ライン川のニューヨーク

デュッセルドルフライン川のほとりに
ニューヨーク・ニューヨークというカフェがあった。
カフェというよりはビアホールのようであり
ダンスホールのようでもあった。
店の入口と店内には分厚いカーテンで仕切られており
初めて入るときなど、いささか緊張するかもしれない。

ぼくがその店に通っていたのはまだ20代後半、
日本ではちょうどバブルの終焉を迎えていたころだ。

20代後半の記憶は、不思議とぼんやりしている。
精神もやや落ち着き始め、つつましく暮らすぶんには
それほどお金に困ることもなかった。

週に一度は夏はプールで泳ぎ、冬はスケートをした。
年に2度、長い旅行にでかけ、週末はテニスもする。
健康的というより単に活動的なだけで、毎晩飲み歩いてもいた。
徹夜で店で飲むことも、昼間から飲んだくれることもあった。
ぼんやりした記憶なのはこのせいもあるかもしれない。

ニューヨーク・ニューヨークもそんな通い店のひとつ。
人を通じてこの店を知り、波長が合ったのか通うようになった。
大勢で行くこともあれば、ぶらりひとりで行くこともあった。
知り合ったばかりの女の子といくこともあったし、
湾岸戦争から帰ってきたばかりの兵士と飲むこともあった。
たいてい前の店で飲んでいて、入店時にはすでに酔っていた。


デュッセルドルフライン川のほとり。飲み歩くにはちょうどいい酒場通りがある

店では名前の通り、よくニューヨーク・ニューヨークがかかった。
この曲が流れると、あちこちで歓声が上がり、乾杯がはじまる。
ここにくるひとたちはみんなこの曲が大好きなのだ。

ぼくたちもグラスやジョッキを合わせ、互いに飲み干す。
人いきれと煙草のけむり。高い天井にエコーがかかり、
ただのおしゃべりが不協和音だらけのコーラスのようだ。

ときおり踊ることもあった。
見渡せばもうそこらへんで踊っている。
魅せることはない。ただその場で身体をくねらせる。
店内にイスはほとんどなく、みな立って飲んでいた。
「そのほうがビールがいくらでもはいるじゃないか」
ドイツ人の合理主義である。

酔って身体をふらふら揺らしていると、
世の中なんてもうどうでもよくなってくる。
あらゆる幸福や不幸が、どれも錯覚のように思え
気分しだいでうつろうんじゃないかと思えてきた。

フランク・シナトラはくり返す。

if I can make it there, I’d make it anywhere
it’s up to you – New York, New York
ここでうまくいけば、どこでだってうまくいくんだ
お前しだいだ ニューヨーク・ニューヨーク

ぼくは酔い、歌ごとおなかいっぱい飲み込む。

過去を悔やむことはなく、未来を案ずることもない。
いまここでうまくやれば、それでいいじゃないか。

そんなスーパーポジティブな20代のおわり。
ぼんやりしていたが、
いまのぼくには少し、まぶしい。

■ きょうのちびきち:スケジュールを確認


あ、きょうはワクチンをうってもらう日じゃないか!

7 件のコメント

  • 「スーパーポジティブ」に反応してしまいました(笑)
    私の場合、スーパーポジティブまたは能天気と言われていた頃は今にして思えば、思慮深さや知恵や知識や経験が不足していました。^^;
    思い起こすとやっぱり少しまぶしくて懐かしいけど
    戻りたくは無いかな・・・。って感じです。うふ。

  • あ、すみません。ちょっと訂正です。
    戻りたくないわけではなく、戻ってもいいけど
    戻らなくても良いかな。という感じです。^^

  • あんじぇらさん、一番ゲットおめでとさまです!
    秋ってやつはなかなか罪な季節ですね。あんじぇらさんもそんな気分になりませんか?
    ———————-
    jamさん、
    いい齢の重ね方をされてるんですね、きっと。思慮深さはときに進む足を止めますが、知恵がそれを助けますね。これからもステキな毎日を過ごしてくださいね。

  • 思い返せる眩しい日がきっとたくさんあったなおきんさん。

    そういうかけらたちが、いまのなおきんさんを作ってるんですね、きっと。

    訪れたことのない国がたくさんある私も、なおきんさんの記憶の中にあるセピア色の想い出を、ちょっと体験することができます、ありがとう。
    小説みたいに。
    小説って、頭で体験するんですもんね。

  • ちびきちくん、注射は平気?
    いつも可愛いね!

    どこでもドアがあったら、私が投げたフリスビーもくわえてきてくれるかな♪

  • はてなさん、
    もうほんと、かけらだらけでできています。いまのカラダもアタマも下半身も。最後のはよけいでしたが、意思だけではどうしようもない運命もまたありますよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。