くじカフェ

f:id:naokin_tokyo:20120516225910j:image

 

中身がわからないのにそれを買う人がいる。

 

福袋がそうだし、ガチャガチャもそうだ。
ガンプラ付きのガムやチョコもこのたぐい。
シール目当てで子供たちはビックリマンチョコを買うが、
中に欲しいシールがあるかどうかはわからない。

 

なにが入ってるかわからないのに買うなんてバカね
などと、外国人たちは、身もフタもないことをいう。

 

そのような、他国ではみかけない商法に
よほど日本人はギャンブル嗜好が強いのでは?
と早合点してしまいそうだ。
事実、そうなのかもしれないが。

定価を足し合わせれば、確かにお得感のある福袋。
だが自分には不必要なものばかりが入っているし
そもそも在庫処分的な商品がないとも限らない。

だのに初売ではあれだけ人が並ぶのだ。
世界のApple Storeですら、日本限定で福袋がある。

 

あのしくみ、ほかで活かせないものか?
たとえば飲食店など、どうだろう。

飽食ニッポン、どこでも大抵のものが食べられる。
なに食おうかなあ・・ と店選びでさまよう飽食難民。
どれにしようかなあ・・とメニューを見てさらに迷う。

もしかしたら「あなた、きょうはこれを食べなさい」
と誰かに決めてもらいたいだけなのかもしれない。
それが「天の声」ならば、なおよしと。

 

そこで「クジカフェ」
店にはなんとメニューというものがない。
代わりに入口には「おみくじ」と書かれた券売機。
お客は500円玉をそこに放り、番号札を手にする。
その番号で、本日の定食を占ってもらうのだ。

f:id:naokin_tokyo:20120516225909j:image

29番、大吉。サバの味噌煮定食

 

どうしてサバが大吉なのか、見当もつかない。
だがそこがミソなのだ。
意味はないが、深い味わいがある。
また、定食に添えてあるナプキンには
おみくじらしく「ありがたい今日のお言葉」
がしっかり印刷されており、道が示される。
空腹どころか、心も満たしてくれるのだ。

 

そんなきっかけをくれる「クジカフェ」。
500円でサーロインステーキが食べれる時もあれば
500円も出して、卵かけごはんだけの時もある。
すべては開運、おぼし召しなのだ。

 

だれか開店してくんないかなあ。
行かないけど。

■ミニコラム『おかんと福袋』
なにを隠そうぼくのおかんは大の福袋好き。「5000円の福袋に3万円分の服がはいってるのよ!お得じゃない?」そういってはせっせと正月から買い込む。でも袋に入っている衣服のほとんどはおかんには小さすぎたり、デザインがあわない。だからといって、とくにがっかりした様子もなく、そんな服を妹や叔母にあげたり、近所で親しい人に配ったりしている。「ねえ、すごくお得だったのよ」と。お得だったのはむしろもらった人のほうだが、そんなことはかまわない。だいいち、おかんはなんだか楽しそうなのである。もし福袋に意味があるとするなら、きっとそういう好意の交換性、引いてみれば物語性なのだと思う。おみくじもビックリマンチョコも、人々がもつ物語への渇望を満たすツールなのだ。だからわざわざ話題のラーメン屋にだって並ぶし、運を伴うシールを集める。きっと「おみくじ定食」なんてものがあれば、その物語(ネタ)を伝えようと、あちこちでささやかれちゃうにちがいない。

7 件のコメント

  • すごい! 来週くらい福岡(市)の天神・大名か薬院あたりにこの「くじカフェ」が出現するかも(笑)
    世の中かなり「ゲーム化」しているのでうけそうです
    わしも行ってみたい

  • こんにちは(^^)
    福袋は買ったことがないですねぇ〜
    私もいくら安くなっていると言われても、中身を確認しないで
    買うことができないです。
    ジャンブルと言えば、パチンコがあるのって日本だけ
    って聞いたことがありますけど。。
    日本人ってギャンブルが本当に好きなのかも?

    買い物をしてストレス発散できる人
    買い物(お金を使って)ストレスが溜まる人
    いろいろと思いますけど、
    私の義兄は買うという行為がとても好きな人です。
    それも半額になったものを買うのが。。。
    仕事の帰りにわざわざスーパーに寄って半額になって
    いるものを買うのが嬉しいそうです。
    買いたいものが半額だったのではなく、
    半額だったから買いたくなった。と言う事です。

    自分ではお酒飲まないのに、オークションでお酒を買っては
    時々私にそれをくれます。
    まっこと!ありがたいことです(^^)

    あっ、なおきんさん。太ってしまったんですか?
    私、なおきんさんがブログで言われていた
    『お尻の穴とお腹をキューーーーとしめる』って言うの
    続けていますよぉ〜
    電車の立ち時間とか信号の待ち時間とか。。
    短い時間だけどあれって結構意識を集中しないと
    すぐにゆるんでしまうんで、ちょうどいい時間かな?(^^)

    サバの味噌煮。いいですねぇ〜
    私はさんまとかいわしの生姜煮も好きですぅ(^^)

  • ぼくのかあちゃんは福袋が嫌いなタイプでした。
    「あんなのダメダメ。買ったって、損するだけなんだから」が口癖。
    でも、子どもゴコロに思ってたのは、「かあちゃん、かわいそうだなぁ。貧乏だから、福袋、買うお金がないんだなぁ」でした。
    だから、一度だけ、かあちゃんが福袋を買ってきて、「ほら、やっぱり、ダメだわ」と言いながら、小さすぎる手袋をはめようとしてる姿を、コタツのとなりで眺めているのは、とても気分がよかった、、、すっかり忘れてた気持ちを、イラ写で思い出してしまいました。

  • はてなさん、一番ゲットおめでとさまです!
    くじカフェが流行るためには、それなりに人びとの心の広さが試されそうですね。空腹時にはそれなりに気が立ってたりしますから。
    ———————-
    たなのぶさん、
    おお、天神ですか。よさそうですね。あの当たりならあんがい流行るかもという気がしてきました。ぜひ、開店してみてください。
    ———————-
    ねねさん、
    ツッコミありがとうございます。これでこそ記事をアップしたカイがあるというものです。これからもすかさず、願いますね。
    ———————-
    gioさん、
    そうそう、全定食同じ容器でフタ付きだとよさそうですね。空けるまで中身がわからないドキドキ感。開けずに中身を当てるという能力を発揮する人も出てくるかもしれませんね。
    ———————-
    Yossyさん、
    いやあ、まったくでございます。そんな福袋をありがたく思う人たちの寛大な心がこの国を支えているような気がします。欲しいから買うのではなく、安くなっているから買いたくなる人に日本経済は支えられているのです。それと、そういえば忘れてました、ドローイング。おしりの穴をキューっと、やるよう心がけます。
    ———————-
    たいさん、
    とてもほのぼのしたお母様ですね。「ほうら、やっぱりダメだわ」という姿が思い浮かびます。どうか親孝行されてくださいね。

  • naokin_tokyo にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。