お金と人は似ている

あなたが持っているその財布。
いくらで買ったものだろうか?
ある本で読んだのだけど、財布の値段に200を掛け合わせるとそのひとのふさわしい年収になるんだそうだ。 もちろん、深い根拠はない。 お金に対する考え方が、その人が持つ財布にも表れるのだと、その本にはあった。

なるほど、と思う。

日本ではそうでもないけど、香港で暮らしていたころはわりと多国籍な大金持ちと接する機会があった。 その多くは会社経営者のほか、不動産や株の配当といった不労所得者である。彼らや彼女らに共通していたのは、とにかく財布がスマートでキレイということだった。 それからほとんどが長財布であった。

「紙幣は折ってはダメですよ」
とある香港人CEOはそういった。
VISAのブラックカード保有者でもある。

ぼくの香港滞在時代は、前半バブル、後半はそれがハジけてさんざんであった。 苦し紛れに東京に支社を立ち上げたが、これがさらに負債を増やす元となった。 その頃はちょうど厄年であったが、実際のところモノの見事に厄年だった。

髪も愛もお金も、失ってはじめてその尊さを知る。
どん底に喘いで借金を返していた当時、ぼくは運命を呪い、お金を呪っていたものだ。

そう、人は貧するとお金を呪うのだ。

「給料が下がった」とか「ボーナスが出なかった」と嘆く周囲を尻目に、「あるだけマシだろう」と心のなかで愚痴った。こっちは口座にお金が無くたって、遅延なく従業員たちには給料を払わなくちゃならなかったのだ。 まいどながら月末が怖く、年度末が恐ろしかった。

あんな時期も今は昔、
今はようやく人並みな生活を送っているけれど、あの頃一緒にやっていた仲間たちや出会った人々には、感謝の気持ちでいっぱいである。 やんちゃで深慮に欠けるぼくに、多くの試練や貴重な経験を与えてくれた。

「そういえばあれが転機だったかな・・」
とぼくがそう思うとき、偶然に財布も変わっていた。
とくに意識したわけじゃない。 たまたまなくしたり、汚れたり、飽きたりして、変えざるを得なかったのだ。 変化が激しいとき、不思議とぼくの財布自体も変化していた。 ぼくは縁起をかつぐほうじゃないけれど、財布についてはつくづく縁起物であることを実感する多くの中のひとりである。

財布をコロコロ変えるのがいいとも言えない。
できるだけ良い財布を長く使うことも必要だ。
でも、ツキを変えたいときはまず財布を変えてみるのもいいかもしれない。 それも身分不相応なくらい良いものを。 あのころ香港で出会ったお金持ちたちに習い、財布に注意を払い、ていねいに扱うのだ。 ぼくの場合は、レシートやポイントカードなど余計なものを財布には入れず、できるだけきれいなお札だけを向きを揃えて入れるようにしている。 忍ばせるカードも必要最低限にする。

お金と人は似ていると思う。
いい加減に扱ったり、粗末にすれば、自分から逃げていってしまう。 きちんと向き合わないとダメなのだ。 お金が財布から出ていくときは「いってらっしゃい」といい、入ってくるときには「おかえりなさい」と言ってみる。 かといって執着しすぎてもよくない。 追えば逃げるのは人もお金も同じである。 丁重に扱えば、逃げていかないし、逃げてもふたたび戻ってきてくれる。 そういうものだ。

財布はお金の高級ホテル
とでも思えばいいかもしれない。
よいサービスを心がければ、きっとまたステイしてくれる。

お金に困っている人は、その前にお金を困らせたのだ。
かつてのぼくのように。
おたがい気をつけましょうね。

ぼくにしてはめずらしくお金の話です。 「あまり縁がないですから」なんてこともいってらんないですからね。

コメントをいつもありがとうございます!
お返事は「音声ブログ」で! → こちら




9 件のコメント

  • はじめまして〜以前より拝見させて頂いてました。
    勇気をもって(?)初コメです。

    “財布はお金の高級ホテル”
    きっと〜そうですね。
    居心地の良いホテルに泊まりたいですもんね。
    出来れば長逗留、希望で。

    それにしても、お金って寂しがり屋さんですよね。
    少ししか無いと・・沢山ある所に、集まって行っちゃう様な
    孤独は苦手です。。。みたいな。

  • こんにちは!!ちょうどお財布捜しているところでした、
    買う前に記事読めて良かったです。長財布にしようか悩んでいたのでこれで、決めました。
    お財布は毎日使い、身近な物だから妥協せずに探します。
    いつも、良いアドバイスありがとうございます♪♪

  • こんにちは。
    とても面白い話、ためになります☆
    財布、新しくしようと思っていたところ。やはり
    長財布がいいのですね。そうしようと思います♪

  • こんばんは、なおきんさん。
    お久しぶりです。何年か前のお正月に、二年連続してお財布を拾った事があります。その時何か良いことがあるような気がしましたが、大きな仕事が決まったり、いいことがおこりました。ちゃんと届け出たのも、良かったんじゃないかと思います。PS母が9月に亡くなりました。寂しくなりました。

  • なおきんさん、もうすぐクリスマスですね。こちらもあちこちからクリスマスの曲が流れていますよ〜。そろそろ飽きてきましたが、ついつい口ずさんでいます。お財布、私は大きいのが嫌いなのですが(お金が嫌いってことなのかな?)今まで使っていた物が汚くなったので長財布を買いました。カード社会なので持ってるカード(ただのメンバーカードやスタバカードなども)も全部入れるために買ったら、大きくなりすぎてなんだか持つのが嫌です。分けると無くすので仕方なく持っています。私は一生お金持ちになれ無そうだなあ。

  • お久しぶりです 同世代の男です
    今回のブログすごい面白いです
    何かリアルすぎて恐いぐらい・・

    ところでプロフの写真 熱唱してますねー
    いいですね 私も仲間の飲み会の二次会はカラオケ大会
    歌はいいですよね ストレスぶっ飛ばしてくれるし
    この間は ワイルド7 歌いました
    古い(^_^;)

  • はじめまして♪
    メルティング・ポッドキャストからこちらへ伺いました

    文章イラスト ともに素敵ですね

    まだ読み始めたばかりですが

    >お金に困っている人は、その前にお金を困らせたのだ。

    これは名言だなぁと思いました

    回ってくるお金(すぐ回って行ってしまうけど)を快適におもてなしせねば

  • benicoさん、さえぴーさん、千香さん、gioさん、ニモさん、ぷうさん、ぼんぼんさん、コメントありがとさまでした。コメントのお返事は「音声ブログ(ポッドキャスト)」で配信させてもらったので聞いてみてくださいね。
    ———————————-
    エレスラさん、初コメントありがとさまです!
    ゆうさんのところからいらしたんですね。ゆうこそよらっしゃいました。かつてぼくは普通のサラリーマンよりお金の出入りが激しかったことがあって、そのころにお金についての様々な哲学を学ぶ機会に恵まれました。そのころの経験にいまも救われることがあります。これからもよろしければ遊びに来てくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。