パチンコはタブー

ちかごろ奇妙なCMを見かける。
パチンコのCMだ。
滅多にテレビを見ないぼくが、それでも見かけるのだから連日相当なクール数が放映されているのだろう。

ご存知だろうか?
パチンコこそは、この国のタブーである。

パチンコにまつわるさまざまなタブー。 恐ろしいのは、パチンコを批判するものは静かに抹消される可能性すらあるということだ。 あれはただのギャンブルではない。 覚せい剤と同じ、強い依存症を誘発させる麻薬だとぼくは思う。 しかもタチが悪いのは、麻薬は犯罪として取り締まれるが、パチンコはそうではないということだ。

パチンコをしない人からすれば、なぜあんなに熱中してしまうのだろう?と不思議に思うはず。 でもその理由はちゃんとある。
「パチンコ脳」がそれだ。

パチンコをしているとき、そのひとの脳内は神経伝達物質がどくどくと過剰に分泌されている。 とくに行動を活性化させるといわれるドーパミンノルアドレナリンモルヒネと同じ働きをするエンドルフィンがそうだ。 逆に制御系のセロトニンが低下しているから、抑制力が働かない。 反作用として、興奮した脳を鎮静するためにコルチゾールが分泌され、一気に沈静化する。 パチンコのあと、なにもする気がなくなるのはこのためだ。 さらに、脳には快感を得たいという記憶が残っているので、それを満たそうと、また衝動的にパチンコをしたくなるのだ。
はっきりいえば、これはれっきとした病気である。

パチンコ店は人口の多い都会にももちろんあるけれど、さびれた町にもひときわ目立つ存在だ。 一人当たりパチンコ台数はむしろ地方に多い。 よって中毒者の割合も多い。 ぼくも日本のあちこちに出張や旅行で行くけれど、うらぶれた商店街や道路脇に突如まばゆいばかりのパチンコ店に出くわしてびっくりすることがある。 ろくにひとが歩いていない場所で、そこだけが賑わっていることもある。 まるでその町の収益がその一店に集中しているかのようではないか。


▲ さびれた街道に突如ハリウッドのようなパチンコ店が・・

さてこのパチンコ。
こんなものがあるのは世界でも日本だけである。
いや、おとなりの韓国にもあった。
全国で15,000店もあり、3兆円市場というれっきとしたレジャー産業であった。 だが、2006年の秋に全廃され、いまは一店も残っていない。 闇パチンコ店はつぎつぎに現れたが、つど徹底的に撤廃されて今日に至るのだ。

ではなぜ韓国ではパチンコ店が廃止されたのか?
それが社会的に深刻な依存症を生む麻薬だからである。

依存症なのはその人自身だけではない。 社会もまた、そうなのだ。 ヤクザ、マスコミなど、もろもろの権力者たちがこれを牛耳っている。 加えて警察、あまり知られていないけれどパチンコ業界は彼らの天下り先でもある。 おっとそれから政治家も。 民主党の「パチンコ支援プロジェクト」には、正直ひっくりかえりそうになったものだ。

官民あいまみれてのパチンコ業界支援。
いったいどれだけの裏金が動いているのだろうか?

「パチンコに夢中で子供を車内で死なせてしまった主婦」
最近ではあまり聞かなくなったニュースだけど、こうした事件がなくなったわけじゃない。 ただ、都合が悪くなって報道できないだけである。
前述の「韓国でのパチンコ店撤廃」のニュースなんてこれっぽっちも報道されなかった。 ぼくはたまたま別の理由で韓国の新聞サイトを見ていて知ることになったが、むりもない。 パチンコ業界こそは、いまもっとも金払いのいいCMスポンサーである。 当然、番組内でもパチンコのタブーは一切放映されない。 したくても出来ない。 彼らがお金を出さなければテレビ業界はもたない。 タレントも出演する場がなくなりギャラがもらえなくなる。 もう誰も批判できないのだ。

恐ろしい話である。
ちらちらとウラに北朝鮮の姿も見え隠れしたりもする。

いったいこの国に正義の味方はいないのだろうか?
いや、それは望むべきではないだろう。
ぼくたちひとりひとりが行動を起こすしかない。
自らパチンコを止め、大事な人に止めさせればいいのだ。

