はるのゆめ

2年以上前になるだろうか『メモリー・テープス』という奇妙な名前のグループを知ったのは。犬の鳴き声で始まる”Swimming Field”が一曲目にはいった”Seek Magic”というアルバムはあまりにも自然にiPhoneにダウンロードされ、以来、勝手に鳴りだしているんじゃないかと思うほどよくプレイされる。

それはほんとうに何の変哲もないアルバムで、だのにとても印象的で、次々に頭の中に風景やら何やらがイメージされてくる。すると次々に写真をフォトショップにロードしては、ぼくにレタッチさせてしまうのだ。19歳の時からぼくの頭に巣食っている変な虫に、直接シグナルを送っているかのようである。

メモリー・テープスはあまり聞きなれないチルウェーヴ(chillwave)という音楽ジャンルである。インディのクラブミュージックの一種で、ループ、サンプリング、ボーカルイフェクトがされたシンセポップ。80年代ポストパンクを経て、ベルギーのクレプスキュール・レーベル系を少しビビットにした感じだ。

もう50のほうが近いぼくのようなオジサンが聞くような音楽ではおそらくないし、そのように作ったつもりもないだろうが、脳に巣食う虫にちょっかいを出させるにはすごく都合のよい音だ。エクスペリメンタルなノイズミュージックが好きで、90年代に中途半端にオトナになってしまったような人に効くのだろう。

眠りの浅い春の夢のようなミュージック。
仕事ばかりしていい気になっている左脳にガツンと食らわし、枯れた右脳に潤いを与えてくれる。このアルバムで一番好きな”bicycle”という曲には、前に進んでいるようで実は逆進している未来を思わせるところがある。

それにしても最近の写真の撮りようはどうだろう。
きょう載せた写真はすべて iPad で撮った。10インチ近くあるファインダーがついたカメラは他に類を見ないが、これほどまで脳裏に描いたイメージをダイレクトに切り取るカメラも他にない。「iPadにカメラなんてバカみたい」と多くの人が思ったかもしれないが、iPad2ではたしかにそうだったかもしれない。でも第三世代iPadからはこれもアリだ。

これまで撮りきれなかったものが写りそうな気すらする。
まるで眠りの浅い春の夢のように

シャウトする。

__

6 件のコメント

  • この写真全部iPadで撮られたんですか?!すごい雰囲気ですね。レタッチかかってるとはいえ。なんだかちびきち君は大人びた台詞をしゃべりだしそうだし人形たちは動き出しそう。赤い色や光と影のコントラストも脳を刺激します。数クリックの先にあった音楽にはあちらの世界に引き込まれそうでちょっとこわいような。深く潜れそうな時にまた来てみたいと思います。

  • なおきんさんこんばんは。
    桜が満開です。以前は入学式のころ満開でしたが、ここ最近では、暖かい為、入学式までやっとこ、咲いている感じでしたのに、今年は寒かったのですね。今日満開です。
    それも、今晩の風と雨で、終わりでしょうか。先ほど、大雪が降ってるかのような桜吹雪を体験しました。生まれて初めてのことでした。毎年同じ時期に咲いて、同じ時期に散っていきます。彼岸花もおなじですね。

  • なるほどぉ、これがなおきんさんの世界ねぇ、と思いながら曲を聴いて写真を見ておりました。
    写真と曲の雰囲気が一致します、よいですね。
    春です、沢山綺麗な写真を撮っておもいきり
    シャウトしてくださいっ♪
    なんだか私もシャウトしたくなりました。

  • 音に国境や年代は無い。
    本能に訴えかける何かがある。
    素晴らしいですね〜。
    私もそんな仕事に携わっていた事がありますが
    産みの苦しみは
    カメと張り合うくらいでしたね(笑)
    売れ線を狙ったり尺を決められると
    自分の好きな様に作れないもどかしさ。
    仕事だと割り切っても消化不良。。。
    ま、仕事なんてそんなもんです。
    あれ?なんか昔を思い出して愚痴言ってるだけだw

  • メモリー・テープス、いいですね。チルウェーヴというジャンルがあるんですね。初めて知りました。
    僕はiTunesのラジオで、Chilltrax という局を聴きながら仕事をすることが多いです。(Electronicaに入ってます。)
    やっぱり、いつも
    「これって、40半ばのオジサンにはあわないかもなぁ・・・」
    とは思ってますが、気持ちいいですからねえ・・・。

    Chill out, man!
    と、昔どこかで覚えた言葉をぼそりと言ったりしてます(恥)

  • どらみっちょさん、一番ゲットおめでとさまです!
    iPadはいいですね。音楽を再生しながらプロのカメラマンの作品をぼんやりながめ、感性が高まったところで雑誌やメールをこれで見ているときに急に写真が撮りたくなったら、そのままパシャリ。そしてレタッチで画像をスイスイ。すると自動的にサーバーに保管される。感性ってタイミングですからね。素早くやらないと逃げちゃう。iPadなら逃がさない気がします。
    ——————————-
    ニモさん、
    たしかに。今年の冬は寒く長かったですね。入学式の写真には満開の桜、という家庭も多かったことでしょう。花の散香で季節を知る、四季はつくづくいいものですね。自然とともに再会があり、別れがあります。
    ——————————-
    risaさん、
    すみません。大した世界観じゃなくて。でもよく聞くとしんみりいいです。メローなナンバーではないけど、何枚ものキレを束ねたようなキーのハーモニーがまたいいです。シャウトといえば、tears for fears の"shout" はなかなかの名曲でしたね。
    ——————————-
    **さん、
    音楽関係のお仕事をされていたんでしょうか?実力とコネとパワーバランスの難しい大変な業界ですよね。よくがんばってこられました。またここで、そんな昔を思い出して愚痴ってもらえれば幸いです。
    ——————————-
    たいさん、
    ぼくも昨今の音楽事情はうかがい知れないところがあるんですが、このアルバムはなかなかささるものがありました。ぼくもふだんはiTunesのラジオを良く聞いています。インドやバリのガムラン音楽なんてのもあっていいですね。このところばたばたしてましたのでホッとします。まさに chill out, man (まあ、おちつけよ)! ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。