真夜中のラーメン屋

仕事帰り、時計はすで日付をまたいでいる。
ぼくは最寄り駅そばのラーメン屋のカウンターに座り、
みそラーメンをすすっていた。

そのとき・・・

「ああ、もうダメだー!」
と突然、しぼり出すような声。

声の主はとなりに座る男だった。
それとなくちらりと横目でうかがえば、
机に突っ伏して肩を震わせている。
ダークスーツを身に着けた40代前後の男。
目の前にはビールとギョウザの皿がみえる。

よほどのことがあったのだろう。

3月といえばほとんどの会社にとっては年度末。
人事の季節である。 自殺者が増える季節でもある。

いつの時代も働き盛りの世代はたいへんである。
こと近年においては、出口の見えない不況時でもある。
うつ病などの精神疾患にかかる人口も急増している時世だ。

いまや数字ばかりで評価する風潮が強まった。
自分勝手な人ばかりが評価され、得をするともきく。
まじめに働いていればそれで評価される時代ではすでに、ない。

管理職のもっとも大事な仕事は、
いまもむかしも変わらず「人を育てること」だ。
けれどももう、そんな悠長なこともいっていられなくなった。
人を育てている暇があったら数字を上げろというわけだ。
採用は派遣社員ばかりで社員をとらない企業も増えた。
余裕がないといえばそれまでだが、
ぼくに言わせればそれこそ管理職のボイコットだ・・・

とここまで考えていたとき、となりの男に動きがあった。
目前のケータイをむんずと掴み、やおら立ち上がったのだ。

クララが立った・・!

ハイジの気分のつかのま

男はそのままぼくのうしろを走り、店外へ飛び出していった。
このままではあぶない!
そう思ったのはぼくだけではなかった。
若い店員が、とっさに男を追うように外へ飛びだした。
パタパタパタ・・・と走り去るサンダルの音。

意外な展開にドキドキし、ぼくは男が座っていた席を見やる。
ビール瓶とグラス、ギョウザの皿、そのむこうにラーメンどんぶり
どれも空っぽだった。 悩んでいたわりにはけっこうな食欲である。

店に残るのはぼくと年配の店のおやじ。
おやじは寡黙だが、なぜかジョニーと呼ばれている。

しばらくして、若い店員が戻ってきた。
息を切らしながら、ひとこと。

すいません!ジョニーさん、やられました!

でゆーか

食い逃げだったのかよ!

食い逃げ、ひさしぶりに目撃しました。ある意味これも世相?

人気ブログランキングへ←ふふふ、3日連続更新したの何年ぶりだろう? クリック、ありがとさまです。

5 件のコメント

  • なーんだ、笑い話だったんだ。私もドキドキしながら読んでいたのに。無銭飲食するにも、足が早いだけじゃなく演技力も必要なんですね。オスカーものです(笑)。

    でも、笑えないのは現実社会なんですね。まじめにコツコツとか、数字以外で評価されることは少なくなってるんでしょうか。occupational psychologistの職にある友人が先日言ってました。仕事が多くて忙しい、って(笑)。社員や管理職のメンタルヘルスを心配する仕事ではなく、会社から依頼されて、社員・管理職の勤務態度(状況)、パフォーマンス、リーダーシップ、モーティベーション等々が向上する(=会社のメリットになる)ようデザインして、評価基準を設けたり、それに見合う人材を育てるためにトレーニングも行う仕事のようです。不況だからこそ盛況になる仕事かな、と思うと同時に、最近は組織で(個人ではなく)成績をあげていくためのモーティベーションまで心理学を使って人間に刷り込まなくてはいけないご時勢なのかと考えたりして、少々げっそりしました(苦笑)。でも、これが、組織に適した人材を選び育て収益をあげていこうという「現実」に即した合理的なやり方なんでしょうね。。。ああ、やっぱり笑えない。

  • 途中まで心臓ドキリものでした!食い逃げでヨカッタ(?)といったところ・・・、いやよくないですか。
    「ああ、もうダメだー!」 は 「ああ、(今月おこづかい少ないのに1杯ひっかけるどころかラーメンまで食べてしまった)もうダメだー!」 の略だったのでしょうか。
    ラーメンくらい迷わず食せる世の中になってほしいものですね。

  • ぱりぱりさん、一番ゲットおめでとさまです!
    すいません、タダの笑い話です。でもね、先日このラーメン屋の最寄りの駅で飛び込み自殺があったりと、いろいろ考えちゃったんです。死んじゃった人も、こういう感じだったのかなあって。職場メンタル系を商売ネタにする業者は増えましたが、これも時代の必然性でしょうかね。
    ——————————
    おろちさん、すみません。でも当のぼくが「えーっ!」てな感じでした。でもこのひと、最初から食い逃げするつもりではなかったんだと思います。でなきゃ、店の一番奥に座らないでしょうから。ケータイをのぞき込んだりしてたので、あんがい、意中の人からふられて自暴自棄になっちゃったのかなあ、ともおもいました。

  • 笑えました!
    いい意味で期待を裏切ってくれて。(笑)
    その男性のその後は、ちょっと心にひっかかりますね。

    なおきんさん、コメント終わってからの書き込みごめんなさいね。

  • はてなさん、コメントに終わりはないのでどんな過去記事にコメントを残しても大丈夫ですよ。さて、こんなふうにこれからも期待を裏切るようがんばります(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。