おじさん図鑑

こんにちは、なおきんです。
3月も最終日、さすがに春めいて来ましたね。
去年の桜も目にしみましたが、
今年もきっとしみることでしょう。
よしよし、よく咲いたな
そんなふうに声を掛けたくなります。

ときどき、なんだか脱力します。
それなりにストレスがたまるのでしょう。
そりゃまあ、年度末ですからね。
いろいろあります。あって然りです。

長く海外で働いていたので
年度末というのは12月のことだったけど
ようやく3月が年度末という気になりました。
これでりっぱな日本人サラリーマンです。
うれしいような、ちょっぴりさみしいような。

家に帰るともうぐったりで
なんにもする気が起きません。
仕事もブログも入浴も、ごはんさえも

遊んでもらおうと待ちかまえている
ちびきちにはほんと申し訳ないんだけど
ソファで横になり、ふっと意識を失います。

「ああ、しんどいなあ」と思うとき
知らず、人間観察をしてしまいます。
前にブログ記事にも書いたかもしんないけど
知らない人を見ながら、勝手に妄想するんです。
これほんとうにストレス解消になる。
おもしろいもの。

どちらかといえば、おじさんを観察します。
女の人をジロジロみるのは失礼だけど
なんかおじさんだと平気かな、という感じ。
だって自分もそうだから。お互いさま、って。

おじさんはどうしておじさんなんだろう?
そんなふうに考えます。
くたびれた背中? それとも、デカイくしゃみ?

そんな折、いつもの本屋さんで
おじさん図鑑』という本を見つけ
面白くなって、思わず買ってしまいました。
レジの女の子、あれぜったい笑ってたね。
共食いかい!みたいな顔してた。

いいね、おじさん図鑑
なかむらるみさん、観察力がすばらしい。


▲ ぼくもおじさんたちを描いてみました。バリエーション、もっと研究しなくちゃね

おじさんに生まれて来てよかった!
と思う。死ぬまでおじさんでいたい。
おじいさんとかに、なりたくない。

うむむ、これって
中年ピーターパン・シンドローム
とかいうのかな。

おっと、もう起きていられません
記憶がとぎれとぎれ・・・

ではまたね。
疲れたらちゃんと休みましょうね。




6 件のコメント

  • おじさん改造講座―OL500人委員会 (文春文庫) [文庫]をテレビドラマ化した(大竹しのぶ主演)もう15年も以前の作品だけどおもしろかった。
    日本帰国の際、大きなトランクを下げて知らない街の階段で難渋しているとき、一番親切で安心できるのが「おじさん」
    特に、日本のサラリーマンをまじめに勤め上げたおじさんは、どこの国の誰よりも人格ができているとつくづく思う。
    それだけ、そこに至る大変な毎日があるんだね。
    「おじさん」頑張れ!
    でも、頑張りすぎないでね。

  • 精も根も尽き果てた状態が何日も続いてたのでしょうね、大変でしたね。
    それでもいつも難しいことを調べたり考えたりしてブログをアップされているのですからすごい、ひたすら尊敬です。
    私なんて単細胞ですから、一つのことに集中すると他の事と同時進行できません、不器用です。
    たまにはおてんとさまのひかりを浴びてちびきちさんとリラックスなさってくださいね。
    ヅラが落ちてたんですか、あらま〜、大好きな西山審議官を思い出しました❤

  • 私は電車の中でよくおばさん観察をします。
    若い女性と何が違うのだろうかと。
    人生おばさんでいる方がず〜っと長いので責任もっておばさんしなくちゃ!と思っています。

  • 今日、私の住む町では、桜の開花宣言が出されました。
    見頃は9日とか。
    冬から春へです。

    年度末…私は人生を考える時期です。
    ただでさえバタバタ、キリキリ状態なのに、頭の中は『それでいいのか?』と自問自答の繰り返し。
    お陰で疲労感倍増です。

    今年も答えを出せぬまま、新年度に走り出してしまいました。

  • こんにちは(^^)
    何年か前に、『私はナチュラル志向よ』って友達に
    言ったら
    『ナチュラルと何もしないのとは違う』と、
    はっきりキッパリ言われました。
    私は何もしていないそうです(涙
    それから、私は周りの女性を見るようになりました。
    年齢関係なく。。。
    最初は身なりを重点的に見ていましたが、この頃では
    人間観察がちょっと面白くなってきました。

    で?わたしは変わったのとか言うと、、
    1つ位ランクは上がったでしょうか?(^^)

  • 遊子さん、一番ゲットおめでとさまです!
    おじさん改造講座というドラマがあったのですね。そういえば同じようなものが、なぜか「おばさん」にはないですよね。試しに出版社の編集担当者に聞いてみたところ「おばさん◯◯」は買う対象者を特定しづらいのだとか。なるほど。
    ——————————-
    risaさん、
    ぼくも不器用という点では同じです。もう、ほんと単細胞というか。忘れっぽく、何を悩んでいたのかも忘れてしまうほど。便利といえば便利だけど、不便といえば不便です。ヅラ、びっくりしました。クルマのタイヤにひかれ、風に舞い上がるヅラはなかなかふだんみられるものじゃありませんね。西山審議官・・。
    ——————————-
    gioさん、
    日本には「いわゆるおばさん」の数が減ってきたように思うのですが、どうでしょう?ビックリするくらい若ぶりだからかなあ。ともかく、その女性がホンモノかどうかは40を超えないとわからない、のが持論です。50を超えてもステキな女性は、神ですね。
    ——————————-
    faithiaさん、
    そろそろ桜が見頃ですね。いろいろ披露しているご様子。「べき論」もいいですけど「これでいいのだ」と自問自認も必要だと思います。披露が人相に出るようなら、少し付き合う人たちを変えたほうがいいかもしれませんね。せっかくの美貌がもったいないので。
    ——————————-
    Yossyさん、
    なるほど、ナチュラルは「なにもしないこと」ではないのですね。「化粧をしていないような化粧をする」ということでしょうか? なかなかむつかしそうですね。「自然にふるまう」というのは「自然のふりをする」ことなのかも?なんて思います。ぼくはよく「オマエは天然でいいよなあ」といわれます。天然と自然の違いはそういうコトなのかも。「なにもしないこと」とはつまり天然なのですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。