レジャー白書2010』によれば、パチンコの参加人口は1720万人、2009年の市場規模は21兆650億円で前年より6510億円減少した。近年、急激に客離れが進み、市場規模が縮小している。パチンコチェーンストア協会によると、就業人口は約44万人であり、就業人口に対して売り上げが大きいとされる。現在は娯楽の多様化や、古臭いイメージによる若者離れ、高くなったギャンブル性と依存性が指摘され、ピークの参加人口からは年々減少し現在過去最低水準にある。

1720万人もの人たちが、いったいどれだけの時間をこれに費やすのだろう? 加えて、ひとり当たり平均13万円ものお金が毎年毎年財布から消え、そして戻ってこないのだ。
パチンコ人口には主婦や年金生活者も多い。 なけなしのお金なのだ。 また、この市場のおかげで44万人もの就労機会を作っているとメリットが強調されることもある。 だけど(言いにくいことをあえて口にすれば)、パチンコ店で働くひとたちの、はたしてどれほどがその仕事に誇りを持っているだろうか。 そもそも21兆円もの巨大市場ならば、少なくとも百万人以上の人々が仕事につけるはずである。 就業機会はむしろ奪われてんじゃないかとぼくは思う。

「・・・パチンコ人口は年々減少しつつある」
一筋の光明を見る思いではないか。

日本人はそれほどバカではない。
ぼくはそのことを強く信じている。

コメントをいつもありがとうございます。
お返事は「音声ブログ」で → こちら




19 件のコメント

  • なおきんさんこんにちは!今は冬休みに入りました。まだ課題提出があと一つ残っていますが・・・。
    うちの近所には平和工業がありました。知る人ぞ知る、パチンコ工場です。かつては織物で栄えたわが町も、私が高校生くらいの頃にはパチンコ機器で栄えてる街になっていました。アメリカに始めて遊びに来たときに、ホテルで見たニュースで平和工業のオーナーがインタビューされていて、同郷出身で一緒に旅行していた友と二人で『アメリカで凄いニュースを見た!』と笑ってしまいました。

    ギャンブルは麻薬と同じですね。私はパチンコ店の中の音や匂いに耐えられず、数秒しか止まっていることが出来ません。煙草の香り、金属の擦れる香り、人の香水やシャンプーの匂い、パチンコのジャラジャラする音、機械から出てくる電子音(何十台もの台からいっぺんに)BGM、そしてマイクで喋ってるなんだか訳の分からない、人をあおってるようなアナウンス。以前友達と冷やかしに入った瞬間にパニックになって、耳を押さえて叫びだしてしまいました。私はこんな体でラッキーだなあと思います。お陰でパチンコをしようと思えないからです。ちなみに他のギャンブルも宝くじも全て手を出しません。私ってギャンブルが苦手で、お金を損するタイプなのです。妹は競馬に競艇に、多分パチンコも昔は行っていたと思います。勝負運が強いって言われていました。内容とちょっとずれてるコメントですみません。パチンコをしない理由の中にあるかも知れない私の場合の例を書いてみたかったのでした。

  • パチンコだけは、昔から理解出来ない世界です。
    あんなうるさくて、外にまで煙のタバコのにおいが漏れている所、店の前を通るのさえ嫌ですが、「新台入れ替え」の日に朝早くから列をなして待っている人たちを見ると、この国はどうなっているんだろうと思います。

    近しい人がパチンコ依存症でしたが、持ち金が無くなっても、または無くてもパチンコが続けられるように、店の中や周りには高利貸しがうようよしていると聞きました。多くの人の利権に関わっているので無くならないのでしょうね。ブラックホールのようなところです・・・。

  • かつてのバイト先の社員さん。高卒で社員採用された最後の代だそうで。私が知る限り最も人間が出来ていて、のほほんと幸せなオーラに包まれた、良いオトナです。彼は「高校生のときからなんでかギャンブル強くてさあ、お金に困ったことないんだよねー」と。だからお金への執着も、もっと言うとあらゆることへの執着がなくて、余裕のある大人なのかも。と。
    私がバイトを去ってから数年後に飲むことになって待ち合わせたら、私を待つ間にちょっとパチンコしてこれも大勝ちして「いまちょっと出られなくなっちゃったから少し待ってて〜、その代わり奢るからさぁ」と。
    彼のような人にはギャンブルの麻薬性などもなく(やればいつも勝つから依存性がない)、パチンコも文字通り「人を待つ間の時間つぶし」でしかないわけですが、そんな人は一握り以下。大多数はただただお金を吸い取られ、人生を無駄にしているのだと思います、そこで。
    パチンコする人とだけはお近づきにならないと決めています。

