嗅ぐ ってのはちょっと意外でした。
    想像すると ニヤけちゃいます(# ̄ー ̄#)ふふ。

  • 押すと爪が出るトコが好きです。でも家には犬も猫もいないので思う存分触れないんですけども。

    肉球好きな私のため?のエントリーかと積極的に勘違いしておきます(笑)

  • こんばんは!肉球のこと初めて学習しました!それにしてもなおきんさん、寝る準備をした後で肉球に触るのはやめましょう!迷惑です。(いや、それが大事なコミュニケーションになっているのか?)

  • 仮眠はとられましたか?
    下手に寝ると、頭痛になることとかないですか?

    肉級のポップコーン臭を嗅ぐたびに『今日も元気に一日過ごせたんだね♪』という、ほんわかした気持ちになれます。

    ナニは断られないよう、リードするとか。
    断る側も上手に…ってソコはスルーしなさいって!?

  • こんばんは。
    ごぶさたしています(が毎日拝見しています)。
    肉球、大・大・大・大・大好きです!!!!!
    亡き愛犬はロングヘアだったので、肉球の間の足毛を
    きちんと刈り込むのは私だけに許される仕事でした。
    キレイに刈り込んだ肉球をクンクンするのは至福のひととき。
    亡き愛犬の肉球のかほりは3年半たっても忘れません。
    ちょっと焦げっぽい、ひなたのようなかほりでした。
    愛犬亡き後は六福家のワンコたちの肉球のかほりを
    クンクンさせていただいています。←変態?

    ところで「ココログニュース」でもなおきんさんの記事が
    紹介されてますよ。
    「民放テレビ実は国営?」というタイトルです。

  • まぁた来ぃたわぁ〜ん(笑)

    ウチの黒猫ちゃんたちは肉球をマッサージされるのが大好きなのよ。
    ひょっとしたら肉球と肉球の間の皮膚が痒いだけかも知れないけれどね。
    前足の肉球をプニョプニョしたら、後足を宙に舞わせてヘロヘロさせんのよぉ。
    面白いわよん。

  • 自分は猫好きですが、肉球はダメなのです。
    若干張りのある薄い皮の下にジェル状の柔いもの‥‥
    押したらプチっと破れそうな感触で、
    「うわああぁぁぁ‥‥」という気分になってしまうのです。
    見るのは好きなので、肉球はもっぱら鑑賞用ですね。

    よく考えたら毛の少ない犬や猫のお腹なども苦手なので、
    おそらく、薄くて柔くて無防備なものに対しての
    「ちょっとした事で簡単に壊せてしまうのだ」という
    恐怖感なんだろうな、と思うのですが。

    並み居る愛好家に混じってこんなこと書いてるのも
    どうかと思いますが、いろんな人がいるもんだということで
    どうか、ひとつ。

  • nekoちゃん、一番ゲット、おめでとさま!
    お久しぶりだけど元気ですか? 大学院のほうも忙しそうだけど、どうかムリをしないでね。さて肉球、感触は猫のほうが柔らかくて好きなんだけど、犬はなんといっても匂いがイイ。なんてことを書いてると「フェチ男」なんていわれそうだけど。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、はい、匂いは大事な要素です。犬も、そして女性も(笑)。さて、犬のすべてが毛づくろいしないかどうかはわからないんですけど、少なくともうちの犬は毛をなめないから毛玉をはくこともないですね。おかげでブラッシングが大変です。
    ——————————-
    おかみっちょんさん、ええ、知っていましたよ肉球好きってことは(笑)。お互い好きものですね、ふふ。 肉球に限らず、ちびきちのにおいは好きです。とくに首の後ろのところ。散歩から帰って、日向くさくなっているころを見計らってクンクン嗅ぐと、なんだか幸せな気分になります、ふふ。
    ——————————-
    ちぃさん、「おすと爪が出る」のは猫が顕著ですね。ああ、それもいいですね。犬の場合は最初から爪が出ているからちょっと残念。 ご想像通り、ちぃさんの肉球好きを見越しての記事です。喜んでいただき光栄です。
    ——————————-
    ぷうさん、なんというか「ベッドに入ったとき」というのは、やたら人肌が恋しくなるもの。「こうなりゃ、犬でいいや」というわけじゃないんだけど、なにかしら柔らかいものを触っていたくなるのです。迷惑でしょうが。
    ——————————-
    faithiaさん、仮眠どころか当日、東海道新幹線は運休が相次ぎたいへんでした。ポップコーン臭に癒されて眠れば、短くても深く眠れます。 ナニは断られるとさらに燃えてしまう性格。やっぱり迷惑でしょうね。
    ——————————-
    Keiさん、おひさしぶりです! お元気でしたか? 毛を刈りこんだ肉球は、また一段となまめかしいものですね。六福亭では肉球の香りを堪能する余裕はなかったけど、大勢にかこまれると楽しかったなあ。「ココログ」の件、事前に記者から連絡がありました。アクセスランキングもトップだったようで、びっくり! ていうかコワいですね。
    ——————————-
    ティーママ、おひさでっす! 猫にとっては性感帯かもですね? 女性もてのひらをマッサージしてあげると喜ぶしね。「両足を中に舞わせてヘロヘロ」とまではいかないでしょうけど(笑)
    ——————————-
    KUさん、コメントありがとさまです! そうですか、肉球、苦手でしたか。 確かに言われてみれば、プチっと中身がでちゃうホラーなことを想像すれば、そうとう怖いですよね。でも柔らかくて薄くてデリケートなものをいたわる心情がなせる業かと、KUさんはきっと心がやさしいんでしょうね。肉球愛好家のかたたちも、あまりちからいっぱいもみほぐさないように注意しましょうね。

  • ヒトの足の臭いなんて嗅ぎたいとも思いませんが(爆)HARUの肉球のにおいなら、アロマテラピーとしてイケます!
    肉球ってコチョコチョしてもくすぐったがらないですよね(^^)
    ちびきち君の寝姿、すっごく可愛いですね〜!!
    でも、きっとこの寝姿がヒトだったら・・・(;一_一)ため息とともに見つめることになるんだろうなぁ(爆)
    やっぱり彼らはとっても可愛いですよね、どんな時でもどんなことしてても(*^v^*)

  • HARUママさん、ぷちおひさです!
    そうですね、人間の足の臭いはぼくも勘弁願いたいです。人間はともかくとして、臭いにしても寝姿にしても犬猫たちはどうしてこんなにも愛らしいのでしょうね。まあ、ステキな女性なら同様に愛らしいのでしょうけど。

  • KU にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。