もっこりまったりマッコリ

ビールが苦手なぼくは、たとえば宴会ではたいていまわりと違う飲み物で乾杯している。

居酒屋では焼酎かハイボール、イタリアンやフレンチでは白ワインかシェリー酒。 バーではご存知ジャックダニエルズ。
そして焼肉屋ではマッコリが多い。

マッコリを飲み始めたのはちょうど香港に移り住んだ時期と重なるから、もうすぐ10年になる。 マッコリ、ぼくはまずその語感が好きだ。
まったりとモッコリの間。 なんだかくつろげる気がしてくるではないか。

もともとぼくは濁り酒が好きである。 ふだん飲まないビールも、ミュンヘンヴァイツェンビールはよく飲んでいた。 発酵途中の酵母が濃厚で、なんとも香ばしい味がするのだ。 悪酔いするから注意が必要なんだけど。

香港でマッコリを注文すると、店員から変な顔をされることがあった。 知り合いの韓国人からは「これって、老いた労働者の飲み物よ」とからかわれた。「あなたまだ若いのに」と。

たしかに労働者の飲み物かもしれない。
韓国では「100mlで10円するかしないか」で、ものすごく安いのだ。 原料はもち米やうるち米、麦、小麦粉などを蒸したものを、工事と水を加えて発酵させたもの。 どれも農村でも好きなだけ手に入るから、農民が自分たち用に醸造していたといわれる。

安くて栄養豊富。 アルコール度も低い(6〜7%)。
約10種類のアミノ酸に自然発酵した乳酸菌やタンパク質。 食物繊維やビタミンも多い。 ちょっとした栄養剤並みである。
焼肉と一緒に飲めば、タンパク質の吸収に役立つし、消化を助け腸をキレイにする。 便秘にもよさそうだ。

このマッコリが昨年度から韓国でブームなのだそうだ。
おりからの不景気もあり、中年たちの間では比較的低予算な国内登山が流行っているという。 マッコリは山頂で飲むとまた格別なのだとか。

不景気と健康志向が相まって、若い女性もマッコリが飲まれるようになったという。 メーカーもこれに乗じて、ワイン味やウメや梨など、さまざまな派生品を開発しては市場に送り込んでいるのだとか。
うーん、派製品も飲んでみたくなったぞ。

次の焼肉ではあなたもぜひ!

4年半前、はじめて「人気ブログランキング」に登録したときは5万ブログでしたが、いまはなんと70万ブログを超えるほど巨大に!すごい参加数ですね!
応援クリックいただくとうれしいです人気ブログランキングへ




3 件のコメント

  • 自称 下戸のワタクシがスイスイいけちゃうオソロシイお飲み物です。

    老いた労働者のものでしたか。ナルホド。

  • 私も韓国料理屋でよく飲みます。
    牛乳パックみたいなマッコリも食材屋で手に入るので家でも飲みますよ。
    飲みやすいしあまり酔いませんよね。
    老いた労働者のものなんだ。日本でいえばドブロクって感じですね。
    マッコリより韓国料理が食べたくなってきた。

  • なおきんです。今回のお題、さすがに紡ぐコメントが見つかりにくかったかもしんないですね。本来は「自分の好きなお酒はこれ!」的な展開になればいいなあ、と思ってました。すみません。
    ——————————-
    もぐさん、一番ゲットおめでとさまです!
    ちょっとした「大人のカルピス」的な味わいですよね。日本でも、かつて焼酎は労働者向けの安酒というイメージでしたが、今はおしゃれでヘルシーとイメージとともに常飲人口が増えましたよね。マッコリもそんな感じで本国で見直されているようです。いいものは、やはりいい。ってことですね。
    ——————————-
    Junpeiさん、そうそうドブロクですね。まさに。 それからたまにマッコリが飲みたくなるのは、「うまい韓国料理がたべたくなった」の条件反射なのかもしれません。それだけ自分の中では、両者はセットになっているようです。ところで豊園、引っ越しリニューアルしたんですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。