いいオトコはどこにいる?

移転したばかりの銀座のオフィス。 そこから丸の内へと向かうブルーバード沿いにあるレストランでひとりランチをとる。
こんなふうにひとりでいると、周囲の会話につい気をとられる。 話し相手もなく、食べる以外ほかにすることもないから、脳もずいぶんヒマなのだろう。

「あーもう、どっかにいいオトコいないかなあ・・」
例によって朝の小鳥のさえずりのようなOLさんたちの会話だ。 いたるところで1万回以上聞いたセリフでもある。

また、読者の皆さんから、たまに「いいオトコの見つけ方」について相談メールがとどくことがある。 残念なことに、あいかわらず解決策などもたないぼくである。 「がんばってくださいね」と返答するのが精一杯だ。

でもその度にぼくは思う。

申しわけないけど、最初からいいオトコなどめったにいないものだ。 だから、むしろいいオトコに育てるつもりでいて欲しいです。 いいオトコらしき人物に出会ったら、そいつはきっと「他の女性」に育てられたはず。 それからいいオトコを育てられた女性は、まちがいなく「いい女」だと思う。

ぼくのまわりのオトコたちはたいてい結婚している。
ぼくと同年輩で独身男性がいるとすれば、たいていバツイチだ。
「再婚ならしたよ、仕事とだけど」 なんてことをいうヤツらだ。

世のぱっとしないオトコたちは、成長が止まってしまったオトコたちだ。 妻の不満に気づかなかったオトコたちがそうであったように
オトコは悪い生き物だ。 けれども、悪いのはオトコばかりでもないだろう。 オトコの成長を止めてしまった女性も同罪である。
たとえば相手をほめなくなった女性。 それは、はからずも自分が不幸であることを強く意識していたりもする。 自分のために彼がしてきてくれた努力や我慢を相対できず、自分がしてあげたことばかりを強調し、不遇を嘆いたりしがちである。
「ああ、自分はなんて不幸なのだろう?」と。

でも、そう思っちゃったほうこそ不幸なんである。
俗にいう「ワタシは不幸病」である。
「ワタシは不幸病」は、被害者妄想が強めのひとで、理想高く生きている人がかかりやすい病気だ。 無理難題で相手を追いつめて、その試練を乗り越えられなければ相手を信頼しないタイプの人に多い。 そしてようやくその難題を乗り越えてきた相手に、こんどはありえないほどの期待を寄せ、とことん受け入れようとする極端な面がある。

実はこのことが不幸への陥穽(かんせい)なのだ。
「相手を育てる」というのは「相手を変える」のとは違う。
「ワタシは不幸病」のひとたちは、変えようとして変わらない相手を嘆き、相手を必要以上に攻撃したり、あるいはみずから無力感に陥没する。

ここはひとつ、「ほめて育て」てみてはどうだろう?
子供の教育と同じ、相手を成長させたいのなら要求するだけでなく「ほめる」ことである。
たとえば、ちょっとしたことでも「優しいのね」と言う。 するとオトコはもっと優しくしてくれるはずだ。 オトコはもともと優しいのだ。 そして女性から「優しいのね」と言われれば、成長モードにスイッチが入るのである。
やって欲しいことをあらかじめ仕掛けておいて、相手にそれが出来たらすかさず褒める。 ペットのトイレのしつけとでも思えばいい。

「いいオトコね、あなたって」
そう言われると、いいオトコになろうと努力してしまうのが男の性。 単純といわれればそれまでだけど、案外このことは深い。

そのぶんちゃんと、あなたもいいオンナになっているはず。
相手を成長させることは、自分もまた成長することである。
こんなふうに、日本でいいオトコといいオンナが増える
こうなるともう、社会貢献の一種である。

がんばってくださいね。

応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ




13 件のコメント

  • 一番乗りかな?
    私もちょっと寝ただけでは疲れが取れなくなってきたと感じ始めて1年ぐらいなので、年齢のせいかもしれませんね。
    さて、「いい男」の話ですが、ほめて育てるという原理わかりますが、女性もまたほめて育てられたいです。
    お互い相手をほめなくなるから離婚が増える?
    いい男が誰かに育てられた男だとしたら、いい女も然りで、いい男を見つけられない女性は自分自身もいい女でないと言っているのと同じですね。

    私の経験では「いい男」に見える人って性格がややこしいのが多くて操縦難しそうに思います。
    結婚したら苦労しそう。いろんな意味でね。

  • ああああ!「私は不幸病」かもしれません、私。
    いや、だった。。。のかな。
    今は昔と違って、穏やかーなすこしずつ愛情を育てていくような恋がしたいです。
    できれば、いい女に育ててくれる男性に出会いたいなあ。>無理ですか?

  • 自分に都合のイイ男をさがしたって、そりゃ見つからんわな。
    それよりナオキン君、カテゴリー変更して大丈夫か?
    なんか周りから浮いてないか?