  • わたくしの住んでいる県は、パチンコの乱立するまさに天国のようなところ(規制がない。)なので破産者も多く、ちょっと前までは消費者金融の数も半端なく多かった。

    農業県ということもあって、作物を育てない冬の時期は老若男女みなパチンコ三昧。

    7・8年前は、パチンコの勝ち銭で車かったり、家かったりしてたぐらい景気がよかった・・・。
    そんなころが忘れられない人達が、今1円パチンコに通っている・・・。
    それでも儲かるパチンコ業界って凄いと思う。

  • お久しぶりです。
    朝から晩まで垂れ流し状態の
    パチンコのCMを見ると暗澹たる気持ちになります。
    (携帯ゲームも同様ですが)
    パチンコ業界へ入ったお金の流れも非常に恐ろしいものがあります。
    ましてや政府が業界の後押しをせよ、なんて
    常軌を逸しています。
    風が吹いても雨が降っても民主党のせいだとは言いませんが
    やはり政権交代があってからこの国は
    加速をつけておかしくなってきている気がします。
    アクセルもブレーキもきかなくなっている。
    隣の国では口蹄疫被害がどんどん拡大しているというのに
    相変わらず芸能人の痴話げんかやら、酔っぱらいのけんかやら、
    の報道に明け暮れていマスコミにももう、うんざりです。
    報道機関を名乗るのすらおこがましい輩が多すぎ。
    韓国がパチンコ全廃を実現させたことは、
    ぜがひにでも周知させるべきです。

  • なおきんさんこんにちは。
    パチンコは私も大嫌いで、本当になくなればいいのにと思います。日本にしかないと聞いて何だかショックです。
    身近にもパチンコ好きな人がいますが、もはや依存症なのでやめさせることもできません(:_;)
    どうしたらいいんでしょうね…。

  • 私の主人はパチンコ店で働いています。
    パチンコが悪かどうかは分かりませんし
    肯定も否定もしませんが
    主人は必死に、仕事をこなしています
    自分の睡眠時間すら削り、
    店を良くしようと頑張っています
    正直、こう言う記事を見るとショックでなりません。
    あんなに頑張って仕事をして
    自分も成長しようとしているのに
    全否定されている気がしてたまりませんでした(*´;ェ;`*)

    初カキコなのにこんな事を書きまして
    すみませんでした。

  • こんにちは、なおきんです。
    いつもこめんとをありがとうございます。ぷうさん、riesenmausさん、はるさん、もぐさん、てるすけさん、oreoさん、あいさんは音声でコメントバックさせていただきました。
    ——————————-
    めいこさん、初コメント、ありがとさまです!
    ご主人はパチンコ店で働かれていらっしゃるとのこと、たしかに身内にパチンコ業界で働かれているとあっては、この記事はちょっと不快な気持ちにさせてしまったかもしれないですね。ごめんなさい。それでも、ご主人の思いとは別に、パチンコ依存症によって自殺にまで追い込まれたり、殺人まで犯してしまった人たちがこの国には後を絶たないのも事実です。実はかつて高校時代のクラスメートだった人間も数年前、これが原因で自殺しています。どんな仕事をしていようとぼくはとやかく言えた義理でないことは重々承知ですが、もし少しでも世の中にたちたいとめいこさんやご主人が思うのであれば、どうかほかのサービス業でその貴重な能力を活かしていただければと切に願います。パチンコ業界については、ぼくなりにかなり調べ上げ、いろいろわかってきました。この結果については、また記事にしたいと考えています。

