充電池は使い切って充電する?

ノートパソコン、アイフォーン(iPod)、ケータイ電話、ワイヤレスヘッドセット、デジカメ、電動歯ブラシ、電気シェーバー、ニンテンドーDS・・・ 
気つけば、ぼくのまわりはモバイルギアだらけである。

それに伴い、充電器やACアダプターの類いも、部屋にオフィスに至る所に散乱している。 たまに使わなくなった古い機種の充電器もまぎれていて、もうどれがどのデバイスであったかわからなくなるほどだ。

だれもがひとつやふたつ、多いひとなら10個以上はこうした充電池(充電式電池)製品があるにちがいない。 今どき充電池なしの生活なんて考えられないのだ。 10年後には「クルマは充電するもの」という感覚だろうし、すでにヒト型ロボットが自分で充電している姿だってみられるかもしんない。

繰り返し充電して使えるバッテリーも、消耗品である。
一定量充電すれば、たちどころに蓄電できなくなる。
使用頻度と充電回数にもよるけど、たいてい2〜3年でまともに充電が出来なくなる。

そうなると買い替えなくちゃならない。
けれども充電池ユニットは意外と高い。 なかでもパソコンの純正バッテリーは特に高くつく。
安いもので1万円、高いものだと3万円くらいする。 少し追加すれば新しいネットブックパソコンが買えちゃうくらいだ。

だからたいていのひとは、慎重に扱おうとする。
「バッテリーは使い切ってから充電するほうがいい」と信じ、無くなるぎりぎりまで使ってから、あわてて充電しているひとも多い。

実はこれ、あまり意味がないです。
むかしのニカド電池ニッケル水素電池ならともかく、さいきんのほとんどのデバイスで使われているリチウム電池には「メモリー効果」がない。 つまり途中で充電してもバッテリーの劣化は起こらないのだ。

それよりバッテリーの大敵は寒さであり熱さである。
充電池をもっとも消耗させるのは、電源アダプターをさしたままノートブックパソコンなどをつかっているときだ。 リチウムイオンは過充電は必要以上に熱を発し、電池の消耗を早くする。

「一年で使えなくなっちゃった」
という経験のあるひとは、電源ユニットをさしたまま使用していなかったかどうかチェックね。

「使用中は電源ユニットは抜いておき、充電完了後は電源ユニットをぬいておく」

これが大事。

どうしても電源をつないでないと安心して作業できないってなひとは、バッテリーユニットを本体から外しておくといい。
充電池は正しく使って、できるだけ長持ちさせたいですね。

減り始めてわかる、バッテリーはなが〜いともだち!
応援クリック、いつもありがとうございます人気ブログランキングへ

5 件のコメント

  • そんなこと知らないまま使ってました。
    電源つながっていないと安心できないので、早速バッテリーユニットをはずします。

  • こんにちは!バッテリーのこと・・・知らなかった。さっそく抜きますが・・・。もうかなり消耗しているだろうな。知らなかった自分にがっかりです。

  • なおきんさん、はじめまして。
    以前香港に住んでいたときのギタリスト&ビジネスマンの友人から「イラ写」を教えてもらい、GoogleReaderに登録して読み続けています。いつも楽しい記事をありがとうございます。

    バッテリーの件、知りませんでした!
    Macを使って2年ですが、気づいたら、どっぷりMac生活でした。
    バッテリーのこと、MacBookが大切で大切で、バッテリーも使えば消耗するからと、ほとんどいつも電源に繋いで使っていたので、今回の記事を読んでびっくり。早速電源を外しました。

    考えてみたら、子供のDSなんかはいつも電源を外してますが、彼らはバッテリーの充電回数のことなんか心配せずにガンガン遊んでますモンね。

    これで僕もMacBookをもっと自由に使いながら仕事を続けられそうです!

    とっても役に立つ情報をありがとうございました!!!

  • でも、ひとつ悩みがあって、MacBookの場合、机に触れるクッションがバッテリーに付いてて、バッテリー抜くとプラスチックの端の部分が直接机にガリって当たる感じがするし、重心おかしくなるし、パームレストに手をおいた時ちょっとだけガタッてなる感じが我慢できなくて、バッテリー入れたままにしてます…

  • ぱりぱりさん、一番ゲットおめでとさまです!
    バッテリーって日常生活に当たり前に存在するわりには、利用方法が盲点だったりしますよね。 実を言えばぼくもバッテリーを短命に終わらせてるんです。気をつけたいですね。
    ——————————-
    ぷうさん、いやほんと、知らないことはコワいですね。ぼくなんて、完全充電+完全放電さえしていれば長持ちしていると信じて、そのためにずいぶんめんどうなことをしてしまってました。いまからでも遅くないと信じて、いたわってあげましょう。バッテリー。
    ——————————-
    takaxtakaさん、初コメント、ありがとさまです!
    そのギタリストというのは、たまにプロフ写真に(半分だけ)顔が出ているあの方でしょうか(笑) 同じMacBookユーザーですね! リチウム二次電池は過充電は天敵なので電源プラグははずしましょうね。デジカメやDSの電池が比較的長持ちするのは、バッテリーを本体と切り離して充電できるからでもあります。 てなわけで、MacBookにはいつまでも元気で働いてもらいましょうね。
    ——————————-
    kenさん、MacBookはAppleのポリシーもあって、バッテリーユニットは常にセットされた形で使うことを前提にしてありますね。(ぼくのAirもそうだけど、MacBook Proの現行モデルはバッテリーユニットが本体と切り離せなくなってます) なので、「使用中は電源プラグを抜く」ことを心がけましょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。