  • いいオトコいないかなって言ってるOLさんかぁ、な〜んか倦怠ムードが漂ってないですかね。もし、これが結婚するのにいいオトコを探しているのだとしたら、それは結婚してみないと分かんないでしょうね。いいオトコだと思っていても、人はやっぱり変わるし(笑)。恋人状態で長く続く方が幸せなような気がします。長く続く=いいオトコでしょうか。もし、私が離婚したら、次のパートナーとは結婚しないし、一緒にも暮らさないですね〜。お互い住む家も別、それぞれの家族、生活を尊重しながらパートナーの関係をずっと続ける。こんなふうにしようと思います。いいオトコもいいオンナも実はどこにもいないです。お互い墓場に片足突っ込んだ頃に、あなたってホンとにいいオトコだったわ、って事がわかるんじゃないかって気がします。
    最近私オトコ嫌いになってきているので、いいオトコもなにも、オトコがみんな同じに見えて何の魅力も感じません(疲)。

  • なおきんです。 今回の記事はブログランキングのカテゴリー変更にあわせてエントリしました。本来なら「エッセイ」カテゴリのほうがイラ写のスタイルに合うんですが、上位ランキングされている他のブログにどうも違和感を覚えちゃって。 ここのカテゴリにエントリーされているブロガーさんは勤め人らしき人が多く、読者層も合う感じがしました。ぜひ、同カテゴリーのブログにもアクセスしてみてくださいね。
    ——————————-
    Junpeiさん、一番ゲット、おめでとさまです!
    以前「女性をもっと褒めましょう」的な記事を書いた記憶があるので、今度は逆にしてみました。 「どうしたらいいオンナになれるんでしょうか?」的なメールを多くいただくこともあるので。 褒めあう、ってのは大事ですね。
    ——————————-
    naho@hkさん、おひさしぶりです!お元気ですか?
    「いいオンナに育ててくれる男性」、きっといます。そんな男性にnahoさんが育ててあげてください。 焦らず、ていねいに。恋愛に短期勝負は失敗のもとです。(なんてことをエラそうに言える立場ではありませんけど)
    ——————————-
    じゅん爺さん、>「なんか周りから浮いてないか?」< ご心配、ありがとうございます。 そりゃまあちょっと浮いてるかもしんないですね。でもコメント欄の冒頭に書いたとおり、前のカテゴリーに上位ランキングされているブログがどうも苦手で・・。それでも近所のよしみでポチはかかさずやってたんですが。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、そう、結婚した後で豹変するオトコっているようですね。ぱりぱりさんのいうとおり、死ぬ間際に相手の本当の良さがわかるのかもしれません。 それにしても最近はオトコ嫌いになっているとのこと、何かあったんでしょうか。互いにリスペクトしあえる関係でどうかいてくださいね。
    ——————————-
    おかみっちょんさん、そうです。けっこういいオンナなんですってば。 ちゃんと日常会話で、伴侶を褒めていそうです。 うらやましいです。これからも仲睦まじくね。
    ——————————-
    なおきんです。引き続きコメントをお待ちしています!

  • 昔、親友のお母さんに言われたことを、なおきんちゃんからまたきいちゃった。「自分で原石を見つけて、ダイヤモンドになるまで磨くのよ〜」って。たぶん、高校生のころ。高校生だったのに、なんでそんな話題になったのか、今となっては忘れちゃった。当時は、そんなもんか、と思った記憶が。そそ、お互い様ってかんじですね。一緒にいて一緒に成長できる相手がいいですね。

  • 14年の結婚生活! 結婚前期間も含めると16年! なっがーい! これで終わりになることもあるんですね。うちは、もういろいろ始まってます。気がついたら共有するものが何も無くて、どうにもならないギャップがあったんですよ。こんな時は、お互い似たようなことを考えているようですね(笑)。すっきりしてるから大丈夫。心配して下さってありがとうございます。今、急に男性という男性がが頼りなく見えてきてるんですよ。まあ、彼らはもともと私が思っていたほど頼りがいのある人たちではなかった、ということかもしれません。異性をどことなくいいように特別視していただけかもしれません(足りないところを補ってくれるとか、ね)。相手もただの人間ていうか。。。男性も女性も何の違いもなかったです。気がつかなければ、永遠に幻想を持ち続けられていたんでしょうけどね。

  • うふふ。
    いい男、育ててます。
    楽しいです。

    「趣味? いい男、育てることよ。」なんて10年後にも言ってみたいです。

  • なおきんさん、ごめんなさい。
    またもや横レスのfaithiaです。
    ぱりぱり様。
    そうなんですよね!!
    男性も女性も、もとを辿れば同じ『人間』
    なのに何故か、勝手な幻想を抱いてしまうんですよね。
    何度転んでも学習能力がないな〜と反省している今日この頃です。
    失礼致しました。

  • faithia様、同じように感じてくださる方がいて、なんだかほっとしました。さっぱりと出直しです(笑)。

    なおきん様、お邪魔いたしました。

  • さっちゃん、すごいね当時の親友のお母さん! 高校生相手にそんなこと言うなんて。ぼくの周りでも、お互いを消耗させているだけのカップルがいるけど、本来なら成長し合うこと。互いにリスペクトできる関係であることが前提だね。
    ——————————-
    faithiaさん、はい、たまにいます。でも、そのひとたちは「いいオンナはいないのか?」とは決して言いませんね。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、相手と自分との間には鏡があります。自分が近づけば相手も近づく。逆もまたしかり。でも、永遠に幻想を持ち続けるより、気づいたほうが結果的によかったのでは? ひとつ失うたびに、免疫がひとつ増える。そんな免疫はその人を成長させる源泉になると、ぼくは思います。
    ——————————-
    もぐさん、よかったですね、ふふふ。 ぼくもいいオトコに育ててもらいたいです。ふふふ。
    ——————————-
    faithiaさん、ぱりぱりさん、横レスありがとうございます。 共感、共鳴の場が提供できてうれしいです。これからもよろしくお願いしますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。