  • 私は依存性だと思います。自分でも辞めなきゃ!辞めなきゃ!と思っているのに人間が操作してる物だと思っているのに母失格です。誰にも言えず悩んでいます。

  • mamaRinさん、初コメント、ありがとさまです!
    ご自身で依存症だと気づき「やめなきゃ!」と思っているのなら半分成功していると思いますよ。まずお小遣い帳をつけることをおすすめします。パチンコで失った金額、パチンコから得た金額、それらを視覚化するんです。1年でどのくらいになるのか計算してみましょう。この金額を他に使うことで家族が幸せになることを思い浮かべるのもいいかもしれませんね。あなたの存在をとても喜んでくれる家族の顔、そして自分。パチンコは家族を幸せにしたでしょうか?いろいろあると思いますが、どうかがんばってくださいね。

  • パチンコ依存してます、何度も辞めたいと思っているのですがなかなかな辞められません。今では小銭以外なるべく持たないようにしています。勝つときも負けた時もパチンコ店を出た後はものすごい疲労感は脳でそんな事が起こってるからなんですね!自暴自棄になる病気。納得です!韓国はそんな素晴らしい実績があるのですね!韓国が羨ましいです!日本も是非撤廃されることを望みます!

  • 頑張ってます!でもまた行ってしまう自分にがっかりです!どうしたら良いのか わからなくなったりもします。自分との戦いです!

  • mamaRinさん、その後お元気ですか?「自分を許したぶんだけ自分を信用できなくなくなる」という無限地獄にはまってないですか。かけがえの無いものを大事にしていきましょうね。
    ——————————-
    koshiさん、初コメントありがとさまです!
    すみません、だいぶコメント返しが遅くなってしまって。たぶんkoshiさんは大丈夫なような気がします。だって「自分で依存症だ」っていってるし、遊ぶお金を限っているしね。このままパチンコを憎んでください。きっとこれ以上近寄らなくなるはずです。がんばってくださいね。

  • わたしも間違いなく依存症です!止めたいと思っても日がたてばまた衝動的に打ちたくなってパチンコ屋に足を運んでいる自分がいます!大負けして腹が立つのにその分を取り返そうとして次の日に別の店に行きさらに負けます!韓国のようにこんな社会に害しか産み出さないパチンコ屋は是非とも撤廃していただきたいです。

  • 初カキコではないです。私、パチンコ屋で働いてます。パチンコもスロットも嫌いです。仕事とはいえ、嫌いな事に気持ちを打ち込む事もできず、中途半端な気持ちのまま働いてます。職場の人達はとても良い人達です。会社のために、家族のために、と、びっくりするぐらいの情熱で働く真面目な方達ばかりです。その中で、中途半端な気持ちで働いている自分に疑問を感じています。住宅ローンがあるので、今の仕事を辞めて他の仕事でやっていけるのだろうか、仕事が見つかるのだろうかと不安で、今の仕事やじぶんの姿勢に疑問を感じながらも決断を出来ずにいます。

  • パチンコ依存症の男Kさん、初コメントありがとさまです!
    「負けを取り戻す」そのことが依存症を長引かせます。毎日が新しく生まれ変わるように、失ったお金は失ったのです。取り返すよりまず失わないよう気持ちを生まれ変わらす努力を、ぜひしてみてください。お願いします。
    ——————————–
    働いていますさん、初コメントありがとさまです!
    「中途半端な気持ち」のまま働かれていることが気がかりです。ともあれご自身の人生は今この瞬間にあります。疑問を感じているのは、嫌いなことをしているからです。嫌いなことをしていると自分のことが嫌いになります。自分のことが嫌いになると人のことが嫌いになります。どうかそうならないよう、行動をしてもらえればうれしいです。たった一度の人生の、今もその瞬間なのですから。

  • パチンコ店の清掃を生業にしている者です。
    私はパチンコが大嫌いです。
    賭博場の癖に三角交換とかいう抜け道で遊技場を名乗るパチンコ屋が。
    パチンコをする人は、一度冷静に考えて欲しい。

    あれだけ広大な敷地を占有し、
    電気もバンバン使い、
    多数の従業員に給料を払い、
    更に多数の役員に莫大な報酬を払う。
    それでも破綻しないのは、それだけ養分になってる圧倒的多数の客が居るからなんだという事を。

    パチンコが滅ぶなら、無職になっても構わないと思いながら働く今日この頃。
    2007年の第一次内閣の頃にパチンコ規制を英断した安倍総理が、再び攻勢をかけてくれる事を期待してます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。