ついに出た Wii Fit U

始めても、長続きしない性分である。
ジムも通ったが続かなかったし、自主トレ系は効果が出る前にやめてしまう。そんなぼくがもう6年近く続いているのが Nintendo Wii Fit である。これをきっかけにヨガを始め、これまでしたことのない種類の筋トレをするようになった。自分の身体の動きが感知され、記録されるという新しい経験に夢中になったが、どうせすぐ飽きるだろうと思っていた。

ところがこれがそうでもない。
インストラクターのお姉さんの掛け声に合わせてカラダを動かすと、なんとも気分がいいのだ。伸ばし、ねじり、バランスを取り、反復する。お姉さんは、よければホメてくれるし、でなければダメ出しする。コンピュータだとわかっていても、これが心地いい。流れるBGMもポジティブな気分にさせる。関節をリンパがどぉーっと流れる感じや、ポキポキと骨や関節の歪みが矯正される音が小気味いい。

Wii Fit を買ったのは2007年の暮れ。途中、Wii Fit Plus にバージョンアップした。はじめのころは面白くて毎日やっていたが、そのうち週に2〜3回に落ち着いた。1回あたりだいたい30分程度である。それを約6年間続けた。一回にかける時間こそ「やらないよりマシ」程度かもしれないけど、時は金なり。習慣は力である。やらなかったら今の体型と姿勢にはまず保てなかっただろう。

筋肉隆々という目に見えるアウターマッスルではなく、Wii Fitインナーマッスルをひたすら鍛えるしくみになっている。アウターよりインナーのほうが毛細血管が多いから、より多くの酸素を必要とし、より多くのエネルギーを消費する。つまり基礎代謝を増やし、基礎体温を上げる役目を果たす。太りにくいカラダにしてくれるのが Wii Fit というわけだ。

先日、上位機種である Wii Fit Uが発売されたことを知り(ソフトウェア自体は無料になった)、さっそく購入した。3万4千円もしたが、効果を思えば安いものである。家族がいるならひとりあたりコストは更に安い。パッケージの中にはフィットメーターという歩数計がついている。歩数や消費カロリーといった日々の身体ログが記録され、本体とシンクロさせて全記録を集計するしくみ。


▲ 新しくWii U Game Padの画面にも映し出される


▲ テレビと両方で表示しているところ


▲ フィットメーターにはユーザーの顔も表示


▲ フィットメーターとGame Padの間でデータのシンクロを行う


▲ なおきんのほか、ちびきちの姿も。ちびきちの体重管理もしているので。フィットメーターはペットにつければ歩数も記録できる(しないけどね)


Wii U本体にはこの他Hulu(画面は番組のひとつ『世界遺産』)や、スーパーマリオブラザーズWiiパーティなどが組み込まれている

今後ますます不健康は高くつく。かつて入院した同輩を見舞ったときも、今まで出来たことができなくなるという恐怖に押しつぶされそうになると言っていた。ぼくぐらいの歳になると、カラダを動かすというのは「痩せたい」などという動機を超越してくる。

そのいっぽうで、健康でいることのハードルが下がったようにも思う。安いしカンタンだしほどほど楽しい。かつてWii Fit でできることを別の手段でやれば、かかるコストは数倍しちゃったかも?

3 件のコメント

  • 本当に、昔から、「新し物好き」 、私も人様の事を 「ああだ、こうだ」 とは言えませんが(苦笑)...
    でも、これもそれも 「良い気分転換」 になりますよね。昔 「XXさん、本当に物欲強いですよね」 ってなおきんさんに職場で、お食事処で、出張中の電車や、飛行機や、クルマの中で、それに呑んでいる時にも度々言われていましたが、今では 「お互い様」 って言えるかもです(笑)。でも、740、何台買ったのかな、それもプラモでないやつを」 、って思うとちょっと汗が出ます...今はパジェロ一筋、良いクルマです、本当に。

  • 昔の同僚さん、一番ゲットおめでとさまです!
    ていうか、一番にして一番ビリでもありますが。お互い「新しもの好き」が世界経済を回してるんですよね。BMW740、あれはいい車でした。新旧ともに。ベルリンに行ったりプラハに行ったり、車内でおならしたり。

  • 「おなら」 、あれは誰かさんの方角から音も無く匂いだけがアラワレタ「すかしっ屁」 だったと記憶しております(エッヘン・笑)。それもプラハからの帰りでしたね。新旧のBMWの内、あれはスカイメタリックブルーの735(旧)だったですね。最後は35万キロ近くでシリンダーのシールが破れて冷却水が燃焼室の中に入り猛烈な水蒸気を排気管から噴出してご臨終致しました。運転手はトミーで、私はトランスポーターで後ろから付いて行ったので、「一部始終」を見たのでした。BMWでも、7シリーズでも 「壊れる時には壊れる」 ですね。740は旧(後に山Xさんに売却)と新古・新・新(最後のは厳密には4.4Lバージョンでした)とゴルフみたいに乗り継いでいましたっけ。僕等のボスたちより私のクルマの方が格上でしたっけ(苦笑)。まあ、聞かれると 「体重が規格外で5や3だと扉が閉まらなかったり、取っ手がお腹に食い込んだりするんですよね」 って言うとみんな妙に納得してくれて、「やっかみ」 などなかったようにですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。